閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ガラスの仮面(1984年)】のアニメ無料動画を全話(1話~最終回)配信しているサービスはどこ?

画像はありません。

ガラスの仮面(1984年)を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【ガラスの仮面(1984年)】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

ガラスの仮面(1984年)の動画が配信されているサービス

ガラスの仮面(1984年)が視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

ガラスの仮面(1984年)の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
31日間無料 440円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT dTV Paravi FODプレミアム Hulu WATCHA(ウォッチャ) ABEMA ビデオマーケット クランクイン!ビデオ TSUTAYA TV/DISCAS バンダイチャンネル music.jp DMM見放題chライト DMM宅配レンタル Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

ガラスの仮面(1984年)の動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

dアニメストアの基本情報

dアニメストア
月額料金
440円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
4000

dアニメストアの編集部的ポイント

3
コスパ
アニメ以外が見たいならコスパ△。アニメだけなら月額440円(税込)で業界トップクラスの安さ。ワンコインで約2,900作品が見放題です。
5
無料期間
無料期間はたっぷり31日間!お気に入りのアニメを見切るのにも十分な期間です。
3
作品数
アニメなら約2,900作品が見放題です。最新アニメも続々追加されていくため、見逃した人も安心。アニメ以外のジャンルは無。
3
使いやすさ
14種類に渡る細かなジャンル分けがされており、好きなアニメだけでなく新たなジャンルも開拓できるかも?
1
特典
なし

初回なら31日間無料でアニメ見放題!ドコモケータイじゃなくても利用可能!

ガラスの仮面(1984年)はdアニメストアで視聴可能です!

初回31日間の無料体験期間が設けられており、dアニメストアの魅力を存分に体験することができます。

dアニメストアへの申し込みが初めてであれば、お申し込み日を含む31日間もの間、月額利用料0円でアニメが楽しめちゃいます!

もし、サービスに満足できなかった場合でも、無料期間中にサービス解約の申請を行えば、料金が発生することは一切ありません!気軽にお試し登録ができますね。

無料期間が終了したら、その無料期間終了日の翌日から1ヶ月分、月額利用料がかかります。
しかし、その月額利用料はなんと440円(税込)!他社の動画配信サービスと比べても格段に安い価格となっています!

アニメ専門の動画配信サービスなだけあって、最新TVアニメシリーズから懐かしのTVアニメシリーズまで、非常に豊富なラインナップを誇ります。

たった月額440円(税込)で3000作品以上ものアニメが見放題なのは本当にお得!アニメ好きにはたまらないサービスです。

dアニメストアで視聴できる人気作品

\ dアニメストアを31日間無料で楽しむ!/

ガラスの仮面(1984年)の作品紹介

ガラスの仮面(1984年)のあらすじ

原作コミック『ガラスの仮面』は累計5,000万部の売り上げを記録し、少女マンガの中では断トツの人気を誇る超大作である。

本作は原作ストーリーの前半部分をアニメしたもので、1984年に放映され、大きな話題となった。



演劇界の名作と言われた『紅天女』。主役の紅天女を演じられるのはただ一人、大女優月影千草だけと言われていたが、月影は不慮の事故で女優生命を絶たれてしまい、上演権だけを守り続けていた。

幻の名作となった『紅天女』の上演権を、大手プロダクション「大都芸能」社長の速水真澄や、演出家の小野寺一らが狙う中、月影は自ら紅天女の後継者を探し歩き、不思議な魅力を持つ少女、北島マヤに出会う。

一見ごく普通の素朴な13歳の少女なのだが、芝居が大好きで、ドラマのセリフや動作も一度見ただけで完壁に記憶してしまい、さらに豊かに再現できる天性の演技力も併せ持っていた。

月影はさっそくマヤを「劇団つきかげ」に入団させ、厳しい演技指導を始める。マヤの進む女優への道にはさまざまな試練が待ち受けているのだった。

ガラスの仮面(1984年)の登場人物・キャスト

  • 北島マヤ(勝生真沙子)

    貧しい生活の中でも明るく前向きな気持ちを忘れず、お芝居が大好きな少女。テレビで見たドラマを登場人物になりきって再現することが得意で、そのクオリティはとても高い。一度聞いたセリフはすべて暗記してしまう人並み外れた能力と、天性の演技力を持ち、その才能を見出した月影を師と仰ぎながら、演技の勉強を始める。

  • 月影千草(中西妙子)

