閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【なつぞら】の動画配信情報!ドラマ最新話の見逃し配信を見れるのはどこ??無料で視聴する方法はある??

ドラマ 国内ドラマ
提供元:U-NEXT
なつぞら
更新日:

なつぞらが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

なつぞらの動画配信・レンタル情報

なつぞらの動画が配信されているサービス一覧

なつぞらの作品紹介

なつぞらのあらすじ

NHK連続テレビ小説第100作目となる作品で、脚本は『てるてる家族』以来、2回目となる大森寿美男が担当。主演は朝ドラ初出演となる広瀬すずが務め、戦争孤児の少女・奥原なつを演じ、日本アニメ草創期にアニメーターとして成長する姿が描かれている。「戦争孤児」「北海道」「アニメーション」という3つのキーワードで遠大な物語が展開される。

1946年、戦争が終わり、戦災孤児のなつは父の戦友である柴田剛男に連れられ北海道・十勝へやってきた。柴田家は、初期の開拓移民として成功し、牧場を経営していた。なつは剛男の義父泰樹に気に入られ、牛馬の世話など手伝いをする。家族同然に育てられる幸せに暮らすなつだったが、離れ離れになった実の兄妹を思うと胸が張り裂けそうになる。

そんな時は寂しさを紛らわすために、実父が描いた「家族の絵」を頭の中で生きているように動かしていた。ある日、小学校で『ポパイ』のアニメーションが上映され、絵が動くことになつは魅了される。やがて高校生になったなつは、あるきっかけから、「漫画映画」を作る仕事に興味を持ち、上京を決意する。

なつぞらの登場人物・キャスト

  • 奥原なつ(広瀬すず、粟野咲莉(子ども時代))

    本作の主人公。両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男に引き取られ、十勝に移り住む。幼なじみの山田天陽の影響で絵が好きになり、高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。

  • 奥原咲太郎(岡田将生、渡邉蒼(子ども時代))

    歌とタップダンスが大好きな陽気ななつの実兄。両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。「大きくなったら必ず迎えにいく、兄妹3人で暮らそう」となつに誓い、柴田剛男の誘いを断り孤児院に残った。しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となり…。

  • 柴田泰樹(草刈正雄)

    初期の北海道開拓移民にして十勝有数の大牧場柴田家の当主。無口でがんこな性格、普段は他人の言うことに耳を貸そうとはしないが、ひとり娘の富士子の意見にだけは耳を傾ける。つめたい印象があるが、実は情に厚い。過去、お金がないために妻を死なせてしまったことを強く後悔している。甘いものが大好き。

  • 柴田富士子(松嶋菜々子)

    泰樹の実娘で剛男の妻。一男二女の母親で、人情に厚い性格。なつを柴田家に迎え入れるときに「どこにそんな余裕があるのよ」と夫の剛男を責めるが健気に振る舞うなつに心を打たれ、なつの本当の母親になりたいと思うようになる。牛乳やバターを使ったお菓子や料理づくりを得意としている。

  • 柴田剛男(藤木直人)

    柴田家の婿養子。戦友だったなつの父と交わした「どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見る」という約束を果たし、なつを十勝に連れてくる。義理堅く優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭が上がらない。お見合い結婚で、妻のことを「富士子ちゃん」と呼んでいる。農協に勤務している。

  • 柴田照男(清原翔、岡島遼太郎(子ども時代))

    柴田家の長男。祖父の泰樹を尊敬していて、酪農の師匠と仰いでいる。泰樹と同じく口数がすくなく、無愛想。また父の剛男に似て、真面目で責任感の強い男の子。跡取りとして、牛飼いの仕事を仕込まれるが、不器用で、なつにいつも先を越される。

  • 柴田夕見子(福地桃子、荒川梨杏(子ども時代))

    なつと同じ年の柴田家長女。なつに初めはわだかまりを感じるものの、一緒に暮らしていく中で、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていく。頭が良く口が達者。誰に対しても皮肉を言うが、実は思いやりのある優しい娘。牛乳が嫌いで酪農の手伝いも一切しない。なつや下の妹をからかうのが大好き。

