動画配信サービス比較情報.com

見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

映画 洋画

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの動画が配信されているサービス一覧

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションのあらすじ

『ミッション:インポッシブル』シリーズの最高傑作との呼び声も高いシリーズ5作目。本作で初登場の謎の美女イルサが、圧倒的な存在感を放ち話題を呼んだ。

IMF諜報員のイーサンは新たなミッションを受けるために、IMFの拠点に立ち寄るも、国際テロ組織「シンジケート」のワナで拉致されてしまう。気がつくと後ろ手で拘束されていた。拷問寸前で謎の美女イルサが逃亡の手助けをしてくれるも、自分はここに残るという。脱出したイーサンはIMFのブラントに連絡を取るが、IMFが解体されたことを知る。しかもCIAの召還命令に背いたため国際手配の身に。

イーサンは潜伏しながら「シンジケート」の調査を続けていた。相棒のベンジーをウィーンに呼び寄せ、オペラ会場に現れるはずの「シンジケート」のボス、ソロモン・レーンの捜索を遠隔操作で依頼する。その場でイルサの姿を再び発見。彼女はイギリスの諜報員で組織に潜入中であった。

後日、シンジケートのデータ入手を試みるため、イルサの協力も得ながら冷却装置内での決死のデータ書き換え作戦と、厳重な監視下にあるサーバーへの潜入に挑むことになるが…。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションのクレジット

  • 監督
    :クリストファー・マッカリー
  • 主演・出演
    :トム・クルーズ,ジェレミー・レナー
  • 再生時間
    :131分
  • 初公開日
    :-
  • レーティング
    :全年齢

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの人物相関図

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの人物相関図

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの登場人物・キャスト

  • イーサン・ハント(トム・クルーズ)
    イーサン・ハント(トム・クルーズ)
    CIAの特殊組織「IMF(インポッシブル・ミッション・フォース)」に所属するエリート・エージェント。IMFが解体させられ、国際手配で追われる身。水中でのミッションでは絶体絶命の危機に陥る。
  • ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)
    ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)
    IMFの分析官で元IMFのエージェント。IMFの解体後、現在はCIAに所属する。追われる身のイーサンをなんとか護ろうとする。
  • ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
    ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
    イーサンチームのおなじみの相棒。パソコン使いの名手でハッキングも得意。IMF解体後はCIAの職員として勤務。今回はイーサンの相棒として大活躍する。
  • イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
    イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
    「シンジケート」に所属する謎の美女。表の顔はイギリスのMI6に所属する諜報員で、組織に極秘潜入しつつ、ソロモン・レーンと組織の極秘ファイルを探っていた。
  • ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
    ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
    イーサンチームの大黒柱的存在。IMFの解体後、現在はフリーランスでハッカーとして活動。ブラントがイーサンをCIAよりも先に見つけるために彼を呼び寄せる。
  • アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)
    アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)
    CIAの長官。IMFの度重なる横暴な作戦に異を唱え、諮問会議でIMF解体を主張。結果、IMFをCIAに吸収させてしまう。召喚の命令に応じないイーサンを国際指名手配する。
  • ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
    ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
    謎多き国際テロ組織「シンジケート」の創設者でボス。かつてイギリスの諜報機関MI6に所属していた。世界各地で数々のテロ事件を起こし、世界の無政府状態を望んでいる。
  • ヤニク・ヴィンター(イェンス・フルテン)
    ヤニク・ヴィンター(イェンス・フルテン)
    ソロモン・レーンの右腕でもあり、拷問のスペシャリスト。またの名前をボーンドクター。元エージェントで3年前に殉職したと記録されていた。
  • アトリー(サイモン・マクバーニー)
    アトリー(サイモン・マクバーニー)
    イギリスのMI6の局長でイルサの上司。極秘作戦「シンジケート計画」を考案した人物でもある。任務完了とMI6復職を願うイルサを翻弄し続ける。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの見所ポイント

  • 1 高さに取り憑かれた男。決死のスカイアクション!

    今回一番のハイライトが、命がけの飛行機アクションです。時速400kmで飛行するエアバスA400Mのドアに、イーサンがしがみつく象徴的なあのシーン。スタントマンを使うことなく、数本のワイヤーのみを命綱に、自ら上空5000フィート(約1524m)でアクションを見せる度胸のすわり方。この撮影はなんと8テイクも繰り返したのだとか!

    しかも2テイク目には滑走路の小石が肋骨にあたってしまうハプニングも…。トムいわく「マジで怖かったよ」って当たり前です(笑)。他にも、圧倒的な臨場感で魅せるバイクチェイスや、水中大作戦とでもいうべきデータの書き換えシーンは、思わず息をのむスリリングさに満ちています。

  • 2 よき相棒のベンジーの成長ぶりにも注目

    本作のアザーストーリーとして、イーサンと相棒のベンジーとの関係性が色濃く描かれている点も見逃せません。

    サイモン・ペッグ演じるちょっとお間抜けで愛すべきキャラのベンジーは、シリーズを追うごとにファンを確実に増やしていきました。その人気ぶりを受けて本作ではほぼ全編にわたって登場し、イーサンのパートナーとして大活躍します。

    3作目の『M:I:3』ではイーサンに憧れるIMF職員なる設定でしたが、前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ではエージェントに昇格、そして5作目では通信のハッキングや敵とのファイト、変装、さらには拉致される!というある意味ベンジー祭りが繰り広げられていきます(笑)。

  • 3 ニューヒロインのイルサ・ファウストがカッコ良すぎ!

    トム・クルーズは無名の俳優や女優を積極的に起用することで知られていますが、今回非常に重要な役柄となる女性諜報員のイルサ役に抜擢されたのは、イギリスのドラマ界隈で知名度のあったレベッカ・ファーガソン。本国アメリカや日本ではほぼ無名に近い存在でしたが、トムが白羽の矢を立てました。

    クラシカルで気品漂うビジュアルはもとより、華麗に魅せるしなやかなアクション(特に足技に注目!)やワイルドにバイクを駆るスタントなど、完全にイーサン越えのカッコ良さ。主役級の大きなインパクトを残します。トムも相当にお気に入りだそうで、彼女の雄姿は最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でも堪能することができます。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションのユーザーレビュー

平均評価

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 0.0

レビューを書く

ユーザーレビューを書く

採点(必須)
0.0 ☆マークをクリックすることで採点されます。
投稿者(必須)
タイトル(必須)
レビュー(必須)
  • ※編集部が誹謗中傷・作品のネタバレと判断したレビューは表示しておりません。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューは、編集部が調査機関より集めたレビューを表示しています。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューの中には、編集部が調査機関から収集したレビューより一部抜粋して表示しているものもあります。
  • ※レビューの投稿は、1作品につき1日1回投稿できます。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションが動画配信されているサービスの詳細

ミッション:インポッシブル シリーズの動画配信状況

 定額見放題  追加課金  レンタル  配信対応無し

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションと合わせてよく見られている人気の動画配信状況

 定額見放題  追加課金  レンタル

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