閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【フリーター、家を買う。】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
フリーター、家を買う。

フリーター、家を買う。を配信中の動画配信サービス一覧

フリーター、家を買う。の動画が配信されているサービス

フリーター、家を買う。の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

フリーター、家を買う。の作品紹介

フリーター、家を買う。のあらすじ

フジテレビ系列で2010年に放送され、全話平均視聴率が17%を超えた人気のドラマ。原作は、『図書館戦争』や『三匹のおっさん』などのベストセラー小説で知られている人気作家・有川ひろの同名小説である。

脚本は『救命病棟24時』や『僕の生きる道』などの作品を手がけてきた橋部敦子が担当し、家族の大切さや、主人公が少しずつ生きる力を取り戻していく過程が丁寧に描かれている。

第67回ザテレビジョンドラマアカデミー賞において最優秀作品賞を受賞し、主人公を演じた二宮和也は、その演技が高く評価され、主演男優賞に輝いている。

大学の工学部を卒業し、部品会社に就職した武誠治(二宮和也)だったが、社員研修のやり方や、嫌な上司に我慢することができず、3ヶ月で退職してしまった。

次の就職先はすぐに見つかると甘く考えていたが、再就職活動はうまくいかず、父・誠一(竹中直人)からはいつも小言をいわれ続け、次第に家族を避けるようになってしまう。

誠一から月々の食費を請求されたことがきっかけで、誠治はアルバイトを始めるが、どれも長続きせず、食費も納められずにダラダラとした生活を送るようになってしまう。そんなある日、誠治は台所で母・寿美子(浅野温子)がブツブツとひとり言をくり返している姿を見てしまう。

夫や息子から冷たくされ、さらに隣人からの嫌がらせも重なり、寿美子は重度のうつ病を患ってしまっていたのだった。

フリーター、家を買う。のクレジット(監督・キャスト)

フリーター、家を買う。の登場人物・キャスト

  • 武誠治(二宮和也)

    大学卒業後、中堅会社に就職したが、会社になじめず、上司とも意見が合わずに退職してしまう。その後、就職活動がなかなかうまくいかず、アルバイト生活となり、バイト先も転々と変える日々を送っていたが、時給の高さだけで選んだ土木のアルバイトでよき仲間たちに出会う。無愛想だが、心は優しい青年。

  • 武寿美子(浅野温子)

    誠治の母親。誠治が仕事を辞め、バイトを転々とする生活を送るようになってしまったのは、自分の育て方が悪かったせいだと夫・誠一に責められ、気持ちが沈んでしまう。さらに、隣人から嫌がらせを受け、家族に相談せずにひとりで抱え込み、うつ病を発症してしまう。

  • 武誠一(竹中直人)

    誠治の父親。勤務先の商社では、経理部長を務めている。無遅刻無欠勤を貫く、とても真面目な性格だが、プライドが高く頑固なところがあり、フリーターの誠治とはよく衝突する。うつ病を患ってしまった妻を遠ざけてしまうようになる。

  • 永田亜矢子(井川遥)

    誠治の姉。開業医の妻となるが、姑との関係に悩まされている。もともとハッキリと意見をいう性格だが、姑の前では、なかなかうまくいかない。弟の誠治とは仲もよく、実家に帰ったときはお互いによく話もする。

  • 千葉真奈美(香里奈)

    大手ゼネコンの社員。大きな橋を自分で設計したいという夢を持っている。サバサバした性格であり、真面目でとても正義感の強い女性。誠治とは何でも気軽にいい合える仲になる。

  • 大悦貞夫(大友康平)

    誠治が時給の高さだけで選んだアルバイト先、大悦土木の社長。危険な肉体労働のため、社員がケガをしないよう、常に厳しく指導している。誠治のよき相談相手となる。

  • 豊川哲平(丸山隆平)

    大悦土木でアルバイト作業員として働いている。元気で明るく、人懐っこい性格で、事務員のあかりのことが大好き。あかりに積極的にアタックし続けているが、いつも軽くあしらわれてしまう。

  • 星野あかり(岡本玲)

    大悦土木の事務員。将来はお金持ちと結婚して玉の輿にのりたいという野望を持っており、合コンによく出かける。自分にいい寄ってくる哲平のことは眼中にない。

  • 西本幸子(坂口良子)

    武家のとなりに住んでいる。武家がとても幸せに暮らしているように見え、それをねたんで寿美子に嫌がらせをし始める。

フリーター、家を買う。の見所ポイント

  • 1 『フリーター、家を買う。』は、高視聴率を記録した人気ドラマ! 翌年にはスペシャルドラマも放送!

    今作は、大学卒業後に就職した会社をわずか3ヶ月で辞めてしまい、その後再就職がうまくできないままフリーターとなった青年が主人公であり、その家族やアルバイト先の仲間たちとの葛藤や彼らの人間模様を描いています。

    最初の会社を途中で退職したことが次の就職活動に大きく影響し、ずるずると引きずられるようにだらしない生活に陥っていく主人公の姿が丁寧に描かれており、もがいても空回りしてしまう様子などが、もどかしくなってしまうほどリアルです。

    連続ドラマの終了後、翌年にはオリジナル脚本によるスペシャルドラマも放送され、気になるその後の誠治に会うことができます。誠治と真奈美の恋愛模様にも注目です!

  • 2 『フリーター、家を買う。』の原作は、有川ひろのベストセラー小説!

    今作の原作は、デビュー作の『塩の街 wish on my precious』に始まり、ベストセラーとなった『図書館戦争』シリーズなどで知られる作家・有川ひろの小説『フリーター、家を買う。』です。

    有川ひろの作品のなかには、『ラブコメ今昔』のような甘い恋愛小説などもあり、思わず妄想を膨らませてしまうようなステキな主人公が登場するものがあります。

    一方で今作の主人公・誠治は、とにかく不器用で、なかなか笑顔も見せない無愛想な青年です。そんな誠治がアルバイト先で出会った上司や仲間と接するうちに、少しずつ表情に変化が現れ、じわじわと成長していく過程がとても丁寧に描かれており、必見です。

  • 3 『フリーター、家を買う。』の主題歌は、嵐が歌う「果てない空」!

    今作の主題歌は、主演・二宮和也がメンバーのひとりであるアイドルグループ・嵐の34作目のシングル曲「果てない空」です。オリコン週間シングルチャートで初登場1位となりました。

    “飛べない自分を変えていこうか”、“踏み出して何度でもやり直そう、力強く”などの歌詞が、今作の主人公・誠治の人物像とピッタリと重なり、聴いているだけで、ドラマの印象的なシーンが次々と思い出されます。

    カッコ悪いところもたくさんあり、無愛想で不器用な青年・誠治を、表情や仕草ひとつひとつの細かな点までとてもリアルに演じた二宮和也の姿は観るものを惹きつけて離しません。

フリーター、家を買う。の評価・感想・レビュー

フリーター、家を買う。 シリーズのあらすじ一覧

フリーター、家を買う。と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。