閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」を配信中の動画配信サービス一覧

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」の動画が配信されているサービス

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」の作品紹介

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」のあらすじ

2009~2014年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載され大人気となった藤巻忠俊原作のバスケ漫画『黒子のバスケ』。2012年にテレビアニメ化されシリーズ第1期全25話がTOKYO MXなどで放送。主人公・黒子テツヤが影の薄さを利用して、バスケで活躍する異色のバスケ漫画。今作は2013年から放送されたテレビアニメシリーズ第2期のOVA(オリジナル・アニメーション・ビデオ)で、第2期BD&DVD第6巻に収録されている。舞台は帝光中学校で、黒子と青峰の出会いやバスケに対する思いが描かれる。

帝光中学校バスケットボール1年生の青峰大輝(諏訪部順一)は、桃井さつき(折笠富美子)から「3軍の体育館は練習の後、人がいないのにボールの音が聞こえるって」という噂を耳にする。その真相を確かめるために青峰が3軍が使う第4体育館へ入ると、入る直前までドリブルの音がしていたはずなのに誰もいない。青峰が怖がっていると、後ろから声を掛けられる。その声の主は黒子テツヤ(小野賢章)だった。これが2人の出会いであった…。

その後、黒子と青峰は仲良くなり、1on1をする。このとき、黒子が青峰のフェイントを見破ったことから、さらに青峰は黒子に興味を持つようになる。

いかにして、黒子は名門帝光中学校でレギュラーをつかみ取り、キセキの世代から一目置かれる存在になったか? その真実が明かされる…。

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」の評価・感想・レビュー

黒子のバスケ シリーズのあらすじ一覧

黒子のバスケ OVA 第41.5Q「もう一回やりませんか」と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!