閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ダンスウィズミー(2019年・日本)

映画 邦画
ダンスウィズミー(2019年・日本)
更新日:

ダンスウィズミー(2019年・日本)が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

ダンスウィズミー(2019年・日本)を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ダンスウィズミー(2019年・日本)とよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

ワンピース(ONEPIECE) FILM GOLD(ゴールド)

新世界の“怪物”が動き出す!!!物語の舞台は、世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集う、世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”。そこでルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、天竜人をも懐柔する絶対的な権力を持つ“黄金帝”ギルド・テゾーロ。豪華絢爛な街の裏ではテゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていく。そんな中、テゾーロから天竜人への「史上最高額の天上金」の存在が明らかとなり、その支配力は世界を揺るがすほどの暴走をはじめていた。遂に動き出した新世界の“怪物”に、ざわめきはじめる世界政府、そして革命軍――。「自由とは、支配とは」この海を制するための答えを求め、ルフィたちの信念を懸けた闘いが幕を開けようとしていた。(C) 尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

ダンスウィズミー(2019年・日本)の動画配信・レンタル情報

ダンスウィズミー(2019年・日本)のクレジット(監督・キャスト)

出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
原作・脚本・監督:矢口史靖(『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

ダンスウィズミー(2019年・日本)の予告・動画

映画『ダンスウィズミー』本予告【HD】2019年8月16日(金)公開

ダンスウィズミー(2019年・日本)の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2.5 (1件中)
  • 投稿者名:やたおか映画レビュー
    評価: BAD 投稿日:2019.07.03/19:35

    本作は、「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」などの矢口史靖が監督/脚本を務め、自身初のミュージカルに挑んだミュージカルコメディー映画です😊
    主人公の鈴木静香を演じるのは、さくら学院の元メンバーで現在はモデルや女優業もこなす三吉彩花さんですが、応募者約500人という矢口作品史上最大級のオーディションで選ばれた方みたいですね😳
    ということで、試写会に参加して参りましたので、早速レビューしていきたいと思います😁

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「気楽に観れて明るい気持ちにさせてくれるけど、雰囲気だけで内容が弱いコメディロードムービー」という印象です🤔

    まず良かったところは、気楽に楽しく観れるところですね😊
    作風はハイトーンで暗い場面はほぼなく、コメディ、テンポの良さ、ダンス&歌のパワーから、元気がない時に観れば気持ちが明るくなるような楽しい作品に仕上がっていました😁
    ホットなロードムービーとしても楽しめる為、暖かい気持ちにもなれましたね😌
    ですので、上の通り雰囲気はなかなかの好印象でしたが、ストーリーの内容はあまり良くなかったです😭

    まず良くなかったのは、主人公の成長等が描かれていないところですね🤔
    音楽を聴くと、歌って踊ってしまう体になってしまった彼女は、それにより自分の弱さを克服して強い人になれるのか、恋愛や仕事は上手くいくようになるのか等、それら明確に描かれておらず、初対面の人とノリで仲良くなり、薄っぺらさを感じる絆が育まれる姿しか描かれていない為、内容から感動をうけるものはありませんでしたね😂
    序盤で描かれた彼女の弱点の回収も全くできていませんでした😥
    まあコメディなので、求めてはいけないんですかね😣

    次に歌ですね😱
    ミュージカルといえば、その場面でキャラクターが感じていることを歌にしますが、今作では既存の歌でミュージカルをし、作品と歌詞の関連性が弱い為、そこから魅力をだせていないように思いました😣
    ミュージカル映画ではなく、コメディロードムービーですね🧐

    ダンスについても、かなり努力はされていたみたいですが、そこまで演出に美しさや派手さがなく個人的に物足りなさを感じてしまいました😥
    楽しさはとても伝わってくるんですけどね😊
    海外の歌やダンスと比べると、大きな差を感じる印象でした😂

    【総評】
    総評として、笑えるコメディ要素にハイテンポな展開、明るいダンス&歌、ホットなロードムービー要素、それらから気楽に観れて気持ちが明るくなり、雰囲気から受けとられるものはとても良かったですが、曲が流れると歌って踊ってしまうことによることからの彼女の成長等が描かれていない薄い内容や、色んな意味での感動をあまり感じない歌とダンスはあまり良くなく、海外のミュージカル映画と比べると大きな差があることから、邦画の弱さを感じる作品だと思いました😭
    これだと世にも奇妙な物語の30分ドラマでやるべき内容だと思いましたね😥
    後、やしろ優が意外と良かったです😆笑
    ということで、一般公開は8月16日ですが、気になっている方は是非😁
    迷っている方にはオススメしません😱

ダンスウィズミー(2019年・日本)が動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ダンスウィズミー(2019年・日本)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品