閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【花燃ゆ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

花燃ゆ

花燃ゆを配信中の動画配信サービス一覧

花燃ゆの動画が配信されているサービス

花燃ゆの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

花燃ゆの作品紹介

花燃ゆのあらすじ

ただ、明日のその先のために―

2015年NHKで全50話が放送された大河ドラマ第54作。吉田松陰の末妹・杉文を主人公に久坂玄瑞ら松下村塾の弟子たちの人間模様を織り交ぜ、幕末から明治へ向けた激動の時代が描かれている。脚本はNHK連続テレビ小説『ぴあの』(1994年)を手掛けた宮村優子らが担当し、演出は『篤姫』(2008年)の渡邊良雄ら。語りはTVアニメ『機動戦士ガンダム』(1979年)でシャア・アズナブルを演じた声優の池田秀一。主演は井上真央、大沢たかおや伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大などが共演。

江戸末期、長州藩の杉家に四女として誕生した文(井上真央)は、藩の軍事調練を率いる兄・吉田虎次郎(後の松陰:伊勢谷友介)を誇らしく思っていた。虎次郎は11歳にして、藩主の毛利敬親に兵学を講義するなど将来を嘱望されていた。

嘉永6年、松陰が脱藩する。そのため文や杉家は苦しめられることに。文たちの状況に、罪を軽減してもらおうと藩に求め続けてくれたのが儒学者の小田村伊之助(後の楫取素彦:大沢たかお)。藩主の計らいにより、学問の自由を得た松陰だったが、ペリーが来航した翌年に密航を企て、故郷・萩の野山獄に投獄される。

やがて、野山獄から出られた松陰は近所の若者たちを集めて「孟子」の講義を始める。そこには後に日本を動かすことになる高杉晋作(高良健吾)や久坂玄瑞(東出昌大)らが次々と集まってくる。

花燃ゆのクレジット(監督・キャスト)

花燃ゆの評価・感想・レビュー

花燃ゆと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!