閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ロスト・イン・トランスレーション】の無料動画を配信しているサービスはここ!

提供元:FOD
ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【ロスト・イン・トランスレーション】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。
※実際の配信状況は各VODサービスをご確認ください。

ロスト・イン・トランスレーションの動画が配信されているサービス

ロスト・イン・トランスレーションが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

ロスト・イン・トランスレーションの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
31日間無料 2,189円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

Hulu dTV バンダイチャンネル クランクイン!ビデオ dアニメストア auスマートパスプレミアム music.jp Paravi DMM宅配レンタル Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) AppleTV+ ABEMA GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

ロスト・イン・トランスレーションの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

U-NEXTの基本情報

U-NEXT
月額料金
2,189円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
24万

U-NEXTの編集部的ポイント

5
コスパ
定額作品数が230,000作品と多く、毎月1,200ポイントも貰えます。月額料金が高く見えますがコスパは◎
5
無料期間
無料期間が31日間あるので、お試し期間として十分な時間があります。無料期間でも600円分のポイントが貰えるもの魅力です!
5
作品数
定額見放題の作品数が230,000作品とVODサービスの中ではトップクラスの作品数!アニメの見放題作品数も業界No.1。
5
使いやすさ
同時再生4台まで可能でダウンロード機能も有り。TV接続可能で4Kにも対応。総合的に機能が充実していて使いやすいです。
5
特典
独占配信の作品も多く、アニメやドラマも豊富。全ジャンル充実していますが、中でも韓国ドラマなどのアジア作品は豊富。

U-NEXTを無料期間で最大限楽しもう!サービスの詳細もご紹介!

ロスト・イン・トランスレーションはU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTは無料トライアル期間を31日間設けているので、期間中であればすべての見放題作品の配信を無料で楽しむことができます。

見たい作品がレンタル対象でも、毎月付与される1,200円分のポイントをレンタルに利用すればお得に楽しむことが可能です。
ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、無料お試し期間にレンタル作品を無料で視聴することもできます!

さらに動画だけではなく約160種類のファッション誌や週刊誌などの雑誌も月額だけで読み放題!

また、U-NEXTには便利な機能が盛りだくさん!

スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・ゲーム機など複数のデバイスで同時視聴もできちゃいます!

さらに「ファミリーアカウント」を最大3つの子アカウントが作成可能! マイリストや視聴履歴が共有されないため、プライバシーも守れます。

ダウンロード機能もあるため、通信量を気にせず動画を楽しめるでしょう。

U-NEXTの無料トライアル中は、ポイント利用やダウンロード、同時視聴機能を使って配信を思う存分楽しんでください!

U-NEXTで視聴できる人気作品

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

ロスト・イン・トランスレーションの作品紹介

ロスト・イン・トランスレーションのあらすじ

ソフィア・コッポラが監督を務めた、ラブコメディ。日本を舞台に、CM撮影にやってきたハリウッド俳優と、来日していた若き人妻との関係を描く。米国人監督であるソフィア・コッポラの視点から描かれる日本は、独特のユーモアとエキゾチックな雰囲気が印象的だ。

今作の主演を務めたのは、『ゴーストバスターズ』に出演した、ビル・マーレイ。彼は今作の演技でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。また、ヒロインには『ジョジョ・ラビット』での名演が記憶に新しい、スカーレット・ヨハンソンが抜擢された。

世界的な写真家と結婚したシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は、故郷から離れた東京の地で、孤独感を感じていた。夫のジョン(ジョヴァンニ・リビシ)は仕事が忙しく、東京に着いてからも偶然出会った女優と話しこんでしまい、シャーロットは完全に蚊帳の外。

シャーロットが泊まっていたホテルには、CM撮影で東京を訪れていたハリウッド俳優・ボブ(ビル・マーレイ)も滞在していた。彼は不眠に悩まされ、眠れない夜を、ひとり孤独にホテルのバーで過ごしている。

