閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)を配信中の動画配信サービス一覧

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の動画が配信されているサービス

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の作品紹介

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)のあらすじ

池袋西口公園、通称池袋ウエストゲートパーク(IWGP)に集まる不良グループG-BoysとBlack Angelsの抗争の決着は―!?

『池袋ウエストゲートパーク』は、2000年4月~6月にTBS系でテレビ放送された伝説のドラマ。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』。脚本は『あまちゃん』や『監獄のお姫さま』の脚本でも知られる、通称「クドカン」こと宮藤官九郎。チーフ演出は堤幸彦。

キャストはマコト役の長瀬智也、マコトの彼女のヒカル役に加藤あい、G-Boysと呼ばれるギャング集団のタカシ役に窪塚洋介、そのほか佐藤隆太や山下智久、若かりし日の高橋一生も登場。

主人公は工業高校卒業後、実家のフルーツ店を手伝うフリーターのような状態のマコト(長瀬智也)。恋愛関係になりそうだった友人のリカ(酒井若菜)が亡くなったことから容疑者として疑われて…。

そこに、高校時代の同級生でカラーギャングのG-Boysをまとめるタカシ(窪塚洋介)や、敵対するBlack Angelsの山井(坂口憲二)、「羽沢組系氷高組」の暴力団員斉藤(妻夫木聡)、池袋西署の横山(渡辺謙)を交えて、池袋の不良グループの抗争がどんどん大きくなっていく。

池袋の街はマスコミ報道でさらに混乱を極め…。リカを殺した犯人は誰? そして不良グループの抗争の結末は? あなたも立会人として見届けたくなる―!

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の登場人物・キャスト

  • 真島誠(マコト)(長瀬智也)

    池袋の工業高校卒業後は、仕事もせずにフリーターのように実家の果物屋を手伝って時間をつぶしている。池袋西口公園=池袋ウエストゲートパーク(IWGP)で過ごすことが多い。昔は不良だったが正義感が強く、今は落ちついている。肉体関係になりそうだったリカが殺され、自分が容疑者として疑われてしまう。

  • 渋沢光子(ヒカル)(加藤あい)

    マコトの彼女で、お嬢様学校の生徒。父親は指揮者で、母親は大学勤務。両親は忙しくて家にあまり帰ってこない。マコトの女関係に悩んで泣くことが多い。

  • 安藤崇(タカシ)(窪塚洋介)

    G-Boysと呼ばれるギャング集団のひとり。マコトとは工業高校時代の同級生で仲も良いため、不良集団の抗争の立会人としてマコトを指名する。カリスマ性があり不良たちをまとめている。

  • 山井武士(ドーベルマン山井)(坂口憲二)

    鼻から耳までのピアスが特徴。マコト、タカシと工業高校時代の同級生だが留年していて年齢は3歳上。タカシに決闘を申し込む。G-Boysに入るが薬物売買をしたため破門され、敵対する不良グループに所属する。

  • 尾崎京一(西島千博)

    元G-Boysのメンバー。対抗組織のBlack Angelsを結成し、山井もメンバーに迎え入れる。バレエダンサーでフランス帰り。

  • 森正弘(マサ)(佐藤隆太)

    ボーリング場でアルバイトしている大学生で、マコトとはアルバイト仲間で友達。池袋西口公園(IWGP)で遊ぶ。

  • 水野俊司(シュン)(山下智久)

    マコトの友達で専門学校生。人見知りだが、マコトになついている。

  • 森永和範(高橋一生)

    マコトの中学時代の同級生、引きこもり。その後、情報屋となってファミリーレストランで過ごしたり、インターネットカフェをオープンしたりする。

  • 斉藤富二夫(サル)(妻夫木聡)

    暴力団「羽沢組系氷高組」の団員。組長の娘の付き人。マコトの中学時代の同級生。

  • 氷高(遠藤憲一)

    羽沢組系氷高組の組長。いつもは優しい口調だが、怒ると怖いところがある。

  • 横山礼一郎(渡辺謙)

    池袋西署の所長で、妻が犯罪者に傷つけられたことから不良グループを憎んでいる。東京大学卒のエリート。

  • 吉岡保(きたろう)

    池袋西署の刑事。マコトの母親の律子が好きで真島フルーツ店に訪れるが、律子には相手にされない。

  • 浜口(阿部サダヲ)

    マコトの近所の交番の巡査。吉岡とともに薬の取引で刑事課に昇進する。

  • 真島律子(森下愛子)

    マコトの母親で、真島フルーツ店を営む。女性1人でマコトを育ててきた。

  • 中村理香(リカ)(酒井若菜)

    ヒカルの親友でマコトと関係を持ちそうになっていたものの、ラブホテルで殺されてしまう。

  • 橋本千秋(矢沢心)

    真島家の向かい、ファッションヘルスで働く女性。千秋は仮の名前。

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の見所ポイント

  • 1 ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』は、キャストが豪華! 長瀬智也や窪塚洋介も!

    『池袋ウエストゲートパーク』は、キャストが超豪華です。主役はジャニーズ事務所所属でTOKIOの長瀬智也です。そのほかカリスマ性溢れる窪塚洋介や、若き日の佐藤隆太など豪華な俳優陣が出演しています。

    注目は、宮藤官九郎脚本作品の常連、阿部サダヲが巡査役として少しだけ出演しているほか、池袋西署の署長としてハリウッド映画『ラスト サムライ』や『硫黄島からの手紙』などに出演した渡辺謙も出ています。

    その後出演していたキャストの人気が上がったことから、当時の注目作品だったといえます。また妻夫木聡、坂口憲二など、現在でも第一線で活躍している俳優陣の若かりしころの姿を見ることができます。

  • 2 チーマーが台頭していた当時の時代背景が描かれる、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』!

    『池袋ウエストゲートパーク』で描かれていたのは、池袋を拠点に活動する不良たちです。放送された2000年の時代背景としてチーマーと呼ばれる不良たちが台頭していましたが、現在と比べて不良をテーマにしたドラマは斬新でした。

    池袋ウエストゲートパークの不良グループG-BoysとBlack Angelsの抗争と、羽沢組系氷高組の暴力団や警察の関係を描いた作品となっています。主人公は工業高校卒業後、実家のフルーツ店を手伝うマコトです。

    中学や高校の同級生に不良グループがいて、友人のリカが殺されたことからマコトに殺人容疑をかけられます。マコトの容疑は晴れるのか、カラーギャングの抗争の行方が描かれます。

  • 3 ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』は、石田衣良の小説が原作!

    原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、漫画にもなった人気作品です。ドラマはギャグも加えられアレンジされていますが、結末はかなり衝撃的なものとなっています。

    池袋で起きた殺人事件のほか、不良集団の抗争や暴力団とのいさかい、警察とのやりとり、マスコミの取材も描いています。不良集団同士の争いの決着は、どうなるのでしょうか?

    そしてリカの殺人事件の犯人は、まさかの「あの人」だと最終話に分かります。マコトのように立会人として、抗争や殺人事件の結末を見届けたくなるはずです。

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)の評価・感想・レビュー

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

池袋ウエストゲートパーク(国内ドラマ)に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!