閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【ジェミニマン】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ジェミニマン
更新日:

ジェミニマンの動画配信・レンタル情報

ジェミニマンを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ジェミニマンとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

ワイルド・スピード スーパーコンボ

ロサンゼルスで娘と暮らす元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る元MI6エージェントのデッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる男・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。 ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

洋画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

1954年に日本で誕生して以来、30作以上にわたって製作され、2014年に公開したハリウッド版ゴジラ『GODZILLA ゴジラ』では、全世界興行収入530億を突破するという大ヒットを記録した人気シリーズが5年ぶりに復活!全世界から愛され続けた日本映画史上に誇る唯一無二のキャラクター“ゴジラ”が、生誕65周年となる今年、再び世界を蹂躙する…! 物語の舞台は、前作『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界。モスラ、ラドン、キングギドラなど神話時代の怪獣たちが復活したことで、世界は破滅への道を辿っていた。未確認生物特務機関・モナーク(MONARCH)は、人類の危機を救うために立ち上がるが、想像を超えたモンスターたちの脅威に圧倒されてしまう…。果たして、怪獣たちの戦いを制するのはどのモンスターなのか? そして、世界が行きつく運命とは…? 

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

ジュマンジ

いじめられっ子のアランが、ある日ふとしたことから土の中に埋もれていた木箱を見つける。箱には"JUMANJI"という文字が刻まれ、中にはすごろくのゲームが収められていた。"JUMANJI" - ゲーム盤での出来事が現実にも起きてしまうこの世で最も危険なゲーム。そうとは知らず、帰宅したアランはガールフレンドのサラと早速ゲームを始めてしまう・・・。

配信中の動画配信サービス

ジェミニマンが動画配信されているサービスの詳細

ジェミニマンの作品紹介

ジェミニマンのあらすじ

ウィル・スミス演じる伝説的暗殺者ヘンリーは、政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せないと評される最強のターゲットをヘンリーが追い詰めたとき、襲撃者の正体が秘密裏に作られた“若い自分自身”のクローンだという衝撃の事実を知り、政府を巻き込む巨大な陰謀に巻き込まれていく。

ジェミニマンのクレジット(監督・キャスト)

■監督:アン・リー(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
■製作:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
■出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン

© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ジェミニマンの予告・動画

ジェミニマンのフォトギャラリー

ジェミニマンの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.6 (3件中)
  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.28/05:36

    『ジェミニマン』
    最新のアクションと"繋ぎのストーリー"は良かった!アクションを観せる映画だから不自然では無い程度のストーリーで良いんです。
    組織や陰謀面では退屈感あったけど、主要キャラ2名のドラマ性は理にかなってるし良かったと思う♪

    しかしねぇ、本作の売りである『若返りCG』に違和感、、、、


    【主人公の設定】
    新幹線でのスナイパーシーンはカッコ良かったですね♪冒頭のあのシーンで主人公がエリートである事が分かる。

    ●仕事と家庭の両立は不可能?
    ・現実でも良くある"仕事に生きる人物は家庭が疎か"パターン!が出ましたね。
    台詞でもあったように『家庭を持たなかったことを後悔』している主人公。
    その他、ジュニアが自分自身だからこそ、そこに人生の"やり直し"を投影している主人公。
    またそれは息子に対する父親としての感情でもあって『家庭を持たな〜』にも繋がる設定。


    【ジュニアの設定】
    ・クローンである事実から個人としての存在を証明したい訳です。
    それに必要な事が"育ての父との対峙"
    これまで従っていた父親に反発する姿は思春期のアイデンティティを思わせるし、クローンであるキャラにはベストな設定だと思います♪


    【ストーリーについて】
    そんな2人が交わります。肉体的には若者であるジュニアが勝る。しかし暗闇を利用した洞窟(遺跡?)作戦では、主人公に完敗。
    ここでは経験豊富な熟練者が勝った訳です。
    この見せ方、上手いですよね♪

    またラストで育ての父を撃たせなかった!それもこれまで積み上げてきた主人公の"自分の人生のやり直し"と"父親として"にも繋がる展開。

    そういう視点で観ても、ジュニアが学生になったラストは両者にとってハッピーエンドだったと思う。


    【アクションシーン】
    素晴らしい!特にお気に入りがこの3点!
    ①宿泊先からの逃走劇
    ②バイクでの逃走劇
    ③3人目のウィルスミス登場

    特に②は最高でした♪またテンポを崩さない①から②への切り替えの繋ぎ方が上手いですよね!壁を挟んだ銃撃戦と、追いかけっこのカーチェイス。アクション映画で良く使われる形を最新の技術で観せてくれました♪
    (ここで言う"技術"とはアクションの技術。CGなど映像的な事では無い)

    ③では3人目のウィルが登場と同時にビルを降り主人公達の建物まで移動する姿を追いかけるカメラ。カンフーっぽいアクションもカッコ良かった!火も良い演出していましたね(^^)


    【若いウィルスミスに違和感】
    ・初めて予告編を観た時にはなるほど!と思いました♪近年、驚かされた『若返りCG』をメインに使った映画が出てきたか!とワクワクさせられた訳です。

    ●予想とは違った。
    ・確かに若いウィルの再現は素晴らしい!でも10年後にも通用する映像でしょうか?
    当時CGキャラの表情がリアル!だと話題になった2001年『アイロボット』は今ではアニメ以下のクオリティでしか無い。