そんなとき、ひとりでバーを訪れていたシャーロットに話しかけられ、ふたりの間に奇妙な友情が芽生えていく。

ロスト・イン・トランスレーションの登場人物・キャスト

  • ボブ・ハリス(ビル・マーレイ/江原正士)

    東京にやってきていたハリウッド俳優。高額なギャラのため、サントリーウイスキーのCMに出演する。慣れない日本での仕事に戸惑い、不眠に悩まされる。妻と子どもがいるが、関係は冷めきってしまい、若干の鬱陶しさを感じている。

  • シャーロット(スカーレット・ヨハンソン/斉藤梨絵)

    写真家のジョンと結婚した若い女性。大学を出たばかりで、夫に振りまわされている。ホテルのバーにいたボブに気がつき、交流を深めていく。夫が出張した際には、日本人の友達を誘い、ボブとともに東京の街へと観光に出かける。

  • ジョン(ジョヴァンニ・リビシ/鈴木浩介)

    シャーロットの夫で、有名な写真家。東京には仕事のためにやってきていた。シャーロットを連れて東京に来ているものの、彼女のことはほとんど放置している。偶然居合わせた、女優のケリーと仲良くなるが、シャーロットとの距離がさらに開いてしまう。

  • ケリー・ストロング(アンナ・ファリス/小島幸子)

    シャーロットが泊まっているホテルで、記者会見をする女優。ジョンと仲良くなる。

  • マシュー南(藤井隆)

    日本のバラエティー番組の司会者。ボブをゲストとして紹介する。

  • チャーリー(林文浩/駒谷昌男)

    シャーロットの友人。日本人であり、ボブやシャーロットに東京の街を案内する。

  • ディレクター(ダイアモンド☆ユカイ)

    ボブが出演するCMのディレクター。言葉の壁により、あまり演出が伝わらない。

ロスト・イン・トランスレーションの見所ポイント

  • 1 『ロスト・イン・トランスレーション』は、日本のホテルで知り合った男女を描くラブコメディ!

    今作は監督である、ソフィア・コッポラの実体験がもとになっています。彼女は実際に東京に滞在した経験があり、ヒロインのシャーロットに、自身を投影させました。

    ラブコメディとはいっても、主人公ふたりの間にあるのは、一般的な恋愛関係ではありません。友情とも、恋愛とも表現しがたい、奇妙な絆で結ばれます。

    ふたりの共通点は、異国で孤独感を抱いている点です。言葉も文化もまったく違う日本が、ふたりの仲をどのように発展させるかに注目です。

  • 2 『ロスト・イン・トランスレーション』がおこなった日本ロケのすごさを解説!

    世界中で撮影をおこなってきたハリウッド映画といえど、完全に日本で撮影された作品は、あまりありません。日本が舞台となっても、アメリカ国内のセットで撮影されることが多かったのです。

    しかし今作は全編を通して、日本でのロケを決行しています。映画で重要な場所となるバーも、セットではなく、日本に実際にあるバーで撮影をおこないました。

    そのほかにも、中目黒の飲み屋街や、日本人にはなじみ深い渋谷など、東京のいたるところで撮影されています。

  • 3 『ロスト・イン・トランスレーション』のタイトルに込められた意味とは?

    タイトルにある、「トランスレーション」とは、日本語で「翻訳」のことを指しています。これは言葉の通じない日本での、不自由さを象徴する言葉です。

    主人公のボブは、CM撮影の最中に監督のいう言葉がうまく理解できません。完全に翻訳が意味を成しておらず、まさに『ロスト・イン・トランスレーション』のタイトルにふさわしい状況です。

    また、翻訳が必要となる場面は、日本人との会話だけではありません。自分の感情を言葉にする際にも、ある種の翻訳が必要となります。伝えたいことを言葉にできない、もどかしい状況もまた、“ロスト・イン・トランスレーション”といえるのです。

ロスト・イン・トランスレーションの評価・感想・レビュー

ロスト・イン・トランスレーションと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ロスト・イン・トランスレーションに関する記事一覧

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。