見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

万引き家族の動画配信・レンタル情報

万引き家族の動画が配信されているサービス一覧

現在、配信されているサービスはありません。

気になる他の作品を、ぜひ検索してみてください。
あなたが観たい作品がどこの動画配信サービスで配信されているかチェックしよう!

\ 気になる作品を検索! /

作品名が入力されていません

万引き家族の作品詳細

万引き家族の人物相関図

万引き家族の人物相関図

万引き家族のあらすじ

国際的な知名度を誇る是枝裕和監督が、本作で第71回カンヌ国際映画祭の最高賞にあたるパルム・ドールを受賞し、世界に衝撃を与えた濃密な人間ドラマ。

日雇い労働者の紫田治と妻の信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀、そして祖母の初枝の5人で、底辺ギリギリの生活を送っている。ふたりの不安定な収入と初枝の年金とでやり過ごす日々だが、足りない生活費は治と祥太の連携プレーによる万引きで補っていた。

ある夜、治は団地の廊下で寒さに耐える女の子、ゆりを発見し、思わず家に連れて帰り介抱する。当初は難色を示していた信代だが、傷だらけの姿を見て親の虐待下にあることを察し面倒をみるようになる。ゆりは家族の一員として暮らすようになるが、柴田家の人間たちは相変わらず何かしらの不正を働いていた。

ある日、ゆりが無謀にも万引きを試みようとしていたのをかばうために、祥太がとっさに万引きに走り、逃げたときの負傷で入院することになってしまう。この入院を境に、驚愕の真実が堰を切ったように白日のもとにさらされていく。

クレジット

監督 是枝裕和
CAST  リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/池松壮亮/城桧吏/佐々木みゆ/高良健吾/池脇千鶴 / 樹木希林
STAFF  【撮影監督】近藤龍人
  【脚本】是枝裕和
製作国 日本

万引き家族の登場人物・キャスト

  • 柴田治(リリー・フランキー)
    柴田治(リリー・フランキー)
    東京の下町で日雇い労働者として働く中年男性。「売り場に置かれている商品はまだ誰のものでもない」を持論に、生活のために万引きを繰り返す。
  • 柴田信代(安藤サクラ)
    柴田信代(安藤サクラ)
    治の妻でクリーニング店工場でパートとして働く。お店で預かっている服のポケットから金品をたまに着服している。
  • 柴田祥太(城桧吏)
    柴田祥太(城桧吏)
    治の息子で、治と一緒に万引きを繰り返している。万引きをする際に指を使っておまじないをする。
  • 紫田亜紀(松岡茉優)
    紫田亜紀(松岡茉優)
    信代の妹。ソフト風俗的なJKリフレのお店でバイトをしている。源氏名はさやか。治の母である初枝と仲がいい。
  • ゆり(北条じゅり・りん)(佐々木みゆ)
    ゆり(北条じゅり・りん)(佐々木みゆ)
    母親のせっかんで廊下に出されていたところを治と祥太に発見される。本名は北条じゅり。発音が「ゆり」と聞こえたのでゆりと呼ばれるようになる。のちに、りんと名付けられる。
  • 紫田初枝(樹木希林)
    紫田初枝(樹木希林)
    治の母親。夫とは昔に離婚している。年金受給者で、皆から毎月の年金収入を頼りにされている。

万引き家族の見所ポイント

  • 1 日本社会の不透明な姿を浮かび上がらせた問題作

    本作のプロットの着想は、親が死亡したことを隠したまま、家族が年金の不正受給をしていた事件報道だったといいます。映画の「不正でしかつながれなかった」歪んだ家族の姿は、今の日本社会が抱える不透明な構造とリンクしているようにも映ります。

    例えば、経済格差の広がり、生活保護受給者の増加、社会保障費の削減など、弱者を追い込む現実の社会的縮図を重ねることで、映画の設定がリアルなものとして響いてきます。是枝監督はこれまでにも様々な形の家族のあり方を探り、ときには社会の分断にも踏み込んできました。

    目を背けがちな不都合な現実と向き合う「作家性の強さ」こそが、成熟したヨーロッパの映画界で支持されている理由のひとつなのかもしれません。

  • 2 是枝作品といえば、子役のキャスティングの妙

    是枝監督作品の特徴のひとつに秀逸なキャスティングが挙げられます。

    とりわけ、子役に対する彼の審美眼は鋭く、2004年の『誰も知らない』では素人の柳楽優弥を主役に抜擢し、第57回カンヌ国際映画祭において、弱冠14歳で最優秀主演男優賞受賞という快挙を成し遂げました。そして、本作でも息子の祥太を演じた城桧吏(じょうかいり)は、瑞々しい存在感で作品と観る我々に大きな爪痕を残します。

    子役には台本を渡さずに、その場の流れで口頭で指示を出すという是枝監督ならではの独特な引き出し方法が、子供たちの生々しくて自然な姿を切り取っているのは間違いないでしょう。それを踏まえて、城桧吏の凛とした表情に注目してみてください。

  • 3 世界に広がる映画配給と絶賛の声!

    パルム・ドール受賞を受けて、ヨーロッパやアメリカなど計149以上の国と地域での海外配給が決定しており(2018年5月時点)、アジア圏の中国・香港・台湾・韓国ではすでに公開され、評論家筋も含めてかなりの高評価を得ているそうです。

    さらには、現在スペインで開催されている「第66回サン・セバスチャン国際映画祭」(9月21日〜9月29日)で、特別上映作品として公開され、是枝監督は生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞しました。これを機にヨーロッパ各国での公開も本格的に開始されるかもしれません。

    ちなみに、今回のカンヌ国際映画祭で審査員長を務めたオスカー女優のケイト・ブランシェットが、「見えない人々に光を当てた」映画として、その独自の視点と安藤サクラの演技力を激賞していたのも話題となりました。

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

万引き家族のユーザーレビュー

現在、まだレビューはありません。

万引き家族が動画配信されているサービスの詳細

現在、配信されているサービスはありません。

万引き家族と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