閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

半分、青い。

ドラマ 国内ドラマ
提供元:U-NEXT
半分、青い。
更新日:

半分、青い。が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

半分、青い。の動画配信・レンタル情報

半分、青い。の動画が配信されているサービス一覧

半分、青い。の作品紹介

半分、青い。のあらすじ

失敗って、楽しい。今日とは違う明日が、きっと見つかるから―

2018年上半期放送のNHK連続テレビ小説第98作目。脚本は民放局で数々の恋愛ドラマを手掛けた北川悦吏子。岐阜と東京を舞台に「思い立ったらすぐ行動。失敗なんて怖くない」というヒロイン・楡野鈴愛を永野芽郁が演じ、鈴愛のかけがえのない存在で幼なじみの萩尾律を佐藤健が熱演した。

高度成長期の終わりである1970年前半から現代に至るまで数々の挫折や失敗を経験しながら前向きに生き、やがて一大発明を成し遂げる鈴愛の成長物語。

1971年、岐阜の小さな町に鈴愛という女の子が誕生する。明るく元気な子だったが、小学生の時、病気で左耳の聴力を失ってしまう。そんな鈴愛を支えたのは家族と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみの律だった。ふたりは幼なじみとして特別な存在として成長していく。

時は流れ、時代は平成に突入し、バブル絶頂期の1989年。高校3年生となった鈴愛は律と同じ高校に通っていたが、卒業を目の前にしたある日、運命的な出会いが訪れる…。

半分、青い。の登場人物・キャスト

  • 楡野鈴愛(永野芽郁、矢崎由紗(子ども時代))

    今作のヒロイン。片耳失聴の障害がある。想像力が豊かで、たびたび周りを驚かせるアイデアを披露する。考えるより先に行動する性格のために、トラブルになることも多い。そんなときの口ぐせは「やってまった」。鈴愛が驚いたときの口ぐせ「ふぎょぎょぎょっ!」は岐阜の方言ではなく、番組の創作である。

  • 萩尾律(佐藤健、高村佳偉人(子ども時代))

    鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれたことから、家族ぐるみの付き合いをしている幼なじみで一番の親友。冷静で知能が高いが人付き合いが苦手で、病弱なことにもコンプレックスを抱えている。
    鈴愛には呼べばすぐ来て助けてくれる「マグマ大使」のような存在と思われて、困ったことがあると律の家の前まで来て笛を鳴らして律を呼ぶ。

  • 楡野晴(松雪泰子)

    鈴愛の母親。地元「ふくろう町」では1、2を争う美人として評判。楡野家が営む「つくし食堂」の看板娘でもある。律の母親・和子さんとは同じ日に出産したことがきっかけで親友となるが、なにかにつけて対抗心を燃やす。
    鈴愛にはマグマ大使の敵役「ゴア」に似ていると言われている。

  • 楡野仙吉(中村雅俊)

    鈴愛の祖父。「つくし食堂」の創業者だが、ネーミングセンスがないため、店の名前や子ども、孫の名前をつけさせてもらえない。ギターの弾き語りが得意で、家族からリクエストされて歌う場面もしばしば。鈴愛の良き相談相手でもある。鈴愛の漫画の師匠「秋風羽織」から五平餅の巨匠として尊敬されている。

  • 萩尾和子(原田知世)

    律の母親。家業は写真館を営んでいるが、自身は専業主婦。グランドピアノで弾き語りをするのが趣味で晴とは対象的にセレブな印象。一見近寄りがたく見えるが、気さくな性格で誰とでも仲良く慣れるタイプ。

  • 萩尾弥一(谷原章介)

    律の父親。家族思いで、思慮深く穏やかな性格だが、周りに流されやすい一面もある。和子とはオシドリ夫婦として有名だが、実際には和子の尻に敷かれている。社交性があり、ふくろう町商店街の会合にもよく参加している。
    幼いころの鈴愛に「こんな家族が良かった」とうらやましがられたことがある。

  • 西園寺龍之介(矢本悠馬、大竹悠義(子ども時代))

    鈴愛の幼なじみで、あだ名は「ブッチャー」。家業は不動産業を経営していて、ふくろう町一番の金持ち。いわゆるボンボンとして育つ。尊大な性格のため、よってくる友達はたいてい金目的。律だけが本当の友だちと思っている。鈴愛とは小中高と同じ学校。律と仲が良い鈴愛が気に入らないので、よくケンカをふっかける。

