SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/07
1,143 0

清野菜名主演!美少女バトルアクション『東京無国籍少女』

東京無国籍少女が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

世界中にカルト的な人気を誇るアニメ-ション監督・押井守。その久しぶりの実写作品『東京無国籍少女』は山岸謙太郎監督のインディーズ映画のリメイクです。主演に注目の若手女優・清野菜名をむかえ、メッセージ性の強いストーリーをベースに鮮烈なアクションを見せてくれます。

目次

Introduction

日本映画界で異彩を放つ押井守監督の最新作は、フレッシュな魅力を振りまく若手女優・清野菜名を主演にすえた本格ガン・アクション作品です。

映画の前半部で謎かけのように張りめぐらされた伏線が、ラスト15分、一気に収斂されるクライマックスは必見です!

孤独な少女は何を想い、何と闘っているのか?

押井守監督らしい哲学的なテーゼをうちに秘めた物語は圧巻の結末に向かいます。

現代の若者の閉塞感とその解放に、政治的なメッセージをも内包した物語は大胆な構成を擁し、観客を押井守ワールドに引き込んでゆくのです。

Story

ある美術専門学校に通う藍(清野菜名)は天才と称され、学校側から特別な扱いを受けています。

過去の事件がきっかけでPTSDを病む藍は、通常の授業には出席せずに、謎のオブジェの制作に没頭しています。

そんな彼女に同級生たちは陰湿なイジメを繰り返します。担任教師(金子ノブアキ)も彼女を理解せず、逆に彼女を追い詰めてゆきます。

頻発する地震、謎のオブジェ、藍の心に傷をつけた過去の事件……。やがて藍の心のなかで何かが目覚めるのです。

Cast

藍(清野菜名)

主人公・藍を演じる清野菜名。モデル出身の彼女は園子温監督作『TOKYO TRIBE』においてヒロインを演じ、注目を集めました。

本作においても、体当たりの演技で驚くようなアクションを見せてくれます。

初対面で監督が主演抜擢を決意し、撮影現場でその演技を絶賛したという才能あふれる若手女優です。極端にセリフの少ない役柄を深みのある表情で雄弁に演じました。

担任教師(金子ノブアキ)

藍に不信を抱き、攻撃的な言動を見せる担任教師を演じた金子ノブアキ。妖艶な雰囲気で映画を盛り上げます。

ロック・バンド『RIZE』のドラマーであり、俳優としても活動する彼は今や日本映画に欠かせない存在として、若者中心に絶大な支持を集めています。

保健医(りりィ)

2016年、惜しまれつつも亡くなったシンガーソングライターであり女優である、りりィ。『DREAMS COME TRUE』の吉田美和の義母としても著名です。

本作では藍の体調管理を気にかけながら、彼女を観察するという冷徹なキャラクタ-を演じています。

様々な作品に出演していた彼女の訃報は、映画界を越えて多くの人々に衝撃を与えました。

校長(本田博太郎)

天才としての藍の広告価値を考え、彼女を学校のために利用する校長。演じたのは日本でも指折りのバイプレイヤー・本田博太郎です。

映画やドラマ、CMに引っ張りだこの実力派俳優です。その独特な雰囲気でシーンに重みを与えます。

監督・脚本【押井守】

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』などの作品で世界的に影響を与え続けるアニメーション監督・押井守。

近年では実写映画にも意欲的に取り組んでいます。

本作は押井監督が審査員長を務めた映画コンペティションにおいて、特別賞を受賞した山岸謙太郎監督のインディーズ短篇映画のリメイクです。

原作の先鋭性を抽出しながら、様々な深読みのできる作品の強度は、押井守監督ならではといえる実験性をたたえています。

この作品で監督は、これまでタブーとしていた、暴力と性描写を解禁し、より鮮烈なメッセージをこの作品に与えているのです!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

東京無国籍少女

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「邦画」人気ニュースランキング