閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【踊る大捜査線 THE MOVIE】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

踊る大捜査線 THE MOVIEを配信中の動画配信サービス一覧

踊る大捜査線 THE MOVIEの動画が配信されているサービス

踊る大捜査線 THE MOVIEの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

踊る大捜査線 THE MOVIEの作品紹介

踊る大捜査線 THE MOVIEのあらすじ

「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」

誰もが心に響いたあの名言が生まれた、今や伝説となった刑事ドラマ『踊る大捜査線』シリーズの劇場版映画第1作目『踊る大捜査線 THE MOVIE』。

1998年に公開され、観客動員数700万人、興行収入101億円は、今でも(2019年2月)実写邦画映画興行収入第3位を誇る、織田裕二主演・脚本は君塚良一・本広克行が監督を務めた傑作映画!


主人公青島俊作刑事が所属する湾岸署管轄で猟奇殺人事件、警視庁副総監誘拐事件、そして湾岸署内連続窃盗事件がほぼ同時に発生。湾岸署にとって史上最悪の3日間が始まった。湾岸署には副総監事件に対する対策本部が設けられ、殺人事件を捜査する青島たちも無理やり協力させられる。

対策本部で指揮を執る室井参事官は上層部と現場の板挟みに悩み、叩き上げ刑事の和久は単独で副総監事件を捜査。3つの事件が並行して展開していくなか、猟奇殺人事件の犯人からヒントを得た青島は、ペアを組む恩田すみれと副総監事件の犯人を追う…!

踊る大捜査線 THE MOVIEのクレジット(監督・キャスト)

  • 初公開
    :1997年

踊る大捜査線 THE MOVIEの登場人物・キャスト

  • 青島俊作(織田裕二)

    湾岸警察署、通称・空き地署の刑事課強行犯係・巡査部長。所轄の刑事たちを重視しない上層部に反感を持ちつつ、事件と聞くと真っ先に飛び出す熱血漢。猟奇殺人事件の犯人と接触しようと張り込み中、副総監事件の犯人を目撃した可能性があることから、両方の事件に関わることに。おかげで不眠不休で犯人を追う最悪の3日間を過ごす。

  • 室井慎次(柳葉敏郎)

    警視庁刑事部参事官・警視正。副総監誘拐事件の本部長を途中から担当させられる。警察上層部からの保身と野心が入り乱れた指示に苦悩しつつ、捜査の指揮を執る。警察上層部に出世して組織を改革することを青島刑事と約束している。秋田出身でときおり秋田弁がでることも。

  • 恩田すみれ(深津絵里)

    湾岸署刑事課盗犯係・巡査部長。署内で発生した窃盗事件を調査しつつ、青島刑事とともに猟奇殺人事件の犯人を追う。刑事としての仕事に悩み、机の引出しには辞表をしたためている。

  • 和久平八郎(いかりや長助)

    湾岸署刑事課指導員。青島刑事に仕事のイロハを教えた老刑事。退職者再雇用制度で指導員として湾岸署に勤めている。吉田副総監とは若い頃からの知り合いで、今回の誘拐事件に居ても立っても居られず独自の捜査を行う。

  • 柏木雪乃(水野美紀)

    湾岸署刑事課強行犯係・巡査。猟奇殺人事件の犯人が、ネット上で殺人を楽しむ闇サイトの管理人であることが判明し、囮となって犯人に接触しようとする。

  • 真下正義(ユースケ・サンタマリア)

    湾岸署刑事課強行犯係長・警部補。東大法学部卒のキャリアだが腰が低く、ヘタレな性格ゆえ皆からはお坊っちゃま扱いされている。ネットの世界に精通していて猟奇殺人事件の犯人が、殺人を楽しむ闇サイトの管理人であることを突き止める。

  • 日向真奈美(小泉今日子)

    猟奇殺人事件の犯人。闇サイトで自分を殺してほしいと応募してきた男の腹を引き裂き、胃の中にテディベアの人形を埋め込んで殺した。世界中の猟奇殺人の情報に精通している。

  • 神田総一郎(北村総一郎)

    湾岸署署長。常に署の財政を気にして「経費節約」を署員たちに呼びかけている。副署長の秋山と刑事課課長の袴田とともに、湾岸署のスリーアミーゴズと呼ばれている。

  • 秋山晴海(斉藤暁)

    湾岸署副署長。署長の神田の腰巾着として常に署長と行動をともにしている。署の出費を抑えるため、署長から密命を受けている。

  • 袴田健吾(小野武彦)

    湾岸署刑事課長。署長、副署長や本庁のキャリア幹部には絶対的に腰が低く、部下には無理難題を押し付ける困った上司。

  • 吉田敏明(神山繁)

    警視庁副総監。和久とは同期。ゴルフからの帰宅途中に拉致誘拐されてしまう。犯人は吉田が大会社の副社長だと勘違いして誘拐したことが後で判明する。

  • 新庄賢太郎(筧利夫)

    警視庁刑事部捜査一課管理官・警視。副総監誘拐事件の本部長として指揮を執るが、上層部の意向で、失敗した時の責任を問われないよう、途中で室井参事官に指揮権を渡す。

踊る大捜査線 THE MOVIEの見所ポイント

  • 1 映画でも健在! ウィットに富むセリフがいい。 映画のエンディングにも注目!

    警視庁副総監の誘拐というテーマだけでも充分ストーリー性があるのに、そこに猟奇殺人と、コソ泥による窃盗という2つの事件も絡める贅沢なストーリーは映画版ならでは。これら3つの事件がテンポよく展開され、ウィットに富む署員たちのセリフや行動は大いに笑わせてくれます。

    しかし実はこれらのいくつかが事件解決のネタになっていて油断なりません。後半それらのネタが見事に回収されていく展開はお見事。特に黒澤明監督作品の有名なシーンの再現は、この映画の製作中に他界した巨匠へのオマージュにもなっています。

    そして映画のエンディングには、ええっ! 青島くん死んじゃうのかあ。という衝撃と笑撃の展開に、なぜかジーンとくること間違いなしです。

  • 2 青島のあの名セリフが登場!

    TVドラマを見ている方にはお馴染みの、本庁キャリアたちの出世欲と保身の術は本作品でより鮮明。本部指揮官の室井にいろいろ指示をする姿は真に迫ったシリアスぶり。室井の眉間のシワには本当に同情してしまいます。

    一方スリーアミーゴズを中心とする所轄のノホホンぶりは映画でも健在。署員から全く尊敬されていないアミーゴズのおかげで、青島たち現場の活躍が頼もしく光ります。結局副総監誘拐事件はキャリアたちの干渉で捜査は難航し、青島が見つけた犯人を逮捕する際も、キャリアたちは手柄を横取りしようと大揉め。

    その呆れた所業を一喝した青島のあの名セリフには、組織は違えど似たような境遇のサラリーマン諸氏から大いに共感されました。

  • 3 いつものメンバーに加えて、映画版は豪華キャストが勢揃い!

    本作品が公開されたのは今から20年ちょっと前。インターネットが普及し始め、ネット犯罪が話題になり、オタクが登場したのもこの頃。当時の最先端な話題を取り入れたのもこの映画の特徴でした。

    更には猟奇殺人の犯人が、キョンキョンこと小泉今日子さんだったことが当時は大きな話題となりました。歯科矯正中の歯で笑う彼女はとにかく不気味。その怪演でいかりや長助さんとともに、2人がこの年の日本アカデミー賞を受賞しました。

    その他、この当時から深津絵里さんはまったく変わっていないとか、木村多江さんの看護師さんはやっぱりきれいだとか、亡くなった大杉漣さんに会えるとか。そんなほんのちょっとだけの昔を楽しむこともできる作品です。

踊る大捜査線 THE MOVIEの評価・感想・レビュー

踊る大捜査線 シリーズのあらすじ一覧

踊る大捜査線 THE MOVIEと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!