閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

グリーンブックの動画を配信しているサービス

映画 洋画
グリーンブック
更新日:

グリーンブックの動画配信・レンタル情報

グリーンブックを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、グリーンブックとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

アベンジャーズ/エンドゲーム

人類半滅…アベンジャーズ崩壊―最後に残されたのは…最強の絆! マーベル・コミックス作品の実写化劇場版映画『アベンジャーズ』シリーズの第4弾。 今作は、前シリーズ作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最強過ぎる敵サノスによって全宇宙に存在する生命の半分が消滅するという衝撃の結末を受け、その後を描いたシリーズ完結作となっている。 スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ヴィジョンやブラックパンサーなどアベンジャーズのメンバーもどこかへ消え去ってしまった。 また、目の前で仲間を失い、サノスに敗北したアイアンマンも独り宇宙を彷徨うのだった…。 だが、生き残ったアベンジャーズメンバーは諦めない! キャプテン・アメリカを中心にかすかな希望に望みを託し、それぞれの思いを胸に再集結。 お互いを信じ、命がけで最強の敵への逆襲に挑む。 はたして消滅した仲間たちを取り戻す術はあるのだろうか? 今、史上最大の逆襲が始まろうとしている。 そして、アベンジャーズが、ここに終わる…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

トイ・ストーリー

物語はアンディ少年の部屋から始まります。アンディ少年の部屋には多くのおもちゃがありますが…彼が部屋から出ていくと、突然倒れていたおもちゃたちが動き始め、自由におしゃべりを始めるのです。その中でもリーダー的な存在のカウボーイのおもちゃ、ウッディはアンディのお気に入りです。しかし、アンディの誕生日の日、新たにバズ・ライトイヤーがアンディのおもちゃに加わります。アンディはバズを気に入りますが、ウッディはそれが面白くありません。そんな中、バズが窓から落ちてしまうという事件が発生し、他のおもちゃたちは、それがバズを疎ましく思うウッディの仕業なのではないかと疑い始めます。そんなある日、ウッディはアンディに連れられピザ・プラネットへ訪れますが、尾行してきたバズと喧嘩し、アンディとはぐれてしまいます。二人はUFOキャッチャーの中に逃げ込みますが、運悪く「おもちゃ殺し」として有名な近所に住むシド少年に捕まってしまいます。二人がいなくなって落ち込むアンディですが、そんな中アンディ一家の引っ越しの日が迫ってきます。果たして、ウッディとバズは無事にアンディの元へ帰れるのでしょうか!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

洋画

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン、死す―― スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人――彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だが、その力を未だに上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により歪められた時空から集められたのは、スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ。彼らは全く別の次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマン達だった。

配信中の動画配信サービス

グリーンブックの作品紹介

グリーンブックのあらすじ

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、家族や周囲から愛されていた。コパカバーナが改装のために休業となった時、トニーはある黒人ピアニストにコンサートツアーの運転手として雇われる。彼の名前はドクター・シャーリー、巨匠ストラヴィンスキーから「神の域の技巧」と絶賛され、ケネディ大統領のためにホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか黒人には危険な南部を目指していた。黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへと出発するのだが──。

グリーンブックのクレジット(監督・キャスト)

監督   ピーター・ファレリー
CAST   ヴィゴ・モーテンセン/マハーシャラ・アリ/リンダ・カーデリーニ
上映時間 130分
製作国  アメリカ

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

グリーンブックのフォトギャラリー

グリーンブックの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (7件中)
  • 投稿者名:kamonekamo
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.15/12:00

    正反対の2人がそれぞれに影響されて生き方や物の見方が少し変わって行く様子がじわじわ良かった。

  • 投稿者名:有姫那奈
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.12/13:48

    🍎めっちゃケンタッキー食べたくなる、とにかく2人の演技がめっちゃうまい!
    差別問題の中にある友情物語です。

  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.08/23:12

    バディものっていいよね!って言いたくなる作品。タイトルどおり、劇中の車の緑色が画面に映えます。

  • 投稿者名:しょうちゃん
    評価: GOOD 投稿日:2019.04.08/01:25

    2019年15本目の劇場鑑賞。

    1960年代を舞台に、
    差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才黒人ジャズピアニストと、
    彼に運転手兼用心棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、
    旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。

    本作は(第91回)アカデミー賞で作品賞を受賞。
    「グリーンブック」とは、
    アフリカ系アメリカ人を対象としたガイドブックで、
    黒人が利用できる宿や店などの情報がまとめられている、
    彼らにとって欠かせないツールである。
    本作を観て「グリーンブック」の存在を知りました。
    トニー演じるヴィゴ・モーテンセンが、
    役作りのために約20kgも太っているので最初は誰か気付かなかった。
    実話ベースの物語で、
    イタリア系アメリカ人のトニー・バレロンガと天才黒人ピアニストのドクター・シャーリーの、
    典型的なバディ・ロードムービー。
    見所は何と言ってもトニーとドンの掛け合いである。
    ドンの演奏を終えた後の笑顔が素敵すぎる。
    黒人差別テーマである本作ではあるが、
    トニー(白人側)を中心で描かれており、
    アフリカ系アメリカ人から評価が高いわけでもないらしい。
    監督がコメディ映画で有名なピーター・ファレリーだったのは意外で、
    彼が作風を一転して描いたのは興味深い。
    ちなみに監督の作品では「愛しのローズマリー」が好き。
    過去にアカデミー賞の作品賞を受賞した作品でロードムービーと言えば、
    「ドライビング Miss デイジー」を思い出します。
    こちらも異なる者同士が車で旅をしながら関係を深めていく内容です。
    観終わってケンタッキーフライドチキンが無性に食べたくなるけど、
    最高のバディ映画なのは間違いない。

  • 投稿者名:Aki Nakamura
    評価: GOOD 投稿日:2019.03.27/15:55

    人種差別と社会階級が明確な1960年代のアメリカで芸術的才能と教育の力で上層へと上り詰めた結果、親族も信頼出来る友も失ったジャマイカ系アメリカ人のクラシックおよびジャズピアニストであるドン"ドクター"シャーリーと、教養もこれといった才能も持ち合わせていないものの友、親族そして家族に恵まれた 運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人の警備員トニー・ヴァレロンガが、道中の中で友情を育み互いの葛藤に気づきながら、それに立ち向かおうとする姿がまぶしい。「暴力ではなく威厳こそが全てに打ち勝つ」との言葉は静かに紡がれるストーリーデリングとも繋がる。

全ての評価・感想・レビューを見る

グリーンブックが動画配信されているサービスの詳細

グリーンブックと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