SHARE

contents kv
2020/05/26
202 2

みんな動画見てる?コロナによる外出自粛中の過ごし方を調査してみた!

新型コロナウイルスにより外出自粛が求められる昨今。みんなの自宅での過ごし方を調査してみました。 暇を持て余しているかたが居ましたら、他の人の過ごし方を参考にしてみてはいかがでしょう。

目次

まずは自粛状況について調査!8割以上が外出を控えたと回答!

「新型コロナウイルスの影響で外出を控えましたか?」との質問には8割以上の人が「YES」と回答。

「近くで感染者がでたと言う話を聞いたのでなるべく人が密集する場所に行かないようにしました。」(男性・39歳・会社員)

「自分がコロナでウィルスになりたくないということもありますが、ひとにうつしてしまうことも怖いので本当に必要な用事以外は外出をやめようと思いました。」(男性・41歳・自由業)

「学校が休校になって子供がずっと家にいるので、必要な買い物くらいしか出かけませんでした。」(女性・51歳・主婦)

やはり多くの人が新型コロナウイルスに危険性を感じ、自粛に努めているようです

リモートワークをした人の割合はどれくらい?

一方で「新型コロナウイルスの影響で仕事をリモートワークをしましたか?」の質問に「YES」と回答した人は3月時点では21%と、約5人に1人に留まりました。

「リモートワークをしていない。普通通りに出勤していました。時差出勤などもありませんでした。」(女性・39歳・会社員)

「医療職です。自粛期間なしで毎日現場でコロナの危機にさらされながら働いています。」(女性・40歳・会社員)

「買い物も週一回にし、仕事以外は自宅から一歩もでなかった。研修会も自粛をした。」(女性・36歳・会社員)

その後緊急事態宣言が出された4月にはリモートワーク率は上がったのでしょうか?

約1か月後の4月27日時点での調査では、リモートワークを行った人の割合が一気に増えて45%となりました。やはり緊急事態宣言の影響が大きかったようです。

リモートワークが不可能な職種も多いので、可能な職種のほとんどがリモートワークに踏み切ったと考えても良いかもしれませんね。

避けたのはショッピングモールや電車といった人が集まりやすい場所

「どんな場所への外出を控えましたか?」との質問では、やはり人が集まりやすい場所が避けられる結果に。

「大型のスーパーマーケットやファーストフード店です。人混みを避けるために混雑時の電車の移動も避けています。」(男性・36歳・フリーター)

「都心部にある大型百貨店、子どもが多く集まる施設、その他アミューズメントパークへのお出かけを控えました。」(男性・35歳・会社員)

映画館など密閉状態になる場所を避けるといった声もありました。

「映画館やショッピングモール、換気の悪いカフェや飲食店も行きにくくなりました」(女性・22歳・自営業・自由業)

自粛中の過ごし方―最も多いのは『テレビ・趣味(18%)』

「自粛期間中に何をして時間を潰しましたか?」とアンケートを取ったところ「テレビ」「趣味」と答えた人が18%と最も多い結果でした。

「テレビを見る事がいつもより増えた。映画やコンサートの映像をみていた。」(男性・44歳・会社員)

「自宅でペン習字の練習やお料理を作っていた。手芸の刺し子を刺していた。」(女性・53歳・主婦)

「しばらく弾いていなかったギターを引っ張り出してきて練習を始めました」(男性・31歳・会社員)

自粛によってできた時間を、テレビ視聴したり、手芸やギターといった自宅でおこなうことができる趣味に使っている方が多いようです

自粛中の過ごし方―YouTube(16%)仕事(14%)動画配信サービス(13%)で続く結果に

テレビ、趣味に続き、「YouTube」や「動画配信サービス」といった自宅で楽しめる娯楽が上位に。Huluを利用し海外のニュースからコロナの情報を得ている、といった声も。

また、スキルアップのために勉強している。といった声もあがっていました。

「huluに加入し、動画配信サービスやBCCのニュースを見て海外のコロナの状況を把握していました。」(男性・32歳・会社員)

「YouTube、Amazon prime、テレビ観賞。副業時間を増やしました。」(女性・29歳・会社員)

「youtubeでビジネスや心理学の勉強をしています。普段見られなかった動画も見るし、家族で映画を鑑賞したりできています。子供と家事をするのもいいと思ってます。」(女性・39歳・主婦)

自粛中の過ごし方―ゲーム(10%)その他(8%)ではオンラインでの会話を楽しむといった声も

テレビゲームやスマホゲーム、ボードゲームも10%と、一定数の方が自粛中の時間潰しとして採用しているようです。

「テレビゲーム、ゲームアプリ、クラウドソーシング等をして過ごしました。」(男性・34歳・会社員)

「家族でボードゲームをしたり、お菓子作りをした。また、動画配信で映画鑑賞。」(女性・41歳・パート)

「Messengerで友人と会話したり、オンライン勉強会に参加してみたりしました。」(女性・46歳・会社員)

最近では無料通話のアプリも広く普及されているため、オンラインで会話を楽しんだり、飲み会を開催している人たちもいるようです。

他にも上記のような過ごし方をされている人がいるようです。

外出自粛中は動画配信サービスを利用する人が多数!利用方法もぜひ参考に

今回は外出自粛中の過ごし方を調査してみました。

自宅できる過ごし方として「テレビ」「YouTube」「動画配信サービス」といった視聴型のエンタメサービスが上位という結果でした。動画配信サービスについては、映画やドラマ、アニメを視聴するだけではなく海外のニュースをチェックしたりビジネスに役立つスキルを習得したりという方もいるようです。

自宅での時間が長くなるときには、動画配信サービスを活用して自分磨きをするのもおすすめです!

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「洋画」人気ニュースランキング