閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【キネマの神様】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

キネマの神様
上映中の映画館を探す

キネマの神様を配信中の動画配信サービス一覧

キネマの神様の動画が配信されているサービス

キネマの神様の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

キネマの神様の作品紹介

キネマの神様のあらすじ

原田マハの小説『キネマの神様』を映画化した作品。監督は『男はつらいよ』シリーズで知られる、大ベテランの山田洋次が務めた。原作のストーリーとは異なる部分も多く、映画制作に重きが置かれている。

主演を務めたのは沢田研二と菅田将暉のふたり。本来は志村けんの映画初主演作になる予定だったが、2020年に急死したため、沢田研二が代役となった。ふたりのほかにも、宮本信子や寺島しのぶなど、実力派の俳優が出演した作品である。

酒飲みでギャンブル中毒のゴウ(沢田研二)は、借金を作り、家族に返済させていたダメ男だった。娘の歩(寺島しのぶ)は、そんな父に嫌気がさし、母の淑子(宮本信子)と協力してゴウのギャンブルを半強制的にやめさせようとする。

そんなゴウにも輝いていた時代があった。約50年前、ゴウ(菅田将暉)は助監督をしており、映画監督になる日を夢見ていた。ついに脚本を完成させたゴウは、『キネマの神様』というタイトルをつけ、初監督作品の撮影に挑むのだが…。

キネマの神様のクレジット(監督・キャスト)

■タイトル :『キネマの神様』
■監督   :山田洋次
■脚本   :山田洋次 朝原雄三
■原作   :原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
■出演   :沢田研二 菅田将暉  永野芽郁 野田洋次郎/北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子

キネマの神様の登場人物・キャスト

  • 円山郷直/ゴウ(沢田研二)

    ギャンブル好きの老人。公園を清掃する仕事をしているが、給料のほとんどを競馬や麻雀につぎこんでいる。娘の歩に通帳を取られてしまい、名画座で暇をつぶす。初監督作品になるはずだった、『キネマの神様』の脚本とふたたび出会い、映画に対する想いが再燃した。

  • 若き日のゴウ(菅田将暉)

    撮影所で働く、助監督。出水宏にこき使われているが、撮影所で働く人たちから信頼を集めている。食堂で働く淑子に想いを寄せている。『キネマの神様』の撮影に入ったものの、プレッシャーに押しつぶされ、作品を完成させることができなかった。

  • 円山淑子(宮本信子/永野芽郁)

    ゴウの妻。テラシンが経営する映画館でバイトをしており、家計を支えている。かつては撮影所の近所にある食堂で働いており、ゴウやテラシンとも仲が良かった。ゴウとは何度も別れようとするも、毎回あと1歩のところで留まってしまう。

  • 寺林新太郎/テラシン(小林稔侍/野田洋次郎)

    名画座「テアトル銀幕」を経営しているゴウの友人。ゴウと同じ撮影所で映写技師をしていた過去があり、現在にいたるまでゴウを支えている。撮影所時代は淑子のことが好きだった。淑子の気持ちが自分に向いていないことを知り、ゴウを責めてしまう。

  • 円山歩(寺島しのぶ)

    ゴウの娘。職探し中であり、お金がないなかでも、ゴウを救おうとしていた。

  • 円山勇太(前田旺志郎)

    歩の息子。『キネマの神様』の脚本を読み、ゴウの才能に気がついた。

  • 桂園子(北川景子)

    数々の映画に出演した、昭和の大女優。ゴウとも仲が良く、誰に対しても優しく接する。

  • 出水宏監督(リリー・フランキー)

    ゴウと仕事をしていた映画監督で、ゴウの師匠。映画撮影にはこだわりを持っている。

  • 水川(志尊淳)

    「テアトル銀幕」のスタッフ。遅くまで仕事をしていたテラシンを手伝う。

キネマの神様の見所ポイント

  • 1 『キネマの神様』は映画の神様に捧げられた、映画ファン必見の感動大作!

    今作は「映画」そのものをテーマにした作品です。昭和中期の撮影所を舞台に、夢を追いかけ散っていく若者を、ありありと描いています。

    タイトルにもある『キネマの神様』とは、映画に宿る神様のことです。劇中では、主人公が制作する映画のタイトルにもなり、登場人物たちが『キネマの神様』の存在を信じている描写もあります。

    今作は日本映画の歴史をふり返ると同時に、映画のどこかに宿っている『キネマの神様』の存在を、観客にも気づかせてくれる作品です。

  • 2 『キネマの神様』に残された、志村けんの影響とは?

    今作は志村けんと菅田将暉の、ダブル主演で進められていたプロジェクトです。異例ともいえるキャスティングでしたが、志村けんの出演が実現することはありませんでした。

    しかし今作には、志村けんの存在を感じさせるシーンがあります。代役となった沢田研二演じるゴウが、志村けんのヒット曲「東村山音頭」を歌うシーンです。

    短いシーンではありますが、映画の裏側と志村けんを知っている観客に伝わる、名シーンといえます。

  • 3 『キネマの神様』のあらすじは? 原作との違いを解説!

    映画と原作小説との共通点は、一部のキャラクターの設定のみといえます。原作ではゴウは映画を作っておらず、映画のレビューを書くブロガーとして、世間の注目を集めました。

    また、映画版における過去編は原作にはほとんどありません。北川景子演じる桂園子は、映画オリジナルキャラクターであり、淑子やテラシンの設定も変更されました。

    原作とは違ったストーリーに仕上がっていますが、映画版も原作に負けておらず、すぐに映画の世界に惹きこまれる作品です。

キネマの神様の予告・動画

キネマの神様の評価・感想・レビュー

キネマの神様と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。