SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/07
688 0

映画『悪人』の魅力を徹底解説!【ネタバレあり】

悪人が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

モントリオール世界映画祭での深津絵里さんの最優秀主演女優賞で一躍話題となった、映画『悪人』。主演の深津絵里さん・妻夫木聡さんの見事な演技と壮大なストーリーは、日本のみならず世界でも評価を受けました。 主演の二人の他にも、『悪人』を大成功に導いた素晴らしい俳優陣とスタッフ、見どころについてもご紹介します。

目次

深津絵里さんのモントリオール世界映画祭での最優秀主演女優賞の受賞をきっかけに、話題沸騰となった映画悪人』。

同じく主演の妻夫木聡さんとの辛く切なすぎるシーンの連続に、何度も涙した方も多いはず。

当時、若手俳優として注目を浴び始めていた満島ひかりさん・岡田将生さんの迫真の演技や、大ベテランの樹木希林さんや柄本明さんが脇を固めた最高の布陣は見事にあたり、映画は大成功をおさめました。

決して許されることのない二人の逃避行。美しい九州各地を舞台に、登場人物たちの関係性が複雑に絡み合い、事件は次々と新たな展開をみせていきます。

果たして、「悪人」は誰なのか。

この記事では、俳優たちの魂のこもった演技をさらに深いものにし、大ヒットへと導いた原作・演出・ロケ地など、余すことなくご紹介していきます!

小説『悪人』を実写化。原作者は吉田修一さん

出典:amazon

『悪人』は2006年より朝日新聞にて連載されていた、吉田修一さんの人気小説です。

吉田さんの作品は以前も『7月24日通り』が映画化されるなどしており、『悪人』以降では『怒り』の映画化で、再び李監督と本作で主演を務めた妻夫木聡さんとタッグを組んでいます。

映画『悪人』のあらすじ

出典:amazon

長崎の港町で暮らす土木作業員・清水祐一が、福岡の保険外交員の女性・石橋佳乃を不運が重なった結果、殺害してしまうところから物語は始まります。

殺害後、祐一は佐賀の紳士服店販売員・馬込光代と出会います。

佳乃との出会いも光代との出会いもどちらも出会い系サイトだった祐一

しかし彼が求めていたのは肉体の結びつきではなく、実は心の結びつきでした。

佳乃にひどく心を傷つけられたことで殺害に及んでしまった祐一

その直後に出会った光代も、実は心を許せる相手を求め出会い系サイトに登録をしていたのでした。

お互いを必要と感じた祐一光代ですが、心が通じ合った直後に祐一から事件の告白を受けます。

一度は自首を勧めた光代でしたが、出頭する直前に祐一と逃亡することを決意します。

いくら愛し合い逃亡したところで、明るい未来などないとわかりながらも離れがたい二人。

しかし二人は、少しでも長く一緒にいるため、ともに逃亡生活を始めますが…。

主役級キャストが勢ぞろい! 『悪人』は賞レースも総なめ!

主演キャストは深津絵里さんと妻夫木聡さん

映画『悪人』といえばやはり、深津絵里さんのモントリオール世界映画祭における最優秀女優賞を受賞したことで、その名を世間にとどろかせました。

世界的なこの賞を受賞したことで、映画は一気に国内の話題の中心に。

多くの観客が映画館に足を運び、深津絵里さんとともに主演を務める妻夫木聡さんの、今までの明るい好青年役と違った陰のある演技にも注目が集まりました。

寡黙な青年が不運な結果により殺人事件を起こしてしまうという、加害者側が主人公になった今作。

深津さんはそんな彼を愛してしまう、孤独で寂しさを抱える切ない女性を演じています。

その後、二人はそろって日本アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞を獲得。その年の映画祭はまさに『悪人』一色となりました。

満島ひかりさん、岡田将生さんをはじめ、脇役も実力者揃い

当時まだ若手俳優と呼ばれていた満島ひかりさん、岡田将生さんも重要な役どころとして出演しています。

満島さんは被害者となる女性でありながらも同情しえないキャラクターの石橋佳乃役。岡田さんは、そんな彼女に好意を寄せられながらも非常な仕打ちをする冷淡な大学生・増尾圭吾役をリアルに演じました。

そして、この体当たりといっていい、激しい演技合戦を支えたのはやはりベテラン俳優たちの存在です。

妻夫木さん・深津さんとともに、日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞・助演女優賞を獲得したのが、柄本明さんと樹木希林さんです。

柄本さんは満島さん演じる被害者の父役、樹木さんは妻夫木さん演じる加害者として逃走する青年を憂う彼の祖母役を演じました。

重いテーマの今作を支えたのは、彼らキャストの迫真の演技にあったのです。

樹木希林さんの光る演技にあらためて注目!

