閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

さよならくちびる

映画 邦画
さよならくちびる
更新日:

さよならくちびるが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

さよならくちびるを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、さよならくちびるとよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

さよならくちびるの動画配信・レンタル情報

さよならくちびるの人物相関図

さよならくちびるの人物相関図 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

さよならくちびるの作品紹介

さよならくちびるのあらすじ

小松菜奈&門脇麦が最高にエモーショナルなギター・デュオ“ハルレオ”に扮し、実力派シンガーソングライターの秦基博、あいみょんが手がけた音楽を奏でる! 奇跡の音楽映画に、きっとあなたも心震わせる!


カリスマ的な存在・レオと音楽の天才・ハルから成るギター・デュオの“ハルレオ”。ある日突然、ふたりは“ハルレオ”を解散することに決めた。

「ふたりとも本当に解散の決心は変わらないんだな?」。付き人のシマが聞いてもふたりの意志は変わらぬまま。

“ハルレオ”は最後のライブで解散すると宣言し、全国7都市を回るツアーへ向かうことになる。

しかし、三重、大阪、新潟、山形、青森…思い出の詰まったライブハウスを巡るその道中、ハルとレオがそれぞれ隠していた思いが少しずつ明らかになっていく…。

歌詞にしか表せないハルの真実、歌声に乗せるレオの想い、そして、シマの本音とは…? 3人が行きつく先にあるものとは…?

さよならくちびるのクレジット(監督・キャスト)

監督 塩田明彦
CAST 小松菜奈/門脇麦/成田凌
STAFF 【脚本】塩田明彦
上映時間 116分
製作国   日本

さよならくちびるの登場人物・キャスト

  • レオ(小松菜奈) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    レオ(小松菜奈)

    バイト先のクリーニング工場で、上司に叱られふてくされていたところをハルに声をかけられ、ともにギター・デュオ“ハルレオ”を組むことになる。付き人となった元ホストのシマのことが気になるが、シマがハルのことを好きなことに気づいてしまう。

  • ハル(門脇麦) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    ハル(門脇麦)

    レオのことを誘い、自身が作詞作曲を手がけるギター・デュオ“ハルレオ”を組む。レオにギターを教え、音楽を奏でる喜びを教えるが、付き人のシマが加わったことで、レオとの関係をこじらせていく。実は、レオのことが好き。

  • シマ(成田凌) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    シマ(成田凌)

    ハルの音楽のセンスに惚れ込み、自ら“ハルレオ”の付き人になることを申しでた元ホスト。バンドの夢を諦めた過去があり、“ハルレオ”のことを自分のことのように応援している。レオから好意を寄せられるも、自身はハルに片想いしている。

さよならくちびるの見所ポイント

  • 1 小松菜奈&門脇麦の"エモ"すぎる雰囲気に酔いしれる!

    本作でダブル主演を務めた小松菜奈と門脇麦。実はふたりは、前々から共演してみたい相手にお互いの名前を挙げていたようで、そこから『さよならくちびる』の企画はスタートしたといいます。

    唯一無二の存在感を醸し出すふたりの人気女優によるコラボレーションは想像以上! ふたりがかけ合わさることで、それぞれの魅力が何倍にもなる、まさに奇跡を起こしているともいえるでしょう。

    さらに、ふたりが“ハルレオ”としてメロディを奏でる姿は、映像としても、音楽としても、儚く美しく時を忘れて心を奪われてしまいます。”エモい”という曖昧な言葉の代名詞ともいえる、その雰囲気を味わうだけでも一見の価値ありです。

  • 2 思わず口ずさんでしまう…人気アーティストの楽曲がやっぱり最高!

    “ハルレオ”をさらに魅力的にしているのが、シンガーソングライターの秦基博とあいみょんが手がけた挿入歌と主題歌。

    あいみょんが提供した楽曲「たちまち嵐」は、行き先は決まってなくとも、とりあえず前に進み出す“ハルレオ”の旅そのものを表しており、「誰にだって訳がある」は、自分の存在を肯定する、誰もが惹きつけられてしまう楽曲に仕上がっています。

    そして、秦基博が手がけた主題歌の「さよならくちびる」もまた、解散を決意した“ハルレオ”にぴったりの1曲。ギスギスとした関係で終わりを迎えるふたりが「ここにある痛みが愛だと知ったよ」という歌詞を歌う姿には、グッときてしまいます。

  • 3 不器用ながらも自分の居場所を見つけていく3人の人間ドラマ!

