閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ハウス・ジャック・ビルトの動画を配信しているサービス

映画 洋画
ハウス・ジャック・ビルト
更新日:

ハウス・ジャック・ビルトの動画配信・レンタル情報

ハウス・ジャック・ビルトを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ハウス・ジャック・ビルトとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

アベンジャーズ/エンドゲーム

人類半滅…アベンジャーズ崩壊―最後に残されたのは…最強の絆! マーベル・コミックス作品の実写化劇場版映画『アベンジャーズ』シリーズの第4弾。 今作は、前シリーズ作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最強過ぎる敵サノスによって全宇宙に存在する生命の半分が消滅するという衝撃の結末を受け、その後を描いたシリーズ完結作となっている。 スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ヴィジョンやブラックパンサーなどアベンジャーズのメンバーもどこかへ消え去ってしまった。 また、目の前で仲間を失い、サノスに敗北したアイアンマンも独り宇宙を彷徨うのだった…。 だが、生き残ったアベンジャーズメンバーは諦めない! キャプテン・アメリカを中心にかすかな希望に望みを託し、それぞれの思いを胸に再集結。 お互いを信じ、命がけで最強の敵への逆襲に挑む。 はたして消滅した仲間たちを取り戻す術はあるのだろうか? 今、史上最大の逆襲が始まろうとしている。 そして、アベンジャーズが、ここに終わる…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

トイ・ストーリー

物語はアンディ少年の部屋から始まります。アンディ少年の部屋には多くのおもちゃがありますが…彼が部屋から出ていくと、突然倒れていたおもちゃたちが動き始め、自由におしゃべりを始めるのです。その中でもリーダー的な存在のカウボーイのおもちゃ、ウッディはアンディのお気に入りです。しかし、アンディの誕生日の日、新たにバズ・ライトイヤーがアンディのおもちゃに加わります。アンディはバズを気に入りますが、ウッディはそれが面白くありません。そんな中、バズが窓から落ちてしまうという事件が発生し、他のおもちゃたちは、それがバズを疎ましく思うウッディの仕業なのではないかと疑い始めます。そんなある日、ウッディはアンディに連れられピザ・プラネットへ訪れますが、尾行してきたバズと喧嘩し、アンディとはぐれてしまいます。二人はUFOキャッチャーの中に逃げ込みますが、運悪く「おもちゃ殺し」として有名な近所に住むシド少年に捕まってしまいます。二人がいなくなって落ち込むアンディですが、そんな中アンディ一家の引っ越しの日が迫ってきます。果たして、ウッディとバズは無事にアンディの元へ帰れるのでしょうか!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

洋画

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン、死す―― スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人――彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だが、その力を未だに上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により歪められた時空から集められたのは、スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ。彼らは全く別の次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマン達だった。

配信中の動画配信サービス

ハウス・ジャック・ビルトの作品紹介

ハウス・ジャック・ビルトのあらすじ

1970 年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する・・・。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、 “ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12 年間の軌跡。

ハウス・ジャック・ビルトのクレジット(監督・キャスト)

■監督/脚本:ラース・フォン・トリアー 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『ニンフォマニアック』ほか
■出演:マット・ディロン、ブルーノ・ガンツ、ユマ・サーマン、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス
■配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
■R18+

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

ハウス・ジャック・ビルトのフォトギャラリー

ハウス・ジャック・ビルトの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 3.8 (3件中)
  • 投稿者名:やたおか映画レビュー
    評価: BAD 投稿日:2019.07.28/10:12

    本作は、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や「アンチクライスト」などのラース・フォン・トリアーが監督を務めたスリラー映画です😁
    殺人に明け暮れるシリアルキラーの12年を描く残酷な内容となっていて、R18指定となっているみたいですね😂
    ということで、早速レビューしていきたいと思います😎

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「支離滅裂で観る人を選ぶ難解な作品」という印象です🤔

    まず、良かったところは白黒映像を使った演出ですね😌
    これにより、リアル且つ不気味な空間を作り出せていて良かったと思いました🧐

    良くなかったのはまず、ストーリーですね😅
    今作は特殊な構成で、主人公のこれまでの人生の中で無作為に選んだ5つのストーリーを、紹介形式に繰り広げていくのですが、そのストーリーの中で何が伝えたいのかが全く分からず、支離滅裂でまとまりと抑揚のない展開に途中で観るのをやめたくなるほどでした😂

    主に描かれるのは殺人中毒と芸術ですが、全く共感できず、苦しみました🤣
    恐怖の感情については、殆どが殺人者主観でストーリーが展開する為、あまりなく、気持ち悪さや不気味さだけが残る内容となっていました😰
    恐怖の感覚は殺される側のほうにしか生まれないですもんね🤔
    残酷さによる恐怖はありましたが、逃げ惑う恐怖はありませんでしたね😥

    【総評】
    総評として、白黒映像を使った演出は好印象でしたが、支離滅裂で抑揚がなく、読み取りづらいメッセージ性の乗ったストーリーに、面白くは感じず、観る人を選ぶ奇妙な作品だと思いました😱
    工夫されている作品には思えるので、ただの2点ではなく、意味のわからなさから楽しめなかった2点ですので、理解できる人には楽しめるのかもしれません😥
    ライトな映画ファンには非常にオススメできない作品ですので、お気をつけ下さい😂

  • 投稿者名:しょうちゃん
    評価: GOOD 投稿日:2019.06.20/21:39

    鬼才ラース・フォン・トリアー監督が、
    強迫観念に駆られた連続殺人鬼を主人公にした戦慄の問題作。

    殺人に魅入られた男が語る12年に及ぶ殺人の記録を、
    6章仕立ての構成で衝撃的に描き出す。

    カンヌで上映され賛否両論を巻き起こし、
    100人以上が途中退席にもかかわらず、
    上映終了後はスタンディング・オベーションがわき起こった。
    冒頭に登場するユマ・サーマン演じる高慢な女性がきっかけに、
    ジャックが殺人鬼に目覚めるわけです。
    本作は残虐描写のグロさが問題ではなく、
    鹿狩りになぞらえた子供の殺し方や、
    力ずくで死体をいじるなどの、
    その容赦のない悪趣味な描写がカンヌで途中退席者を続出させた原因だと思われる。
    殺人鬼が描かれているがコメディ要素もあった。
    最初のエピソードでジャックをしつこいくらい侮辱するユマ・サーマンのくだりや、
    2つ目のエピソードで、
    ジャックが血痕が残ってないか気になって何度も現場に戻るくだり。
    ジャック演じるマット・ディロンのシリアル・キラーの怪演もお見事です。
    撮影スタイルが俳優たちに自由に動いてもらうために、
    手持ちカメラを使っているので手ブレがいただけない。
    最後のエピローグで急にファンタジー的な展開になり、
    映像自体は見応えあるが意味が分からない。
    エンドロールの曲は良かった。
    ブルーノ・ガンツは2019年2月15日に大腸がんのために77歳で永眠。
    本作が遺作になりました。

  • 投稿者名:ちゃっきー
    評価: GOOD 投稿日:2019.06.18/22:27

    ラース・フォン・トリアーの映画は観るのに体力がいる映画が多いイメージだけど、ノーカット版でも割とライトに観れたし遊び心満点で楽しかった!

ハウス・ジャック・ビルトが動画配信されているサービスの詳細

ハウス・ジャック・ビルトと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