閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【家庭教師のトラコ】のドラマ無料動画を配信しているサービスはここ!

画像はありません。

家庭教師のトラコを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【家庭教師のトラコ】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。
※実際の配信状況は各VODサービスをご確認ください。

家庭教師のトラコの動画が配信されているサービス

家庭教師のトラコが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

家庭教師のトラコの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
2週間無料 1,026円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

dTV U-NEXT Paravi バンダイチャンネル DMM見放題chライト クランクイン!ビデオ dアニメストア auスマートパスプレミアム music.jp ABEMA DMM宅配レンタル Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) AppleTV+ GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

家庭教師のトラコの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Huluの基本情報

Hulu
月額料金
1,026円(税込)
無料期間
2週間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
10万

Huluの編集部的ポイント

5
コスパ
月額料金だけで100,000作品以上の全ての作品が見放題!レンタル作品がないので追加料金なしで気になった作品を何度でも視聴できます。
3
無料期間
無料お試し期間は2週間。ちょっと短めですが、使いやすさを確認したり自分好みの作品がそろっているかを確認するには十分な期間です。
4
作品数
作品数は100,000作品以上。アニメや日テレ系のドラマ、バラエティ、海外ドラマに映画も充実しています。見たいと思える作品が見つかるはず。
3
使いやすさ
ダウンロード可能・TV接続可能です。ただし、同時視聴は未対応です。
1
特典
なし

日テレ系列はじめドラマが充実!Huluなら100,000本以上の動画が見放題!

家庭教師のトラコはHuluで視聴可能です!

Huluは、2週間の無料体験期間が設けられています!さらに約100,000本以上の動画が見放題なのが魅力です!

日テレ系のドラマが特に充実しているほか、Huluでしか見ることのできないオリジナルドラマも沢山。

ほかの動画配信サービスでは配信していない話題作や、ドラマシリーズのスピンオフ作品も目白押しです。

さらに、アイドルが出演中の人気ドラマシリーズもHuluだけで独占配信中! 「どこでも配信されているドラマは飽きた!」という人にもおすすめです。

見逃し配信動画も視聴可能! 放送中の注目ドラマが1話から最新話まで一気見できます。(※)

※なかには課金作品ありますので必ずご利用の際にご確認ください

Huluは新作・旧作ドラマのジャンルも豊富です。

・アクション/アドベンチャー
・サスペンス/ミステリー
・コメディ
・恋愛
・青春
・ホラー
・特撮

など、その日の気分に合った作品が選べますよ! 「新着順」「人気順」「公開年が古い順」「公開が新しい順」などの並び替え機能も便利です。

もちろんドラマも配信されているすべての動画を何度でも好きなだけ見ることができます。

無料お試し期間であれば、約100,000本以上の動画が無料で見放題ですので、心おきなく楽しめます!

Huluで視聴できる人気作品

\ Huluを14日間無料で楽しむ!/

家庭教師のトラコの作品紹介

家庭教師のトラコのあらすじ

日本テレビ系で2022年7月に放送がスタートしたドラマ。2011年に大ブームを巻き起こしたドラマ『家政婦のミタ』を手がけた脚本家・遊川和彦と、プロデューサー・大平太の強力タッグによる作品。

主演は、映画『桐島、部活やめるってよ』のヒロインを演じて日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得し、その後も数多くの映画やドラマで活躍し続けている橋本愛。家庭教師ではなく“家庭の教師”を演じる、ということに好奇心がくすぐられる。

6歳の娘・知恵(加藤柚凪)の小学校入学を控え、中村真希(美村里江)は夫・朔太郎(細田善彦)とともに、面接試験を受けていた。それは、有名私立小学校への高い合格率を誇る塾の面接だったのだが、のほほんとした性格の娘と夫の受け答えはいまいち…。

案の定、結果は不合格となってしまい、焦る真希の目に、気になる広告が飛び込んできた。どんな志望校でも合格率100%、しかも授業料は依頼人が決めるという、信じられないような文言に強く惹かれてしまった真希。

さっそく面接会場を訪れた真希は偶然、同じく面接を受けに来たマダム・上原里美(鈴木保奈美)、出前を届けに来た下山智代(板谷由夏)と出会う。3人が会場に着くと、そこにはすでに面接を待つ保護者たちの長蛇の列ができあがっていたのだった…。

家庭教師のトラコのクレジット(監督・キャスト)

家庭教師のトラコの登場人物・キャスト

  • 根津寅子(橋本愛)

    正しいお金の使い方を教えるという“家庭の教師”。コスプレを趣味としており、担当するそれぞれの家庭の雰囲気に合わせてコスチュームを変える。生徒には対等に接するが、母親に対してはとても厳しい態度をとる。いつもキャリーバッグを持ち歩いている。

  • 福田福多(中村蒼)

