閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【キャッチ ア ウェーブ】の無料動画を配信しているサービスはここ!

提供元:FOD
キャッチ ア ウェーブ

キャッチ ア ウェーブを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【キャッチ ア ウェーブ】は2社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題2社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

キャッチ ア ウェーブの動画が配信されているサービス

キャッチ ア ウェーブが視聴できる2社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

キャッチ ア ウェーブの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
定額見放題
31日間無料 2,189円/月
定額見放題
1ヶ月間無料 869円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

Paravi Hulu FODプレミアム dTV ABEMA TSUTAYA TV/DISCAS バンダイチャンネル dアニメストア クランクイン!ビデオ ビデオマーケット music.jp ゲオTV980 Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス) DMM宅配レンタル

キャッチ ア ウェーブの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

U-NEXTの基本情報

U-NEXT
月額料金
2,189円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
19万

U-NEXTの編集部的ポイント

5
コスパ
定額作品数が140,000作品と多く、毎月1200ポイントも貰えます。月額料金が高く見えますがコスパは◎
5
無料期間
無料期間が31日間あるので、お試し期間として十分な時間があります。無料期間でも600円分のポイントが貰えるもの魅力です!
5
作品数
定額見放題の作品数が140,000作品とVODサービスの中ではトップクラスの作品数!アニメの見放題作品数も業界No.1。
5
使いやすさ
同時再生4台まで可能でダウンロード機能も有り。TV接続可能で4Kにも対応。総合的に機能が充実していて使いやすいです。
5
特典
毎月1200円分のポイントが貰えます。しかもポイントは無料お試し期間中でも貰えます!最新映画も毎月約2本追加料金なしでレンタル可能!!

U-NEXTを無料期間で最大限楽しもう!サービスの詳細もご紹介!

キャッチ ア ウェーブはU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTは無料トライアル期間を31日間設けているので、期間中であればすべての見放題作品の配信を無料で楽しむことができます。

見たい作品がレンタル対象でも、毎月付与される1,200円分のポイントをレンタルに利用すればお得に楽しむことが可能です。
ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、無料お試し期間にレンタル作品を無料で視聴することもできます!

さらに動画だけではなく約70種類のファッション誌や週刊誌などの雑誌も月額だけで読み放題!

また、U-NEXTには便利な機能が盛りだくさん!

スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・ゲーム機など複数のデバイスで同時視聴もできちゃいます!

さらに「ファミリーアカウント」を最大3つの子アカウントが作成可能! マイリストや視聴履歴が共有されないため、プライバシーも守れます。

ダウンロード機能もあるため、通信量を気にせず動画を楽しめるでしょう。

U-NEXTの無料トライアル中は、ポイント利用やダウンロード、同時視聴機能を使って配信を思う存分楽しんでください!

U-NEXTで視聴できる人気作品

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

定額見放題

定額見放題

WATCHA(ウォッチャ)の基本情報

WATCHA(ウォッチャ)
月額料金
869円(税込)
無料期間
1ヶ月間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
-

WATCHA(ウォッチャ)で視聴できる人気作品

\ WATCHAを1ヶ月間無料で楽しむ!/

キャッチ ア ウェーブの作品紹介

キャッチ ア ウェーブのあらすじ

2006年に公開された、湘南を舞台にした青春サーフィン映画。日本プロサーフィン連盟が全面支援しており、劇中のサーフィンシーンはとても本格的で見ごたえがある。小説家・豊田和馬が高校1年生だったときに執筆した同名小説が原作であり、映画も小説も青春の甘酸っぱさを味わうことができる作品だ。

監督は、ドラマ『WATER BOYS』シリーズの演出を務めた髙橋伸之。三浦春馬、濱田岳、木村了の3人が出演。そのほかに竹中直人をはじめとするベテラン俳優たちが、若い3人の脇をしっかり固めており、安心して観ることができる。

高校1年生の夏を浩輔(濱田岳)の両親の別荘で過ごすため、湘南にやってきた大洋(三浦春馬)、誠人(木村了)、浩輔の3人。しかし別荘の鍵をなくしてしまい、彼らの予定は大きく狂ってしまう。

翌朝、偶然出会った風変わりな中年・デューク(竹中直人)と知り合い、3人はデュークのサーフショップ「アナカレ」で住み込みのアルバイトを始めることになる。

キャッチ ア ウェーブのクレジット(監督・キャスト)

キャッチ ア ウェーブの登場人物・キャスト

  • 佐々木大洋(三浦春馬)

