閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ファーストラヴ(2021年・映画)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ファーストラヴ(2021年・映画)
上映中の映画館を探す

ファーストラヴ(2021年・映画)を配信中の動画配信サービス一覧

ファーストラヴ(2021年・映画)の動画が配信されているサービス

ファーストラヴ(2021年・映画)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ファーストラヴ(2021年・映画)の作品紹介

ファーストラヴ(2021年・映画)のあらすじ

『ファーストラヴ』は島本理生が執筆した、同名小説を原作とするミステリー映画だ。過去にはテレビドラマ化もされた人気作であり、これまでにない形で「初恋」を描いたスト-リーが展開する。

今作の主演を務めたのは、『約束のネバーランド』での演技が記憶に新しい北川景子。相棒となる弁護士役は、中村倫也が演じている。また、ミステリアスな殺人犯である女子大生役を芳根京子が務め、ほかでは見られない怪演を披露した。

とある美術大学にて、画家である聖山那雄人(板尾創路)の死体が発見される。犯人は那雄人の実の娘・聖山環菜(芳根京子)であった。しかし警察にも環菜の動機がわからず、マスコミは女子大生の殺人犯として大きく報道した。

環菜の弁護士を務めるのは、知名度の高い庵野迦葉(中村倫也)だったが、情緒不安定な環菜に手を焼いていた。ときを同じくして、迦葉の同級生であり、臨床心理士の真壁由紀(北川景子)が環菜の取材をはじめる。ふたりは環菜の過去を調べていき、犯行の動機を探ろうとするのだった。

ファーストラヴ(2021年・映画)のクレジット(監督・キャスト)

北川景子(真壁由紀役)
中村倫也(庵野迦葉役)
芳根京子(聖山環菜役)
板尾創路(聖山那雄人役)
石田法嗣(小泉裕二役)
清原翔 (賀川洋一役)
高岡早紀(早苗役)
木村佳乃(聖山昭菜役)
窪塚洋介(真壁我聞役)


監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:『ファーストラヴ』製作委員会
制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド

ファーストラヴ(2021年・映画)の登場人物・キャスト

  • 真壁由紀(北川景子)

    世間的な知名度も高い臨床心理士。ラジオへ出演したり、本を出版したりするなど、本業以外の仕事もしている。環菜を取材し、動機を明らかにしようとするが、想像以上の闇に直面した。迦葉とは大学時代の同級生であり、義理の兄弟でもある。

  • 庵野迦葉(中村倫也)

    由紀の知り合いで、人気の高い弁護士。国選弁護人として環菜の弁護を担当する。何度か環菜と面会をおこなっているが、手掛かりはつかめていない。同級生だった由紀が、義兄弟である我聞と結婚したため、親戚同士となった。

  • 聖山環菜(芳根京子)

    父親を殺害した女子大生。美人であることを理由に、マスコミにも注目される。自身がなぜ父親を殺したのか理解しておらず、動機を探している。嘘をつくことも多く、関係者の証言と一致しないことも多々ある。左手首にリストカットの傷があるが、母には「怪我をした」と嘘をついていた。

  • 真壁我聞(窪塚洋介)

    由紀の夫。得意料理はポトフで、由紀にふるまっている。迦葉とは血のつながりはないが、同じ母に育てられた兄弟である。

  • 聖山那雄人(板尾創路)

    娘の環菜に殺害された画家。名の売れた画家で、環菜がアナウンサーになることに反対していた。

  • 聖山昭菜(木村佳乃)

    環菜の母。環菜の腕にあるリストカットの傷を、「ニワトリに襲われた傷」だと思い込んでいる。

  • 小泉裕二(石田法嗣)

    幼い環菜を助けたコンビニ店員。環菜が初めて好きになった人でもある。

  • 賀川洋一(清原翔)

    環菜と付き合っていた男。自身の発言が週刊誌に取り上げられてしまう。

ファーストラヴ(2021年・映画)の見所ポイント

  • 1 『ファーストラヴ』は、犯人の動機を探すミステリー映画!

    通常のミステリー映画は、「犯人は誰か?」がテーマとなることが多くあります。しかし今作では犯人が最初から判明しており、観客の裏をかくような「真犯人」なども登場しません。

    今作における謎は、犯人の動機です。映画序盤では、犯人自身も動機がわかっていません。主人公たちが犯人の過去を探っていくうちに、「なぜ父親を殺害したのか」が明らかになります。

    ミステリー部分を「動機」に集約することで、キャラクターたちの心情に深く切り込んでいます。

  • 2 『ファーストラヴ』のラストは、ネタバレ厳禁! 心を揺さぶる犯人の動機とは?

    犯人である女子大生・環菜は取り調べを重ねていくうちに、情緒不安定に陥ってしまいます。彼女の手首にはリストカットの傷があり、犯行前から精神を病んでいたことが示唆されました。

    主人公たちは犯行の動機を解き明かしていくのですが、持っているヒントは環菜と周囲の人間の証言だけです。その証言でさえ、環菜本人と関係者とで食い違い、どこに真実があるのかわからなくなっていきます。

    そんななかで、唯一環菜をゆさぶるキーワードが「初恋」です。タイトルに回帰するような怒涛の展開は、ほかのミステリー作品以上の驚きに満ちています。

  • 3 『ファーストラヴ』は、犯人役キャストの芳根京子に注目!

    主人公を演じた北川景子、中村倫也をはじめ、数多くの俳優が出演している作品ですが、異彩を放っていたのは犯人役の芳根京子です。

    彼女は朝ドラヒロインを演じた経験もある女優ですが、今作では世間から「サイコパス」と揶揄される犯人を演じました。犯人が持つ不安定な部分も演技に取り入れ、ゾッとするような目つきがインパクトを与えます。

    映画後半では、衝動的な面の裏に潜んでいる「繊細さ」も表現し、スト-リーに説得力が生まれています。

ファーストラヴ(2021年・映画)の予告・動画

ファーストラヴ(2021年・映画)の評価・感想・レビュー

ファーストラヴ(2021年・映画)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!