見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

響 -HIBIKI-の動画配信・レンタル情報

響 -HIBIKI-の動画が配信されているサービス一覧

現在、配信されているサービスはありません。

気になる他の作品を、ぜひ検索してみてください。
あなたが観たい作品がどこの動画配信サービスで配信されているかチェックしよう!

\ 気になる作品を検索! /

作品名が入力されていません

響 -HIBIKI-の作品詳細

響 -HIBIKI-の人物相関図

響 -HIBIKI-の人物相関図

響 -HIBIKI-のあらすじ

マンガ大賞2017で大賞に輝いた柳本光晴の人気漫画『響 小説家になる方法』を実写映画化した作品。

突如現れた10代の天才小説家・響が、その型破りな性格と圧倒的な才能により周囲の人々に影響を及ぼすさまを描いた人間ドラマ。

主人公・響を演じたのは、本作が映画初出演となる『欅坂46』の平手友梨奈。

ある日、文芸雑誌「木蓮」の編集部に一編の新人賞応募作が送られてくる。

応募規定を全く無視したその作品は当然破棄されるはずだったのだが、編集者の花井ふみが偶然目を留め、そこから事態が大きく動き出す。

『お伽の庭』とタイトルがつけられたその小説は、なんと若干15歳の女子高生・鮎喰響(あくいひびき)によって書かれたものだった。

ふみは若き天才を世に出そうと奔走するのだが、常識に全くとらわれない響の言動と圧倒的な文才が元となり、予想もしない事態を次々と巻き起こしていく。

クレジット

【キャスト・スタッフ】
平手友梨奈 アヤカ・ウィルソン 柳楽優弥・小栗旬/北川景子


原作:柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)
監督:月川翔
脚本:西田征史


※タイトルの『響 -HIBIKI-』につきまして
「響」のあと半角空け、その後はすべて半角でお願い致します。

響 -HIBIKI-の登場人物・キャスト

  • 鮎喰響(平手友梨奈)
    鮎喰響(平手友梨奈)
    わずか15歳ながら、圧倒的な文才を持つ天才女子高生。自分の考えを“絶対に曲げない“性格で、信念のためには暴力的な行為もいとわない。
  • 花井ふみ(北川景子)
    花井ふみ(北川景子)
    響が小説を送った文芸誌編集部に勤務する女性編集者。響の小説に惚れ込み、彼女の作品を世に出したいと奔走する。
  • 祖父江凛夏(アヤカ・ウィルソン)
    祖父江凛夏(アヤカ・ウィルソン)
    日本を代表する売れっ子小説家の父を持つ女子校生。響とは同じ高校に通っていて、文芸部の仲間でもある。父と同じく、自身も小説家を志しているが…。
  • 祖父江秋人(吉田栄作)
    祖父江秋人(吉田栄作)
    凛夏の父。作品を発表するたび社会現象になるほどの世界的人気作家。
  • 神田正則(高嶋政伸)
    神田正則(高嶋政伸)
    ふみの上司であり、文芸誌「木蓮」の編集長。作品自体の善し悪しよりも、自分の利益を優先するビジネスライクな性格。
  • 田中康平(柳楽優弥)
    田中康平(柳楽優弥)
    木蓮新人賞を響と同じタイミングで受賞した青年小説家。響のことをライバル視し、挑発的な態度をとる。
  • 鬼島仁(北村有起哉)
    鬼島仁(北村有起哉)
    過去に芥川賞を受賞した人気作家。現在はメディア露出が多く、テレビなどでコメンテーターとしても活躍している。

響 -HIBIKI-の見所ポイント

  • 1 常識がぶっ壊される “ヤバい”ヒロイン登場!!

    主人公の響はかわいくて大人しそうな見た目に反し、実は“絶対に自分の信念を曲げない”クレイジーなまでにまっすぐな性格。

    間違っていると感じた相手に対しては、たとえそれが怖そうな不良だろうが有名な作家だろうが、まったくお構いなしに食ってかかります。

    売られた喧嘩はすべて買うし、場合によっては相手の指を折ったりパイプ椅子で殴ったりと、なんの躊躇もなく暴力もふるっちゃう(笑)!

    しかも性格がぶっ飛んでるだけでなく文才も圧倒的だから、周囲のお堅い大人たちも彼女を認めざるをえないんです!

    常識にとらわれない天才・響の痛快な生き様は、忖度だらけの私たちに新たな価値観を与えてくれますよ。

  • 2 まさに響そのもの! 平手友梨奈さんのリアリティ溢れる演技も話題に

    今作で鮎喰響を演じたのは、『欅坂46』のセンターを務めるパフォーマー・平手友梨奈さん。

    実は原作者の柳本光晴さんと本作の監督・月川翔さんは、二人そろって「実写化するなら、響役は平手友梨奈しかいない!」と考えていたそう。

    天才という言葉だけでは表現しきれない響の独特なキャラは、飛び抜けた才能と繊細さを兼ね備えた平手さんだからこそ演じられた難しい役どころ。

    実際に映画を観た原作ファンからも、まるで彼女が響そのもののように感じられたと絶賛の声が多数よせられています。

    映画初主演ながら共演の名優たちにもまったく引けを取らない演技をみせた平手さん。彼女の熱演にもぜひ注目してみてください!

  • 3 “天才じゃない”人々の 葛藤を描いた人間ドラマにも注目!

    響の型破りなキャラに目を奪われがちな本作ですが、実はこの作品、裏を返せば“天才ではない普通の人々”の物語でもあるのです。

    圧倒的な才能を前にした時、人はどのように感じ、そして天才ではない自分とどう向き合うのか…。

    才能にあふれ、常識にとらわれない響はもちろんかっこいいのですが、多くの人が共感するのは、むしろ、響によって自分の“普通さ”を思い知らされる周囲の人々のほうではないでしょうか。

    彼らが苦悩しながらも懸命に進んでいく姿には、挫折を経験したことがある人なら誰もが胸を打たれるはず。

    響のケタ外れな天才ぶりとともに、その裏で葛藤する人々のドラマにも目を向けてみてください。

(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

響 -HIBIKI-のユーザーレビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
投稿者名:Alex
評価: GOOD 投稿日:2019.01.07/17:03

Titie:響

欅坂46の平手友梨奈初主演の漫画実写化映画。

原作は全て読んだのだけれど、ほぼストーリーの本筋に沿って話は進む脚本だった。

原作が面白い、しっかりしてるので脚本は特に問題なくすんなり観れる。

平手友梨奈の今のイメージと響のキャラクターのイメージは凄くマッチしている。しかし、今回は役柄に助けられたものの若干棒読み感。

個人的に漫画の響はもう少し声は張ってるイメージだった。

あとは花井ふみ演じた北川景子も原作だと編集長の胸ぐら掴むくらい破天荒さがあるのに、その要素が無かったので残念。

全体としてまとまり良かったけど、響という作品はキャラの特性をいかに上手く引き出すかだから、もう少し出来たんじゃないかな

#movie #movielover #hibiki #映画 #映画鑑賞 #響 #響小説家になる方法 #欅坂46 #平手友梨奈 #北川景子 #小栗旬

全てのレビューを見る

響 -HIBIKI-が動画配信されているサービスの詳細

現在、配信されているサービスはありません。

響 -HIBIKI-と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