    ●予想していた事
    ・『シビルウォー』でトニーが若返る映像があったでしょ?あれは度肝を抜かれました!
    そしてその技術は『キャプテンマーベル』で作品全体を通して扱われました。
    サミュエルLジャクソンは舞台となる90年代(約25年前)の姿に若返っていました!
    90年代の映画『パルプフィクション』当時の彼がスクリーンに再現された訳です。
    それが本作ではウィルスミス版で観られると思っていたけど違いました。


    ●『SNOW』では無く『ZEPETO』
    ・MCUのように本人が演じて、後から顔を加工して(シワを消したり)若返らせる訳では無い。
    本人が演じた表情の情報をCGキャラに反映させるモーションキャプチャーが使用されている。

    なので映画に出てくる若返ったウィルは『本人の加工』では無く『本人の若い頃のアニメ』になっている。


    ●結果
    ・ゴラムやサノスは実在しないキャラなので人間の表情が用いられたモーションキャプチャーでリアルだと感じる。
    しかし本作のウィルは『ローグワン』のターキン総督の様に静止画としては良いけど、動く映像だと表情にどこか人間では無いデジタル的な動きを感じてしまう。


    【まとめ】
    最大の売りである若いウィルスミス!
    なぜ、モーションキャプチャーを使ったの?

    MCUのようなシワ消し加工の方がお金かかるんでしょうかね?
    人間の視覚、頭脳は本当に凄いですよね!
    だって本作の若いウィルスミス、かなりリアルでしたよね?最新技術らしいです!
    だけど、それが偽物だと脳が判断をする。
    更に10年後、どのような映像が『最新技術』だとアピールされるのか楽しみです♪

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.27/21:52

    本作は、若いころの自身のクローンに命を狙われる暗殺者が陰謀に巻き込まれる、ウィル・スミス主演のアクション映画です😌
    クローンにより同じ人物が二人登場しますが、現在の主人公、若い主人公どちらも最新のデジタル技術によってスミスの外見を若返らせているみたいですね😳
    凄い!笑
    レビューサイトロッテントマトによれば、269件の評論のうち、高く評価しているのは25%にあたる68件にとどまっており、平均して10点満点中4.65点とあまり高くないようです😂
    あまり期待しないほうがいいのかも?🤔
    ということで、早速レビューしていきたいと思います😁

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「映像は凄いけど、ストーリーに特徴のない映画」という印象です😅

    まず良かったところはハイクオリティな映像ですね😁
    最新の映像技術によって若く見せるウィル・スミスは、まさに「本物にしか見えない」レベルで、非常に感動しました😂笑

    格闘シーンなど、同じ人物が戦うという難しい場面がある中で、この構想の映像化を可能とさせる技術は凄いと思いますよね!!
    顔もアップで映したりしてますからね!!🤨

    次に、ウィルスミスの演技とアクションですね😎
    年の功備えたヘンリーというキャラクターと、心に若さのあるヘンリーというキャラクターの2面を、表情や喋り方によって上手く演じられていました😌

    また、彼の動きにキレやパワーのあるアクションは面白く、「さすが」といった印象ですね😊

    良くなかったのは、特徴のないストーリーです😂
    予告動画では、「若い自分が、襲ってくる!」といった内容で、実際に観ると確かにそうなのですが、予告からでも概ね予想できるような驚きのない展開なんですよね😭
    つまらなくなるようなことはないんですけどね🧐

    そこで一番足りないと思ったのはテーマの扱い方です🤔
    「クローン人間」
    これに対して、皆さんはなんとなく思うことがありますよね🤔

    様々な作品を観てきた方なら、尚その倫理的危険さがあるとご存知だと思いますが、その部分の描き方にインパクトや感情をのせた演出がない為、我々が知ってることをただ普通になぞっているようなものに感じてしまうんですね😅

    ヘンリーが育った人生のプレイバッグによってトラウマを描くことや、ジュニア(若いヘンリー)へ重点的に視点を置く、また、クローンを増産している情景や人権を無視する悪のトップの姿を濃く描くなど、巨悪な陰謀をインパクト重視で映画化することで、テーマに説得力が増すのではないかと思いましたね😂

    それに加えてどんでん返しのような驚きの展開があるとなおストーリーに厚みがでるんですけどね🤮
    勿体ないです!!😱

    次に、キャラクターの存在感や個性のなさですね😅
    今作では、ヘンリーとジュニア以外の人物は、説明や補助など、登場人物は多い割に役割を淡々とこなして消えていくだけでしたので、安っぽく感じてしまいました😣

    悪役はもっと頭のキレる行動や残虐性をみへるべきですし、他にテーマへの言及や、ヘンリーとの強い友情的な協力演出など、キャラクターに対する存在感を持たせて大事にした方が良かったのではないかと思います🤔

    「ヘンリーとジュニア」のみをくっきり描きたかったのかもしれませんが、それならもっとくっきり描くべきで、登場人物の存在は中途半端な気がしますね😭

    【総評】
    総評として、「ハイクオリティな映像」や「ウィル・スミスの演技とアクション」は素晴らしかったですが、「テーマへの言及の弱さ等による特徴のないストーリー」や「キャラクターの存在感や個性のなさ」は悪印象で、良いところは十分あるものの、ウィル・スミス頼りの勿体ない作品だと思いました😂

    決して、「つまらない」「観る価値なし」とは思わないですし、若きウィル・スミスのハイクオリティな映像は観る価値があると思いますので、6点です!!ウィル・スミスパワーで加点しました😂笑

    ただ、他に観たい作品があればそちらを優先したほうが良いような気もしますので、ご参考までに作品をお選びくださいね😌

  • 投稿者名:好きなものに好きと言いたい人
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.26/15:47

    めっちゃよかったです。ウィルスミスのための映画。

ジェミニマンと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