    幻の名作と呼ばれている『紅天女』の主演をつとめていた大女優。不慮の事故で芸能界を引退後、紅天女の後継者を育てることを生涯の仕事と考え、「劇団つきかげ」を設立し、マヤたちの演技指導に情熱を燃やす。

  • 姫川亜弓(松島みのり)

    大女優姫川歌子と映画監督との間に生まれた演劇界のサラブレッド。裕福な環境で育ち、美貌と才能にも恵まれているが、甘んじることなく、常に自分に厳しく努力を怠らない。マヤを唯一のライバルだと認めている。

  • 速水真澄(森功至)

    大手プロダクション「大都芸能」の若社長。聡明で、長身のイケメンだが、仕事ひとすじの冷血漢。女性への関心はほとんどないが、マヤのことだけはどうしても気になってしまう。複雑な生い立ちで、会長の速水英介は義理の父親。

  • 桜小路優(三ツ矢雄二)

    マヤより2つ年上で、劇団オンディーヌに所属している若手俳優。とても心優しい青年で、マヤのことを励まし、見守り続けている。

  • 青木麗(戸田恵子)

    劇団つきかげに所属する女優。背が高く、ボーイッシュで凛々しく、頼りがいのある姉御肌。女性ファンがとても多い。マヤの同居人であり、マヤにとっては姉のような存在。

  • 小野寺 一(藤本譲)

    劇団オンディーヌの理事で、演出家。『紅天女』の上演権を譲らない月影たちに対し、さまざまな嫌がらせをする。亜弓のことをとても高く評価する一方、マヤに対しては厳しく、不当な評価をする。

ガラスの仮面(1984年)の見所ポイント

  • 1 ガラスのようにもろくこわれやすい仮面

    「ガラスのように もろくこわれやすい仮面 人は素顔を隠して それをかぶる」。

    オープニングで流れるこの詩は、主人公北島マヤが、月影先生に鍛えられながら数々の試練や困難を乗り越え、様々な役柄を演じ上げていく姿そのものを表現していると思います。

    マヤは、ひとつひとつの役に対して、常に真剣に向き合い、その役柄を自分の体にしみこませるまで、血のにじむような努力を惜しみません。

    そうしてやっと作り上げた仮面も、気持ちがほんの一瞬でも役を離れ、我に返ってしまうことがあれば、もろく崩れ落ちてしまう…。

    演じることの厳しさを教えてくれるこの詩が、とても深く胸に刻まれるはずです。

  • 2 紫のバラの人

    貧しい母子家庭で育ち、その母親とも離れてしまい、たった一人で劇団つきかげに入ったマヤ。

    そんなマヤを支えたのは、月影先生をはじめ、同じ劇団で一緒に稽古に励む同居人の青木麗や、若手俳優仲間の桜小路優、そして正体を明かさない「紫のバラの人」でした。

    マヤが月影先生にしごかれ、くじけそうになった時や、難しい役作りに悩んでしまった時などに、そっと温かく支援してくれる存在です。

    応援メッセージにいつも添えられているステキな紫のバラが、マヤを勇気づけ、また一歩前に踏み出す力を与えてくれます。

    この「紫のバラの人」はいったい誰なのか?なぜ正体を明かさないのか?とても気になる見どころのひとつです。

  • 3 さまざまな演劇作品に出会える楽しさ

    この作品ならではの魅力として、さまざまな演劇作品に出会える楽しみがあります。

    マヤが劇団つきかげの仲間たちと演じていく作品は、演劇界で実際に演じられている実在の名作であったり、原作者である美内すすえオリジナルの作品であったりと、バラエティに富んでいます。

    マヤが演じるのも日本の時代劇の娘役や、西洋のお姫様役など実にさまざまで、それぞれの役になりきるためにマヤが奮闘する様子を追いながら、いつしか新たな作品の世界にいざなわれてゆくのです。

    特に人気の高かったオリジナル作品は、単独の作品として現実でも上演されていることからも、その作品自体のクォリティの高さがうかがえます。

ガラスの仮面(1984年)の評価・感想・レビュー

ガラスの仮面(1984年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
MJK
MJK

三度の飯…と同じくらいエンタメが好きです! 国内外のドラマに邦・洋画が好きです!また、それらと同じくらいスポーツと女子アナ、アイドルが大好きな奇人です。「愛されるよりも愛したいマジで」をモットーにより良い編集を心掛けていきますので、宜しくお願いします。