閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ごめんね青春!】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ごめんね青春!

ごめんね青春!を配信中の動画配信サービス一覧

ごめんね青春!の動画が配信されているサービス

ごめんね青春!の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ごめんね青春!の作品紹介

ごめんね青春!のあらすじ

2014年10から12月に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送された青春ラブコメドラマ。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』などを手掛けた、宮藤官九郎によるオリジナル作品。

宮藤の脚本作品として、前年に大ヒットした『あまちゃん』以後初のテレビドラマとして注目された。主演は錦戸亮と満島ひかり。そのほかにも波瑠、永山絢斗、さらに重岡大毅、川栄李奈、黒島結菜、森川葵、矢本悠馬、竜星涼など、多数の人気若手俳優たちが出演した。

原平助(錦戸亮)は、母校の仏教系男子校・東高、通称「とんこー」の国語教師。偏差値の低いとんこーは、わずか100mの距離に隣接するカトリック系の女子校・聖三島女学院、通称「三女(さんじょ)」からは露骨に下に見られていたが、経営難などの理由で合併話が進んでいる。

平助は高校時代、三女の生徒・蜂矢祐子(波瑠)に片想いしていたが、親友の蔦谷サトシ(永山絢斗)に彼女を奪われ、三女の礼拝堂を焼失させる事件を起こしてしまった過去を持つ。

そのことを長年誰にも明かせずにいる平助は、両校の交流を深めようとするが、祐子の妹で三女の教師・蜂矢りさ(満島ひかり)から猛反発を受ける。

ごめんね青春!のクレジット(監督・キャスト)

ごめんね青春!の登場人物・キャスト

  • 原平助(錦戸亮)

    今作の主人公で、母校である東高の国語教師を務めている。学生時代、自らの失恋のショックから、とんこーと三女の仲を引き裂くきっかけとなる火事を起こしてしまう。その過去を誰にも明かせずにいたが、とんこーと三女の合併話が持ち上がったことから、両校の仲を取りもとうと奮闘する。

  • 蜂矢りさ(満島ひかり)

    今作のヒロインで、祐子の妹。三女で英語教師と生活指導を務める。男勝りのサバサバとした性格で、男性経験はない。ブラックタイガーというあだ名で、とんこーの生徒から恐れられている。

  • 蔦谷サトシ(永山絢斗)

    平助の高校時代の親友。祐子と密かに会っているところを平助に目撃され、火事の原因を作ってしまう。火事の犯人と疑われ、後に姿を消す。

  • 蜂矢祐子(波瑠)

    平助の初恋相手で、りさの姉。平助が起こした火事の犯人だと疑われ、自主退学してしまう。身体が弱く、常に両親の関心を受けていたことから、りさからは恨まれている。

  • 海老沢ゆずる(重岡大毅)

    とんこーの生徒で、三女のあまりと隠れて交際している。合併後、クライスメイトの女子からは「からくり人形」と呼ばれる。

  • 山田・ビルケンシュトック・京子(トリンドル玲奈)

    三女の生徒で、ドイツ人とのハーフで愛称は「ビル」。英語では県内1位の成績だが、日本語のレベルは怪しく、クラスメイトの名前をよく間違える。

  • 神保愛(川栄李奈)

    三女の生徒で、愛称は「じんぼー」。男っぽい性格で、クラスメイトになった男子たちを罵倒する。

  • 昭島司(白洲迅)

    クイズ好きのとんこーの生徒で、愛称は「クイズバカ」。クイズ大会で3位をとり「三択の昭島」の異名も持つ。

  • 中井貴子(黒島結菜)

    三女の生徒会長で、クラスの委員長も務める。合理的な性格で、東大を狙えるほど成績優秀。当初は平助を馬鹿にしていたが、徐々に彼に惹かれていく。

  • 阿部あまり(森川葵)

    三女の生徒で、愛称は「あまりん」。物語当初は、ゆずると隠れて交際している。過剰な恋愛体質で、複数の男子から告白される。

  • 大木隆(竜星涼)

