閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

屍人荘の殺人の評価・感想・レビュー

更新日:

屍人荘の殺人

提供元:FOD
屍人荘の殺人
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 3.2 (7件中)
  • 投稿者名:奥村真生
    評価: GOOD 投稿日:2020.06.22/23:05

    ホラータッチだと思っていなかったので展開に驚いた。

  • 投稿者名:31
    評価: GOOD 投稿日:2020.03.03/19:29

    思い描いたものと少し違いましたが、これはこれで楽しめました👌🏻所々違和感有り

  • 投稿者名:う
    評価: GOOD 投稿日:2020.02.12/23:33

    嫌いじゃない💁🏼‍♀️

  • 投稿者名:もなみ
    評価: BAD 投稿日:2020.01.26/01:53

    トリックはよく練られており謎解きシーンの種明かしの爽快感が良い
    内容としては広告詐欺も良いところ
    ポスターのみのイメージで映画をみた私は置いてけぼりをくらわされました
    ミステリー映画だと思い込んでみに行くと困惑と肩透かしが待っています

  • 投稿者名:ふるふる
    評価: GOOD 投稿日:2020.01.02/18:12

    ネタバレを含むレビューです。

    想像してたのとは違った感じのミステリーだった。


    いきなりゾンビにみんななったけど、それを実行したグループ等は謎のまま。。

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: BAD 投稿日:2019.12.31/12:04

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「魅せたいものが見えてこない駄作ミステリー映画」と言う印象です😭

    まず良かったところは、、、と言いたいところですが、何も見当たりませんでした😅
    少し良かったのは最初の10分くらいですね😅

    良くなかったのは「ストーリー」ですね😂
    様々な要素が組み込まれていますが、何が魅せたいのか全く分からないんです🤔
    ミステリーなのか、ホラーなのか、コメディなのか、ラブなのか。
    全てが中途半端で、まとまりがなく最悪でした。。笑
    「本格ミステリ大賞」の小説を原作にしているはずなのでは??
    まるで本格ミステリーではありません😭

    予告にはなかった要素は絶対必要ないですし、離脱が早すぎる重要キャラクターがいますし、消化不良の点が大きすぎますし、犯人の犯行も違和感ありますし。。。

    湖畔のペンションという密閉された空間に対しての展開も弱く、ミステリーも大した驚きはありません😂
    何を見せられたんだろうか、、と不思議な感覚になってしまいましたね。笑
    ラストには苛立ちが隠せませんでした🤣

    次に「キャラクター性と演技」ですね😓
    浜辺美波さんのキャラクター性はブレが大きすぎており、その上演技として滑舌が悪く、表情も作り物感が強くワンパターンで、キマるところでキマらない印象が強く残念でした😭

    他に登場するキャラクターも特別な個性は感じられず、非常に物足りなさを感じましたね😂
    場所に変化がないストーリーなので、この部分に魅力がないのは結構キツイです😅

    【総評】
    総評として、「ストーリー」と「キャラクター性と演技」は悪印象で、予告から期待はしていませんでしたが、それを下回る完成度の作品だと思いました😂
    ただ、もっと工夫を感じない作品や面白くない作品はあると思いますので、2点にしておきます😂
    興味を持たれた方は是非🤩

  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: GOOD 投稿日:2019.12.29/23:25

    『屍人荘の殺人』
    面白い!好き!映画においてキャラ作りが如何に大事か再確認させられる映画!


    【好きな食べ物は何ですか?】
    ・初対面で相手を知ろうとする時の質問は何パターンかに絞られる。その中の1つにコレがありますよね♪

    ●明智さん(神木君の先輩探偵)・・ナポリタン
    ●剣崎さん(ヒロイン)・・冷やしうどん

    本作に登場する2人のキャラの好きな食べ物はこの通り♪

    明智さんがナポリタンを食べているシーンは2回!たった2回で"何度も観てきた"ように感じる。他にも口癖や仕草などギャグとしても機能している特徴を何度か繰り返す事でキャラの特徴を観客に掴ませる。

    明智さんの登場は前半のみ。なのにインパクトが大きいし、少なくてもおれは本作で1番好きなキャラクターでした♪


    【ヒロインのキャラ】
    ・明智さんは少し的外れた推理をするキャラでした!それを示すエピソード内に『ヒロインが寒いのに冷やしうどんを注文した』話がある。

    後にヒロインの携帯にSNS用のうどんの写メが見つかる。明智さんのキャラ紹介内でヒロインのキャラを示す為の布石を置いている訳で、この重ね方は上手いですよねぇ(^^)

    こういう女の子、いますよね!笑
    ちょっとズレてるというか、自分のキャラを2次元のキャラに寄せている人!笑
    憧れがアニメのキャラなんでしょうね♪


    【2つのオタク要素】
    ●推理モノ
    ●ゾンビ モノ

    ・今の時代、新しいジャンルを生み出す事は難しい!なので他との違いを出す為には、既存の物をいくつか組み合わせる事が主流ですよね♪

    例えば『ハリーポッター』も英国の神話と学園モノを組み合わせた事で大ヒットし新しいジャンルとして確立!

    本作の場合はまさかのゾンビ登場!笑
    これは予告編では無かったので驚きでした!
    本作は、コアなファン、オタクの多い2つの要素を組み合わせている!これが斬新で面白かったです(^^)


    【2つの要素を組み合わせた事例】
    ・それぞれの良い点がきちんと出てる!お互いに消しあっていない。

    ●ゾンビの知識
    ・噛まれたらゾンビ化
    ・ゾンビは理性が無い

    ●推理モノのお決まりパターン
    ・大広間に集まり、皆で情報の共有。分かっている事の整理、現段階での推理。


    ・ゾンビの知識は誰でも持ってるので、説明は不要!だけど映画だし、いちお説明してくれる。その説明の仕方が『推理モノ』なんですよ♪ちゃんと2つの要素を活かしている!

    推理モノなので殺人事件が起きる!もちろん犯人は誰?て展開。
    容疑者の中には明らかに怪しい人や気性が荒くて殺人を犯しかねない人物も。だけど大抵、そういう人はフェイクですよね?実際の犯人は大人しかったり、か弱い人物が定番!

    ちなみに犯人は中盤で分かりました!笑
    しかし、犯人は誰なのか推理を楽しむ作品では無くて、『推理モノ』『ゾンビ モノ』のあるある展開を楽しむべき作品(^^)


    【まとめ】
    キャラクターが面白い!だから映画が面白いんです!主要キャラ達と2時間の付き合いだとは思えないんですよね♪
    ストーリー展開の中で常にキャラが活きるように作られている。もちろん名作映画なんて作品ではありませんよ?
    サクッと楽しめるエンタメ作品。

    いやぁ、それにしても『敬語』て素晴らしい文化!タメ口では無く敬語だから面白いトークもあるんですよ♪
    『お腹なってましたよね?ギュアーてなってましたね?笑』なんて敬語でおしとやかに話しているのに効果音は力を入れて話す!とか演技にも俳優の力量が現れています(^^)


屍人荘の殺人の詳細に戻る
ページトップ