閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【サウンド・オブ・ミュージック】の無料動画を配信しているサービスはどこ?映画を日本語吹き替え版/字幕版で見れるところは?

提供元:FOD
サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージックを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

現在、提供しているサービスがありません。

レンタル

レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【サウンド・オブ・ミュージック】は1社の動画配信サービスで配信中です。
レンタル1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

サウンド・オブ・ミュージックの動画が配信されているサービス

サウンド・オブ・ミュージックが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

サウンド・オブ・ミュージックの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
レンタル
30日間無料 500円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT Paravi Hulu FODプレミアム dTV ABEMA TSUTAYA TV/DISCAS バンダイチャンネル dアニメストア クランクイン!ビデオ ビデオマーケット music.jp ゲオTV980 WATCHA(ウォッチャ) DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) DMM宅配レンタル GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

サウンド・オブ・ミュージックの動画が配信されているサービス詳細

レンタル

レンタル

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の基本情報

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
月額料金
500円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
2万2千

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の編集部的ポイント

5
コスパ
月額500円(税込)で約9,000本の作品が見放題。さらに配送特典や音楽聴き放題サービスも並行して受けられるコスパの良さが魅力です。
5
無料期間
30日間無料でAmazonプライムのサービスが受けられます。動画だけでなく配送特典付きなので、普段Amazonで買い物をする人は一石二鳥!
4
作品数
配信数約70,000本ともの凄いボリューム感。そのうち約9,000本の作品が見放題で楽しめます!
4
使いやすさ
マルチデバイスに対応しているため、スマホ、PCに加えて、TV、PlayStationなどのゲーム機でも楽しめます。また、レコメンド機能があなたに合った作品をおすすめしてくれます!
3
特典
Amazonプライム会員であれば配送特典や音楽サービスなど数多くのサービスを受けられます。

Amazonプライムビデオはレンタル作品も!?動画をレンタルしてAmazonプライムビデオをさらに楽しもう!!

サウンド・オブ・ミュージックはAmazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で視聴可能です!

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)はレンタル配信作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。

レンタル作品はレンタルした日から30日の間ならいつでも視聴が可能です。ただし視聴開始から48時間後にはレンタルが終了することは気を付けなければいけません。

Amazonプライムビデオのレンタル価格は作品にもよりますが安くて100円からレンタルすることが可能です。時期によってキャンペーンなども随時行われるため頻繁に確認することをおすすめします。

また誤って作品をレンタルしてしまってもキャンセルの手続きを行えば、きちんと返金される仕組みになっているため安心してレンタルサービスを利用することができます。(返金にかかる日数は3~5日営業以内)。

動画がたっぷり楽しめるAmazonプライムビデオのほか、音楽配信サービスのAmazonミュージックやkindleでの雑誌・書籍読み放題など月額を補って余りあるサービスのAmazonプライム会員。

Amazonプライム会員の大きな強みとして動画配信だけでなく「お急ぎ便・日時指定無料」、「プライム会員限定クーポン」など多様なサービスを展開していることが挙げられます。またこれらのサービスを全て初回登録の30日間無料期間にも利用することができます。

Amazonプライムビデオで視聴できる人気作品

\Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)を30日間無料で楽しむ!/

サウンド・オブ・ミュージックの作品紹介

サウンド・オブ・ミュージックのあらすじ

1959年に初演され大ヒットした同名ミュージカルの映画版で、1965年に公開された。原作は主人公のモデルであるマリア・フォン・トラップの自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』である。

原作の自叙伝、ミュージカル、そして映画ともに世界中で大ヒットし、今もなお世界中の老若男女から愛されている名作だ。劇中では「エーデルワイス」「私のお気に入り」「ドレミの歌」など、誰もが一度は聞いたことがある名曲が使用されている。

物語も主人公の成長ストーリー、恋愛、そして子どもたちとのふれあいなど、ほのぼのする展開から、迫り来る戦争の影や緊張感あふれる脱出劇まで幅広く展開する。

歌うことが大好きで自由に憧れる修道女見習いのマリア(ジュリー・アンドリュース)は、そのおてんばぶりから、ほかの修道女たちにからかわれつつも愛される存在だった。ある日、修道院長(ペギー・ウッド)から、トラップ大佐(クリストファー・プラマー)の子どもたちの家庭教師になるようにすすめられる。

修道院長のすすめを最初は断るマリアだったが、最終的にトラップ邸に向かう。そこでマリアを待っていたのは、何人もの家庭教師がさじを投げた7人の子どもたちだった。子どもたちからの「手厚い」歓迎もマリアは動揺せず受け入れ、次第に子どもたちもそんな彼女に心を開き始めていくのだが…。