  • 山田天陽(吉沢亮、荒井雄斗(子ども時代))

    山田家の次男。農家の仕事が好きで、自らすすんで家業を継いだ。柴田泰樹には気に入られていて、酪農を教えてもらっている。兄陽平と同じく絵を書くことが好きで、農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。

  • 佐々岡信哉(工藤阿須加、三谷麟太郎(子ども時代))

    なつの幼なじみ。戦争で家族を失い、なつたちと行動をともにしていたが、生き別れてしまう。その後、咲太郎が孤児院を出て行方不明になってから、なつや咲太郎の行方をずっと探していた。咲太郎のいた孤児院へ届いたなつの手紙を手がかりに、信哉はなつとの再会を果たす。

  • 奥原千遥(田中乃愛)

    奥原家の次女。母が空襲で亡くなった後、千遥だけは孤児院へは入らず親戚の家に引き取られる。親戚が引っ越したので、今は居所がわからない。

  • 小畑雪次郎(山田裕貴、吉成翔太郎(子ども時代))

    菓子屋「雪月」の長男。なつと同じ十勝農業高校出身で親友。演劇に詳しく、高校時代は演劇部に所属。雪月を継ぐことを受け入れているが、演劇の世界に憧れている。高校卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。

  • 山田陽平(山田裕貴、吉成翔太郎(子ども時代))

    山田家の長男。絵が得意で、東京の美術大学へ進学する。貧しい農家の長男でありながらも一家の期待を背負い上京、奨学金を得て芸術大学で学ぶ。兄を探しに東京に出てきたなつに、漫画映画の世界を紹介する。美大卒業後、アニメーション制作会社へ就職する。

  • 岸川亜矢美(山口智子)

    伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」の人気ダンサーとして人気を博す。引退後は新宿の路地裏に、おでん店「風車」を開き、女将として店を切り盛りする。店は流行ってはいないが、豪傑で明るい人柄にひかれ、多くの常連客が店を訪れる

  • 前島光子(比嘉愛未)

    新宿に戦前からある洋食屋「川村屋」の二代目女店主。周りから「マダム」と呼ばれ、神秘的な雰囲気が漂いう美女。新宿の大物とのつながりもある。芸術への見識が深く、才能ある若者たちの応援もしている。とある縁で、上京したなつの世話をすることになる。

  • 仲努(井浦新)

    日本初のアニメーション制作会社「東洋動画」のメインアニメーターをつとめる。日本初の長編アニメーションの作画監督として活躍。穏やかな物腰で人望が厚く、かわいいキャラクターデザイン、繊細な表現を得意とし、みんなから師と仰がれる。

  • 大沢麻子(貫地谷しほり)

    「東洋動画」のサブアニメーター。美大出身でセンスが抜群なため、就職してすぐにアニメーターとして活躍する。アニメへの情熱が強く感情的になるため、周りから煙たがられている。誰に対しても物おじしない性格から、社内で孤立することも。

  • 倉田隆一(柄本佑)

    十勝農業校の教師で、演劇部の顧問をつとめる。自ら脚本も書く、演劇にものすごい情熱を注ぐ熱い男。理屈っぽい難しい発言が多く、なつを悩ませることもしばしばだが、その言葉がなつの問題解決のヒントとなる。農業高校の学生には女性が少ないため、女優不足にいつも頭を抱えている。

  • 山田正治(戸次重幸)

    山田家の主。戦後の開拓民として遅れて北海道へやってきたため、耕作に向く土地が残っていなかった。畑を耕しても思ったように作物ができないので、生計のために郵便配達の仕事をする。その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。

  • 小畑雪之助(安田顕)

    帯広の和菓子屋「雪月」の店主。母親と妻との3人で店を切り盛りしている。砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。若いころに東京で修行をしていた。新しいもの好きで次々とおいしいお菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。

  • 戸村菊介(音尾琢真)

