SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/07
10,722 1

『レオン 完全版』の追加シーンとは? オリジナル版との違いをネタバレ解説!

レオン 完全版が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ニューヨークを舞台に、腕利きの殺し屋レオンと孤独な12才の少女マチルダの純愛を描いたバイオレンスアクション映画『レオン』。1994年に公開されたリュック・ベッソン監督による、フランスとアメリカの合同作品です。レオン役はジャン・レノ、マチルダ役は若干11歳のナタリー・ポートマンが演じ話題を呼びました。そんな本作のあらすじや公開時「オリジナル版」と未公開シーンを加えた「完全版」の違いを徹底解説します!

目次

映画史に残る名作と名高い『レオン』は、リュック・ベッソン監督によるハリウッドの初監督作品で、フランスとアメリカの合同作品として1994年に公開されました。

本作はバイオレンスアクションでありながら、孤独な殺し屋のレオンと事件に巻き込まれた12才のマチルダが心を通わせていく純愛ストーリーでもあります。

この作品によって名優ジャン・レノの知名度は一気にあがり、今や大女優のナタリー・ポートマンは鮮烈なデビューを果たしました。

癖のある役では右に出る者はいないゲイリー・オールドマンも、強烈な悪役として演技が光っています。

今回は、そんな『レオン 完全版』のあらすじや通常版との違いなどを徹底解説していきます!

『レオン』のあらすじとは?

舞台はニューヨークのリトルイタリー。

イタリア系移民のレオンは、世話人のトニーから仕事を請け負う超腕利きの殺し屋でした。

ある日レオンは、同じアパートに住む不良少女のマチルダと出会います。

マチルダの父は麻薬の売人をしており、暴力を振るう家庭にマチルダの居場所はありませんでした。

そんななか、父が麻薬の一部をくすねていたことがバレ、マチルダの家族が危険にさらされます。

継母はもちろん、幼いまでが惨殺されてしまうのです。

たまたま買い物に出ていたマチルダは、命からがら隣人のレオンの家へ逃げることができ、難を逃れます。

レオンが殺し屋だと知ったマチルダは、ひるむどころか自分にも殺しを教えてほしいと頼みます。

ターゲットは、最愛の弟を殺したスタン・フィールド。

こうして、レオンとマチルダの生活が始まりました。

この孤独な少女を救ったレオンもまた、心を閉ざした孤独な人物でした。

復習に燃えるマチルダに対し、レオンは忘れろと言います。

「一度殺してしまったら取り返しがつかない」と言うレオンは、殺し屋をはじめた時から重い十字架を背負い続けていました。

【ネタバレあり!】『レオン』二人の結末は!?

日々、敵討ちに奔走するマチルダは、事件現場のアパートで再びスタン・フィールドを見かけます。

スタンのあとを追ってたどり着いた先は、なんと薬物取締局でした。

を殺したスタンは、麻薬組織のリーダーでありながら、薬物取締局の捜査官だったのです。

スタンのオフィスを突き止めたマチルダは、無謀にもたった一人で薬物取締局のビルへ一人乗り込んでいきます。

しかし、スタンによってあっさり捕まってしまったマチルダ。

間一髪のところでレオンが助けにやってきますが、この件によって二人は窮地に追い詰められていくのです。

居場所を嗅ぎつけられてしまった二人に、スタンの魔の手が忍び寄ります…。

ある日、アパートを突き止められた二人は、大勢のSWAT隊員に取り囲まれ、スタンとの最終決戦へ挑むことになります。

力の限りに換気扇をブチ壊し、マチルダを逃がそうとするレオン。

マチルダは涙ながらに一人にしないでと訴えかけます。

しかし、レオンの答えは違っていました。

「君が生きる希望をくれた。独りにはしない」と再会を約束するのです。

それは、レオンが殺し屋の人生をやめる決意とともに、二人が初めて愛を確かめ合う瞬間でもありました。

しかし、出口まであと少しのところで、レオンスタンの凶弾に倒れます。

それと引き換えに、レオンは身につけていた爆弾を引き抜いてマチルダの敵を取ります。

レオンはスタンもろとも爆発で吹き飛びました。

大地に根を張って一緒に暮らそうという約束はかないませんでしたが、最愛のマチルダを最後まで守り抜いたレオンでした。

『レオン』完全版とオリジナル版、どっちを観るべき? 違いを徹底解説!