  • 木田原菜生(奈緒、西澤愛菜(子ども時代))

    鈴愛の幼なじみ。おっとりとした性格。家業は婦人服を販売していて、自身も服飾関係の進路を目指している。ブッチャーと同じく小中高と同じ学校。鈴愛の良き相談相手。高校卒業後も、鈴愛、律、ブッチャー、菜生の4人で「ふくろう会」という同窓会をする。

  • 岡田貴美香(余貴美子)

    ふくろう町の産婦人科医。鈴愛や律をはじめ、ふくろう町のほとんどの子どもは貴美香先生が取り上げているので、母親のように慕っている住民も多い。内科の診療もできるため、ふくろう町の住民は体調不良時にもこの先生に診てもらう。

  • 楡野宇太郎(滝藤賢一)

    鈴愛の父親。「つくし食堂」の2代目店主。ノリが軽く、一見するといつも晴の尻に敷かれているように見えるが、実は晴の最も頼れるいい男キャラ。
    趣味は、マンガを読むことと日曜大工。「あしたのジョー」をはじめとする名作マンガが読めることがつくし食堂の売りにもなっている。

  • 楡野草太(上村海成、志水透哉(子ども時代))

    鈴愛の弟。自由気ままな鈴愛とは正反対の生真面目な性格だが、正論ばかり言う面白味のない優等生キャラ。家業の「つくし食堂」を継ぐのは自分の役目だと思っている。

  • 秋風羽織(豊川悦司)

    人気少女マンガ家。自身の描く繊細な画風とは対象的に、気難しくとっつきにくい性格。食べ物の好みにも偏りが強いが、鈴愛が差し入れに持参した仙吉の五平餅は「完璧な食事」と絶賛する。自分の成功を次の世代に受け継いでほしいという思いから、全国から漫画の才能ある若者を集めた「秋風塾」を立ち上げる。

  • 菱本若菜(井川遥)

    秋風が売れないころからの担当編集者でもあり、「秋風羽織」という名前をつけたのも菱本である。現在は秋風が立ち上げた「オフィス・ティンカーベル」の敏腕マネージャー。秋風のことは知り尽くしているが、恋愛関係にはない。男勝りな仕事ぶりだが、いつもフリフリのロリータ・ファッションの服を着ている。

  • 小宮裕子(清野菜名)

    「秋風塾」の塾生にして、「オフィス・ティンカーベル」の漫画アシスタント。「秋風塾」の寮で生活している。自分がほかの塾生よりも優秀だという思いが強く対抗心をあらわにする。家族関係がこじれていて、特に母親を憎んでいる。

  • 藤堂誠(志尊淳)

    小宮と同じく塾生だが、ほかの塾生がいがみ合っている様子にうんざりしている。自分がゲイであることを公表していている。秋月からはゲイであることは漫画に活かせる大切な個性。他人と違うことはむしろ強みと期待されている。「僕って…」と話し始めるのが口癖なため、「ボクテ」というあだ名で呼ばれている。

  • 森山涼次(間宮祥太朗)

    鈴愛のアルバイト先「100円ショップ大納言」の臨時アルバイト店員。実は大納言のオーナー藤村光江の甥っ子にあたる。両親は幼いころに他界。藤村家の3姉妹に「愛し殺される」くらい甘やかされて育った。本業は映画助監督を名乗っているが自費制作映画のためお金に困っている。イケメンだが、飽きっぽい性格。

  • 藤村光江(キムラ緑子)

    藤村家の次女。100円ショップ大納言のオーナーにして、森山涼次のおば。
    若いころ大阪へ嫁いだが夫に浮気されて離婚した。子どもはいない。生計を立てるために、亡くなった父の帽子屋を廃業させて100円ショップにしたことで、三女とたびたび口げんかをしている。

  • 藤村麦(麻生祐未)

    藤村家の三女。一度も結婚せずに、独身を貫いている。父の帽子屋を続けたかったが、お客が来ないので渋々廃業に同意するが、帽子作りの教室を細々と続けている。ファザコン気味で、父の形見の帽子をしょっちゅうかぶっている。バードウォッチングが趣味。

  • 藤村めあり(須藤理彩)

    結婚して家をでたが、夫とケンカして一時的に実家に戻ってきた。夫が迎えに来るまで帰らないと言っているが、すでに数年の月日が経過している。いつもジャージ姿で引きこもりのような生活をしている。

  • 田辺一郎(嶋田久作)

    「100円ショップ大納言」の雇われ店長で、光枝の同級生でもある。独身で、仕事へのやる気もないダメ男。いつも仏頂面で仕事をしているため、モアイ像に似ていると周囲から思われている。

半分、青い。の見所ポイント

  • 1 ドラマのタイトル 『半分、青い。』の意味とは?