    東大卒のエリートで、寅子の仕事のパートナー。寅子と同じ養護施設で育った幼なじみであり、寅子が抱く野望を知っている唯一の理解者。自分のマンションにときどき帰ってくる寅子のために家事をこなし、身の回りの世話もしている。

  • 中村真希(美村里江)

    明大を卒業し、新聞記者として働くワーキングマザー。娘・知恵を有名私立小学校に入学させたいと強く願っているが、夫があまり乗り気ではないことに少しいら立ち、焦りを感じている。

  • 中村知恵(加藤柚凪)

    元気に幼稚園に通う6歳の女の子。両親のことが大好きで、とても純粋な心を持っている。なぜ小学校受験をしなければならないのか、よくわからないまま母のいいつけに従っている。

  • 中村朔太郎(細田善彦)

    知恵の父親。玩具メーカーで働いており、商品開発をしているため、家にいろいろな玩具を持ち帰ってくる。のんきな性格であり、知恵にはお受験よりも、のびのびと育ってほしいと思っている。

  • 下山智代(板谷由夏)

    自分の親が残した定食屋を、ひとりで切り盛りしているシングルマザー。店のことも手伝ってくれる心優しいひとり息子・高志のことを、とても大切に思っている。

  • 下山高志(阿久津慶人)

    成績優秀で素直な小学6年生。智代の定食屋の手伝いもよくしており、智代の自慢の息子だが、学校ではいじめにあっており、逃げ出したいと思っている。

  • 下山満男(丸山智己)

    高志の父親。智代とは離婚し、ときどき高志と会っている。私立中学を受験したいという高志の希望を叶えるためには、ギリギリの生活をしている智代ではなく、自分と暮らすべきだと考えている。

  • 上原里美(鈴木保奈美)

    かつてホステスをしていたときに出会った夫・利明の愛人となり、守を出産し、ひとりで育ててきた。利明の後妻として大富豪・上原家に入るが、居心地が悪く、守を東大に合格させて、上原家の人々を見返すことが目標。

  • 上原守(細田佳央太)

    後妻の子という立場におり、頭のよい義兄や義姉に懐いているが、あまり相手にされていない。自分を東大に合格させたいと強く願っている母の前では陽気にふるまっているが、本当にやりたいことは大学受験ではない。

  • 上原利明(矢島健一)

    東大卒業後、銀行に勤め、出世の道を突き進んでいるエリートで、次期頭取とも噂されている。前妻が亡くなったため、愛人の里美と息子の守を上原家に迎えた。

家庭教師のトラコの見所ポイント

  • 1 『家庭教師のトラコ』の原作は? 脚本・プロデュースを手がけたのは、『家政婦のミタ』の強力コンビ!

    今作に原作はなく、脚本家・遊川和彦とプロデューサー・大平太によるオリジナル作品です。この2人は2011年に社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ『家政婦のミタ』や、高畑充希主演の『同期のサクラ』、柴咲コウ主演の『35歳の少女』などの作品を手がけてきました。

    少し現実ばなれした設定の主人公が、家族や会社などの身近で現実的な世界に入ってくることで、わたしたちが普段見失いかけていたものに気づかされる作品が多く見られます。

    今作も、ヒロイン・寅子がわたしたちに何を気づかせてくれるのか、注目です。

  • 2 『家庭教師のトラコ』で、謎めいたヒロイン・寅子を演じるのは橋本愛!

    タイトルの“家庭教師”という言葉から、お受験に関するストーリーを想像してしまいがちですが、今作は3つの家庭を救う“家庭の教師”の物語なのです。

    環境も年代も異なるそれぞれの家庭において、謎めいたヒロイン・寅子がどんな授業をしていくのか、先の読めない展開にワクワクします。そんな寅子に扮するのは、ドラマ『同期のサクラ』、『35歳の少女』に続き、遊川・大平作品3作目の出演となる、橋本愛です。

    前の2作品においても、美しい外見からは計り知れない影を背負った、癖のある女性を好演していました。そんな彼女の新たな姿に出会える今作を、ぜひチェックしてみてください!

  • 3 『家庭教師のトラコ』の主題歌は、森山直太朗が歌うロストバラード「茜」

    今作の主題歌は、森山直太朗が歌う「茜」です。森山直太朗は、遊川・大平作品のひとつであるドラマ『同期のサクラ』でとても印象的な主題歌を歌っていました。

    その縁でふたりと親交を深めた森山直太朗は、約3年ぶりにドラマ主題歌のオファーを受け、真っ先にこの「茜」を思い浮かべたそうです。以前、森山直太朗は舞台公演をしたとき、大切な人への想いを込めた“ロストバラード”としてこの「茜」を歌いあげました。

    ファンの間では名曲として親しまれていた楽曲に、森山直太朗自身が今作の台本を読み、ストーリーに沿ったアレンジを加えられています。ドラマ鑑賞後にゆっくり味わいたい楽曲です。

家庭教師のトラコの予告・動画

家庭教師のトラコの評価・感想・レビュー

家庭教師のトラコと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。