閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ライアー×ライアー】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ライアー×ライアー

ライアー×ライアーを配信中の動画配信サービス一覧

ライアー×ライアーの動画が配信されているサービス

ライアー×ライアーの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ライアー×ライアーの作品紹介

ライアー×ライアーのあらすじ

2010年から2017年まで、女性向け漫画雑誌「デザート」に不定期連載されていた金田一蓮十郎による漫画の実写化作品。原作は、累計発行部数が190万部を突破するほどの人気漫画だ。『映画刀剣乱舞-継承-』や『暗黒女子』で知られる、耶雲哉治がメガホンを取った。

主演は森七菜と、アイドルグループ・SixTONESのメンバー・松村北斗のふたり。松村が所属するSixTONESが歌う「僕が僕じゃないみたいだ」が、映画の主題歌となっている。

地味で恋愛経験がない女子大生・湊(森七菜)は、両親と義理の弟との4人暮らし。両親の再婚で、義理の弟になった同い年の透(松村北斗)は、クールで無愛想。そして女癖が悪く、いつからか湊と透は互いに冷たい態度を取り合うようになっていた。

そんなある日、撮影モデルのアルバイトで、ギャルの高校生の姿で渋谷に出た湊は、透と鉢合わせてしまう。とっさに湊は、別人のふりをするが、透はギャル姿の湊に熱烈なアプローチを仕掛けてくる。

ライアー×ライアーのクレジット(監督・キャスト)

出演:松村北斗(SixTONES)  森七菜
小関裕太 堀田真由 七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/ 板橋駿谷 竹井亮介 相田翔子
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
音楽:遠藤浩二
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」 SixTONES (Sony Music Labels)

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会 
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース

ライアー×ライアーの登場人物・キャスト

  • 高槻透(松村北斗)

    無愛想でクールな20歳。イケメンのため、昔から女子にモテており、女癖も悪い。湊と同じ大学に通うが、湊から大学内では近づかないようにいわれている。渋谷で女子高校生のギャル姿をした湊と遭遇し、湊の別人だという嘘を信じ、ギャル姿の湊=みなにアプローチをかける。

  • 高槻湊/みな(森七菜)

    恋愛経験がない地味な女子大生。親同士の再婚によって、透と義理の姉弟になった。女癖が悪く、無愛想な透のせいで、昔からいろいろと迷惑をかけられていた。潔癖症で、暇さえあればテーブルや階段の手すりなどを磨いている。ギャル姿で渋谷にいたときに、透と遭遇し、とっさに別人だと嘘をつく。

  • 烏丸真士(小関裕太)

    湊が小学生のときに通っていた塾で、隣の席だった男の子。昔から湊に好意を持っていた。湊と違う大学に通っているが、サークルの交流会で、湊と再会する。木造建築に興味を持っている。妹がいる。

  • 野口真樹(堀田真由)

    湊の親友。湊と透と同じ大学に通っている。撮影モデルのアルバイトを湊に依頼し、女子高生姿に変身させた。その後、湊がみなに変装するたびに、メイクなどの手助けと透との関係についてアドバイスをする。

  • 桂孝昭(七五三掛龍也)

    透の友達。透が1人暮らしを始める際に、引っ越しの手伝いをする。湊のことを「あねさん」と呼ぶ。

  • 川西純太(板橋駿谷)

    湊が所属する日本史研究同好会の会長。仏像が好きで、ちょんまげ姿がトレードマーク。

  • 高槻紀行(竹井亮介)

    透と湊の父親。湊にとっては、義理の父親になるが、仲は良好である。

  • 高槻ひとみ(相田翔子)

    透と湊の母親。透にとっては義理の母親。湊が携帯をふたつ持っているところを目撃し、あやしいバイトをしているのではないかと心配する。

ライアー×ライアーの見所ポイント

  • 1 登場人物が魅力的な、映画『ライアー×ライアー』!

    『ライアー×ライアー』は、登場人物たち全員が魅力的な映画です。劇中では、湊の過去の回想以外は、いわゆる「悪者」や「敵役」は出てきません。

    どの人物も主人公たちに優しく、かつ愛すべきところがあり、安心して観ていられる王道ラブコメといえます。

    主人公の湊や透が素敵なのはもちろんのこと、小関裕太演じる烏丸や堀田真由演じる湊の親友・真樹、そして湊が所属する日本史研究同好会の部長など、個性豊かなキャラクターたちがしっかりと脇を固めています。

  • 2 『ライアー×ライアー』は少女漫画が原作の、胸キュン映画!

    少女漫画が原作なだけに、映画『ライアー×ライアー』には胸キュンシーンが盛りだくさんとなっています。特にラストは、最高潮のシーンといえます。

    また映画『ライアー×ライアー』は、自然なストーリーの流れや設定で、観ている方に胸キュンを与えてくれます。主演ふたりの演技力の高さもあり、自然とストーリーに没入できます。

    ふたりなのに三角関係という要素も映画を盛り上げており、胸キュンしたい人にはおすすめの映画です!

  • 3 『ライアー×ライアー』の主題歌は、SixTONESの「僕が僕じゃないみたいだ」!

    『ライアー×ライアー』の主題歌は、透役の松村北斗が所属するSixTONESの「僕が僕じゃないみたいだ」です。この曲の歌詞が、透の心境ととてもマッチしています。

    また、この曲が流れるエンディングロールでは、湊と透の映画後の姿が絵が描かれています。大学卒業後のふたりなどが描かれていたりするので、本編が終わっても見逃さないようにしてください!

    主題歌とエンディングロールも含めて、映画をお楽しみください!

ライアー×ライアーの予告・動画

ライアー×ライアーの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:ゆーり
    評価: GOOD 投稿日:2021.02.20/01:07

    最初はストーリー設定に若干の違和感を感じていたが、話が進んでいく毎に2人の心情が現れていく感じが見ていてとても気持ちよかったしキュン要素が詰まっていた。偏見で見始めたことを後悔。絶対配信開始されたらもう一度見ると思います。

ライアー×ライアーと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!