閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ラッキーセブン】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ラッキーセブン

ラッキーセブンを配信中の動画配信サービス一覧

ラッキーセブンの動画が配信されているサービス

ラッキーセブンの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ラッキーセブンの作品紹介

ラッキーセブンのあらすじ

2012年にフジテレビ“月9”ドラマとして放送された。脚本には2010年にフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した野木亜紀子も参加しており、東京の北品川にある小さな探偵事務所を舞台に、個性豊かな探偵たちが奔走する姿を生き生きと描いている。

主人公を演じたのは、松本潤。『ごくせん』での頭脳明晰な不良生徒役、『花より男子』でのイケメン男子高校生役など、その華やかなルックスを活かした演技で俳優としても活躍する松本潤が、新米探偵役に挑戦している。

また、探偵事務所のボスに松嶋菜々子、同僚の探偵に永山瑛太、大泉洋などの豪華俳優陣が出演することも大きな話題となった。

気の向くままに自由に生きていたフリーターの時多駿太郎(松本潤)は、ホテルで人妻との密会を楽しむ日々を送っていた。しかし、相手の夫が雇った探偵によって密会現場の写真を撮られ、そのことが原因で別れを告げられてしまう。

駿太郎は密会現場のホテルで出会った怪しい男・新田輝(永山瑛太)のことを思い出し、偶然再会した新田を追い、「北品川ラッキー探偵社」を突き止める。駿太郎は事務所内に乗り込むやいなや新田に殴りかかり、たちまち大騒動に…。

騒然とするなか、騒動を冷静に観察していた事務所社長・藤崎瞳子(松嶋菜々子)は、なぜか駿太郎を探偵としてスカウトするのだった…。

ラッキーセブンのクレジット(監督・キャスト)

ラッキーセブンの登場人物・キャスト

  • 時多駿太郎(松本潤)

    定職にもつかず、フリーターとして自由気ままな生活を送り、自由な恋愛を楽しんでいた。新田に不倫現場の写真を撮られたことに怒り、「北品川ラッキー探偵社」に乗り込んだところ、逆に社長・瞳子によってスカウトされ、見習い探偵として就職することになる。

  • 新田輝(永山瑛太)

    「北品川ラッキー探偵社」の探偵。駿太郎の不倫現場を暴いたことで知り合い、駿太郎とは対立することもしばしば。つねに冷静であり、格闘技の腕はかなりのもので、とてもすばしっこい。

  • 水野飛鳥(仲里依紗)

    「北品川ラッキー探偵社」の探偵。毒舌で、同僚たちに対しても思ったことをズバズバいう。度胸があり、少々危険を伴う案件でもきっちりこなす。

  • 筑紫昌義(角野卓造)

    「北品川ラッキー探偵社」の総務・経理などを担当している。元刑事であり、確実な仕事ぶりで社長・瞳子からの信頼も厚い。

  • 茅野メイ(入来茉里)

    「北品川ラッキー探偵社」の事務を担当している。コンピューター関係が得意。潜入捜査のときなどには衣装や小物などを用意するなど、仕事もきっちりこなす。

  • 桐原由貴(吹石一恵)

    北品川警察署の警部補。正義感が強く、とてもクールな女性。淳平から好意を寄せられている。

  • 時多孝次郎(小山慶一郎)

    駿太郎の弟。一流商社に勤めており、すでに結婚して所帯を持ち、息子もいる。共働きのため、実家である駿太郎の家に息子を預けることが多い。

  • 時多百合子(岡江久美子)

    駿太郎の母。夫を亡くした後、女手ひとつで2人の息子を育ててきた。世話好きであり、いつまでも決まった職に就かず、ブラブラとフリーター生活を送っている駿太郎に、早く社会人になるように小言をいい続けている。

  • 旭淳平(大泉洋)

    「北品川ラッキー探偵社」の探偵。ベテランで、仕事もできるのだが、おしゃべりでふざけているように見えることが多い。駿太郎と新田の争いの仲裁に入ったりもする。

  • 藤崎瞳子(松嶋菜々子)

    「北品川ラッキー探偵社」の社長。頭脳明晰でいつも冷静。事務所の探偵たちの特性を活かし、うまく仕事を分担させている。なぜ探偵社を設立したのか、過去に何をしていたのかなどは、謎に包まれている。

ラッキーセブンの見所ポイント

  • 1 『ラッキーセブン』の主演キャストは、松本潤! 同僚を演じる豪華キャストたちにも注目!!

    主人公の新米探偵・時多駿太郎を演じたのは、松本潤です。アイドルとしての活躍はもちろん、大ヒットドラマ『ごくせん』の不良生徒役で俳優としても注目を集め、ドラマ『花より男子』シリーズではF4(花の4人組)のひとりとして大人気となりました。

    そんな彼が演じる人妻好きな新米探偵はとても斬新であり、同僚かつライバルでもある探偵・新田を演じる永山瑛太との激しいアクションシーンも魅力的です。

    また先輩探偵を演じる大泉洋や、謎多き社長を演じる松嶋菜々子など、豪華実力派俳優陣とのかけ合いもとても楽しみです。

  • 2 『ラッキーセブン』の原作は? 制作には人気脚本家や人気映画監督の名も!

    今作は小さな探偵事務所を舞台とし、そこで働く個性豊かなメンバーたちが協力し、ときには衝突しながら依頼案件を解決に導いていくオリジナルストーリーであり、特に原作はありません。

    制作には人気脚本家・野木亜紀子も参加しています。野木亜紀子はドラマ『重版出来!』や『逃げるは恥だが役に立つ』などの大ヒット作で多くの脚本賞を受賞しており、特有のテンポの良さ、コミカルな要素が今作でも堪能できます。

    監督は、『GANTZ』など多くの映画作品を手がけてきた佐藤信介が務めています。2019年に大ヒットした実写映画『キングダム』の監督・脚本を務めたことでも有名な佐藤監督による、迫力あるシーンの数々にも注目です。

  • 3 『ラッキーセブン』はスペシャルドラマもおすすめ! ドラマ内で放送されていた、謎のあのドラマは?

    今作は2012年1月からフジテレビ“月9”ドラマとして放送され、主演・松本潤が新米探偵役に挑戦することで、大きな話題を呼んだ作品です。翌年には同じメンバーで新たなゲスト俳優を迎え、スペシャルドラマも放送されるほどの人気を獲得しました。

    また、ドラマ内で松本潤が演じる新米探偵・駿太郎たちが見ているドラマ『私立探偵★真壁リュウ』も、改めてスピンオフドラマとして制作されています。

    キザな主人公・リュウを演じているのは谷原章介であり、脚本は“コメディの奇才”との異名も持つ人気映画監督・福田雄一が手がけています。ドラマ本編と合わせてスペシャルドラマ、スピンオフドラマも必見です。

ラッキーセブンの評価・感想・レビュー

ラッキーセブンと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!