閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【花の子ルンルン】のアニメ無料動画を全話(1話~最終回)配信しているサービスはどこ?

画像はありません。

花の子ルンルンを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

現在、提供しているサービスがありません。

レンタル

レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【花の子ルンルン】は1社の動画配信サービスで配信中です。
レンタル1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

花の子ルンルンの動画が配信されているサービス

花の子ルンルンが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

花の子ルンルンの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
レンタル
入会月無料 550円~/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT Hulu FODプレミアム Paravi ABEMA クランクイン!ビデオ dTV バンダイチャンネル music.jp TSUTAYA TV/DISCAS dアニメストア ゲオTV980 Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) スターチャンネル Netflix(ネットフリックス) DMM宅配レンタル

花の子ルンルンの動画が配信されているサービス詳細

レンタル

レンタル

ビデオマーケットの基本情報

ビデオマーケット
月額料金
550円(税込)〜
無料期間
入会月無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
2万

ビデオマーケットの編集部的ポイント

3
コスパ
「プレミアム&見放題コース」なら25,000本以上が見放題。月額550円(税込)の「プレミアムコース」は都度課金なので△
4
無料期間
入会月は無料で楽しむことができます。最大で31日無料で利用可能。月の初めに入会するのがお得です!
5
作品数
作品数220000本で日本最大級のコンテンツ量。そのうち190000本以上が追加課金のレンタル作品ですが、他サービスにはないマイナー作品も見つかります。
2
使いやすさ
4段階の倍速機能、細かくジャンル分けされた検索機能など多数!しかしダウンロード機能がついていないため、Wi-Fi環境下での視聴がマスト。
3
特典
毎月550ポイントが貰えます!110ポイントからレンタルできる作品も!ポイント数によっては見れない作品もあるので注意。

幅広いジャンルのアニメ作品が視聴できる!コアなアニメもビデオマーケットにお任せ!

花の子ルンルンはビデオマーケットで視聴可能です!

ビデオマーケットでは幅広いジャンルのアニメをレンタルできます。

ビデオマーケットでは「恋愛」、「コメディ」、「アクション、バトル」、「SF」、「スポーツ」、「キッズ」といった王道ジャンルに加えて「ディズニー作品」や「2.5次元」まで多岐に渡った分るジャンルのアニメをレンタルすることできます。

ビデオマーケットの主な2プランは「プレミアムコース」、「プレミアム&見放題コース」です。どちらにおいても毎月550ポイントが付与され、そのポイントを使ってレンタル配信作品を視聴することができます。

・アニメ映画…330~440ポイント
・旧作アニメ…1エピソード110ポイント
・新作アニメ…1エピソード220~330ポイント
※全話や1~5話までのまとめ買いもでき、まとめ買いは20%以上の割引になります。

また、登録初月はどちらのプランにおいても550ポイントを利用して無料でアニメ動画が視聴できます。

ビデオマーケットでしか配信されていないアニメ作品も!
ぜひビデオマーケットのレンタル作品を視聴してみてください!他サービスで見つからなかった作品がきっと見つかります!

ビデオマーケットで視聴できる人気作品

\ビデオマーケットを初月無料で楽しむ!/

花の子ルンルンの作品紹介

花の子ルンルンのあらすじ

本作『花の子ルンルン』は「東映動画」が制作した大ヒットアニメ『キャンディ・キャンディ』の後継番組として制作され、1979年から1年間にわたって放送された全50話のテレビアニメ。

放送後の1980年代前半に流行した言葉「ルンルン気分」の語源になっているという説もあるほど、当時の女の子たちをはじめ多くの人の心をつかんだ作品で、主人公の魔法アイテムである花の鍵のおもちゃも当時大流行した。

地球のはるか遠くにある小さな星、フラワーヌ星。そこでは花の精たちが王国をつくっており、新しい国王が即位する時にはそのつど新しい「七色の花」が必要であった。地球上のどこかに咲いている七色の花を探すことができるのは、「花の子」と呼ばれる花の精の血をひく女の子だけ。七色の花探しを命じられたフラワーヌ星の2人の使者、キャトーとヌーボは、南フランスの小さな田舎町に住むルンルンという少女が花の子であることを見つける。

2人は、白猫と犬に姿を変えて地球上のルンルンの家を訪れ、フラワーヌ星の次期国王のため、七色の花を探す旅に一緒に行ってほしいと依頼する。一緒に暮らしている祖父母の後押しも受け、花が大好きなルンルンは白猫のキャトー、犬のヌーボとともにさっそく、七色の花探しの旅へ出発するのだった。