    本作の見どころのひとつは、歌でしか思いを伝えられない不器用な人々が繰り広げるリアリティあふれる人間ドラマ。

    ハルは自由奔放でバカになることを厭わないレオに、レオは音楽の才能があり、自分が想いを寄せるシマの想いびとであるハルに、憧れと劣等感が混ざった複雑な感情を抱くようになります。

    ふたりをかき乱してしまったのは、紛れもなく付き人になったシマなのですが、シマがいないと“ハルレオ”が成り立たないのも絶妙なところ。

    言葉で多くは語られませんが、「青春ってこういうものだよなぁ」と妙に納得してしまう3人の葛藤だらけの生き様を、ぜひ劇場で見届けてください!

さよならくちびるの予告・動画

【公式】『さよならくちびる』5.31(金)公開/本予告

さよならくちびるの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:やたおか映画レビュー
    評価: GOOD 投稿日:2019.06.11/15:19

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「歌やシーン作りは良いけど、描ききれていない点が多い映画」という印象です🤨

    まず良かったのは、メインテーマである主演二人の女性デュオ「ハルレオ」の歌ですね😊
    秦基博さんやあいみょんが提供しているということですが、歌詞やメロディは本作に合っていて良かったです😌
    特に秦基博さん提供の「さよならくちびる」は2人の歌声ともマッチしていて、染みるような歌となっていました☺️

    次に良かったのはシーン作りですね😌
    本作に登場する映像は、田舎道や高速道路等、きらびやかさがなく、その中の車中や楽屋で展開する解散前の3人の雰囲気は切なくリアルで、シーン作りを大事にした作品だと思いました☹️
    彼女らの「人」の面が浮き彫りになりやすいシーン作りで非常に良かったです😊
    ライブで魅せる暖かさも目立っていて良かったですね🤨

    他にも、3人の演技の良さからキャラクターの性格や特徴がしっかりとたっている点や小松菜奈が着る服のセンスも良かったです😁
    門脇麦さんは心に重荷を背負い、敏感な感性をもった文化人のような印象を、小松菜奈さんは可愛いくやんちゃで本当の愛を知らない女性の印象を、成田凌さんは誇らしくも辛い経験をたくさん積んだ男という印象が強く、バックストーリーとして印象を与える力はとても凄いと思いました🧐
    嫌悪な関係に見えつつもお互いが想いあっている姿は一番印象に残りましたね😊
    また、小松菜奈の服のセンスはもはや小松菜奈の着こなしが凄いのかもしれないですが、一々関心してました🤣笑

    良くなかったのは、描ききれてないストーリーが多いところですね😖
    ハルはどんな想いでいつこの曲を作ったのか、ハルとレオの間にどれだけのドラマがあったのか、どのタイミングで解散を決意したのか等々、バンドの解散を描く上で必要なストーリーが描ききれていない印象をうけました😅
    限られた時間の中に多くの情報を入れるのは難しいですが、これだと物足りない感は感じましたね🧐
    あえて描いていないということも考えられますが、2人の歴史の「訳」を描けばもっと感動が湧き出た筈でした😣

    【総評】
    総評として、3人のストーリーを感動的な話をとして描く上で、描ききれていないストーリーが多くあることを感じましたが、歌や演技、人物描写やシーン作りは素晴らしく、終わったあとにはいい映画だったと思える作品だと思いました😌
    ストーリーとしては物足りないところもありましたがら、主題歌がとっても良かったのでプラス1点で7点です😌
    静かなシーン重視の映画が好きな方にオススメです😁
    小松菜奈さんが可愛いので、彼女のファンの方にもオススメです!笑
    この映画観た後はきっと、主題歌の「さよならくちびる」を口ずさむことでしょう😎

さよならくちびるが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

さよならくちびると合わせてよく観られている人気の動画配信作品