    とんこーの生徒で、お調子者。軽薄な性格で、多数の女子に告白し、ことごとくフラれている。

  • 古井豊(矢本悠馬)

    とんこーの生徒で、漫画のヤンキーに憧れているが、周囲からは相手にされない。ビルから一方的に好意を寄せられ、付き合うことになる。

  • 吉井良江(斉藤由貴)

    三女の校長で、高校時代に洗礼を受けた敬虔なクリスチャン。禁欲的で自制した生活を送っているが、時折凶暴な一面を見せる。

  • 原みゆき(森下愛子)

    平助の母親。物語の3年前に病気で他界している。観音菩薩像に宿り、死後も平助と会話していて、火事の真相を聞かされている。

  • 原一平(えなりかずき)

    平助の兄で長男、実家である永楽寺の跡取り。エレナとは新婚夫婦だが、とんこーで淡島に一目惚れし不倫関係に陥ってしまう。

  • 原エレナ(中村静香)

    一平の妻。元グラビアアイドルで、常にノーブラで過ごすなど、周囲の男性を惑わしている。

  • 蜂矢善人(平田満)

    りさと祐子の父。祐子が火事の犯人と疑われたことで、家族はバラバラになってしまう。B級グルメ「みしまコロッケ」の生みの親。

  • 淡島舞(坂井真紀)

    とんこーの保健の先生。平助の在学中から勤めていて、当時はマドンナ先生と呼ばれていたが、現在はどんまい先生と呼ばれている。昔も今も、生徒たちの良き相談相手となっている。

  • 三宮大三郎(生瀬勝久)

    東高の校長で、あだ名は「3D」。周囲には内緒で、三島のFM局のパーソナリティーを20年務めている。

  • 原平太(風間杜夫)

    平助の父親で、永楽寺の住職。市議会議員ととんこーの同窓会会長を兼任しており、両行の合併には反対の立場。妻を亡くして以来、女遊びにふけっている。

ごめんね青春!の見所ポイント

  • 1 『ごめんね青春!』の主演は、錦戸亮×満島ひかり! 豪華キャストによる演技バトルに注目!

    今作の主演コンビである錦戸亮と満島ひかりは、どちらもさまざまな映画やドラマで演技力を高く評価されてきました。ふたりのド迫力の掛け合いの数々は、今作最大の見所でもあります。

    回を重ねるごとに変わっていく関係性、それに伴い高まっていく感情のぶつかり合いは、コミカルな世界観のなかで目の離せないシリアスな瞬間を作りだし、唯一無二の印象を残します。

    平助とりさのふたりの教師が繰り広げるストーリーは、必見です!

  • 2 ドラマ『ごめんね青春!』で、生徒キャストから羽ばたいた、未来のスターたちとは?

    2014年放送の今作で生徒役を演じた若手俳優たちは、その多くがスターへの道を歩んでいきました。重岡大毅は、ドラマ『知らなくていいコト』でのクズぶりが話題となりました。

    またNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などで、川栄李奈は存在感を発揮し、黒島結菜は大河ドラマや映画など、多方面で活躍しました。

    そのほかにも森川葵、矢本悠馬、竜星涼、白洲迅、小関裕太ら、今作以降に多くの作品で主要キャストとして活躍する面々を輩出しました。

  • 3 ドラマ『ごめんね青春!』では、クドカン脚本の名言の数々が魅力!

    宮藤官九郎は、『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』、『あまちゃん』といった傑作の数々で脚本を手掛けてきました。青春ラブコメである今作でも、クドカン脚本のユーモアが随所に炸裂しています。

    なかでも錦戸亮演じる原平助が発するセリフが、注目されました。「そうだ、腑に落ちないのが青春なんだ。つまり!腑に落ちたら、忘れちゃうってことなんだ!大人になって思い出すのは腑に落ちない思い出ばっかりだ!それが青春!!」といった名言が挙げられます。

    青春時代の思い出として強く残るのは、腑に落ちない思い出の方だと、生徒たちに伝える言葉でした。そのほかにも、印象深いクドカン節は多々見られます。

ごめんね青春!の評価・感想・レビュー

ごめんね青春!と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!