    柴田牧場の従業員。父の戸村悠吉とともに古くから柴田牧場で働いている。柴田家とは家族同然の付き合い。スキーが得意で、青年団のスキー大会で優勝の経験がある。のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に貢献する。

  • 野上健也(近藤芳正)

    新宿「川村屋」の接客係。川村屋がパン屋だったころから働く店一番の古株。振る舞いは紳士的だが、人と目を合わそうとしない冷たい印象の中年男性。店で大声を出すと激怒する。彼の言葉には常に皮肉とユーモアがあり、いつもニヤニヤと不吉な笑みを浮かべている。

なつぞらの見所ポイント

  • 1 「朝ドラ女優」の同窓会!? 『なつぞら』キャストが豪華!!

    今作『なつぞら』はNHK朝の連続小説の記念すべき100作目にあたります。それを記念してか、今作には歴代の朝ドラ女優が多数出演されています。

    『おしん』の小林綾子、『純ちゃんの応援歌』の山口智子、『ひまわり』の松嶋菜々子。さらには『どんと晴れ』比嘉愛未、『ちりとてちん』貫地谷しほりと、今作が何だったか忘れてしまうくらい、過去の朝ドラ主演女優が多数登場します。超豪華な歴代「朝ドラ女優」が絡み合うシーンがみられるのも『なつぞら』の見どころのひとつです。

    もしかしたら、今後さらなる「朝ドラ女優」の出演も期待できるかもしれません。最後まで楽しみにして観てみてください!

  • 2 朝ドラ『なつぞら』の主題歌は作品のイメージにピッタリ!

    今作『なつぞら』の主題歌を担当したのは人気ロックバンド「スピッツ」です。彼らが歌う『優しいあの子』は2016年以来の通算42枚目のシングルとなります。どこか懐かしいメロディがすんなり耳に入っていく『優しいあの子』は、今作『なつぞら』の舞台のひとつ北海道の壮大な自然を思い出させ、主人公なつや、登場人物の温かく、優しい雰囲気のイメージにぴったりだと思います。

    今作の主題歌を担当するというオファーが届いた後、スピッツのボーカル草野マサムネは物語の舞台のひとつ北海道・十勝を訪れたようで、そのなかで、曲のイメージを膨らませていったのでしょう。主題歌を聴きながら、登場人物を思い浮かべてみてください。

  • 3 キャストに注目! 朝ドラ『なつぞら』に北海道の人気者が出演

    今作『なつぞら』の北海道編には、北海道民なら知らない人がいない大人気演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーが出演しています。TEAM NACSとは北海道学園大学演劇部出身の5人からなる演劇ユニットで「朝ドラ」出演経験もある大泉洋も所属していることで有名です。

    今作『なつぞら』には山田正治役に戸次重幸、小畑雪之助役に安田顕、柴田牧場の従業員・戸村菊介役に音尾琢真が出演しています。北海道が舞台のひとつということで、そのような”粋な”キャスティングがなされたと思います。

    今後、もしかしたら、残りのふたりも出演するかもしれませんね。注目して観てみてください!

なつぞらの評価・感想・レビュー

なつぞらの動画が配信されているサービスの詳細

定額見放題

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 2,189円 (税込)
31日間無料
作品数 1,115本 (内定額見放題:1,002本)
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTで配信中のおすすめ作品

レンタル

音楽以外にも映画、書籍も楽しめる!

月額料金 1,958円(税込)
30日間無料
作品数 1,927本
機能 クロームキャスト対応で簡単にTV視聴ができる! ダウンロード機能も搭載!!
こんな方に 映画、音楽、漫画、書籍などエンタメを総合的に楽しみたいかた

music.jpで配信中のおすすめ作品

レンタル

新作を中心に見るならコレ!業界最大級・22万本以上を配信!

月額料金 550円(税込)〜
入会月無料
作品数 1,953本 (内定額見放題:383本)
機能 年代や製作国、ジャンルで調べられる細かい作品検索が魅力
こんな方に 他の動画配信サービスで見たい作品が見つからなかった方

ビデオマーケットで配信中のおすすめ作品

なつぞらと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス