見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

映画 洋画

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの動画が配信されているサービス一覧

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのあらすじ

トム・クルーズの代表作『ミッション:インポッシブル』シリーズ待望の最新作。

IMF諜報員のイーサン・ハントは、3つのプルトニウム回収作戦を実行中に何者かの策略でプルトニウムを奪われてしまう。これは世界崩壊を計画する国際犯罪組織「シンジケート」残党の仕業であった。

イーサンたちはプルトニウム奪回と同時核爆発を防ぐというミッションに動き出す。解決への手がかりはジョン・ラークという正体不明の男とホワイト・ウィドウなる女性武器商人への接触だ。イーサンに対して懐疑的なCIAは、監視役としてオーガスト・ウォーカーを同行させる。

ふたりはホワイト・ウィドウが主催する慈善事業のパーティに忍び込み、イーサンはジョン・ラークに成りすまして彼女と接触を試みる。彼女は護送中の「シンジケート」のボス、ソロモン・レーンの奪還を引き換えにプルトニウムを受け渡す約束を交わす。

後日、輸送車を襲って彼を確保するも、ある者の裏切りで同時核爆発へのカウントダウンが実行されてしまう。イーサンたちの命がけの攻防戦が始まる。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのクレジット

  • 監督
    :クリストファー マッカリー
  • 主演・出演
    :トム クルーズ,ヘンリー カヴィル
  • 再生時間
    :-分
  • 初公開
    :-
  • レーティング
    :-

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの人物相関図

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの人物相関図

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの登場人物・キャスト

  • イーサン・ハント(トム・クルーズ)
    イーサン・ハント(トム・クルーズ)
    本作品の主人公。CIAの特殊組織「IMF(インポッシブル・ミッション・フォース)」に所属する敏腕エージェント。独自の判断で勝手な行動に出ることが多々あるため、CIAの監査役から目をつけられている。
  • オーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)
    オーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)
    CIAの敏腕エージェントで、今回、イーサンやIMFの監視役として一緒に行動することになる。目的のためには手段を選ばない非情なところがある。
  • ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
    ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
    イーサン・チームの一員でIMFのエージェント。ハッキングやガジェット開発の名手。イーサンにとって、もはやなくてはならない存在に。
  • ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
    ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
    イーサン・チームの一員でIMFのエージェント。天才ハッカーでもある。
  • イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
    イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
    ソロモン・レーンが率いる「シンジケート」に潜入していた、イギリスのMI6の腕利き女性諜報員。ホワイト・ウィドウが主催する慈善事業の場で、偶然イーサンと再会する。
  • ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
    ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
    国際テロ組織「シンジケート」の大ボスで、元MI6のエージェント。前作でテロを起こして世界の秩序を崩壊させようとしたが、イーサンとイルサによって捕らえられ、現在はMI6に引き渡されている。
  • ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)
    ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)
    今作のヒロインのひとり。兵器の売買から暗殺までを請け負う謎の武器商人であり慈善活動家。ナイフ使いの名手。1作目に登場した武器商人のマックスの娘でもある。
  • ジュリア・ミード(ミシェル・モナハン)
    ジュリア・ミード(ミシェル・モナハン)
    イーサン・ハントの妻で4作目におけるカメオ出演に引き続き、再登場。現在は天然痘治療のために作られたカシミール地方(インドとパキスタンの中間)の国際医療キャンプに勤務する。
  • アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)
    アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)
    元CIA長官で現在はIMFの長官職に就く。今回はIMFの一員として見事なチームワークを発揮する。
  • エリカ・スローン(アンジェラ・バセット)
    エリカ・スローン(アンジェラ・バセット)
    アラン・ハンリーの後任でCIAの長官に就任。いわゆる「鉄の女」。オーガスト・ウォーカーの上司で、IMFの動きに対して懐疑的になっている。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの見所ポイント

  • 1 トム! 頑張りすぎ! 命がけのアクションはジャッキー・チェン越え!

    公開前に様々なメディアで煽られていた通り、トム・クルーズ(現在56歳!)が全スタントをやり遂げた予想以上のアクションシーンに、観ているこちらもアクションハイになること必至。

    役者では初めてトライしたという特殊部隊の高難度技術「ヘイロージャンプ(高高度降下低高度開傘)」、ビルからビルへと飛び移る場面では着地時に足を骨折、ハイライトのヘリコプターチェイスでは自らが操縦してキリモミ落下を見事にコントロールと、CGをあえて使わないまさに命がけのスタントの連続にため息しかでません。

    もはや、彼はスタントハイならぬスリルジャンキーになっているとしか思えませんが…。誰かトムを止めてー(笑)!

  • 2 散りばめられた過去のオマージュ。そして伏線も見事に回収!

    今回は『ミッション:インポッシブル』好きにはグッとくる過去作品へのオマージュがいくつか見てとれます。

    例えば、謎の女ホワイト・ウィドウは1作目に登場した武器商人マックスの娘であり、2作目のオープニングを飾った例のロッククライミングのシーンは本作で見事に結実し、さらには妻のジュリアが登場することで、今後のふたりの歩むべき道を確信させてくれます。

    そして、これこそが「スパイ大作戦」とでもいうべき痛快なチームワークにはゾクゾクさせられます。ちなみに、美しい凱旋門での印象的なバイクチェイスは、『男と女』で知られる名匠クロード・ルルーシュ監督による実験的な作品『ランデヴー』をモチーフにしていたりします。

  • 3 過去のシリーズとの異なる描き方にも注目!

    メガホンをとったのは、前作『ミッション:インポッシブル/ローグネーション』に続くクリストファー・マッカリー監督。

    前作の主要キャラクターを再登場させたことで、複雑になりがちなプロットをわかりやすく伝えることに成功し、観客がアクションシーンに集中できる環境設定を徹底させた印象を受けます。

    そしてイーサンの葛藤する姿を描き、ベンジーの笑いどころも極力減らすことでシリアスさがアップ。映画としての重厚さや映像の美しさも際立ちます。とくにイーサンとイルサがパリの街角で落ち合う幻想的なカメラワークにはハッとさせられます。シリーズの中で監督の作家性が一番色濃く出ている作品かもしれません。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのユーザーレビュー

平均評価

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 0.0

レビューを書く

ユーザーレビューを書く

採点(必須)
0.0 ☆マークをクリックすることで採点されます。
投稿者(必須)
タイトル(必須)
レビュー(必須)
  • ※編集部が誹謗中傷・作品のネタバレと判断したレビューは表示しておりません。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューは、編集部が調査機関より集めたレビューを表示しています。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューの中には、編集部が調査機関から収集したレビューより一部抜粋して表示しているものもあります。
  • ※レビューの投稿は、1作品につき1日1回投稿できます。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトが動画配信されているサービスの詳細

ミッション:インポッシブル シリーズの動画配信状況

 定額見放題  レンタル  購入  宅配レンタル  配信対応無し

ミッション:インポッシブル/フォールアウトと合わせてよく見られている人気の動画配信状況

 定額見放題  レンタル  購入  宅配レンタル

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