閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【決算忠臣蔵】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

決算!忠臣蔵
更新日:

決算!忠臣蔵が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

上映中の映画館を探す

決算!忠臣蔵を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、決算!忠臣蔵とよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

邦画

AKIRA

もう始まっている、もう止まらない…。―――ネオ東京―――。 暴走する鉄雄と、鉄雄を取り戻そうとする金田の戦いが始まった! 2019年のネオ東京。ある夜、金田をリーダーとするバイクの一団のメンバー・鉄雄が負傷した。彼は突如現れた軍用へリでラボに運ばれ、不思議な力に覚醒する。一方、街ではゲリラたちの銃撃戦が始まる中、謎の軍用兵器「アキラ」の覚醒が予言される。

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

ワンピース(ONEPIECE) STAMPEDE(スタンピード)

「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、世界中から海賊たちが群がる、大きな盛り上がりをみせていた。そこには勢揃いした“最悪の世代”キッドやベッジ、ホーキンスにボニー、さらにはバルトロメオ、キャベンディッシュの姿も!全員の目的はただ一つ、万博の目玉「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた!しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようとスモーカーたちによる海軍の潜入捜査までもが動き始めていた―――。時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる!事態の収束を諮る海軍は大将“藤虎”イッショウ、“黄猿”ボルサリーノ、さらには王下七武海“海賊女帝”ハンコック、“世界最強の剣士”ミホークをも召集し、狂乱する海賊と激突!加速する戦乱にはさらに“元王下七武海”クロコダイル、“革命軍参謀総長”サボ、“CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現した!お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥って行く!!(C) 尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

コードギアス 復活のルルーシュ

「ゼロ・レクイエム」により、ルルーシュが命を賭して作りあげた争いのない世界。 「日本」の名前を取り戻したエリア11を含め、世界の人々は超合集国を中心に平和な日々を過ごしていた。 しかしその平和は、突如として崩れ去ってしまった…。 『コードギアス 反逆のルルーシュ』劇場版三部作で起こったゼロ・レクイエムから2年後を描いた谷口悟朗監督による映画『コードギアス 復活のルルーシュ』。 ゼロとして黒の騎士団の首席顧問となった枢木スザクは、超合集国の依頼で軍事力を担当するとともに、世界人道支援機構(WHA)名誉顧問となったナナリーの活動を支援していた。 WHAの活動の一環としてハシュバスの難民キャンプを訪れたスザクとナナリーは、謎のナイトメアフレームに襲われ、それに応戦するも敗退を喫して連れ去られてしまう…。 この事件を発端に、続いていた平和に終止符が打たれ、世界はまた戦いに飲み込まれようとしていた…!

配信中の動画配信サービス

決算!忠臣蔵の動画配信・レンタル情報

決算!忠臣蔵の作品紹介

決算!忠臣蔵のあらすじ

歴史モノとして有名な吉良邸の討ち入り――それが忠臣蔵だ! しかし、2019年11月22日劇場公開の『決算!忠臣蔵』に描かれたのは超お金がかかる現実だった!?

原作は山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』であり、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『チーム・バチスタの栄光』、『ゴールデンスランバー』などを手掛けた中村義洋が監督を務めた。今までの忠臣蔵にはない、予算達成エンターテインメイント作品となっている。

主演の大石内蔵助を堤真一が、勘定方の矢頭長助を岡村隆史が演じるほか、参謀の菅谷半之丞を妻夫木聡、大高源五を濱田岳が演じる。脇を固める竹内結子、石原さとみ、滝藤賢一、板尾創路なども豪華。舞台挨拶では堤真一や岡村隆史ら役者陣の仲のよさも見られた。

時代は元禄14年――。事件は江戸城・松の廊下で起きた。赤穂藩藩主の浅野内匠頭(阿部サダヲ)が、幕府の重鎮である吉良上野介を切りかかったのだ。それにより藩主・浅野は切腹してしまい、残った筆頭家老の大石内蔵助(堤真一)は幼なじみの勘定方・矢頭長助(岡村隆史)と一緒に膨大な残務整理に追われていた。

無念を晴らすために吉良上野介へ仇討をしたくてもとにかく金がかかる…。しかも、討ち入りために使える資金は、現代の通貨にすると、たったの9,500万円しかない。討ち入りを中止するか、予算内で討ち入りをするか…。果たして、大石内蔵助はどう切り抜けるのか――!?

決算!忠臣蔵のクレジット(監督・キャスト)

■原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
■主演:堤真一
■出演:岡村隆史ほか
■監督・脚本:中村義洋
■撮影:相馬大輔
■美術:倉田智子
■照明:佐藤浩太
■録音:藤本賢一
■音楽:高見優
■製作:「決算!忠臣蔵」政策委員会
■製作幹事:松竹株式会社、吉本興業株式会社

決算!忠臣蔵の登場人物・キャスト

  • 大石内蔵助(堤真一)

    赤穂藩の筆頭家老。浅野内匠頭とは主従関係にある。殿の命日に討ち入りをすると決断するものの、予算がないことが目下の悩み。幼なじみで金の管理をまかせている矢頭からは、「銭の勘定ができない」と悪口を言われることもある。

  • 矢頭長助(岡村隆史)