    今作のタイトルの『半分、青い。』とは何が「半分」で、何が「青い」のか? というタイトルの意味について疑問を感じた人もいると思います。タイトルについては、脚本を担当した北川悦吏子の想いが込っているようです。

    今作のヒロイン・楡野鈴愛は病気により、左耳を失聴します。その状態になり雨が降ったある日、「面白い!半分だけ雨が降っている」という言葉を鈴愛が発します。前向きな鈴愛は雨が降っていても「いつも半分(左側)は晴れ(青い)」と捉えているのです。

    北川自身も病気により左耳を失聴しました。その経験から前向きになるためたどり着いた「生きる」ことへの想いが、主人公のセリフ、タイトルに込められているようです。

  • 2 佐藤健が格好いい! 『半分、青い。』鈴愛(すずめ)と律の恋模様が気になる!?

    今作はヒロイン・楡野鈴愛の成長物語です。数々の失敗や挫折を経験しながら、前向きに進んでいく鈴愛ですが、それを支えてきたのは家族。そして幼なじみでかけがえのない存在の萩尾律です。ふたりはあまりに近すぎて、恋愛関係に発展しません。

    特に鈴愛は律に甘えることはあっても恋愛感情を抱きません。抱いていたのかもしれませんが、自覚がないのです。そんなふたりも成長し、いつまでも子どものころのような関係性ではいられません。

    いつも「そばにいる」はずの律が”遠い存在”となっていき、鈴愛は次第にこれまでの律への想いとは違った感情が生まれていきます。はたしてふたりの恋愛模様はどうなっていくのか最後まで注目です!

  • 3 歴代朝ドラ女優に続け! 『半分、青い。』の主演・永野芽郁の今後に期待!!

    今作のヒロイン・楡野鈴愛を演じたのは女優の永野芽郁です。子役から芸能界デビューをしている永野は今作出演時18歳でしたが数々のドラマや映画に出演してきました。主演も経験していましたが、国民的なドラマと言えるNHK連続テレビ小説、通称「朝ドラ」の主演は一味違うと思います。

    多くの女優が朝ドラのヒロインを務め、それを機に女優として大きな飛躍を遂げました。近年では『てるてる家族』(2003)の石原さとみや、『純情きらり』(2006)の宮﨑あおい、『おひさま』(2011)の井上真央らが挙げられます。

    今作で苦難に負けず、前向きに生きるヒロインを見事に演じる永野の姿は必見です!

半分、青い。の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (2件中)
  • 投稿者名:bee
    評価: GOOD 投稿日:2019.01.21/21:40

    長い青春物語という感じ。
    ドラマなのに、なんでドラマみたく上手くいかないんだっていう局面が何度もあって、それにぶつかっていく主人公を見ていて感慨深いところがありました。

    ラブコメだと思ってみたらちょっと違うかもしれないので注意です。人生ってそんなことになることもあるのねっていう、色んな可能性を見せてくれる話。予想を超えてくるーー

  • 投稿者名:も
    評価: GOOD 投稿日:2019.01.10/00:44

    本当に大切な物や大切なこととは何か?を考えさせられる物語。同じ日に生まれた鈴愛と律のふたりの40年を描いています。
    主人公の鈴愛の行動につっこみたくなることも多いですが、逆にそれが妙なリアリティに繋がっています(笑)朝ドラらしからぬ展開の数々に賛否両論あるようですが、私は楽しく観れました。

半分、青い。が動画配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
0
定額見放題

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 1,990円 (税抜)
31日間無料
作品数 1,042本 (内定額見放題:914本)
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方
シリーズ配信数
0
レンタル

新作を中心に見るならコレ!業界最大級・22万本以上を配信!

月額料金 500円(税抜)〜
入会月無料
作品数 1,943本 (内定額見放題:382本)
機能 年代や製作国、ジャンルで調べられる細かい作品検索が魅力
こんな方に 他の動画配信サービスで見たい作品が見つからなかった方

半分、青い。と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス