閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【バンブルビー】の映画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!動画を日本語吹き替え版/字幕版で見れるところは?

映画 洋画
提供元:amazon
バンブルビー
更新日:

バンブルビーが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

バンブルビーの動画配信・レンタル情報

バンブルビーの動画が配信されているサービス一覧

バンブルビーの作品紹介

バンブルビーのあらすじ

自動車や機械に変身する宇宙生命体の戦いを描いた大人気実写映画『トランスフォーマー』のスピンオフ作品でシリーズ最新作!

1作目からさかのぼること20年、1987年を舞台に、これまで語られることのなかったバンブルビーの物語がついに明かされる!


父親を亡くした哀しみから立ち直れず、独りぼっちで過ごしていた少女チャーリーは、18歳の誕生日に町の廃品置場で廃車寸前の黄色い車に心を奪われる。

車を持ち帰ったチャーリーは、家のガレージで早速、車の整備に取り掛かる。

すると…なんと車が変形=トランスフォームして立ち上がったのだ!

驚き逃げ惑うチャーリーだったが、その黄色い生命体は危害を加えるどころか、なにかに怯えるように縮こまってしまう。

チャーリーはどこか自分と似ている、その黄色い生命体をかくまい、「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付けた。

その日からチャーリーとバンブルビー、似た者同士のふたりの間には思いがけない友情が芽生えていく。

しかし、そんなふたりのもとへバンブルビーを狙う追手がやってきて…!?

バンブルビーのクレジット(監督・キャスト)

■監督:トラヴィス・ナイト『KUBO/クボ二本の弦の秘密』
■原案:クリスティーナ・ホドソン
■脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
■製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
■製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
■キャスト:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
■全米公開:2018年12月21日

バンブルビーの登場人物・キャスト

  • 画像はありません。
    チャーリー・ワトソン(ヘイリー・スタインフェルド)
    最愛の父親を亡くした哀しみから立ち上がれずにいる少女。母親は再婚し、新しい家族を築いているが馴染めず。バイト先でも友人ができずに孤独な毎日を送っていたところ、バンブルビーと出会う。予測不能な行動をするバンブルビーに振り回されるが、充実した毎日に幸せを感じるようになる。
  • 画像はありません。
    バンブルビー
    車に変形=トランスフォームする黄色い地球外生命体。遥か宇宙の彼方で戦いを続けてきたが、訳があり地球へ。その途中で音声機能を失ってしまう。その後、数年のときを経て廃品置場でチャーリーに見つけられ、「バンブルビー」と名付けられる。声の代わりにラジオで会話をする。
  • 画像はありません。
    メモ(ジョージ・レンデボーグ・Jr)
    チャーリーの隣の家に住む少年。チャーリーに好意を抱いていたが、なかなか声をかけれずにいたところ、偶然チャーリーとバンブルビーが一緒にいるところを見てしまう。ふたりと秘密を共有し、チャーリーとともにバンブルビーをかくまうことになる。
  • 画像はありません。
    バーンズ(ジョン・シナ)
    トランスフォーマーをはじめとする地球外生命体の存在を調査する秘密機関「セクター7」に配属されている少佐。仲間といるところに、たまたまバンブルビーが墜落。はじめてのトランスフォーマーとの接触に、バンブルビーを捕まえようとする。

バンブルビーの見所ポイント

  • 1 トランスフォーマーたちの戦闘シーンがかっこよすぎる!

    『トランスフォーマー』シリーズの最大の見どころといえば、車から二足歩行の地球外生命体に変形=トランスフォームをするシーン。

    そして、彼らが変形を繰り返しながら激しくぶつかり合うアクションシーンにあります。

    “ハリウッドの破壊王”ことマイケル・ベイ監督からメガホンを引き継いだトラヴィス・ナイト監督のスピンオフ映画『バンブルビー』でも、迫力満点のアクションシーンは健在!

    とくに、ラストの造船所を舞台としたバトルシーンでは、トランスフォーマーたちのスピード感溢れる戦いにワクワクが止まらないはずです。

  • 2 本作の主人公、ドジだけど最高にキュートなバンブルビーが愛おしい…

    バンブルビーは、『トランスフォーマー』シリーズでも人気のキャラクターでしたが、本作ではそんなビーの“ドジだけど最高にキュート”な魅力が全開になっています。

    自分の体の大きさを理解していないのか、隠れるのも下手かと思えば、部屋を荒らしてしまうわ…もう大変!

    だけど、どこか憎めない…。

    人間よりも人間味がある、表情豊かな愛くるしいビーの姿にチャーリーはもちろん、スクリーンの前の観客たちもますます引き込まれてしまうこと間違いないでしょう。

  • 3 80年代をオマージュした音楽&青春ストーリーが心に響く!

    音声機能を失ったバンブルビーは、チャーリーから教えてもらった音楽やラジオを使って意思疎通を図ります。

    そんなビーの特徴と掛け合わせるようにして、本作では音楽が登場するシーンが非常に多いのも見どころです。

    誰もが一度は聴いたことのある80年代の名曲たちに、気分はノリノリに。

    さらに、監督のトラヴィス・ナイトが自身が影響を受けた「E.T.」(1982年)に通じるものがあると宣言しているように、この映画には80年代の青春ストーリーへのオマージュが込められています。

    笑えて、泣けて、ワクワクして、心に響く。

    少女とトランスフォーマーの青春物語は必見です。

©2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. ©2018 Hasbro. All Rights Reserved.

バンブルビーのフォトギャラリー

バンブルビーの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.8 (6件中)
  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.15/23:28

    『バンブルビー』
    このシリーズでは1番の作品だと思う(^^)*

    どう良いのか、具体的に言います(^^)*
    まずは『ET』のストーリーを簡単におさらい♪*


    【『ET』のストーリー】*
    少年の親は離婚して、大好きだった父が出て行く!子供ながら理解はしているんだけど、受け入れられていない。*
    (作中で具体的に『離婚』とは言ってないけど、そう読み取れる仕掛けになっている。)*

    友達になったETと別れる事で、父との別れを疑似体験する。*
    ETとの別れを受け入れる事で、父との別れを受け入れ、少年は成長した。*


    【本作のストーリー】*
    大好きだった父と死別。他の家族は事実を受け入れ、前向きに新しい暮らしをしている。*
    しかし、少女はまだ受け入れられていない。それが家族との関係にも悪影響。*

    バンブルビーとの別れを受け入れ、父との別れを前向きに受け入れる。少女と家族の関係は良好になった。*


    【言いたい事】*
    つまり人間ドラマがメインのストーリーだと言う事♪例えば、これがロボットとの友情ではなくても成り立つんですよ(^^)*

    そういう誰しもが経験できる、もしくは経験した事のあるストーリー(共感できるし気持ちが分かる)に何を絡めるかは、ETでも良い訳だし、恋人でも犬でも何でも良いんですよね♪*

    そんな基本型に、トランスフォーマーを当てはめているから『映画』として面白い!となる。*

    ただ、ロボットが闘うだけのアクションなら『映画』ではなく『映像』でしかない!*

    過去のシリーズ作品はそういう『映像』傾向にある。アクションは他の映画と比べてもダントツで大迫力!なのに魅力は薄い!*

    本作でも、過去作のようなロボット戦争シーンがある。(オープニングでいきなり)*
    でも数分でしたよね?このくらいが丁度良い(^^)*
    短いからこそ、大迫力シーンの価値も高まる♪*


    【デザイン】*
    バンブルビーは耳っぽいのが付いてて、その動きが感情を表してるし、目が表情豊か♪*
    『やべ、やっちまった!汗』て時の仕草や怒られた時のシュンとなる感じが可愛い♪*

    喋れないけど感情が分かるとこが、犬みたいで可愛かった!(一緒に観た友達の言葉を引用!笑)*

    シリーズ通して問題であったゴチャゴチャしたアクションも、本作のデザインのおかげで解消されている!*


    【まとめ】*
    シリーズとしては、矛盾点も多々あるんです(>人<;)*
    ●1作目『インターネットで英語を学んだ』と言うオプティマス。でも故郷の星から送ってきたムービーで英語を話してる!少女も観て理解してる!*

    ●5作目でバンブルビーは第二次世界大戦にはもう地球にいた事になってた。あれ?*

    まぁでも本作を1本の映画として評価すれば、矛盾してても良いんじゃないですかね♪*

    少女の『車欲しい!』て設定とか、1作目の主人公とほぼ同じ!だけど展開されるストーリーに凄く差がある。*

    本来ならシリーズ1作目でやるべきだったシンプルで基本的なストーリー型の映画♪*
    少女が心の問題で出来なくなっていたアレをやったシーンは感動!泣*

    素晴らしい完成度でした!*
    シリーズの欠点(ちょい前にレビューしてます)を補い、そこに的を得た新しさをプラスしている♪*

    最近、流行りの『年代物の曲を使う!』もやってましたね(^^)*


    評価は10点中6点!*


    #映画好きな人と繋がりたい #洋画好きな人と繋がりたい #映画レビュー #映画鑑賞 #バンブルビー #トランスフォーマー #マイケルベイ #スティーブンスピルハンバーグ

  • 投稿者名:カルメン
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.07/15:35

    孤独な主人公と、孤独な機械(バンブルビー)の絆の物語。壮大なストーリーと、繊細な演出。そこに在る大切な存在とは一体、、。

  • 投稿者名:籠島 誠
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.04/07:14

    楽しい

  • 投稿者名:ヒロト
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.26/20:10

  • 投稿者名:ヒッシー
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.08/09:16

    ファンとしては納得の続編となりました!伏線の回収も納得感がたり、楽しく鑑賞できました!バンブルビーにファンが多いのがよく分かる作品です!

全ての評価・感想・レビューを見る

バンブルビーが動画配信されているサービスの詳細

レンタル

ドコモユーザー以外も使える!月額550円(税込)のバラエティに富んだ低価格サービスはdTV

月額料金 550円(税込)
31日間無料
作品数 2,422本 (内定額見放題:871本)
機能 音楽プレイリスト機能やカラオケなど音楽に強い。別アプリでVR動画も!
こんな方に 低価格で映画もカラオケもコミックも楽しみたい欲張りな方

dTVで配信中のおすすめ作品

バンブルビーと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス

ページトップ