閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【軍師官兵衛】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

軍師官兵衛

軍師官兵衛を配信中の動画配信サービス一覧

軍師官兵衛の動画が配信されているサービス

軍師官兵衛の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

軍師官兵衛の作品紹介

軍師官兵衛のあらすじ

“人は殺すよりも使え“―信長・秀吉・家康の3大天下人に愛され恐れられた男の生涯!!

2014年に放送されたNHK大河ドラマ第53作。主人公で「戦国一の軍師」黒田官兵衛を演じたのは俳優として数々の作品で主演を務めてきた岡田准一。共演には高橋一生や松坂桃李、生田斗真ら若手実力派俳優が名を連ねた。歴史上の表舞台に登場することなく、戦国のフィクサー(黒幕)的存在として、戦国時代の大事件を裏で関わってきた男の生涯を描いた本格時代劇。

天生18年(1590年)、天下統一を目前とした豊臣秀吉(竹中直人)は自軍が包囲する小田原城を見下ろしていた。しかし、小田原城陥落を前にこう着状態が続いていた。側近のひとりが秀吉に総攻撃を進言すると、そこへ片脚を引きずった武将が現れ、「人を殺せばそれまで。生かしてこそ、使い道があるのでございます」と説いた。その男の言葉に秀吉はほくそ笑んだ。その男の名前は黒田官兵衛(岡田准一)。

播磨国姫路城主・黒田職隆(柴田恭兵)の嫡男として、官兵衛はこの世に生を受けた。幼名を万吉(若山耀人)といい、新しいモノが大好きで、諸国をめぐる御師の伊吹善右衛門(尾藤イサオ)から珍しい土産話を聞くのを楽しみにしていた。そんな万吉を母のいわ(戸田菜穂)は「心根の優しい子」と温かく見守っていたが、父は「優しいだけでは、武家の当主は務まらぬ」と、万吉の行く末を案じていた…。

軍師官兵衛の評価・感想・レビュー

軍師官兵衛と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!