花の子ルンルンのクレジット(監督・キャスト)

花の子ルンルンの登場人物・キャスト

  • ルンルン・フラワー(岡本茉利)

    本作の主人公で明るくて活発な12歳の女の子。両親が亡くなっており、花屋を営んでいる祖父母に育てられる。花の精の血をひく「花の子」であり、七色の花を探す旅に出ることになる。自分の服をドレスアップする魔法を使うことができる。花が大好きであらゆる花の花言葉も覚えている。困っている人をみると放っておけない、心優しい性格。

  • キャトー(白石冬美)

    花の精の国フラワーヌ星から来た使者のひとりで、小柄で目の青い少年。地球上では白猫に変身している。言葉を話すことができ、ルンルンの七色の花探しの旅に同行する。頭が良く、旅の最中も色々と活躍する場面が多い。

  • ヌーボ(神山卓三)

    フラワーヌ星から来た使者のひとりで、ガッシリとした紳士。地球上では大きな犬に変身している。キャトーと同じく、人間の言葉を話せる。七色の花探しの旅では頼もしい存在。

  • トゲニシア(喜多道枝)

    フラワーヌ星にいるトゲトゲ花の精。フラワーヌ星の女王になるために、七色の花を横取りしようと画策する。“花粉風”という突風を起こす能力を持っており、周囲のものを遠くへ飛ばしてしまえるのだが、その能力を使った後、1週間は顔がシワだらけになってしまう。

  • ヤボーキ(はせさん治)

    トゲニシアに仕えるおじさんタヌキ。変身する能力を持ってはいるが、ドジな性格が災いして、すぐにバレてしまう。

  • セルジュ・フローラ(水島裕)

    フラワーヌ星の第一王子なのだが、幼い頃から地球に来ている。地球上では正体を隠し、カメラマンの青年に変装している17歳。いつもルンルンの旅先にさりげなく現れ、ルンルンたちの窮地を救うと、どこかへと去っていく。

花の子ルンルンの見所ポイント

  • 1 花の子ルンルンが探し求める“七色の花”とは?

    花の精の血をひく「花の子」であるルンルンは、七色の花を探して世界中を旅して回ります。七色の花とは、花びらが七色に光り、フラワーヌ星の国王の印となっている花のことで、さらに、その花を手にしたものに幸せをもたらすというステキな花なのです。そんなステキな花はいったいどこにあるのでしょうか?

    期待にワクワクしながらルンルンやキャトー、ヌーボたちの旅を一緒に見守ってしまうはずです。彼らは旅の先々で困った人たちを見つけては手助けをし、花の鍵の魔法の力も借りながら解決していきます。そんな心温まるストーリーとともに、もう一度一緒に七色の花探しを応援してみませんか。

  • 2 『花の子ルンルン』それぞれの花にこめられた花言葉は?

    花の子ルンルンでは毎回、風のようにどこからともなく現れる美しいカメラマンの青年、セルジュが、ルンルンと交流を持った人々に花の種を手渡します。人々がその種を植え、やがて花を咲かせると、その花が人々の心を幸せへと導く…。とてもステキなお話で、この作品が多くの人々に愛される理由がわかりますね。

    さらに、各話の終わりには、その種が花を咲かせた様子と、その花言葉を紹介するナレーションが流れます。ストーリーを楽しみながら、花の名前や花言葉まで学ぶことができるアニメ、なかなか斬新だと思います。

  • 3 インパクト大『花の子ルンルン』のオープニング&エンディング曲はクセになる!

    「ルルルンルンルン」と軽快なリズムで繰り返されるさわやかなオープニング曲の『花の子ルンルン』。本作を見た人なら誰でも一度は口ずさんだことがあるのではないでしょうか。口ずさみながら、自然と楽しい気分になれるステキな名曲です。そんなオープニング曲とともに楽しみたい曲が、物語の最後を飾るエンディング曲、『女の子って』です。

    「女の子ってたいへんなのよ」というかわいらしい歌声で始まる曲の合間には、この曲を作曲した小林亜星が自ら「そう?」や「ホント?」「ドキッ」といった独特な合いの手を入れており、サビの部分ではほのぼのとした歌声も楽しめます。一度聴いたらクセになり、必ずもう一度聴きたくなる一曲です。

花の子ルンルンの評価・感想・レビュー

花の子ルンルンと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!