映画が公開された当初のオリジナル版では、12歳の少女の描写として問題があるとされた3つのシーンがカットされました。

まず1つ目が、マチルダがレオンから殺しの訓練を受けるシーン。

ターゲットの顔は打たない、銃口が熱くなりすぎないよう濡れたタオルを巻く、1発目で動きを止め2発目で殺すなど、あまりに生々しい殺しの指南であったことから、公開当初はカットされたようです。

2つ目が、マチルダとレオンが2人でシャンパンを飲むシーンです。

レオンは、マチルダの初仕事が終わったお祝いとして、高級レストランで祝杯をあげます。

マチルダは自称18才ですが、本当は12才なので未成年者の飲酒シーンということでカットされました。

そして3つ目が、マチルダが初体験をしたいとレオンに頼むシーン。

やはり少女と初老の男性の恋としては少々過激なシーンだったため、カットされてしまったようです。

しかし、このシーンはレオンが殺し屋となった悲しい過去が明らかにされる場面でもあります。

19歳のレオンは当時、身分違いの恋に落ちましたが、それに反対した彼女の父親は激怒し、彼女を撃ち殺してしまいます。

その報復として、レオンは彼女の父を殺し、殺し屋の道へと進んでいったのです。

完全版には、これらの未公開シーンがすべて追加されています。

あなたが好きなのはどちらのバージョンでしょうか?

見比べてみるのも面白いかもしれません。

『レオン』の魅力1 愛を求める少女と愛に戸惑う殺し屋

レオンとマチルダの恋愛は、ストーリーの大きな軸として展開していきます。

親子ほど齢の離れた2人の恋愛は、公開当時とても衝撃を与えました。

公開当時、ジャン・レノは46才でナタリー・ポートマンは13才です。

しかし、この2人の純愛は、なにも不良少女とロリコン男の突飛な恋を描いているわけではありません。

「アウトローで、世の中から見放されたはみ出しものの2人」というメタファーでもあるのです。

レオンに弟の敵討ちを断られたマチルダは、「欲しいのは愛か死だけ」と自分の頭に銃を付きつけ、レオンの愛を試そうとします。

レオンもマチルダに惹かれていましたが、危険な殺しの世界をたった一人で生きてきたレオンにとって、まっすぐな愛を向けるマチルダは、恐れでもありました。

マチルダの愛に狼狽えるレオンは、ある日傷を負って仕事から帰ってきます。

愛に目覚め、守るものができたレオンは、これまで恐れを感じてこなかった死や地に根を張らずに生きる殺し屋の生活に、迷いが生じていたのです。

孤独から恋に目覚めた時に、人が感じる恐れや戸惑い、幸福感などが本作では殺し屋という設定を活かして見事に表現されています。

『レオン』の魅力2 ユーモアのバランスも絶妙!

終始シリアスなストーリーかと思いきや、クスッと笑えるユーモアも満載なのが、今作の見どころのひとつです。

モノマネゲームでジョン・ウェインの仮装をして遊ぶひょうきんなレオンの姿や、マチルダがホテルのフロントマンに「父じゃなくて、恋人なの」と大人びた様子で告げるシーンなどは、ユーモアたっぷりで思わず笑ってしまいます。

こうした絶妙なバランスのユーモアが、作品全体の切なさやシリアスさをぐっと引き立てるスパイスになっています。

ちなみに、本作は米仏合同作品ということで、撮影で使われたアパートの部屋は、すべてフランスでロケをしたもので、外の街中はアメリカで撮影したものなんだそうです。

『レオン』の魅力3 キャストや監督にも注目!

今作では、才能あふれるキャストや監督にも注目です。

『ミッション・インポッシブル』や『RONIN』など、数々の出演作をもつジャン・レノは、今作によって一気に知名度が上がり、ハリウッドの仕事が急増しました。

『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、今やショーレースには欠かせない大女優にまで登りつめた、ナタリー・ポートマンは見事にマチルダ役のオーディションに合格し、鮮烈なデビューを果たしました。

そして、『グラン・ブルー』や『フィフス・エレメント』でも知られる、巨匠リュック・ベッソン監督は意外にも今作がハリウッドデビュー作だったんです。

映画史に残る名作『レオン』は、キャストや監督たちにとっても、人生を変える大きな成功をもたらしました。

『レオン 完全版』まとめ

いかがでしたでしょうか?

公開から20年以上経った今でも、全く色褪せない不朽の名作『レオン』の完全版をオリジナル版との違いを含めて解説してきました。

ジャン・レノやナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンなどの実力派俳優陣がブレイクするきっかけでもあった本作。

まだオリジナル版しか観たことがないという方は、オリジナル版よりもレオンとマチルダの関係性やふたりの殺し屋としての生活がよりリアルに、そして、より色濃く描かれている完全版を、この機会にぜひご覧になってみてください。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

レオン 完全版

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

定額見放題

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング