SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/10/23
346 1

NETFLIX『全裸監督』の登場人物や見どころを解説! 気になるシーズン2の内容も考察!

NETFLIXオリジナルドラマとして製作された山田孝之主演『全裸監督』。実在のAV監督村西とおるを題材としたこの異色のドラマは、配信されるや否や各所で話題となりました。今回はそんな『全裸監督』の見どころや主要登場人物の紹介、シーズン1を踏まえたシーズン2の展開予想などをしていきます。すでに『全裸監督』を見終えたという方も、ぜひシーズン2までの復習としてご覧になってください!

目次

NETFLIX『全裸監督』とは? 見どころについても解説!

動画配信サイト「NETFLIX」のオリジナルドラマとして2019年8月8日より配信された山田孝之主演の『全裸監督』。

ここからははそんな『全裸監督』の概要や見どころについて詳しく解説していきます。

基本的にはこの項目ではネタバレはありませんので、まだ『全裸監督』を見ていないという方も安心してご覧になってください!

そもそも全裸監督って?

出典:amazon

ドラマ『全裸監督』は小説『全裸監督 村西とおる伝』を原作とし、AV監督村西とおるの来歴にフィクションを織り交ぜ製作されています

製作にはNETFLIXから巨額の資金が投じられ、2年半もの期間を費やして撮影しており、公開後には絶賛のコメントを寄せた芸能人も多数いたことから、日本の製作現場に与えたインパクトが伺い知れます。

そのため完全なノンフィクション物という訳ではなく、主役の村西とおると黒木香以外は実在の人物をモデルとした創作の名前が使われています。

そしてドラマの内容ですが、AV監督として一時代を気づいた村西氏の来歴を元にしたストーリーであるだけに、昭和末期の日本におけるアンダーグラウンドな世界感が存分に描かれているのが特徴です。

村西が本格的に関わるAV業界以外にも、日本のヤクザや公権力との忖度など、さまざまな時代の裏側を切り取った要素が昭和終わりから平成にかけてのバブリーな雰囲気も相まって、作品全体にビビットで毒々しいカラーを与えています。

実際にこの時代、この業界でどのようなことがあったのかはもはや当事者たち以外には知るよしはありませんが、今我々が生きている令和の時代から地続きの時間軸の物語に、ぜひ思いを馳せてみてください!

AV監督を描いた『全裸監督』の見どころとは?

『全裸監督』は先ほどもご説明した通り、NETFLIX主導で撮影されており、日本の地上波のドラマとは一風変わった物に仕上がっています。

作中ではちょうど、AVにおける規制がどんどん緩まっていく過程が描かれていましたが、現実の地上波での表現規制がどんどん厳しくなっていることを考えると、何とも不思議な感覚ではないでしょうか。

役者陣の体当たりな演技! 地上波ではもはや見れないギリギリの映像表現!

『全裸監督』を見た際に最も抱きやすい感想のひとつとして、「役者の人たちが体当たりで演技をしてた」ということが挙げられるかと思われます。

AV監督・AV業界という題材を扱っている以上、上波からは一歩も二歩も踏み込んだ映像表現をすることは避けては通れず、その攻めた表現に応じる名優たちの演技は本作の大きな見どころのひとつです。

とくに主演の山田孝之さんは虚構の存在としての脚色が為された村西とおる像をこれでもかと演じており、氏が今までやってきたカッコいい役柄やコメディな役柄まで含めた複雑な魅力を楽しむことができます。

また、ヒロイン役の森田望智さんの熱演も外すことは出来ず、少女時代の儚さから、黒木香時代の妖艶さまで、若干22歳にして伝説のAV女優を生き写しかと見紛うばかりの名演をしています。

そんな2人の第5話における初めてのAV撮影シーンは本作が最も盛り上がりを見せる名場面のひとつですので、視聴が途中で止まっているという方もぜひそこまでご覧になってみてください!

もちろんその2人以外にも日本の映像現場の最前線で戦う俳優陣が出演しており、鬼気迫る芝居を堪能することが出来ますので、NETFLIXならではのアンダーグラウンドな世界にどっぷり浸かることが可能です!

昭和末期の日本をドラマの中で再構成! 歌舞伎町のセットは必見!

『全裸監督』では新宿の歌舞伎町が主な舞台となるのですが、ドラマ製作に当たってこのロケーションを巨大なセットで再現しています。

もちろん他にもセットはたくさん作中に出てくるのですが、その中でも村西率いるサファイア映像の事務所が置かれる歌舞伎町のセットが必見で、先ほども言ったビビットで毒々しい世界観に非常にマッチしているのです。

これは単純に昭和末期の歌舞伎町を切りとったという訳ではなく、よりデフォルメされた、"今の時代から見た当時の歌舞伎町"として作り込まれました。

しかもそれは洋画などでよく見るような、いわゆるアメリカナイズされた日本観とも違い、名作SF映画『ブレードランナー』的な虚構と現実のちょうど中間あたりの解釈として立体化されています

この作品中では歌舞伎町が最も印象的なのですが、他にもヤクザの裏稼業の仕事場やアダルトビデオやビニ本を取り扱う販売店のセットなど、そこに使用されいる照明なども合間って物語の世界をビジュアルとして脳に焼き付けるのに何役も買っていると言えます。

これだけのセットがドラマで楽しめるのも潤沢な予算と準備期間、海外のクリエイターとの連携が叶うNETFLIXオリジナルの強みと言えますので、ぜひそう言った視点でも『全裸監督』を楽しんで見てください!

NETFLIXには他にも地上波では見られないようなドラマや映画が盛り沢山!

『全裸監督』が見られるNETFLIXは、他にも魅力的なドラマや映画が盛り沢山です

日本の裏社会を切り取ったドラマですと同じく山田孝之氏主演の『闇金ウシジマくん』、オリジナルの映画として戦後の日本で元アメリカ軍兵士がヤクザの世界で成り上がって行く『アウトサイダー』などがあります。

余談ですが、アウトサイダーの一部ロケーションは福岡県北九州市の旦過市場で撮影されているのですが、この場所は数年後に全面改修が決定していますので気になった方がいらしたら是非早めに訪れることをお勧めします。

この他にも、海外ドラマでアウトローを取り扱った作品ですと『オザークへようこそ』や『FARGO(ファーゴ)』など、『全裸監督』を見た人には是非視聴していただきたいオリジナル作品がたくさんありますので、NETFLIXで楽しんでみてください!

NETFLIXは完全な定額配信サービスなので、追加料金無しでドラマなどもストレスなく一気見することができ、最初の1ヶ月は無料でお試し登録が出来るのも魅力となっています

NETFLIX『全裸監督』の主な登場人物

ここからは『全裸監督』の登場人物たちについて、作中の描写も踏まえた考察ありで解説していきます。

ここからの項目は最終話まで含めたネタバレもありますので、『最初の視聴はネタバレなしで楽しみたい!』と言う方はご注意ください!

サファイア映像

主人公である村西が歌舞伎町に来た後に立ち上げた映像製作会社です

北海道時代からの付き合いのあるトシや川田を中心に、シーズン1ではごく少数のメンバーで運営されていました。

モデルは実在の村西氏がかつて所属してしたクリスタル映像でしょう。

村西とおる(演:山田孝之)

本作の主人公にして、現実でも「アダルトビデオの帝王」と呼ばれたAV監督です

『全裸監督』作中における主な来歴はフィクションを織り交ぜてはいるものの、現実に語り継がれている村西氏のそれに準拠しており、「事実は小説よりも奇なり」を地で行く人物となっています。

作中開始時点では北海道で英語教材のセールスマンをしており、後にビニ本の出版業を開始するも逮捕、出所を経て東京新宿に拠点を移しAV業界に進出することになります。

誰もやったことのないことをやりたい」の弁の通り、タブーに挑戦することによって作中何度も危ない橋を渡っており、なんとハワイで懲役370年の刑を食らったりもしました(しかもこれは実際に起こった出来事)。

ちなみに、ハワイの刑務所に習慣されている時に他の囚人から性的な意味で襲われたりもしています。

エキセントリックな行動が目立つ一方で、エロティシズムにかける情熱は本物で、作中ではアダルトビデオに出演する女優にも敬意を惜しまず、自分がこれと見込んだ人物には多額の報酬を支払っていました。

特にAV監督として開花するきっかけになった女優・黒木香には多大な信頼を寄せ、周りが彼女が16歳のころから伸ばしっぱなしにしていた脇毛を剃ろうと言う中でただ1人それを良しとせず、彼女を人間的にありのままの自分として生きることに大きく貢献をしています。

山田孝之氏の演じる村西とおるは、初期の方こそ今までの今までの氏のイメージを大きく逸脱することのない役柄だったのですが、AV監督として覚醒してからは今までの通常の状態に加え、その独特のセールストークを駆使するAV監督としての人格が加わったことにより、非常に多面的で捉えどころのない人物となっていきました

しかしながら、最終話においてもオンとオフの時で喋り方はしっかり別れている等、元ビジネスマンらしさが垣間見得ます。

余談ですが最終話でサファイア映像の事務所で開かれたクリスマスパーティでは、真冬で窓が開けっ放しにも関わらず半袖でした。

また、主演の山田孝之氏の目に見える役作りも本作の見どころのひとつで、作中では1話から最終話にかけて結構な年月が経っているのですが、目に見えてどんどん太っていきます。

2019年10月現在、Netflixでは先ほどご紹介した『闇金ウシジマくん』以外にも、『勇者ヨシヒコ』シリーズや『新宿スワン』、『MONSTERS』など、山田孝之氏主演の作品をたくさん楽しむことができます

荒井トシ(演:満島慎之介)

村西が北海道時代に出会った人物で、当時はラブホテルで盗聴したビデオを売り捌いており村西をアダルトな世界に誘うきっかけになりました

その後の村西が立ち上げた北大神田書店、サファイア映像と彼と長い付き合いをし、お互いに硬い信頼関係で結ばれるようになります(書店時代の末期には一緒に捕まったりもしました)。

しかしサファイア映像が警察やライバル会社のポセイドン企画から妨害に度々逢い、経営が苦境に立たされる中で元アウトローという立場を利用し、当時歌舞伎町で勢力を拡大してしていた裏社会の組織の古谷を頼るようになってしまいました。

そして、村西がハワイで受けた刑の保釈金を工面するためにサファイア映像の作品のマスタービデオを古谷に流してしまい、本格的に裏社会の人間と手を組むようになってしまいます。

この時になってようやく手を組んだ相手が人殺しも厭わない危険な相手だと判明するのですが時すでに遅く、そのストレスからか麻薬にも手を染めるようになり、最終的に村西から絶縁を言い渡されました。

シーズン1のラストでは古谷の捨て駒として警察に逮捕され、出所後には本人が望むべくもなかったはずですが古谷の組織で相当なポジションを持って迎えられます。

川田研二(演:玉山鉄二)

村西とトシが北海道時代に出会った人物で、村西のエロスに対するセンスに感銘を受け彼に追いていくことになります

サファイア映像の立ち上げの際は村西とトシが前科持ちとなっていたため表向きの社長となり、実務上ではお金や商品の流通などに関わる仕事をこなしていました。

村西のことを尊敬してはいるものの、その突飛な行動やリスクを厭わないやり方には度々何色を示し、彼がハワイでAVの撮影をしたいとまで言い出した時は「わがままを聞くのはこれが最後です」とまで言い切っています。

しかし、その後彼が捕まった後もなんやかんや保釈金を用意するためにあちこち奔走するあたり、彼のことは見捨てられないようです。

一見まともそうな人物に見えますが、村西と出会う以前からビニ本の製作に関わっていただけあってタガが外れている部分があり、村西が初めて撮影所を訪れて女優たちに指示を出して写真撮影を始めた時は、興奮のあまり周りに人がいるにも関わらずズボンの中に手を突っ込み出したりもしていました。

元となった人物は"村西"という名前の由来となったクリスタル映像時代の彼の盟友の西村忠治氏や、後に設立されたダイヤモンド映像の本橋信宏氏など複数いるとのことです。

三田村康介(演:柄本時生)

サファイア映像に音声スタッフとして雇われた人物です。

本人は黒澤映画に憧れて映像の世界を志したらしいですが、なぜかAV業界の道を進んで行くことになります

また、相当なアニメオタクで部屋にはキューティハニーなどのポスターが沢山飾ってあり、第4話で彼の自宅が撮影現場に選ばれ事故でポスターが破れた時などは激怒していました。

村西がハワイで独房に入れられた際にサファイア映像の社員全員で保釈金の工面に走っていた時は、別の製作会社などに自身の企画を持ち込んでいたのですが、「AVの方が向いている」と言われ複雑な表情を浮かべています

後に村西の作品がヒットしサファイア映像が忙しくなってからは監督業も任されるようになり、初期の村西作品に関わり一時は女優の道を退いていた奈緒子と再開し、ウマが合うのか監督と女優として交流を深めていました。

小瀬田順子(演:伊藤沙莉)

男所帯のサファイア映像における紅一点、車内では主にメイク担当をしています

女性ということもあってか、AV撮影という過酷な仕事に挑む女優も気遣うことも多々あり、それを巡って度々他者と対立する描写がありました。

村西の保釈金のための資金繰りでは、他の撮影現場にメイクとして参加していたのですが散々な扱いを受けています。

初期の頃は髪を肩先まで伸ばしたロングヘアだったのですが、昭和末期から平成に移り変わる終盤では時代背景を考慮してか髪型を変えていました。

ラグビー後藤(演:後藤剛範)

サファイア映像でカメラマンと時々俳優もこなす筋肉質な人物です

元々ラグビーをやっていたということを村西に言うとそのままラグビーがあだ名となってしまいました。

ハワイで欧米の筋肉質なアクション俳優を目の前にした時は張り合っていますので、それなりに自負があるようです。

村西の保釈金確保のための資金繰りでは順子と同じ現場で男優をやっていたのですが、容量が中々に悪く監督から怒られています。

また、最終話では真冬の窓の開けっ放しの事務所でのクリスマスパーティーでは村西と共に半袖で過ごしていましたので、相当な暑がりであることが伺い知れます。

モデルとなったと言われるターザン八木氏は、実際に監督業と俳優業をこなした人物であったため、もしかしたら彼もシーズン2では監督業に手を伸ばすかも知れません

その他

ここからはサファイア映像以外の人物たちについてご紹介していきます

黒木香のような実質村西勢力の人間も入れば、警察組織やポセイドン企画の対立組織、古谷のヤクザ組織といった立場の読めない組織まであり、裏社会の物語らしくそれぞれの立場が絡み合い混沌としています。

その中でも特にAV業界最大手となるポセイドン企画は、北海道のビニ本時代から村西達と対立してきたシーズン1のメインの敵役とも言える組織です。

佐原恵美/黒木香(演:森田望智)

本作のヒロインにしてもう1人の主人公と言える人物で、村西と共に実在した人物の名前がそのまま使われており、作中では本名は佐原恵美となっています。

村西と出会う以前は母子家庭ながら良家と言えるほどの裕福な家で育ち、横浜国立大でイタリア美術を専攻するようになるなど、一見何不自由ない生活を送っているように見られました。

しかし、その一方で家庭環境は厳格で極端に厳しく(帰ってきたらまず風呂場で足を洗うなど)、その抑圧された環境の反動もあってか本人は内にエロティシズムに対する止めどない関心を抱き続けています

その後、ひょんなことが切っ掛けで村西のことを知ってからはAV業界にも関心を抱き、「イタリアへの留学のための渡航費を稼ぎたい」「母親の束縛から脱したい」と言う思いが重なって彼の作品に参加するためにサファイア映像の事務所を訪れました。

そして初めての作品では16歳の時から剃ったことのないと言う脇毛を自分らしさとして人前に晒し、それを受け入れてくれた村西に人として強く惹かれるようになって行きます(この際に黒木香という名前を村西から拝命しています)。

AVのデビュー作品は母親の横槍がありお蔵入りとなったものの、しばらくして村西がハワイで捕まったことを受け、保釈金の工面に難儀するサファイア映像のためにデビュー作を売り出すことを持ちかけました。

SMぽいの好き」と銘打たれたこれは当時まだ斬新だった女優自らが先頭に立ってプローモーションを行うという話題性もあって大ブレイク、彼女を一躍有名人に押し上げます。

AV女優としてテレビに出るようになってからは監督時の村西を思わせる「わたくし、…でございますの、ええ」と言った早口でまくし立てるトークを展開し、"黒木香"としてのキャラクターを確立して行きました。

最終話付近になると、普段の状態と監督の時とで明確に喋り方を分けている村西に対し、彼女は村西と喋っている時でさえ黒木香としての喋り方をするなど、段々と"AV女優としての自分"と"佐原恵美としての自分"が統合され行っているような描写が見受けられます

奈緒子(演:冨手麻妙)

村西が初めて撮影することになったAVに出演した当時ヤンキーの一般人で、専業ではなかったためその作品以降はしばらくOLをしていました

「AV出演はお金のためだった」と言っていましたが、撮影後は作家性の強い村西に感銘を受け、また仕事をしたいとも漏らしています。

OL時代に三田村と再開した時は順風満帆だったようですが、後にトシが裏社会に流した自身の出演作の無修正版が会社の同僚たちに知られたことによりAV出演がバレイジメに遭い退職してしまいました。

その後は村西たちに恨み節をぶつけることもあったのですが、最終回では女優業に復帰し、自信を何かと気遣ってくれる三田村と仲良さそうに撮影に望む姿が描かれています。

池沢(演:石橋凌)

サファイア映像と対立するAV業界最大手のポセイドン企画の社長で、村西とは北海道時代からの対立関係です

AV業を始める前は自身もビニ本の出版業を行っていて、当時北海道で勢力を伸ばしていた北大神田書店の会長である村西に会社の買収を持ちかけるも断られ、それ以来何かと彼の妨害行為に及びます。

彼のポセイドン企画のAVは、当時主流であった本番行為を行わずモザイクも相当強めの比較的マイルドな物で、女優を特に美しく上品に切り取ろうとする作風を村西に批判されたりもしていました。

しかしながら大企業の社長だけあって時流を読む力や政治力は確かにあり、村西達の作る過激な作品の台頭を防ぐために規制委員会を立ち上げたり、彼らの作品が評価され出すとポセイドン企画も対抗して規制の緩い作品を出したりしています。

また、あけすけなくらい成金描写が露骨にされており、周りに女優を囲ってステーキを食べたり、巨大な洋風の豪邸で家族と料理を楽しんだりしていました(ちなみに家族には事業のことは秘密にしています)。

最終的には昭和から平成への時代の移り変わりと共に自身が子飼いにしていた武井に裏切られ逮捕、獄中で首を吊って自殺するという、"ポルノ王"とまで呼ばれた人物にしてはなんとも侘しい最後を迎えました。

古谷伊織(演:國村隼)

経緯は不明ですが落ちぶれてた元ヤクザで、北海道にいた時の村西達の元でビニ本の運送業をしていました

その後、いつからか彼も新宿に拠点を移し、村西達がサファイア映像を立ち上げる頃には一大勢力を築き上げています。

度々サファイア映像を庇う発言をしていることから味方のように思われがちですが、じつは作中でぶっち切りで怖い人物で、裏では外国人を使って裏本やビニ本の流通に手を染めたり、果ては麻薬販売や人身売買にまで手を染める等、クリーンな所が一切ない真っ黒な男です。

またトシを見込んでいるようであり、北海道時代からの腹心が組の収益を横領していたため女性と行為に及んでいる最中にトシの目の前で刺し殺し恐怖を植え付け、トシに多大な借りと罪を作らせることにより彼に首輪をつけることに成功しました。

その後、昭和に終わりの一世摘発ではトシを警察に売ることで自身は難を逃れ、出所後の彼を自身の弟分として再び迎え入れています。

武井道郎(演:リリー・フランキー)

いつも手に持った革手袋とハットが特徴の警視庁の人間で、北海道で村西達が製作したビニ本が東京にまで出回り始めたことをきっかけにして初登場しました。

しかし実際はポセイドン企画の池沢と忖度をしており、彼の不正行為を見逃す代わりに池沢に都合の悪い人物達の情報をもらい摘発している人物です。

本人的には一応社会秩序のことも考えているようなのですが、村西たちから渡された賄賂をネコババしたまま彼らを逮捕したり、「刑事はポルノより快感」と表明するなど、黒よりのグレーの人物に描かれています。

