SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/12
2,462 0

ピーチガール 胸キュン三角関係と女子が共感する嫌いなあの子

「昨日見せたはずなのに!」同じ物をあの子が持っている……。「私、彼のこと好きって言ったよね?」あの子が気になる彼に突然アプローチ……。そんな女子が嫌がるあの子の行動を見事に描き出す、胸キュン三角関係少女漫画をご紹介いたします。

目次

ピーチガールとは?

ピーチガールは、上田美和(うえだみわ)さんによって1997年から別冊フレンドにて連載された少女漫画です。

水泳部に入っているため日焼けし、髪の毛の色が明るくなってしまったため、「ガングロギャル」に見られがちな安達もも(あだちもも)が本作の主人公です。
目もつり気味であることから、「キツそう」「ナマイキ」「遊んでる」と言われ、援助交際に誘われることもしばしば。

中学校から片思いをしている、「とーじ」と呼ばれる東寺ケ森一矢(とうじがもりかずや)に好きになってもらいたい一心で、色白を目指すところから始まります。
それというのも、とーじは硬派で真面目な性格。
そんなとーじが好きなのは色白で華奢な子だと知ったためです。

焼けやすい体質のももは、ちょっとのことで焼けてしまいます。
焼けないように頻繁に日焼け止めを塗るなど、その見た目とは違い、ももは純粋で可愛らしい性格です。

そんなももの友人は柏木さえ(かしわぎさえ)。
見た目は守ってあげたい小動物系で、小柄で色白な可愛らしい女の子です。
しかしながら、さえは見た目が天使でも性格は悪魔であり、自分中心に世界が回っていないと気に入らない、困った女の子だったのです。

共感せずにはいられない~あなたの周りにもいるフレネミー

出典:

フレネミー(Frenemy)とはFriend(友人)とEnemy(敵)を合わせた言葉で、「友人を装った敵」などと言われています。

「良き友」を装って傍にいるのですが、周りに自分の悪口をあることないこと流したり、褒めるふりをしながら誰かを直接けなしたりすることで、自分の地位を高めて誰かを貶めます。

さえはフレネミーです。
以前からさえはぶりっ子であり、男性の前と女性の前で態度が違うので女子に無視されていたのですが、優しいももは声を掛けます。
ここから、ももはさえにつきまとわれることになるのです。

さえはももの持っている物を何でも欲しがります。
ある日の放課後、とても可愛いフロシキバッグを見つけます。
「いーな、いーな、コレすっごいかわいー」とはしゃぐももですが、さえの反応は冷ややか。
「ももちゃんってそーゆーの趣味ィ?合わなーーーい。へん、へん、へーーーん」とさんざんケチをつけられます。
どうしても欲しかったももですが、お金の持ち合わせがなかったので、次の日に買おうとします。
ところが、次の朝学校でさえに会うと、フロシキバッグを持っているではありませんか!
人の好みにケチをつけて、しかもももが欲しがっているのを知りながら、一言の断りもなく自分で買いに行ったのです。

それも、この時が初めてではありません。
さえはももの物は何でもマネをします。
マスカラやネイル、ソックスからローファーまでマネをしていきます。
ももは「隣の芝生は青く見えるというけれど、きっとあたしがそのへんに落ちてる石を拾っても、さえなら欲しがるに違いない」と考えています。
しかも、小柄で華奢で色白なさえは自分より、それらのものが似合うのです。

もう一人のヒーローとの出会い

そんなさえのことですから、ももがとーじのことを好きと知れば、とーじを自分の物にしようと考えるにちがいありません。
さえはなかなかカンがするどいです。
もものちょっとした態度から、とーじが好きだと推測し、「好きな人当ててみようか?」と言います。
「これはまずい」と考えたももは身代わりを探します。

「やだなーっ、なんでわかっちゃったー?恥ずかしいからずっと隠してたのにィ。そーなの、あたしあの人が好きなのよー」と廊下にいた人を咄嗟に指さします。
その人は、学校一のモテ男である岡安カイリ(おかやすかいり)でした。

その日からももの心配通り、カイリへのアプローチを始めるさえ。
ももは「嘘を教えておいてよかった」とほっとするのです。
 
カイリに積極的にアプローチをかけるさえですが、カイリはさえの本性を見破り、さえを振ります。
ももは「ブラボー岡安!!」と思い、カイリへの評価を上げるのです。

一般的に、自分への好意を明らかにしているぶりっ子でかわいい子の本性はなかなか見抜けないものです。
ももと同様、読者の多くがカイリへ賛辞を贈ります。

さえが嫌がらせとして、黒板にももとカイリの相合傘を書きます。
そのことから、様々な噂が広がってしまいます。
いろいろな出来事が起こるうちに、以前に自分が海で助けた男の子がカイリであったことをももは知るのです。

王道?三角関係

ここから、もものとーじやカイリとの関係は、さえやカイリの兄の思惑、さえを好きになるイケメンモデルの存在などに振り回されながら進んでいきます。

それでありながら胸キュン要素やギャグネタ、波乱の展開が怒涛の様に打ち寄せてきます。
最後まで一気に読了してしまうでしょう。

映画化

このピーチガールですが、主人公のもも:山本美月、とーじ:新田真剣佑、カイリ:伊野尾慧というキャストで映画化されました。
公開は2017年5月20日(土)からです。

映画は漫画と違う展開になるのか、それとも同じなのか。
さえのフレネミーっぷりは再現されるのかなど、見どころ満載です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「漫画・本」人気ニュースランキング