閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【レオン オリジナル版】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

更新日:
画像はありません。

レオン オリジナル版の動画配信・レンタル情報

レオン オリジナル版を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、レオン オリジナル版とよく似た 「洋画」 「アクション」 「バイオレンス」 「ギャングマフィア」 「感動系」 「ヒューマンドラマ」 の作品をおすすめとして表示しています。

洋画

ゴッドファーザー PART 2

マフィア一族の壮絶な抗争と家族愛を描いた『ゴッドファーザー』(1972年公開)の続編。 イタリアン・マフィアの「コルレオーネ・ファミリー」を築き、ドンと呼ばれるまでになったヴィトーの青年時代と、ファミリーを継いでドンとなった息子マイケルの現代の物語を交錯させながら描いた作品。 アカデミー賞11部門にノミネートされ、作品賞、監督賞・助演男優賞など計6部門を受賞した傑作。 若き日のヴィトーはリトルイタリーの食糧品店で働いていたが、マフィアのファヌッチがその界隈で傍若無人に振舞っていたため住民は日々悩ませられていた。 彼のせいで失業したヴィトーは仲間とともに犯罪で生計を建てるようになる。それを知ったファヌッチは、ヴィトーたちに不当な上納金を要求する…。 それから数十年後、息子のマイケルは父ヴィトーから受け継いだファミリーを拡大するために、徹底的な合理主義の姿勢を貫いていた。 そしてあらゆる問題解決のために過剰な報復を繰り返すマイケル。 しかし、その罪の代償として、マイケルは大切なさまざまなものを失っていく…。

配信中の動画配信サービス

洋画

ゴッドファーザー

第二次世界大戦後のニューヨークを舞台に、血にまみれたマフィア一族の抗争とイタリア人特有の深い家族愛を濃密に描いた『ゴッドファーザー』シリーズ3部作の序章。 裏社会の非情な暴力と家族の絆の両極を描き、1973年度アカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚色賞を獲得した不朽の名作。 ヴィトー・コルレオーネは一代でマフィアの組織を築き「ゴッドファーザー」と呼ばれ畏怖、崇拝されていた。 あるとき、ソロッツォから麻薬ビジネスを持ちかけられるが、これを拒否したためヴィトーの暗殺計画が企てられる。 そしてヴィトーへの襲撃をきっかけに、ファミリー間の抗争は激しさを増していく。 マフィアである家業を毛嫌いしていた息子のマイケルだが、父親の命を守るためにとあるタブーに手を染める。 長引く勢力抗争のなか、後取りの長男ソニーも命を落とし、ヴィトーもマイケルにある言葉を残して逝去した。 カリスマの「ゴッドファーザー」を失った「コルレオーネ・ファミリー」の行く末はどうなるのか…。

配信中の動画配信サービス

洋画

ゴッドファーザー PART 3

裏社会ならではの非情な暴力と深すぎる家族愛に翻弄される、イタリアン・マフィア「コルレオーネ・ファミリー」の繁栄と栄光を描いた『ゴッドファーザー』シリーズ3作目。 ファミリーのドンに君臨したマイケルの懺悔と苦悩に満ちた孤独な晩年を描いた最終章。 絶大な権力を掌握したマイケルは、父の名をとった「ヴィトー・コルレオーネ財団」を設立した。 バチカンへの多額の寄付をきっかけに、利権で組織を合法化させる狙いがあったからだ。 娘のメアリーを名誉理事に据えたが、息子のアンソニーは父の願いとは裏腹に、オペラ歌手への道を志して家を離れてしまう。 同時期に甥のヴィンセントを自分の手元に置き、後継者候補として面倒をみていたが、これによりかねてからヴィンセントと確執があった新興マフィアのジョーイ・ザザとの溝が深まってしまう。 事態の収拾を図ろうとしたマイケルは他ファミリーと会合を開くが、ザザの襲撃で多くの主要幹部を一掃され、自分も病に倒れてしまう。 さらには鼻っ柱の強いヴィンセントの独断行動をきっかけに、抵抗勢力との争いが激化。それはファミリー終焉の幕開けでもあった…。

配信中の動画配信サービス

レオン オリジナル版が動画配信されているサービスの詳細

ちょっと待った!違法サイトは危険もある?

pandoraやdailymotion、アニチューブなどの違法動画サイトにある
動画の視聴ダウンロードはウィルス感染のリスクがある大変危険な行為です!


無料でみれるからと、違法サイトに手を出す前に、
安心安全で動画視聴できる動画配信サービスを検討してみてください!
無料期間のある動画配信サービスなら、無料で動画を視聴できますよ!

レオン オリジナル版の作品紹介

レオン オリジナル版のあらすじ

12才の孤独な少女とそんな彼女に愛された殺し屋。切なくも美しい、凶暴な純愛。

リュック・ベッソン監督と名優ジャン・レノの鮮烈なハリウッドデビュー作にして、ナタリー・ポートマンの衝撃のデビュー作。




ニューヨークに住むイタリア移民の男性・レオンは超一流の殺し屋。

彼は忠実に任務を遂行する孤独な日々を送っていた。ある日、アパートの隣人である少女・マチルダの家族が麻薬捜査官のスタンに惨殺されてしまう。

実はスタンの裏の顔は麻薬密売人で、父ジョゼフが彼の麻薬を横領したために報復されたのだ。

マチルダは危機一髪難を逃れてレオンに匿われたが、幼い弟が犠牲となってしまったことに激しく怒り、レオンに復讐の仕方を教えて欲しいと懇願する。

レオンは当然断るものの、強引な彼女に負けて行動をともにする事に。

生活を乱され困惑するレオンだが、マチルダと共同生活を送るうちに信頼関係が築かれ、やがて2人の間には不思議な愛情が芽生えていく…。

そんななか、弟を殺害した犯人がスタンだと知ったマチルダは、レオンに置き手紙を残し、一人スタンへの復讐に挑む…。

レオン オリジナル版の登場人物・キャスト

  • 画像はありません。
    レオン・モンタナ(ジャン・レノ)
    ニューヨークのリトル・イタリーに住むイタリア系アメリカ人。超一流の殺し屋だが「女と子どもは殺さない」をモットーにしている。移民としてアメリカに来たため、読み書きが苦手。家族を殺されたマチルダを一時的にかくまった後、成り行き上彼女と行動をともにすることに。趣味は観葉植物の世話と映画鑑賞。
  • 画像はありません。
    マチルダ・ランドー(ナタリー・ポートマン)
    レオンが住むアパートの隣人。複雑な家庭に育ったせいか大人びた雰囲気を持つ少女で、幼い弟を心のよりどころとして可愛がっていた。スタンに弟を殺されたことで強い怒りを抱き、彼に敵討ちをするためレオンに「殺しの方法」を教えてもらおうとする。レオンと行動をともにしていくうにち、彼の人柄に触れ、次第に淡い恋心を抱く。
  • 画像はありません。
    ノーマン・スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)
    通称スタン。麻薬捜査官であるにもかかわらず麻薬密輸に手を染めていて、女・子どもも容赦なく殺害する非情な性格。麻薬中毒というほどではないが、彼自身も麻薬を使用しているらしく、ところどころに奇行が目立つ。一方で、狙った相手を巧妙に追い詰める頭脳明晰なところも。趣味はクラシック音楽鑑賞。
  • 画像はありません。
    トニー(ダニー・アイエロ)
    イタリアン・レストランを経営している面倒見のいい男性。しかしその裏の顔はイタリアン・マフィアのボスで、レオンを殺し屋として育て仕事を依頼している。文字の読み書きができないレオンに代わって彼の財産を管理している。
  • 画像はありません。
    ジョセフ・ランドー(マイケル・バダルコ)
    マチルダの父。仕事に就かず麻薬の運び屋をやっているだらしない男性。マチルダとの仲は極めて悪く、平気で手を上げることも。スタンから任されていた麻薬を横領したため、報復としてマチルダ以外の家族とともに殺害される。

レオン オリジナル版の見所ポイント

  • 1 鮮烈なデビューを飾った監督と出演俳優たち

    『LEON/レオン 通常版』はフランス出身の監督リュック・ベッソンのハリウッドデビュー作。

    『グラン・ブルー』『ニキータ』などでフランス国外からも高い評価を受けていましたが、『LEON/レオン 通常版』でさらにその名を世界に知らしめました。

    また、本作はレオン役ジャン・レノのハリウッドデビュー作でもあり、マチルダ役のナタリー・ポートマンにとっては女優デビュー作。

    当時14歳だった彼女はオーディションを受け、見事5000人の中からマチルダ役を掴みました。

    彼らが現在も第一線で活躍しているのはご存知の通りで、ナタリー・ポートマンは今やアカデミー賞女優でもあります。本作は彼らに飛躍をもたらした作品となっています。

  • 2 有名なアーティストたちが作品世界を彩る

    『LEON/レオン 通常版』の音楽担当はエリック・セラ。ベッソン監督とは1982年のデビュー作『最後の戦い』からのコンビです。

    彼の音楽はスタイリッシュで緊張感があるベッソン監督の作品にぴったりですが、有名なアーティストたちの楽曲も効果的に使用されています。

    アイスランドの歌姫ビョークの『Venus as a Boy』、イギリスの大御所スティングの『Shape Of My Heart』は有名です。

    特に『Shape Of My Heart』はエンディングとして切ない余韻を残し、本作を愛する人たちから今も支持されています。ベッソン監督の音楽センスにもぜひ注目して下さい。

  • 3 巧みなカメラワークとファッションセンス

    『LEON/レオン 通常版』はビジュアル的にもとても魅力的な作品に仕上がっています。

    そのひとつは巧みなカメラワーク。冒頭のニューヨークの空撮、レオンが超一流の腕前を発揮するシーン、マチルダの家族が惨殺される一連の流れから始まり、クライマックスまで迫力満点で息をつかせません。

    またフランス人の監督らしく、ヒロイン・マチルダのファッションもおしゃれで注目を集めました。

    彼女のヘアスタイルは、ボブカットで有名なクラシック女優ルイーズ・ブルックスを参考にしたものですが、現在は「マチルダボブ」と呼ばれ、ファッショニスタからも人気の高いスタイルです。

    映画としての楽しみをすべて兼ね備えた本作。映像だけでも鑑賞の価値ありです!

レオン オリジナル版の評価・感想・レビュー

レオン オリジナル版と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

レオン オリジナル版に関する記事一覧

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