閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【あすなろ白書(1993年・日本)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

あすなろ白書(1993年・日本)

あすなろ白書(1993年・日本)を配信中の動画配信サービス一覧

あすなろ白書(1993年・日本)の動画が配信されているサービス

あすなろ白書(1993年・日本)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

あすなろ白書(1993年・日本)の作品紹介

あすなろ白書(1993年・日本)のあらすじ

1993年、フジテレビの「月9」ドラマとして放送され、最終話の視聴率が31%を超えた大ヒットドラマ。原作は『同・級・生』や『東京ラブストーリー』などの作品が相次いで映像化され、大ヒットした漫画家・柴門ふみによる同名漫画である。

脚本はドラマ『素顔のままで』で話題となり、ラブストーリーを得意とする脚本家・北川悦吏子が手掛け、20歳の男女5人が抱く恋愛感情や友情の悩みなどをリアルに描き出している。

青教学院大学の入試の日。残り時間もあとわずかとなり、急いで解答を書こうした園田なるみ(石田ひかり)は、運悪くシャープペンシルの芯がなくなってしまったことに気づく。

慌てて代わりの筆記用具を探しても見当たらず、なるみはその朝、試験会場に向かう途中でつまづき、バックの中身をひっくり返してしまったことを思い出した。なす術もなく途方に暮れるなるみ…。

そのとき先に解答を終え、試験会場を出ていく青年がさりげなく、なるみの机の上にシャーペンを置いて立ち去った。晴れて試験に合格し、憧れの大学生となったなるみは、そのシャープペンシルの持ち主に会えることを期待していた。

そんなとき「あすなろ会で一緒に文学やらない?」と気さくに声をかけてきた、青年・掛居保(筒井道隆)。彼の姿を見たなるみは、思わず驚いてしまった。それは試験の日になるみの窮地を救ってくれた、あのシャープペンシルの持ち主だったのだ。

あすなろ白書(1993年・日本)の登場人物・キャスト

  • 園田なるみ(石田ひかり)

    明るく、自分の思ったことをはっきりと表現できる女性。一浪して青教学院大学に入学し、あすなろ会のメンバーと出会い、意気投合する。メンバーの取手から好意を寄せられていたが、入学試験でシャープペンシルを貸してくれた掛居のことを好きになる。

  • 掛居保(筒井道隆)

    一浪し、アルバイトで学費を稼ぎながら1人暮らしをして大学に通っている。複雑な家庭環境に育ち、母親はときどき掛居に金をせびるためにやって来る。長年付き合っている彼女・トキエがいるが、合コンに参加してみたり、なるみにも思わせぶりな態度をとるなどし、本心がわかりにくい。

  • 取手治(木村拓哉)

    掛居とは浪人時代からの付き合いで、一浪して同じ大学に入学した。お調子者で、初対面で一目惚れしたなるみに対し、かなり積極的にアピールする。なるみにはフラれてしまうが、なるみのことを見守り続ける純粋な青年。

  • 東山星香(鈴木杏樹)

    浪人時代から、あすなろ会のメンバーと仲が良い。サッパリした性格で面倒見が良く、なるみの相談相手になっている。なるみよりも前から掛居のことが好きだったが、なかなかその気持ちを出せず、ずっと隠していた。

  • 松岡純一郎(西島秀俊)

    財閥の御曹司であり、大学生ながらポルシェに乗っている。イケメンで成績も優秀なため、女子からとても人気があるが、実は掛居のことが好きで、そのことを胸の奥にしまっている。音楽が好きで大学でもよくピアノを弾き、あすなろ会のメンバーもその音色に聴き入るほど。

  • 砂田トキエ(黒沢あすか)

    掛居と高校生のときから付き合っている。なるみの掛居への気持ちに気づき、何かと邪魔をしたり、なるみを脅したりする。

  • 園田晴美(森尾由美)

    なるみの姉であり、2人暮らしをしている。明るい性格で、なるみとは仲が良く、相談相手になっている。

  • 掛居みつ子(加賀まりこ)

    掛居の母親。いろいろな男と付き合い、その男のために金を使ってしまう。金がなくなると息子のところにせびりにやって来る。

あすなろ白書(1993年・日本)の見所ポイント

  • 1 『あすなろ白書』の原作は、“恋愛の教祖”柴門ふみによる大ヒット漫画!

    今作の原作は、1992年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載がスタートし、小学館漫画賞を受賞した同名漫画です。原作者の柴門ふみは、『東京ラブストーリー』などの作品が映像化され、大ヒットしたことがきっかけで、一躍人気となりました。

    その後恋愛に関するエッセイも多数手掛け、著書『恋愛論』は恋愛に悩む若者たちのバイブルともいわれ、ベストセラーになっています。

    今作でも20歳の大学生の男女5人を中心に、彼らがお互いを好きになり恋愛関係に発展していく過程や、相手への想いを伝えるべきかどうか、友情との狭間で悩み、葛藤したりする姿をとてもリアルに描き出しており、共感できるポイントが満載です。

  • 2 『あすなろ白書』の主演キャストは、石田ひかりと筒井道隆!

    今作のヒロイン・なるみを演じたのは、石田ひかりです。1992年、NHK連続テレビ小説『ひらり』で大相撲が好きなヒロインを好演し、幅広い年齢層から支持されるようになりました。

    思ったことをハッキリと表現するなるみが、掛居に恋をし、ハッキリしない掛居の行動に翻弄されながらも、一途に思い続ける姿を丁寧に演じており、共感を呼びます。その掛居を演じたのは、映画『バタアシ金魚』でデビューした筒井道隆です。

    家庭環境に恵まれず、苦学生の掛居は自分からアピールするタイプではないのですが、なぜか周りの女性たちの心を惹きつけてしまう青年です。その謎めいた部分が筒井道隆に重なり、思わず惹きこまれてしまいます。

  • 3 『あすなろ白書』では、木村拓哉がヒロインにフラれてしまう青年を演じる!

    今作でヒロイン・なるみに一目惚れしてしまう大学生・取手を演じているのは、木村拓哉です。SMAPのメンバーとしてデビューし、アイドル歌手として活躍するなか、今作の取手役で一躍俳優としても有名になりました。

    お調子者で、あすなろ会のメンバーのなかではムードメーカー的存在の取手は、入学式の日に出会ったなるみに一目惚れし、積極的にアタックするもののフラれてしまいます。

    明るく振る舞いながらも、掛居のことを愛するなるみの幸せを祈り、そっと見守り続ける切ない姿にグッときます。なるみを後ろからそっと抱きしめる仕草は“あすなろ抱き”として当時流行し、そんな絶大な影響力を持った演技は必見です。

あすなろ白書(1993年・日本)の評価・感想・レビュー

あすなろ白書(1993年・日本)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

あすなろ白書(1993年・日本)に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!