閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ワンピース(ONE PIECE) FILM RED】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ワンピース(ONE PIECE) FILM RED

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDを配信中の動画配信サービス一覧

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの動画が配信されているサービス

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ONE PIECE FILM REDを映画館でお得に観るならU-NEXT!

U-NEXTでは、映画引換クーポン(映画チケット割引)を利用することで、ONE PIECE FILM REDをお得に楽しめます。

映画引換クーポンとは、1,500円分のU-NEXTポイントで、全国の映画館で利用できる映画チケット1枚を購入できるサービスです。(※「KINEZO」は除く)

劇場で映画を観る場合、基本的に一般料金1,800~1,900円(税込)を支払う必要があるので、映画引換クーポンを利用すると300~400円(税込)分お得になります。

映画引換クーポンに利用できるU-NEXTポイントは、U-NEXTに入会するだけで簡単にもらえるのです!

まずU-NEXT会員であれば、毎月1,200ポイントもらえます。また無料トライアル特典としても600ポイント付与されるので、U-NEXTが自分に合ったサービスかどうか検討しながら、もらったポイントを映画チケットに充てることが可能です!

U-NEXTに新規加入して600ポイントをゲットし、そのポイントを映画引換クーポン(1,500ポイント)に使うと、差額はたったの900円です。

900円で映画が観れるということは、普段1,800円(税込)かかっていた場合、劇場で公開されている映画をいつもの半額で鑑賞できます


※スマホやパソコンから事前に映画チケットを予約・購入できるサービス「KINEZO」を利用する場合も、映画チケットを購入する際にU-NEXTポイントを利用できます。ですがチケットが1,500円になる割引は適用されず、一般料金にあたる1,800~1,900円(税込)分のポイントが必要になります。

U-NEXTでONE PIECE FILM REDをお得に観る詳細はこちら

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの作品紹介

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDのあらすじ

原作者の尾田栄一郎が総合プロデュースを担当した、劇場版『ONE PIECE』の最新作。今作は映画作品で初めてシャンクスのストーリーが語られる作品であり、原作第1話よりも前に相当する、ルフィの過去が明らかになる。

今作のオリジナルキャラクター・ウタの声優には、名塚佳織が起用された。歌唱シーンのみ歌手のAdoが担当しており、ミュージカル映画としても楽しめる作品となっている。

世界的歌姫・ウタ(名塚佳織)のコンサートにやってきた麦わらの一味は、夢のような時間を過ごす。しかしルフィ(田中真弓)は、ウタがシャンクス(池田秀一)の娘であることを世界中に明かしてしまうのだった。

12年前。ウタはシャンクスたちとともに、ルフィの故郷・フーシャ村を訪れていた。互いに海賊を目指していたルフィとウタはすぐに仲よくなり、固い友情で結ばれていく。そんなある日、ウタは音楽の勉強をするため、シャンクスたちの船を降りてしまうのだった。

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDのクレジット(監督・キャスト)

原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:谷口悟朗 脚本:黒岩 勉 音楽:中田ヤスタカ 
キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤雅将 美術監督・美術設定:加藤 浩 色彩設計:横山さよ子
CGディレクター:川崎健太郎 撮影監督:江間常高 製作担当:吉田智哉

田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 宝亀克寿
名塚佳織 Ado 津田健次郎 池田秀一

主題歌: 「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado (ユニバーサル ミュージック)
劇中歌 楽曲提供: 中田ヤスタカ Mrs. GREEN APPLE Vaundy FAKE TYPE. 澤野弘之 折坂悠太 秦 基博

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの登場人物・キャスト

  • モンキー・D・ルフィ(田中真弓)

    麦わら海賊団の船長。シャンクスに命を助けられ、麦わら帽子を預けられた。ウタとは子どものころからの知り合いだが、ウタが赤髪海賊団の船を降りて以降、会っていなかった。コンサートにて久しぶりにウタと再会し、勝負を申し込んだ。

  • ウタ(名塚佳織/Ado)

    シャンクスの娘。天才的な音楽の才能を持っており、世界的な歌姫へと成長する。知名度が高く、チョッパーやウソップも以前からウタのファンだった。エレジアで音楽を学ぶため、赤髪海賊団の船を降りており、シャンクスとも生き別れになっている。

  • シャンクス(池田秀一)

    四皇のひとり。世界的に名の知れた大海賊であり、世界政府からも一目置かれている。ウタを音楽家として赤髪海賊団の船に乗せていたが、エレジアにて別れることになった。圧倒的な覇王色の覇気の持ち主で、海軍大将クラスすら怯えさせる。

  • ゴードン(津田健次郎)

    エレジアに住んでいる男。ウタの育ての親でもあり、島に伝わる秘密の楽譜を隠し持っている。

  • ロロノア・ゾロ(中井和哉)

    麦わらの一味の戦闘員。好戦的な性格で、ウタのコンサートには興味がなかった。

  • ナミ(岡村明美)

    航海士。ビッグ・マムから奪ったゼウスを従え、敵に立ち向かっていく。

  • サンジ(平田広明)

    コック。大の女好きで、ウタのファンでもある。ウタと仲がよかったルフィに嫉妬した。

  • トニートニー・チョッパー(大谷育江)

    船医。ウタのファンで、ペンライトを持ってコンサートに臨んだ。

  • ウソップ(山口勝平)

    狙撃手。父は赤髪海賊団の一員・ヤソップである。見聞色の覇気を覚醒しつつある。

  • ニコ・ロビン(山口由里子)

    ポーネグリフの文字が読める考古学者。島に伝わる伝説を解読する。

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの見所ポイント

  • 1 『ONE PIECE FILM RED』は、歴代ワンピース映画でもっとも核心に踏みこんだ意欲作!

    今作には『ONE PIECE』という物語のキーパーソンである、シャンクスが登場します。彼は重要人物ながらも、本編での登場がほとんどなく、謎に包まれた海賊でした。

    しかし、今作ではシャンクスの娘であるウタが登場し、より物語の核心に迫るヒントも提示されます。シャンクスが本格的に映画に登場するのも初めてで、原作よりも1歩踏みこんだ描写が魅力のひとつです。

    原作ファンはもちろん、アニメしか観ていない方でも楽しめる映画となっています。

  • 2 『ONE PIECE FILM RED』は2022年の今にふさわしい映画?

    オリジナルキャラクターのウタは、配信によって地位を確立させた歌姫です。『ONE PIECE』の世界にスマホやパソコンはありませんが、映像電伝虫を使うことで、世界中に歌を届けていました。

    彼女のサクセスストーリーは、そのまま現代の歌い手たちとリンクします。ウタの歌唱パートは、実際にネットで活動しているAdoが務めており、明確に歌い手文化が意識されているといえるでしょう。

    曲数も『ONE PIECE』映画の中でもっとも多く、ミュージカルの要素も兼ね備えています。

  • 3 『ONE PIECE FILM RED』にシャンクスが登場した意味とは?

    現在、『ONE PIECE』本編は最終章に入り、ひとつの節目を迎えています。そんな時期に公開された今作は、映画作品としても集大成といえる作品です。

    原作におけるシャンクスは、物語の節目に登場してきました。ルフィと会うことはありませんが、麦わらの一味の活躍を喜び、新世界で暗躍している様子が描かれています。

    そんなシャンクスを参戦させることにより、今作ではルフィの成長が如実に描かれました。そして、シャンクスの偉大さがあらためて強調された作品ともいえるでしょう。

ONE PIECE FILM REDの予告・動画

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDの評価・感想・レビュー

ワンピース(ONE PIECE) FILM REDと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。