閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

『ポケモン』シリーズのアニメや映画を視聴できる動画配信サービスは?今なら無料のキャンペーンも!

アニメ 邦画
提供元:amazon
ポケットモンスター
更新日:

ポケットモンスター シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

懐かしの『ポケットモンスター』TVアニメシリーズ第1弾を振り返りたいかたはこちらの動画配信サービスをチェック!

「ポケモンゲットだぜ!」今も続くサトシとピカチュウの冒険。その始まりを見返したいあなたに、おすすめの動画配信サービスを紹介します。

ポケットモンスター シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ポケットモンスター シリーズの動画配信状況

【PR】

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス ※注1

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ ※注1

劇場版ポケットモンスター ピカチュウのドキドキかくれんぼ ※注1

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ メロエッタのキラキラリサイタル ※注1

ポケモン・ザ・ムービーXY ピカチュウ、これなんのカギ? ※注1

ポケモン・ザ・ムービーXY ピカチュウとポケモンおんがくたい ※注1

ポケモン・ザ・ムービーXY おでまし小魔神 フーパ ※注1

ポケモン・ザ・ムービーXY 鉱国のプリンセス ディアンシー ※注1

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ミュウツー 覚醒への序章 ※注1

定額見放題 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 定額見放題 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し
配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 配信無し 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題
定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し 配信無し

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ポケットモンスター シリーズの動画配信・レンタル情報

ポケットモンスター シリーズの動画が配信されているサービス一覧

アニメをyoutubeやdailymotion、アニポやフリアニでダウンロードするのは違法! 動画配信サービスなら日本語で快適な視聴が可能!

インターネットでポケモン作品を始めとするアニメを視聴する際にまず知っておきたいのは「YouTubeやdailymotionなどを始めとする各種動画共有サイトでアップロードされている作品をダウンロードすることは法律で禁止されている」ということ。

共有サイトに上がっている動画は英語など他言語の字幕が出ていたり途中で再生が切れていたりして満足に楽しめないものが多く、動画サイトの中にはパソコンにウイルスが感染するリスクのあるものも。折角アニメを見るなら安全・快適な再生環境で楽しみたいものですよね。

そこでおすすめしたいのが、定額で作品を楽しむことができる動画配信サービス。配信サービスによってはお試し期間として初月無料で楽しめるものもありますので、アニメの過去作を視聴する際はぜひ動画配信サービスを利用してみてくださいね。

『ポケモン』シリーズのアニメ・映画をフルで配信しているサービスは?

現在『ポケットモンスター』シリーズのアニメと映画、どちらも網羅している動画配信サービスはなく、それぞれのサービスによって取り扱いのあるシリーズが異なっています

「アニメだけ見たい!」という方はポケモンシリーズのアニメを配信しているサービスを、そして映画が好きな方は劇場版の取り扱いがある配信サービスを検討することがおすすめです!

以下では数ある動画配信サービスの中から、『ポケモン』シリーズの作品を視聴する際におすすめのサービスをピックアップしてご紹介します。

『ポケモン』シリーズを見るなら「Amazonプライムビデオ(Amazon prime video)」がおすすめ!

「ポケモンのアニメが見たい!」という方は「Amazonプライムビデオ(Amazon prime video)」がおすすめです!

こちらは大手通販サービスであるAmazonが運営する配信サービスで、現時点で『ポケットモンスター』シリーズの全シーズンのアニメを網羅しています。アニメ最新作の『ポケットモンスターサン&ムーン』のほか、ゲームの方では既に『ポケットモンスターソード・シールド』の発売も決まっていますのでアニメとしての今後の展開にも期待できます。

ちなみにアマゾンプライムビデオの会員になると動画が見放題になるほか、Amazonでのショッピングでも送料無料などのサービスが受けられる点が嬉しいポイントですね!

ポケモンのアニメが好きな方や、普段Amazonで買い物をする機会の多い方にぜひおすすめしたいサービスとなっています。

『ポケモン』劇場版を見るなら「TSUTAYA TV」もおすすめ!