サウンド・オブ・ミュージックのクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :ロバート・ワイズ
  • 主演・出演
    :エリノア・パーカー,クリストファー・プラマー
  • 再生時間
    :174分
  • レーティング
    :全年齢

サウンド・オブ・ミュージックの登場人物・キャスト

  • マリア(ジュリー・アンドリュース)

    修道女見習いだったが、修道院長からトラップ邸の家庭教師になることをすすめられ、最初は渋々ながら引き受ける。明るく自由な性格で音楽が大好き。美しい歌声を持っており、ギターも得意である。歌を通して、トラップ家の子どもたちと打ち解けていく。次第にトラップ大佐に惹かれていく自分自身に、戸惑いを覚える。

  • トラップ大佐(クリストファー・プラマー)

    トラップ家の主。オーストラリアの海軍の英雄。7人の子どもたちを軍隊スタイルで厳しく育てている。もともとは歌が得意だったが、先妻が亡くなってから歌わなくなった。エルザと付き合っていたが、マリアに惹かれていく。愛国者でナチスに反感を持っている。

  • エルザ(エリノア・パーカー)

    ウィーンの富豪で垢抜けていてお洒落な女性。ウィーンでサロンを開いている。トラップ大佐と婚約する。

  • マックス(リチャード・ヘイドン)

    トラップ大佐の友人。音楽のプロデューサーのような仕事をしている。チャーミングな性格で、トラップ家の子どもたちも彼に懐いている。

  • 修道院長(ペギー・ウッド)

    マリアが修道女見習いとして入っていた修道院の修道長。マリアにトラップ一家の家庭教師になることをすすめる。マリアの良きアドバイザー的な立場である。

  • リーズル(チャーミアン・カー)

    トラップ家の長女。16歳。電報配達人のロルフと恋仲である。自分には家庭教師は必要ないと最初はマリアに反発するが、あることがきっかけでマリアと親しくなる。劇中では、マリアに代わってギターを弾く場面もある。

  • フリードリッヒ(ニコラス・ハモンド)

    トラップ家の長男。14歳。自分自身のことを、問題児と紹介する。

  • ルイーザ(ヘザー・メンジース)

    トラップ家の次女。13歳。以前、家庭教師を怖がらせるために蜘蛛を持って壁に登ったり、マリアにも自己紹介でブリギッタと名乗って騙そうとしたりするなど、家庭教師に反感を持っていたが、次第にマリアに打ち解けていく。

  • クルト(デュアン・チェイス)

    トラップ家の次男。11歳。自己紹介では、意地っ張りだという。

  • ブリギッタ(アンジェラ・カートライト)

    トラップ家の三女。10歳。読書が好き。集合の笛が吹かれたときに、本を読みながら現れてトラップ大佐に怒られる。

  • マルタ(デビー・ターナー)

    トラップ家の四女。7歳。ピンクの傘が好き。ブリギッタの隣にいることが多い。

  • グレーテル(キム・カラス)

    トラップ家の五女。5歳。7人兄妹の末っ子のためか、マリアに比較的早く懐いた。

  • シュミット夫人(ノーマ・ヴァーデン)

    トラップ家の家政婦。マリアに子どもたちの過去のいたずらや、大佐とエルザの関係などを教える。大佐と子どもたちから信頼されている。

  • フランツ(ギル・スチュアート)

    トラップ家の執事。ナチスの党員であり、真摯に一家に仕えているように見えるが、時折、一家のことを怪しげな目で見ている。

  • ロルフ(ダニエル・トゥルーヒット)

    長女・リーズルの恋人。17歳で電報の配達人をしている。ナチス党員。

  • ツェラー(ベン・ライト)

    ナチス党員のオーストリア人。舞踏会で掲げられた国旗のことで大佐といい争いになる。愛国主義で、ナチスを認めようとしない大佐のことをよく思っていない。

サウンド・オブ・ミュージックの見所ポイント

  • 1 「ドレミの歌」などおなじみの曲ばかり! 『サウンドオブミュージック』は、老若男女に愛される名作!

    『サウンドオブミュージック』といえば、「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など一度は聞いたことがある名曲が盛りだくさんのミュージカル映画です。

    劇中の大半の音楽がブロードミュージカルのものと同じで、リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン二世というブロードウェイの名コンビが作詞・作曲したものになっています。

    登場人物たちが歌って踊るシーンでは、老若男女関わらずワクワクさせられること間違いありません。

  • 2 『サウンドオブミュージック』の、大まかなストーリは実話!

