閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【三毛猫ホームズの推理】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

三毛猫ホームズの推理

三毛猫ホームズの推理を配信中の動画配信サービス一覧

三毛猫ホームズの推理の動画が配信されているサービス

三毛猫ホームズの推理の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

三毛猫ホームズの推理の作品紹介

三毛猫ホームズの推理のあらすじ

原作が50巻を超える大人気シリーズとして今なお連載が続く『三毛猫ホームズ』シリーズが、2012年4月から6月まで『三毛猫ホームズの推理』としてテレビドラマ化。

原作を手掛けたのは、『三姉妹探偵団』シリーズなどでも人気のある赤川次郎。主人公の義太郎を嵐の相葉雅紀、推理を導く不思議な三毛猫ホームズをマツコ・デラックスが演じる。

主人公は血を見ると気絶してしまい、女性恐怖症かつ高所恐怖症なダメダメ刑事・義太郎(相葉雅紀)。片山家の「一家に一刑事」という家訓に従って刑事になったものの、「自分は刑事に向いてない」と思っている。

しょっちゅう辞表を出しては妹の晴美(大政絢)や兄のヒロシ(藤木直人)に阻止されたり、上司の栗原(石坂浩二)に黙殺されてしまう。そんなある日、怪しいお金の動きを調査するために女子大へ向かった義太郎はホームズという名の不思議な猫(マツコ・デラックス)に出会う。

さらに、その捜査で義太郎が張り込みをしていたカフェテリアにて、学部長の森崎が殺されてしまった。「自分が現場を離れたせいだ」と自身を責める義太郎だったが、まさかの不思議な猫のホームズが太ったオカマに変身して助言をしてきて…?

三毛猫ホームズの推理のクレジット(監督・キャスト)

三毛猫ホームズの推理の登場人物・キャスト

  • 片山義太郎(相葉雅紀)

    警視庁捜査一課の刑事でありながら、血を見ると気絶、高所恐怖症で女性恐怖症と、刑事にまったく向かない性質の持ち主。そもそも刑事になったこと自体、「一家に一刑事」という謎の家訓を受け継いだ結果である。「自分は刑事に向いていない」と自覚しており、しょっちゅう辞表を出している。

  • 片山ヒロシ(藤木直人)

    義太郎の兄。先祖から受け継いだマンション賃貸の取り扱いで、家族の生活費を稼いでいる。「江戸川乱歩賞をとるんだ」と息巻いている。しかし1作品を書き上げたことすらなく、ほぼニート。ミステリーマニアなだけあって、定番トリックを見抜くのはお手のもの。晴美と同じく、義太郎の辞職を阻止してくる。

  • 石津刑事(大倉忠義)

    捜査第一課殺人捜査第8係の刑事。晴美のことが好きであり、ほかの刑事がいるときには当たりが強いのに、義太郎と2人きりのときだけ「お兄さん」と呼んでくるなど、都合のいい性格をしている。基本的に明るくポジティブで、義太郎を振り回す。

  • 片山晴美(大政絢)

    義太郎の妹。仕事が定まらず、アルバイトを転々としている。義太郎に対して当たりが強く、怖いもの知らずな性格。義太郎には刑事でいてもらいたいと思っており、義太郎の辞職を阻止してくる。容姿端麗でモテる。

  • ホームズ(マツコ・デラックス)

    義太郎が捜査に向かった女子大にて出会う、ふてぶてしい猫。人に慣れづらく、引っ搔いたり噛みついたりしてくるため嫌われ者だったが、義太郎にはなぜか懐いた。義太郎に引き取られて以来、その姿を太ったオカマに変えて、捜査の助言を残すようになる。

  • 栗原一課長(石坂浩二)

    警視庁捜査一課の課長であり、義太郎のよき理解者。和やかな性格の持ち主であり、義太郎のことを気に入っている。おっちょこちょいなところがあり、義太郎の辞表をいつも失くしてしまう。

  • 根本刑事(尾美としのり)

    捜査第一課殺人捜査第8係の係長。威圧的な態度と怒鳴り声で周囲を指揮しており、特にダメダメな義太郎には強く当たる。石津のことは気に入っている。

三毛猫ホームズの推理の見所ポイント

  • 1 ドラマ『三毛猫ホームズの推理』の魅力は、主人公・義太郎の人を信じぬく力!

    『三毛猫ホームズの推理』の魅力といえば、キャラの濃い登場人物たちによるユーモアあふれる展開と、義太郎が常に抱き続ける人を信じぬく力です。

    第1話にて学部長・森崎を殺した犯人を追う際、怪しい人物として女子大生の雪子が捜査線上に浮かびます。次々と怪しい点が浮上して刑事であれば疑ってかかるべきなのですが、雪子に優しくしてもらった義太郎は犯人を彼女ではないと信じます。

    義太郎は、犯人ではないことを証明するために、捜査に本腰を入れるのです。今作はほかにない魅力を持ちつつ、しっかりとまとまったミステリー作品に仕上がっており必見です!

  • 2 ドラマ『三毛猫ホームズの推理』の義太郎役に抜擢されたのは、相葉雅紀!

    今作の魅力として、登場人物たちの濃いキャラクター性と、それにマッチしたキャスト陣の豪華さも挙げられます。まずお人好しかつ女性恐怖症や高所恐怖症など、ダメダメな要素を詰め込んだ主人公の刑事・義太郎を相葉雅紀が演じています。

    さらに面白い点が、義太郎が女子大にて出会い、その後面倒を見ることになる不思議な猫・ホームズを、マツコ・デラックスが演じているのです。

    「猫の役をマツコ・デラックスが!?」と興味をそそられるだけでなく、しっかりと役にマッチしており、唯一無二のキャラクターとなっています!

  • 3 ドラマ『三毛猫ホームズの推理』の主題歌は、嵐の「Your Eyes」!

    『三毛猫ホームズの推理』の主題歌は、歌を嵐、作詞をhs、作曲をCris Janely、Max Grantが担当している「Your Eyes」です。

    「優しさや痛みは、新しい始まりをもたらす」といったようなメッセージが詰まった、楽曲に仕上がっています。曲調は、ゆったりとしたバラードです。

    曲の完成度の高さと5人のハーモニーが合わさり、メッセージ性の強い楽曲となっており、『三毛猫ホームズの推理』のストーリーをより盛り上げています。

三毛猫ホームズの推理の評価・感想・レビュー

三毛猫ホームズの推理と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

三毛猫ホームズの推理に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!