閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【ダンスウィズミー(2019年・日本)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ダンスウィズミー(2019年・日本)
更新日:

ダンスウィズミー(2019年・日本)が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

ダンスウィズミー(2019年・日本)を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ダンスウィズミー(2019年・日本)とよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

邦画

キングダム(実写版)

原泰久の大ヒット漫画がついに実写映画化。 春秋戦国時代、紀元前245年の中華・西方の国「秦」を舞台に、大将軍になることを夢見る戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政の運命を描く壮大なストーリー。 戦災孤児の信と漂は、いつか天下の大将軍になるという夢を追いかけ、日々剣術の腕を磨いていた。 しかし、ある日、漂だけが王都の大臣・昌文君によって呼び出され王宮へ。ふたりは別々の道を歩むことになる。 その後、漂は王宮で勃発した王の弟・成蟜によるクーデターに巻き込まれて致命傷を負ってしまう。 命からがら、なんとか信のいる納屋にたどり着いた漂は、血まみれになりながら信にある丘に建つ小屋の地図を差し出した。 「いますぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信! 俺を天下に連れて行ってくれ…」。 漂の最後の願いを聞いた信は、地図を握りしめ一心不乱に走りだす。 地図が示す場所で、信の目に飛び込んできたものは…なんと死んだはずの漂の姿だった!?

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

救いたいという思いが、終わることはない―2008年7月期にフジテレビ系列で放送された医療ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ映画化作品で2018年の邦画第1位となる興行収入93億円に達する大ヒット作。山下智久や新垣結衣、戸田恵梨香ら豪華キャストが再集結し、未曾有の連続大事故に立ち向かう救急医療にたずさわる医師たちの姿を描く。緊急時対応についての講演をしている白石恵(新垣)のもとに出動要請が入る。白石が灰谷俊平(成田凌)と冴島はるな(比嘉愛未)とともに現場の成田空港へ向かうと、その現場では、トロント帰りで偶々居合わせた藍沢耕作(山下)が既にトリアージを始めていた。現場で負傷し病院に搬送された富澤未知(山谷花純)は、今回の事故による負傷以外に末期ガンを患っていた。そんな未知のもとへ、元婚約者の岩田彰生(新田真剣佑)が訪れてきた。岩田は未知の病気を知ったときに、一度は逃げ出してしまったが、最期まで一緒にいたいとの想い直し会いに来たのだった。そんなふたりの姿に藤川一男(浅利陽介)との結婚式が迫っていた冴島は複雑な心境に…。

配信中の動画配信サービス

ダンスウィズミー(2019年・日本)の動画配信・レンタル情報

ダンスウィズミー(2019年・日本)のクレジット(監督・キャスト)

出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
原作・脚本・監督:矢口史靖(『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

ダンスウィズミー(2019年・日本)の予告・動画

映画『ダンスウィズミー』本予告【HD】2019年8月16日(金)公開

ダンスウィズミー(2019年・日本)の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2.9 (1件中)
  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: BAD 投稿日:2019.07.03/19:35

    本作は、「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」などの矢口史靖が監督/脚本を務め、自身初のミュージカルに挑んだミュージカルコメディー映画です😊
    主人公の鈴木静香を演じるのは、さくら学院の元メンバーで現在はモデルや女優業もこなす三吉彩花さんですが、応募者約500人という矢口作品史上最大級のオーディションで選ばれた方みたいですね😳
    ということで、試写会に参加して参りましたので、早速レビューしていきたいと思います😁

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「気楽に観れて明るい気持ちにさせてくれるけど、雰囲気だけで内容が弱いコメディロードムービー」という印象です🤔

    まず良かったところは、気楽に楽しく観れるところですね😊
    作風はハイトーンで暗い場面はほぼなく、コメディ、テンポの良さ、ダンス&歌のパワーから、元気がない時に観れば気持ちが明るくなるような楽しい作品に仕上がっていました😁
    ホットなロードムービーとしても楽しめる為、暖かい気持ちにもなれましたね😌
    ですので、上の通り雰囲気はなかなかの好印象でしたが、ストーリーの内容はあまり良くなかったです😭

    まず良くなかったのは、主人公の成長等が描かれていないところですね🤔
    音楽を聴くと、歌って踊ってしまう体になってしまった彼女は、それにより自分の弱さを克服して強い人になれるのか、恋愛や仕事は上手くいくようになるのか等、それら明確に描かれておらず、初対面の人とノリで仲良くなり、薄っぺらさを感じる絆が育まれる姿しか描かれていない為、内容から感動をうけるものはありませんでしたね😂
    序盤で描かれた彼女の弱点の回収も全くできていませんでした😥
    まあコメディなので、求めてはいけないんですかね😣

    次に歌ですね😱
    ミュージカルといえば、その場面でキャラクターが感じていることを歌にしますが、今作では既存の歌でミュージカルをし、作品と歌詞の関連性が弱い為、そこから魅力をだせていないように思いました😣
    ミュージカル映画ではなく、コメディロードムービーですね🧐

    ダンスについても、かなり努力はされていたみたいですが、そこまで演出に美しさや派手さがなく個人的に物足りなさを感じてしまいました😥
    楽しさはとても伝わってくるんですけどね😊
    海外の歌やダンスと比べると、大きな差を感じる印象でした😂

    【総評】
    総評として、笑えるコメディ要素にハイテンポな展開、明るいダンス&歌、ホットなロードムービー要素、それらから気楽に観れて気持ちが明るくなり、雰囲気から受けとられるものはとても良かったですが、曲が流れると歌って踊ってしまうことによることからの彼女の成長等が描かれていない薄い内容や、色んな意味での感動をあまり感じない歌とダンスはあまり良くなく、海外のミュージカル映画と比べると大きな差があることから、邦画の弱さを感じる作品だと思いました😭
    これだと世にも奇妙な物語の30分ドラマでやるべき内容だと思いましたね😥
    後、やしろ優が意外と良かったです😆笑
    ということで、一般公開は8月16日ですが、気になっている方は是非😁
    迷っている方にはオススメしません😱

ダンスウィズミー(2019年・日本)の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ダンスウィズミー(2019年・日本)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品