また、仕事で使う革手袋を使わない時も手で持ってその辺でペシペシしたり、サファイア映像の事務所を訪れた際にわざわざ開けっ放しのシャッターの横にある扉から入ってきたりと、妙な部分で神経質そうです。

昭和から平成への移り変わりでは、上司から「自身のシマを綺麗にしろ」と圧力をかけられたため、池沢を裏切り彼を逮捕しました

佐原加代(演:小雪)

佐原恵美(佐原恵美)のじつの母で、彼女を異常なまでに縛り付けています

じつは恵美は彼女が不倫をしていた相手との間に出来た子で、相手には家族がいたためにこのような家庭環境となり、「あなた(恵美)が出来た途端に会ってくれなくなった」と、娘や自身の想い人に対する複雑な心境を吐露しました。

一緒に暮らせてはいないものの資金面では相当な援助をしてくれているようで生活には一切困っていなさそうなのですが、普段の穏やかさの反面心は荒み続けており、それが恵美が爆発するきっかけにもなりました。

また、食事前の祈りの風景や、恵美がつけていた十字架から察するに彼女はキリシタンのようです。

NETFLIX『全裸監督』はシーズン2も製作決定!その内容はどうなるかを考察

ここからはすでに製作が決定している『全裸監督』シーズン2の展開を、シーズン1の結末を踏まえて予想していきます

フィクションの中の出来事の他にも、現実の村西とおる氏の来歴も踏まえていますので、ぜひ一緒にどんな展開になるのか考えてみてください。

描かれる年代は黒木香引退の1996年まで? 三度の逮捕やナイス党の設立?

まず実在の村西とおる氏の来歴を振り返ると、初期に所属していたクリスタル映像を退社しダイヤモンド映像を設立しています。

もしかしたらドラマ版ではこのままサファイア映像で行くのかも知れませんが、もしかしたら "エメラルド映像"なんてものも出てくる可能性もありますね(笑)。

氏はこの後"平成のAV帝王"として名を馳せていくのですが、『全裸監督』のヒロインのモデルとなった黒木香が1996年で現役を引退していますので、どちらにせよ描かれるのはその辺りまでなのではないでしょうか

とは言え、この後も村西とおる氏は出演女優が年齢を偽っていたために再び逮捕されたり、政界進出を狙って「全日本ナイス党」を設立したり、某有名アイドル事務所と対立したりと、沢山のエピソードが存在していますので、シーズン2でも様々な受難が描かれそうです。

トシがヤクザの道を突き進む? 村西との対立は?

シーズン1の終わりではいよいよヤクザ組織の重要なポジションとして迎えられたトシですが、シーズン2ではこのまま古谷の下の人物で終わるのではなく、段々と狂気に染まり頭角を表していくという展開も予想できます

村西とは遺恨を残したまま別れることになってしまったトシですが、基本的には村西達とは同じ世界にいるようで相容れない場所に身を置いてしまっただけに本格的な対立が起こるかも知れません。

また、現実ではダイヤモンド映像が倒産した際に村西氏が50億の借金を抱えたりダムから飛び降りろと脅迫されたりもしていますので、その役柄にトシが当てはめられるということも、作劇上十分考えられます。

三田村がサファイア映像離反の可能性! ラグビー後藤も監督デビュー?

作中では監督としてデビューした三田村ですが、彼は最終話でももっと女優にコスプレをさせたいなど自身の作品に対する展望をしっかりと持っていました。

その作風が、村西の目指すハードなエロティシズムと反目する可能性もありますので、もしかしたら三田村が村西と袂を分かちサファイア映像を離れる展開もあるかも知れません(先述のように村西が新レーベルを立ち上げるなら残留)。

また、彼は仲良くなった奈緒子にも「もっと上を目指せるんじゃない?」との旨の発言をされており、これが下克上のための伏線だとするのは考えすぎでしょうか。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「国内ドラマ」人気ニュースランキング