閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ジョーカー(2019)の評価・感想・レビュー

更新日:

ジョーカー(2019)

提供元:amazon
ジョーカー(2019)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.8 (85件中)
  • 投稿者名:Alii
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.09/23:20

    日頃の行い気をつけて…

  • 投稿者名:ぞんぞん
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.09/13:51

    狂気、狂気、狂気
    凄い映画を観てしまった
    精神が不安定な時に観てはいけない

  • 投稿者名:ファン
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.08/20:08

    人を作るのは周りの人や環境であって、アーサーは周りの環境によってジョーカーへと作り上げられてしまった。ホアキンフェニックスはアーサーという一市民からジョーカーに変わった時の狂気さを見事に演じていた。あのギャップを出せるのは彼しかいないと思う。
    見て損はない作品だと思います!

  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.08/11:18

    不平等社会から産まれた悲しきピエロ🤡

  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.08/11:15

    ホントこの世界は狂ってやがる

  • 投稿者名:ファン
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.07/22:32

    アーサーがジョーカーに変わった時の狂気さを完璧にホアキンフェニックスは演じていた。観て損はない作品。

  • 投稿者名:りんころこる👻
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.07/21:39

    私はジョーカー🤡です。

  • 投稿者名:ひかりびっと
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.07/18:21

    爪先から頭の天辺まで狂気に満ちた作品。

  • 投稿者名:あさぎぬす
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.06/23:12

    色彩の鮮やかさにやられる。終始美しい。

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.06/21:00

    本作は、「ビューティフル・デイ」等のホアキン・フェニックスが、DCコミックスの「バットマン 」で知られる悪役ジョーカーを演じ、大道芸人だった男が、さまざまな要因から巨悪に変貌する姿を描いたドラマです😌
    監督は「ハングオーバーシリーズ」等のトッド・フィリップスがメガホンを取り、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロらが共演しているみたいですね😁
    また、第79回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、DCコミックスの映画化作品としては史上初めて、最高賞の金獅子賞を受賞するという快挙を残したそうですよ😂
    レビュー評価も高いようです😊
    ということで、早速レビューしていきたいと思います🤡

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「ジョーカーの悪の根元と社会の闇をホアキン・フェニッスの絶大な表現力によって生み出した作品」という印象です😌

    まず良かったところは、「ジョーカー」の誕生ストーリーの描き方ですね🤔
    彼は何故悪に染まったのか。

    様々な問題を抱える社会と各々の人間、数ある人間の集団の中で、精神病に苦しみつつも、人々を笑顔にさせる為に孤独ながら必死に生きる優しき1人の男が、闇深き社会「少しずつ少しずつ壊されていく様は、まるで心の壊れる音が聞こえるかのように酷烈に堕ちていき、それは鳥肌が立つほどでした😣

    悪に染まったのは「自分のせいか、それとも社会のせいか」
    なるべくしてなってしまった彼の人生には、複雑ながら感情が飲み込まれます😣
    普通に起こりうる惨劇に強く感情移入させられる方は多いはずです😖

    次にそれを表現する演技ですね!!ホアキン・フェニックスの演技は想像を超えていました。。
    ジョーカーの特徴である笑いや独特な走り方を筆頭に、変わりゆく心情と切なさや残酷さをきめ細かい表情と抑揚のある喋りで、完全に「ジョーカー」になりきっていましたね😖
    また、彼は役作りとして体重を24キロ減量したらしく、骨と皮だけになるまで身を削った彼には圧巻の一言です😭

    そして、それを映すカメラワークや映像表現によるシーン作りが素晴らしかったです🥺
    社会の闇により堕ちていく男を、奥行きのある路地や廊下で映したり、後ろ姿で追うように映したり、下から這うように移したりと、彼の孤独さや動揺等の揺れ動く心情の表現で、「残酷な悲劇=喜劇」として芸術的に魅せる映像演出は強く印象に残りましたね😭
    ゴッサムシティの混沌さも強く印象に残りました😱

    【総評】
    総評として、「ジョーカー」の誕生ストーリーの描き方、ホアキン・フェニックスの絶大な表現力を活かした演技、「残酷な悲劇=喜劇」として芸術的にに映すカメラワークと映像表現、いずれも素晴らしく、悪に堕ちた男に強く心酔させられるヴィラン映画の傑作だと思いました😱

    映画が始まってタイトルコールまでの数分のシーンでこの作品に飲み込まれ、1秒たりとも目が離せなくなりました😂
    映像によるシーン作りとホアキン・フェニックスのマッチがやばすぎますね😂

    ジョーカーを知らない方でも楽しめるので是非観てみて下さい😊
    一応知識として、「バットマンのヴィランであること」「ブルース・ウェイン=バットマン であること」「ウェイン家はゴッサムシティの資産家であること」これらを知っておけば、より分かりますね😌

    ただ、内容が重いので重めの作品が苦手な方はご注意下さい😌
    ということで、気になる方は是非!オススメです🤨

ジョーカー(2019)の詳細に戻る
ページトップ