    『サウンドオブミュージック』の、大まかなストーリーは実話です。史実ではトラップ家に来たときにはマリアはすでに修道院をやめていたり、トラップ大佐は実際にはもっと温厚な人物だったりと、ミュージカルと現実とではいくつかの違いがあります。

    ミュージカルとそれをベースにした映画は、物語をより盛り上げるために現実をドラマチックに演出しており、その演出によって公開から50年以上経つ今も多くの人々に愛される作品となっています。

    より史実に近いものでは、ドイツで制作された映画『菩提樹』と、映画『続・菩提樹』があります。史実やトラップ一家の、その後について知りたい方におすすめです。

  • 3 『サウンドオブミュージック』の魅力は、音楽だけじゃない! 誰もが惹きつけられるストーリー展開!

    『サウンドオブミュージック』といえば、劇中にふんだんに使われる名曲やダンスシーンばかりにスポットが当たりがちですが、映画自体のストーリーも侮ってはいけません。

    マリアと子どもたちの触れ合いや大佐とマリアの確執、マリアと大佐、そしてエルザの三角関係に、前半ラストの見せ場である結婚式といった見所がある比較的平和な前半パートと、戦争色が強くなり、脱出劇が描かれる後半では映画の雰囲気がまったく異なり、まるで違った映画のようです。

    前半のほんわかとした物語と、後半の緊張感あふれるストーリーのバランスの良さがこの作品の魅力であり、ほかのミュージカル映画から一線を画す作品となっています。

サウンド・オブ・ミュージックの予告・動画

サウンド・オブ・ミュージックの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (9件中)
  • 投稿者名:あっきー
    評価: GOOD 投稿日:2020.08.08/09:40

    『サウンドオブミュージック』10点
    1965年作品。小学1年生の頃に音楽の授業で観ました!それから25年ぶりに観ましたが、大人になると違ったものが見えてくるものですね♪
    
    あの音楽室の匂いや、まだ田んぼに囲まれていた近所など、小学1年生の頃の記憶が蘇り懐かしさまで感じさせてくれました!
    
    
    【オープニングの空撮】
    ・あれ最高でしょ!
    まずはオーストリアの町並みが映し出される。
    大自然とヨーロッパ文化の建物が絶妙にマッチしている。
    
    山や丘を平地にして町を作るのでは無く、自然そのものの形に沿って町を作っている。
    当時の建物は自然を壊して建てられるのでは無く、自然の中に調和しているかのように作られている。そんな気がしました!
    
    そんなショットが続き、大草原に主人公登場!
    そこからカメラは主人公の顔に可能な限り近づく!さすがにワンカットとは行かないけど、違和感なく顔のアップ映像に切り替える。で、歌い始める!完璧過ぎる!この時点で感動しました!
    
    
    【本作は2度終わる】
    ・物語は大きく2部構成になっている。教育係としてやってきた主人公マリアが子供達と仲良くなり、お父さんと結婚!あの結婚式のシーンがハッピーエンドとしてこれ以上に無い美しい終わり方でしょう♪
    
    しかし、ここから物語は現実を突き付けます!戦争の魔の手が家族を襲い、本当のラストには、家族が祖国オーストリアを去る。
    
    第二次世界大戦当時の流れをYouTubeで調べました!ドイツがオーストリアを飲み込むのは戦争前半みたいでした!命や愛を守る為に祖国を捨てなければならない人々が当時は大勢居たのでしょうね。
    
    祖国の平和を願う曲『エーデルワイス』の歌詞と重なって、余韻を残す完璧なラストでした!
    
    
    【ミュージカル】
    ・大自然の中で、本当に楽しそうに歌ってますよねぇ♪もう最高過ぎるでしょ、この映画!
    
    カーテンで作った服を着て馬車に乗りながら『ドレミの歌』を歌うシーンが1番好きです!
    
    2番目はお父さんが初めて『エーデルワイス』を歌うシーン!これまで笑顔1つ見せなかったお父さんがギター弾きながら歌う!子供達の静かながら安心を得たような、癒されているかのような反応も良いですね!
    
    自宅のパーティで子供達が披露した"もう寝ます"て歌がコンサートでは祖国にサヨナラを言う歌として再登場する流れも美しいです。
    
    
    【ちょっと気に入らないシーン】
    ①聖母様の顔が見えない
    ・トラップ大佐を愛してしまったマリアは教会は逃げ戻ります。
    
    そこで聖母様が『愛を神に捧げるか、男性(家族)に捧げるか。愛の形は人それぞれ。別の人生の選択もある』と励まします。これ名言!
    
    そして聖母様が歌うんだけど、部屋が暗くて窓の外から光が差している環境なので、顔が暗くて表情が見えない。もしかしたら、マリアだけを光が差しているというキリスト教的な美しい演出なのかも知れないけど。
    
    ②子供達のリアクションが無い
    ・大好きなマリア先生がお父さんと結婚!そんな完璧過ぎる展開なのに、子供達の喜ぶ描写は無い。
    
    けど、馬が合わない公爵夫人が母親になる事を良く思っていない描写はある。そのシーンはマリアが母親になった時の子供達の喜びの大きさを表す為の伏線で無ければならないはず!
    
