閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【死刑にいたる病】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

死刑にいたる病

死刑にいたる病を配信中の動画配信サービス一覧

死刑にいたる病の動画が配信されているサービス

死刑にいたる病の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

死刑にいたる病の作品紹介

死刑にいたる病のあらすじ

櫛木理宇の同名ミステリー小説を映画化。阿部サダヲが連続殺人犯役を、岡田健史が孤独に真実に迫りゆく大学生役を演じる。

三流大学に通い、孤独で鬱屈した日々を送る筧井雅也(岡田健史)。ある日、中学時代に知り合った、パン屋の主人・榛村大和(阿部サダヲ)から手紙を受け取る。

榛村は現在、少年少女24人の連続殺人犯として死刑判決を受けているのだ。決まった時間に仕込み、開店するパン屋の仕事と同じように、決まった手順で決まった拷問をおこない、計画的に犯行を繰り返していたのだという。

面会に訪れた雅也に榛村は、立件・起訴された9件の殺人事件のうち最後の1件について、冤罪だと主張する。刑務所から動けず弁護士も信頼できない自分の代わりに、真犯人を見つけてほしいと雅也に頼んできた。

中学時代に榛村から受けた恩や、捜査の進展を榛村に褒めてもらえる嬉しさもあり、雅也は最後の殺人事件の真犯人を独自に調査しはじめる。

捜査中に何度も出会う髪の長い怪しい男(岩田剛典)の正体とは? 最後の殺人事件の真犯人とは、一体誰なのか? 稀代の心理ミステリーが幕を開ける。

死刑にいたる病のクレジット(監督・キャスト)

出演:阿部サダヲ 岡田健史
   岩田剛典 / 宮﨑優 鈴木卓爾 佐藤玲 赤ペン瀧川 大下ヒロト 吉澤健 音尾琢真 岩井志麻子 コージ・トクダ / 中山美穂

監督:白石和彌  脚本:高田亮 原作:櫛木理宇「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊)
配給:クロックワークス

死刑にいたる病の登場人物・キャスト

  • 榛村大和(阿部サダヲ)

    連続殺人鬼。目をつけた高校生と仲良くなって信頼を得てから自宅横の小屋に連れ込み、拷問を加えてから殺害し、死体は焼却して埋葬するという完璧な手口を計画的に繰り返す、典型的な秩序型殺人犯。普段は温厚なパン屋の主人として社会に溶けこむ。人の精神の弱みにつけこみ、意のままに操る術にたけている。

  • 筧井雅也(岡田健史)

    東京にある三流大学の学生。父親には三流大学だと馬鹿にされ、ふらふらと飲み会やサークル活動に明け暮れるほかの学生からは真面目すぎると笑われるという板挟みのなかで、孤独で鬱屈した日々を過ごしている。中学時代、学校と塾の間にあるパン屋に通っていた。店主の榛村に優しくしてもらっており、信頼を寄せていた。

  • 金山一輝(岩田剛典)

    顔が隠れるほどの長髪の男。雅也が榛村のいる刑務所に面会に行った際にすれ違い、以降何度か顔を合わせる。根津かおるの死体が発見された森に、何度か足を運んでいたようである。

  • 筧井衿子(中山美穂)

    雅也の母親。亡くなった義母のことを目の上の瘤のように思っていた。優柔不断で、夫のいうことをなんでも受け入れてしまう。

  • 加納灯里(宮﨑優)

    雅也の中学のころの知り合いで、大学で偶然すれ違って再会する。スカッシュサークルに入っており、就活の情報交換会という名目の飲み会に参加するなど、おとなしかった中学時代とは変わった様子を見せる。

  • 筧井和夫(鈴木卓爾)

    雅也の父。校長として地元で評判だった母親を誇りに思い、その一方で東京の三流大学でくすぶっている雅也のことをふがいなく思っている。

  • 根津かおる(佐藤玲)

    榛村が犯したとされる最後の殺人事件の被害者。潔癖症。ほかの被害者がすべて高校生であるのに対し、彼女ひとりだけは会社勤めであった。

  • 佐村(赤ペン瀧川)

    榛村の担当弁護士。榛村にいわれて訪ねてきた雅也をアルバイトとして雇い入れる形で、捜査資料を閲覧させる。

死刑にいたる病の見所ポイント

  • 1 映画『死刑にいたる病』の気になるあらすじとは?

    今作は、筧井雅也という大学生が、連続殺人犯・榛村大和の冤罪を証明しようとする物語です。祖母を亡くして落ち込む雅也のもとに、ある日手紙が届きます。

    その差出人は、中学時代に通っていたパン屋の主人であり、現在では凶悪犯として死刑判決を受けている榛村だったのです。

    榛村は起訴されている9件の殺人のうち、1件だけは冤罪だと主張します。ほかの容疑は認め、自らが凶悪犯罪者だといいきる榛村ですが、雅也はどこか魅力を感じて、冤罪証明を引き受けてしまうのでした。

  • 2 『死刑にいたる病』は実力派キャストの共演が楽しめる!

    今作の目玉は、なんといっても阿部サダヲの怪演でしょう。20人以上の少年少女を拷問・殺害した凶悪犯でありながら、表向きはパン屋の優しい店主というギャップを演じ切っています。

    また、榛村から手紙を受け取った大学生・筧井雅也役を演じるのは岡田健史です。厳格な父親と、将来を考えず遊び呆けるほかの学生との間で、孤独な板挟みに陥っている様子を、熱く演じています。

    岩田剛典は謎めいた長髪の男・金山一輝を演じており、彼の正体にも注目です。作品をとりまく暗く熱い空気のなかでの、彼らの暗躍は見逃せません。

  • 3 『死刑にいたる病』の原作は、櫛木理宇による同名小説!

    今作の原作である、櫛木理宇による同名のサスペンスノベルは、2015年の出版当初、『チェインドッグ』というタイトルでした。

    殺人鬼に目をつけられると、見えない鎖をかけられたかのように逃げられず徐々に引き寄せられ、最後には拷問を受けて殺されてしまうのです。また改題された『死刑にいたる病』からは、哲学者キルケゴールの『死に至る病』が思い出されます。

    同書で議論されている「絶望」が今作でどう表現されているのか、そのうえで「死刑にいたる病」とは何のことなのか、チェックしてみてください。

死刑にいたる病の予告・動画

死刑にいたる病の評価・感想・レビュー

死刑にいたる病と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。