SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/26
901 0

あの名作漫画が小説に! 【おろち】in嶽本野ばらワールド!

原作はもちろん、映画版でも話題をさらった楳図先生の「おろち」。 こちらの作品に小説版があるのはご存知でしたか? 知らない方は幸福です。何せ、これから読めるのですから!

目次

・名作ホラー漫画が小説に

出典:

楳図かずお氏といえば、誰もが聞いたことがあるでしょう。ホラーやコメディ漫画を得意とする大御所漫画家です。

その中でも有名な作品「おろち」。オムニバス形式の漫画で、2008年にはそのうち2編「姉妹」と「血」をもとにした実写映画も公開されました。
 
今回紹介するのは第3の「おろち」。「姉妹」をベースに嶽本野ばら氏が小説化した作品です。大まかな骨組みはもちろん一緒です。しかし嶽本氏がアレンジを効かせた重厚なストーリーは、氏の幻想的な筆致と相まって、漫画とはまた違った地獄絵図を我々に見せてくれます。

・門前家の秘密

出典:

門前家の女性たちは代々美貌とともに、遺伝性の奇病を受け継いでいました。

20代の半ばほどから発病するその病は、まず指先や額に痣や吹き出物ができるところから始まって、やがては全身腫瘍や潰瘍で覆われ、二目と見られぬ姿になってしまうのです。
 
執事の西条とその父は医者でもあり、この病気を治療する方法はないか、治療まではできなくとも、発症を遅らせる方法はないかと親子2代にわたって研究を続けてきました。
しかし決め手となるような成果は得られません。

発症した女性たちは三階の奥の部屋に自ら引きこもり、一切外に出ることはなくひっそりと生活します。何代にもわたって、そうしてきたように。

・銀幕の女王

出典:

物語の序盤で重要な役割を演じるのは「門前 葵」。西条の父が運命を狂わされた「門前 司」の娘に当たります。そして西条本人はこの「葵」に心を奪われてしまっています。
 
葵は情熱に燃える若い映画関係者から「きみのような逸材が必要なんだ」と繰り返し出演を依頼され、その熱意に触れて恋を知ります。青年との間に2子を設けたものの、家柄の違いで祝言を上げることはできず、やがて青年も門前家から出て行ってしまいます。

しかし青年は、葵を捨てたわけではないのでした。異例の出世を果たし、監督となった彼は門前家に舞い戻り、葵に出演してくれるよう頼みました。

葵は承諾。年齢的には遅めのデビューとなりましたが、初々しさはあれど、決して素人臭くはない素晴らしい演技、そしてなによりその美貌で、観衆を魅了したのでした。

・ 二人の王女

出典:

後半では、葵の娘である一草と理沙へフォーカスが移ります。
国民的女優の娘、ということで二人には厳しいレッスンが課されます。しかし、いつも後れを取るのは長女の一草のほう。決してへたくそなわけではないのですが、一緒に練習する理沙が上手すぎるのです。

練習の現場に葵が現れると、失敗をした一草へ、罵倒とともに体罰を与えることもしばしば。
 
そうでもしないといけないくらい、葵の心もまた限界に近付いていたのです。
脳裏によぎるのは門前家の奇病。
いつやってくるかもしれぬその病におびえながら、娘たちの将来を案じて厳しいレッスンを課する葵。

そしてついに葵にも、三階の部屋に住む時がやってきたのでした。

・それから

出典:

残された姉妹たちは芸能界のつてをたどって職を得て、時に協力し、時に反目しながらも一緒に暮らしていきます。
 
しかし門前葵が亡くなったことで、事態は急展開に。

妹、理沙が「私は門前家の血を引いていない」と言い出したのです。母・葵から死ぬ間際に聞き出したのだと。

これで絶望のどん底に落とされたのは一草です。あの病を、自分は発症する。怪物のように醜くなる。だけれど妹は、その顔のまま生きていく――。

同じ運命に一緒に立ち向かうはずだった妹が、まったく違う生き物と化した一草はどんな心地がしたでしょう。

・それからの、さらに向こう

出典:

この物語の最後には、とんでもないどんでん返しと、そして未来に続く因縁の継承が描かれています。

門前家に踊らされていたのは西条だったのか。それとも……。

何ともいえぬ読後感。
あなたなら、どう表現しますか?

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「漫画・本」人気ニュースランキング