閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ゴールデンスランバー】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバーを配信中の動画配信サービス一覧

ゴールデンスランバーの動画が配信されているサービス

ゴールデンスランバーの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ゴールデンスランバーの作品紹介

ゴールデンスランバーのあらすじ

2008年に本屋大賞を受賞し、山本周五郎賞もダブル受賞した伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を原作とし、2010年に公開された作品。

監督を務めたのは、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』と続けて、伊坂幸太郎による小説の映画化に携わってきた中村義洋。

突然、首相暗殺の濡れ衣を着せられてしまった男がさまざまな人物に出会い、ときには助けられながら必死で逃亡していく様子を描いている。

主人公・青柳を演じているのは、NHK大河ドラマ『真田丸』の主演や、ドラマ『半沢直樹』シリーズの主演などで近年、幅広い年齢層のファンを獲得し、大人気となった実力派俳優・堺雅人である。

その日仙台の街は、野党から初めて選出された金田首相(伊藤ふみお)の凱旋パレードで、大きな賑わいをみせていた。30歳の元宅配ドライバー・青柳雅春(堺雅人)は、久しぶりに連絡をくれ、釣りに誘ってくれた大学時代の同級生・森田森吾(吉岡秀隆)と約束の場所で再会をする。

再会を喜ぶ青柳は、森田の車に乗り込み、勧められるままにペットボトルの水を飲むと、たちまち睡魔に襲われてしまった。しばらくして眠りから覚めた青柳に、森田は謎の言葉をいった。「お前、オズワルドにされるぞ」。

車のすぐ後方では、ちょうど凱旋パレードが通り過ぎようとしていた。すると突然、パレードの方から激しい爆発音が聞こえ…。

ゴールデンスランバーのクレジット(監督・キャスト)

ゴールデンスランバーの登場人物・キャスト

  • 青柳雅春(堺雅人)

    数ヶ月前までは宅配便の配達ドライバーをしていたが、退職して無職となる。2年前、女性アイドル・凜香が自宅マンションで襲われそうになっているところに偶然配達で訪れ、凜香を助けたことで一躍有名人となった。マスコミでも大きく取り上げたため、仙台では顔が広く知られている。

  • 森田森吾(吉岡秀隆)

    青柳の大学生時代の友人であり、同じサークルで仲良く行動していた。大学卒業後すぐに結婚し、小学生の息子がいる。妻がパチンコにはまり、中毒になってしまったことで多額の借金を抱えてしまう。借金返済のためにある陰謀に加担し、青柳を呼び出すが、青柳に忠告を残して爆死してしまう。

  • 樋口晴子(竹内結子)

    大学時代、青柳と同じサークルに所属し、仲良く過ごすうちに恋人となった。しかし青柳の性格に物足りなさを感じてしまい、自分から別れを切り出す。現在は別の男性と結婚し、4歳の娘・七美がいる。

  • 小野一夫(劇団ひとり)

    青柳の大学時代の友人であり、同じサークルに所属していた後輩。ニックネームは「カズ」。青柳を呼び出すためのおとりとして利用され、大ケガを負う。バツイチの子持ち女性・亜美と付き合っている。

  • 佐々木一太郎(香川照之)

    警察庁警備局総合情報課の課長補佐。首相暗殺事件の捜査において指揮をとっている。青柳が犯人だと信じて疑わず、しつこく追跡し続ける。

  • 保土ヶ谷康志(柄本明)

    仙台病院センターに入院していた患者。偶然、逃亡している最中の青柳と出会い、逃亡の手助けをする。

  • 凛香(貫地谷しほり)

    2年前、トップアイドルだったころ、仙台に帰省中、自宅マンションで暴漢に襲われそうになり、青柳に救われた。現在は引退している。

  • 岩崎英二郎(渋川清彦)

    青柳がかつて勤めていた宅配会社の従業員。新人だったころの青柳の教育係としていろいろなことを教えた。逃亡中の青柳に出会い、配送トラックに乗せて協力する。

  • 轟静夫(ベンガル)

    青柳が大学時代にアルバイトをしていた、花火工場「轟煙火」の社長。従業員たちから慕われており、「ロッキー」と呼ばれている。

  • 井ノ原小梅(相武紗季)

    ネットカフェで青柳に話しかけてきた女性。以来、青柳と親しくなり、一緒にラジコンヘリをして遊んだりしていた。

  • 金田貞義(伊藤ふみお)

    国民からの人気が高く、50歳という若さで、野党から初めて総理大臣に選出された。仙台でおこなわれた凱旋パレードで暗殺されてしまう。

  • キルオ(濱田岳)

    2年前に仙台で起きた連続刺殺事件の犯人。逃亡中の青柳と出会い、青柳の逃亡に何かと協力する。マスコミや世間では、「キルオ」と呼ばれているが本名は不明。

ゴールデンスランバーの見所ポイント

  • 1 『ゴールデンスランバー』は、韓国でもリメイクされた! 原作は伊坂幸太郎の小説!

    今作の原作となったのは、伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』です。数々の大きな賞にノミネートされてきた人気小説家の伊坂幸太郎は、この作品でついに2008年本屋大賞、そして第21回山本周五郎賞をダブル受賞しました。

    さらに2009年「このミステリーがすごい!」では国内編第1位を獲得し、大きな話題となったストーリーは、韓国でも人気となり、2018年に実力派俳優カン・ドンウォン主演で韓国版リメイク映画が公開され、大ヒットを記録しました。

    伊坂幸太郎の原作小説に惚れ込んだカン・ドンウォン自身が提案し、映画化が実現したそうで、ますますこの作品への興味がそそられますね。

  • 2 『ゴールデンスランバー』で、首相暗殺犯に仕立て上げられた青柳を演じたのは、堺雅人!

    主人公・青柳を演じたのは堺雅人です。今作の監督である中村義洋が手がけた、2009年の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』の速水役を好演し、アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。

    その後『南極料理人』『クヒオ大佐』などの映画で、主演に抜擢されています。今作の出演後には、連続ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』でドラマ初主演を果たし、その後『リーガルハイ』『大奥』『半沢直樹』など立て続けに主演作品が大きな話題を呼び、テレビでも一躍人気俳優となりました。

    さまざまな役に挑戦し、作品ごとに印象をガラリと変える、まさに“カメレオン俳優”の堺雅人が演じる逃亡者・青柳から目が離せません。

  • 3 『ゴールデンスランバー』で、濱田岳が演じる今作のキーマン・キルオの正体は?

    首相暗殺犯に仕立て上げられてしまった主人公・青柳が、逃走するなかで知り合うのが、「キルオ」と呼ばれる謎多き青年です。

    今作のキーマンともいえるキルオを演じているのは、2004年のドラマ『3年B組金八先生』で一躍脚光を浴び、2008年の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』で主人公の大学生を好演し、高評価を得た、濱田岳です。

    『アヒルと鴨のコインロッカー』も伊坂幸太郎の小説を原作としており、さらに今作のキルオ役は、伊坂幸太郎が濱田岳をイメージしてあて書きされたようで、2人の特別な縁を感じます。無邪気に人を殺してしまう、正体不明のとても難しい役を、ひょうひょうと演じてしまう濱田岳の演技は必見です。

ゴールデンスランバーの評価・感想・レビュー

ゴールデンスランバーと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ゴールデンスランバーに関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!