    高校1年生。浩輔の両親の別荘で夏休みを過ごすため、湘南にやってくる。素直な好青年。3人のなかでは一番冷静な性格であるが、サーフィンに対する情熱が強い。3人のなかで、一番早くサーフボードに立てた。アナカレにやってきたジュリアに、一目惚れする。

  • 田口浩輔(濱田岳)

    高校1年生。両親が海外旅行中の間、湘南の別荘で大洋と誠人と3人、自由な夏を過ごす予定が、別荘の鍵をなくしてしまう。お調子者な面があり、誠人と水着ギャルに浮かれる反面、ニックたちに絡まれるとすぐに詫びるなど、ヘタレな部分もある。洋服の趣味などがズレている。

  • 小林誠人(木村了)

    高校1年生。浩輔の両親の別荘で夏休みを過ごすため、湘南にやってくる。浩輔と一緒におちゃらけたり、文句をいうことが多い。空手を習っているが実戦経験はない。仲間想いの性格だが、大人に対して不信感を持っている。

  • ジュリア(加藤ローサ)

    父親がアメリカ軍人の、ハーフの少女。アナカレで大洋と知り合い、次第に惹かれ合う。ニックに好意を寄せられているが、彼の粗暴な性格を嫌っている。大洋にサーフィンと自然の厳しさを教える。ノースショアで、サーフィンすることを夢見ている。

  • デューク川原(竹中直人)

    アナカレの店主。別荘に入れず、行き場がなかった大洋、浩輔、誠人の3人を住み込みのアルバイトとして雇う。言動はぶっ飛んでいるが3人に親身にサーフィンを教えたり、サーフボードを与えたりと面倒見の良い性格。隠している過去がある。

  • 貴子(高樹沙耶)

    デュークの元妻。デュークとは、ある悲しい出来事がきっかけで別れたが、今でも交流はある。

  • マーク(坂口憲二)

    バーのマネージャーで、デュークと仲が良いサーファー。デュークが隠している過去を知っている。大洋たち3人にとって、兄貴的な存在。

  • ニック(三船力也)

    横須賀のサーファー。湘南に来て好き勝手しているため、ジュリアに嫌われている。何かにつけて、大洋たち3人に絡む。

  • ジュリアの母(とよた真帆)

    ジュリアの母親。夫はアメリカ軍の軍人。ジュリアから大洋の話を聞いていた。ジュリアと大洋の関係を好ましく思っている。

キャッチ ア ウェーブの見所ポイント

  • 1 高校生が書いた小説が原作! 『キャッチ ア ウェーブ』は、正真正銘の青春映画!

    『キャッチ ア ウェーブ』は当時、現役の高校生だった豊田和真が、主人公たちと同じ高校1年生のときに書いた小説が原作です。そのため、小説も映画も甘酸っぱい気持ちになれる作品です。

    作品にはサーフィンだけでなく、恋愛要素も含まれています。その恋愛の描き方がとても可愛らしくて、微笑ましい気持ちになること間違いなしです。

    海や音楽の効果もありますが、ストーリーやキャストたちの輝きにも癒されてしまいます。疲れているときに観るのもおすすめです。

  • 2 『キャッチ ア ウェーブ』のロケ地は、湘南の海だけじゃない!

    今作は湘南が舞台の映画ですが、撮影は千葉や静岡などでも撮影されています。サーフィン大会があった海岸は、実は千葉県南房総市の和田浦海岸で、大洋たち3人がサーフィンの特訓していた海は、静岡の入田浜です。

    また、劇中で「七里ガ浜駅」として登場するのは、実際には鎌倉高校前駅です。

    たびたび出てくるサーフィンのシーンは穏やかな海だけでなく、荒々しい姿も映し出されます。自然の厳しさもしっかり描いた作品となっています。

  • 3 『キャッチ ア ウェーブ』の主題歌は、Def Techの「Catch The Wave」!

    『キャッチ ア ウェーブ』を見るならば、ぜひとも最後の最後まで見てください。エンディングロールが始まったからといって、観終えてしまうのは実にもったいないです。

    というのも、主題歌であるDef Techの「Catch The Wave」が軽快に流れるなか、ある人物の夢や想いが実現していく様子を見ることができるんです!

    エンディングロールで映し出されていく海や、町並みを見ているとワクワクし始めてきます。

キャッチ ア ウェーブの評価・感想・レビュー

キャッチ ア ウェーブと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!