    大石内蔵助の幼なじみ。内蔵助が計算を苦手としているので、勘定方として支えている。内蔵助に対しては本音を言ってしまうこともあり、銭の勘定が討ち入りで重要だと指摘している。内蔵助からは信頼を得ている人物のひとり。

  • 大高源五(濱田岳)

    毒見役。内蔵助に似て、女性が大好き。武士向きではないと考え、茶人になろうとする。しかし、茶人になりたいと思ったことが意外なところで役立つ。

  • 不破数右衛門(横山裕)

    赤穂藩の浪人。浅野内匠頭に「いつか戻ってこい」といわれたことから、討ち入りに合流して赤穂藩側につく。剣術が得意。

  • 菅谷半之丞(妻夫木聡)

    赤穂藩の参謀。口癖は「先生はこうおっしゃっていた」。かけひきが上手ではあるが、やりたいと思う討ち入りの作戦に金がかかる。

  • 堀部安兵衛(荒川良々)

    馬廻役。赤穂浪士として活躍する。周囲からあこがれの対象ではあったが、次第に肩身が狭くなったことから討ち入りを希望する。

  • 瑤泉院(石原さとみ)

    浅野内匠頭の妻。大石内蔵助に期待して討ち入りを待っているひとり。藩の金を預けてしまうほど信頼をおいている。

  • 大石理玖(竹内結子)

    大石内蔵助の妻で、子どもは五人。内蔵助と仲がいい。討ち入り前に離縁する。妾(めかけ)の存在が気に食わない。

  • 大野九郎兵衛(西川きよし)

    浅野家の末席家老。家臣からの信頼も厚い。慎重派でまじめな性格をしている。

  • 浅野内匠頭(阿部サダヲ)

    赤穂藩の藩主。火消訓練をするために家を壊したこともある。

  • 奥野将監(大地康雄)

    浅野家の番頭で、討ち入りに積極的。まとめ役として信頼されている。

  • 吉田忠左衛門(西村まさ彦)

    足軽頭。討ち入りに積極的で、集まった場所では討ち入りのことばかり言っている。

  • 原惣右衛門(木村祐一)

    赤穂藩の足軽頭。江戸に行く道中では、大石内蔵助を困らせてしまうこともある。

  • 間瀬久太夫(寺脇康文)

    赤穂藩の大目付。討ち入りを待っていて信頼されている人物。曲がったことが大嫌いな正義感のある人物。

  • 祐海和尚(桂文珍)

    遠林寺の住職。赤穂藩を再興するためにわたされた金を悪用しようとする。

決算!忠臣蔵の見所ポイント

  • 1 『決算!忠臣蔵』は堤真一・岡村隆史のダブル主演! 赤穂藩の浪士らのキャストも豪華!

    『決算!忠臣蔵』は、大石倉之助役を堤真一さんが演じ、矢頭長介役を岡村隆史さんが演じるというダブル主演で話題になりました。舞台挨拶でも仲のよさを見せていたふたりは、作中でも息の合ったぴったりの演技で楽しくも緊張感ある作品にしています!

    また、赤穂藩の浪士や彼らの家族には、横山裕さん、妻夫木聡さん、石原さとみさん、竹内結子さん、阿部サダヲなど、豪華なキャストが起用されています!

    さらに、メインキャストではありませんが、中村義洋監督の『殿、利息でござる!』に出演していた人気俳優の千葉雄大さんも本作に登場しています。

  • 2 原作は『「忠臣蔵」の決算書』! 中村監督により史実に基づく予算達成エンターテインメイントに!

    『決算!忠臣蔵』の原作は、新潮社から発売されている山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』です。

    こちらは会計帳簿係の大石倉之助が吉良邸の討ち入りのために必要な費用を管理していたことを紹介した本です。その事実をアイデアとして、中村義洋監督により従来にはない予算達成エンターテインメイント作品が誕生しました!

    これまで多くの時代劇になってきた忠臣蔵ですが、「先立つものは金」という新しい視点で描かれている本作。予算のやりくりから見る新しい時代劇は、現代劇にも近く、評価も高くなっています。また、主演のふたりのおかげで、コメディ映画なテイストに仕上がっています!

  • 3 『決算!忠臣蔵』の監督は、『殿、利息でござる!』などを手掛けた中村義洋!

    『決算!忠臣蔵』は、『チーム・バチスタの栄光』、『ゴールデンスランバー』などを手掛けた中村義洋が監督を務めています。前々作に主演・阿部サダヲの『殿、利息でござる!』がありますが、こちらは資金がたまっていくサクセスストーリー。

    一方、本作は資金が減っていくストーリーであり、製作当初は面白いのかどうか不安であったと語っています。しかし、「資金が減っていく」というテーマこそが、本作の魅力である人間味のある作品へとつながっています。また、主演ふたりの活躍により、コメディ要素も強い作品となっています。

    どこか懐かしい忠臣蔵のストーリーに、新しさを感じることができる映画と言えます!

決算!忠臣蔵の予告・動画

決算!忠臣蔵の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.3 (1件中)
  • 投稿者名:北村幸司
    評価: GOOD 投稿日:2019.12.31/12:33

    ネタバレを含むレビューです。

    会計の勉強になった。ただ、討ち入りのシーンがないため、そのような目的では観るべきではない。

決算!忠臣蔵の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

決算!忠臣蔵と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!