中倉彰子 女流棋士

中倉彰子 女流棋士

6歳の頃に父に将棋を教わり始める。1991年1992年女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。 NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会、将棋イベントなどにも出演。 私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを7年間執筆。 2015年10月株式会社いつつを設立(https://www.i-tsu-tsu.co.jp)。将棋グッズの制作・子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で子育てに関する講演活動なども行う。2020年から将棋教室オンライン校設立(https://online.i-tsu-tsu.co.jp/) 著書 ・動画付きの将棋入門ドリル『はじめての将棋手引帖5巻シリーズ』 ・将棋界初の絵本『しょうぎのくにのだいぼうけん』(講談社) ・『しょうぎのくにであそぼう』(講談社) ・『脳がぐんぐん成長する将棋パズル』(総合法令出版) ・『はじめての将棋ナビ』(講談社)

「中倉彰子 女流棋士」がおすすめしたニュース一覧

1 件中 1 - 1 件