祐一の母はまだ幼かった祐一を残し家を出てしまいました。

それ以来、祐一を捨てた母に代わり祐一を育ててきた祖母・房枝。

房枝を演じたのは大ベテランの樹木希林さんです。

事件後、祐一が犯人であることがマスコミに伝わり、その日常が一変してしまいます。

「祐一は自分の息子だ」と力強く言い放ち、祐一を信じたい房枝ですが、逃亡する祐一の罪は濃厚になる一方です。

そんななか房枝は、信じていた人物から悪徳商法詐欺にあい、精神的にさらに追い詰められていきます。

一度は崩れ落ちそうになりながらも、強くしっかりと物事を見据える房枝を、樹木さんならではの安定した演技で表現しています。

物語の重要な場面にはいつも樹木さんがいた。あらためて今、樹木希林さんの存在感の大きさを感じる演技を味わってください。

李相日監督が問う、本当の悪人とは?

今作の監督を務めた李相日監督は、『フラガール』や『怒り』といった話題作を数多く手掛けてきた監督です。

どの作品も鑑賞後に考えさせられることが多く、『悪人』もまたそのひとつです。

ラストシーン、光代がつぶやく「彼は悪人なんですよね」という言葉。

殺人事件を起こしてしまった祐一ですが、そこに至るまでには過程がありました。

出会い系サイトで出会った佳乃は、見栄っ張りでプライドが高く、土木作業員である祐一を見下します。

祐一と体の関係を続けるものの、金銭を要求する佳乃。

一方で、佳乃は実家が裕福な大学生・増尾圭吾に好意を持ち、彼には媚を売る始末。しかし増尾は、佳乃のことを快く思いません。

祐一に不誠実な態度をとった佳乃を、さらに雑に扱った増尾。事件はそこで起こりました。

人を見下した結果が自分に返ってきた佳乃は、自分が増尾に傷つけられた腹いせに、祐一にひどい態度をとります。

結果、祐一は殺人を犯すことに。

祐一のしてしまったことは、決して許されることではありません。

しかし、祐一が怒るのも当然です。さらにいえば、佳乃を現場に置き去りにしたものの直接手を下さなかった増尾は、罪に問われず善人なのか。

光代の問いに、私たちも考えさせられてしまいます。

『悪人』の壮大なロケ地にも注目!

九州地方を主なロケ地として撮影が行われた今作。

主人公たちが住む長崎・佐賀に加え、事件現場となった福岡を加えた三県では特におおがかりな撮影が行われました。

祐一の住む寂れた港町の舞台となったのが長崎県の平戸市です。

母に捨てられ祖父母に育てられた後も、この町で暮らした祐一の心を写すかのようなさみしげな風景。

光代と祐一が出会う佐賀の街並みも、狭く閉鎖的な世界で生きる光代の息苦しさを現わすかのように表現されています。

また、佳乃が殺害された福岡から佐賀に向かう三瀬峠も、悲しい事件現場としてこの物語の世界をみごとに表すなど、どの地も物語にリアリティを持たせるロケ地となっています。

そんな中でも一番の見どころとなったのは、祐一と光代が逃避行の末に最後に辿り着いた、五島市にある大瀬崎灯台でのシーンです。

この場所は監督やスタッフがその壮大なロケーションに惚れこみ選んだ場所で、特に力を入れて撮影に挑みました。

その迫力と風景は、映画を見終わった後も目と心にしっかりと焼き付くはずです。

映画『悪人』まとめ

出典:amazon

多くの賞を受賞した映画『悪人』。

犯罪を犯してしまった側の視点で進むストーリーのなか、「本当の悪人は誰なのか」を考えさせられると同時に、二人の男女が不器用に愛を求め、寄り添う姿が切ない作品です。

俳優陣の演技のすばらしさ、映し出される九州各地の壮大な景色。原作のよさを十分に引き出した監督の演出など、見どころ満載です。

モントリオール世界映画祭や、日本アカデミー賞総なめの今作。是非ご覧ください。

悪人の動画を配信しているサービス | 動画配信サービス比較情報.com https://doga.hikakujoho.com/library/00003154.html

悪人の動画を配信している動画配信サービスをご紹介します。動画配信サービス比較情報.comではHuluやU-NEXT、dTVなど人気のおすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを編集部が厳選してご紹介!更に月額料金、配信作品数や評判で一覧比較も可能!ジャンル別配信数や画質、対応デバイス等の詳細に加え、解約方法、見れない時の対処法等の情報も満載です!

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

悪人

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「邦画」人気ニュースランキング