    
    【まとめ】
    ・小学1年生の頃はナチスなんて知りません。なので先生から『戦争になったから家族は逃げないといけなくなった』と解説された事を覚えています。
    
    大人になって観ると、歴史的な背景を感じながら観る事が出来ます。知識の違いで、映画の見え方は変わる!という事を改めて実感しました。
    
    ラストの余韻は良いですね!祖国を去って行く悲しさ。その後、家族はどうなったんだろう。捕まったかも知れないし、逃げ切って細々と暮らしたのかも知らないし。
    続編など無いので、その詳細は想像するしか無いんだけど、歴史的に考えるとそのあとすぐ、家族が逃げた先にも戦争はやってくる事になる。前半の明るいトーンとは真逆でしっかり考えさせて終わる映画!
    

  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2020.04.21/19:57

    ジュリーアンドリュースの歌声と子供たちが素晴らしいです。

  • 投稿者名:座敷婆
    評価: GOOD 投稿日:2020.04.15/02:12

    名作

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: GOOD 投稿日:2019.12.04/21:40

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「中途半端さも感じたけど、音楽の力を感じることの出来るミュージック映画」という印象です😁

    まず良かったのは「音楽の力を感じれるところ」ですね😊
    皆さんは音楽をどんな時に聴いていますか?🤔
    仕事が上手くいかない時や恋人にふられた時、はたまた嬉しいことがあった時や何気なく聴いていることも多いでしょう。

    実はその時、人は皆、音階が生み出すメロディや歌詞によって音楽からエネルギーを貰っているんですよね🤔
    僕もこれまでに何度も音楽に助けられ、今でも音楽を聴いただけで助けられた時の思い出が蘇ることもあります😌
    また、同じ歌でも辛い時や楽しい時等、聴く時々で感じ方も変わったりもしますよね🧐
    音楽は不思議で強い力を秘めているのです!
    それは年齢問わず、国境や時間をも超えます。

    今作ではその音楽の力を、楽しく、そして切なく彩り、心を動かすドラマとして描かれているんです😊
    辛い時こそ、前向きになりたい時こそ、歌に触れれば道は開ける!そう感じましたね😁
    「ドレミの歌」「エーデルワイス」等、様々な楽曲とシーン作りは見どころです!!

    次に良かったのは「印象的な映像」ですね🤨
    「雪のかぶる山脈を空から映す、CGにはない美しさの圧倒的大自然」「淡い光や光と影を駆使してロマンチックに魅せる演出」これらがとても印象に残りました😌
    これらによって描かれる恋愛とミュージカルがより高い次元で良く見えてしまいます😊

    後は、「前半と後半の切り替え」ですね🤔
    前半では女によるポジティブなストーリー、後半では戦争をテーマしたハラハラするストーリーとして描かれており、174分という長さでも飽きずに観ることができました😌
    「戦争は人をかえてしまう」
    戦場にはない戦争の恐怖を感じましたね😭

    良くなかったのは「後半の中途半端さ」です😰
    ストーリーの切り替えはとても良かったのですが、行く末中途半端で残念でした。。
    制作された時代の推測から、ナチスを否定するプロパガンダの意図しか感じられませんでした🤔
    今ではナチスのホロコーストからナチスは悪だ!!という共通認識が強いですが、戦後20年僅かな制作された作品ですので、敗戦国であるドイツ軍ナチスを否定するプロパガンダの演出がしたったのかな?という印象でした🤔
    もう少し戦争の恐怖を描くことやトラップ大佐達の行く末を見せて頂きたかったですね😖

    後は「フィアンセの存在」です😂
    トラップ大佐のフィアンセがいることによって、恋愛感に歪みが生じ、恋愛に感情移入が全くできませんでした😂
    「マチネの終わりに」でも感じましたが、「婚約」に対する価値観が甘すぎだと個人的には思っちゃいますね😖

    他にも、時系列不明により、2時間くらいでギターが弾けるよう見えたりとツッコミどころはありますが、そこは気にしてはいけないのかもしれないです🤔

    【総評】
    総評として、「後半の中途半端さ」や「フィアンセの存在」は残念でしたが、「音楽の力を感じれるところ」「印象的な映像」「前作と後半の切り替え」は素晴らしく、古き良きミュージカル映画だと思いました😊
    特に80年代以前の映画は苦手ですが、その中でもかなりタイプの作品でした😁
    午前10時の映画祭によって、今映画館で観れるチャンスですので、近くの劇場でやっていましたら是非観に行ってみて下さいね😌

  • 投稿者名:crowmania
    評価: GOOD 投稿日:2019.11.05/20:50

    古き良き映画

全ての評価・感想・レビューを見る

サウンド・オブ・ミュージックと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!