毎年夏に公開される『劇場版ポケットモンスター』。「ポケモンの映画が好き!」という方には「TSUTAYA TV」がおすすめです。

「TSUTAYA TV」はツタヤが提供する動画配信サービス。ツタヤと言うとDVDなどのレンタルをイメージされる方も多いと思いますが、「TSUTAYA TV」ならテレビやパソコンなどご自宅のデバイスで好きな時に動画を楽しめるのでらくちん!見終わったディスクをお店に返しに行く必要もないので便利ですね。

ポケモンのあの映画また見たいな…」と思い立った時にすぐ見ることができますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

『ポケモン』歴代のアニメシリーズをご紹介!気になるあらすじは?

1997年から放送が開始され、現在も制作が続いているアニメ『ポケットモンスター』。
ポケモンマスターを目指す少年・サトシが相棒のポケモン・ピカチュウと共にシリーズごとに異なる舞台を旅する物語となっています。

今回は各アニメシリーズのあらすじをご紹介!それぞれのシリーズでアニメの雰囲気なども大きく異なりますので、どのシリーズを見ようか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

『ポケットモンスター(無印・初代)』(1997~2002年)

言わずと知れた初代シリーズ。ゲームとあわせてポケモンの知名度を世に広めたと言っても過言ではない作品です。

ポケモンマスターになりたい一心でふるさとのマサラタウンを飛び出した主人公・サトシの初々しい様子が見られる作品。現在のシリーズと比べると分かりますが、妙にシュールなギャグや、どこか懐かしく感じられるアットホームな雰囲気が初代の魅力でもあります。

カントー地方編

サトシのふるさとであるマサラタウンがある地方・カントー地方を舞台にしたシリーズ。名前の通り、カントー地方は日本の「関東地方」をモデルとしています。

不思議な生き物、ポケモン(ポケットモンスター)と人間が共生する世界。ポケモンマスターを夢見るサトシは10歳の誕生日にマサラタウンに研究所を構えるオーキド博士から初めてのポケモンをもらう予定になっていましたが、約束の日にサトシは大寝坊をしてしまいます。

慌てて研究所に向かうサトシでしたが、欲しかったポケモンは既に時間通りに訪れた子供達にもらわれてしまっていました。落ち込むサトシにオーキド博士は渋々ピカチュウを渡します。ピカチュウは外見こそ可愛らしいですが、他のポケモンのようにモンスターボールに入ることを嫌う、大変扱いの難しいポケモンなのでした。

ちっとも懐かないピカチュウと共に、サトシはマサラタウンを出発し、途中で出会ったジムリーダーのカスミやタケシと共にカントー地方をめぐる旅に出ることになります。

今やサトシの相棒としてすっかり定着したピカチュウですが、シリーズ当初ではサトシに反発していたんですよね!2017年にはリメイク版として映画化もされた伝説の1話「ポケモンきみにきめた!」は必見です。

オレンジ諸島編

カントー地方をめぐってジムリーダーに勝利し、8つのバッジを手に入れたサトシは、更なる高みを目指すためにポケモンリーグに挑戦します。
リーグへの挑戦後、サトシはオーキド博士に頼まれてカントー地方の南にあるオレンジ諸島へと向かいます。

オレンジ諸島をサトシと共に旅をするのは、カスミとケンジ。ケンジはタケシに入れ替わる形でオレンジ諸島編のメンバーとして加わっています。

金銀(ジョウト地方)編

1999~2000年に放映されたエピソード。関西地方を舞台にした「ジョウト地方」をめぐる冒険が描かれており、同地を舞台としたゲーム『ポケットモンスター 金/銀』にちなんで金銀編とも呼ばれています。

ジョウト地方ではカントー地方には登場しなかった新たなポケモンが登場!旅を通して仲間を増やして行くサトシ一行の様子や、彼らの敵であるロケット団とのバトルも描かれています。

『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』(2002~2006年)

カントー地方・ジョウト地方の旅を終えたサトシはカスミやタケシと別れ、次のリーグに挑戦するためにホウエン地方を訪れていました。

ホウエン地方は九州地方を舞台にした地域であり、カントー地方やジョウト地方と比べて南国の情緒溢れるエリアとなっています。

ホウエン地方でポケモントレーナーとして第一歩を踏み出したばかりの女の子・ハルカと出会ったサトシは、彼女の弟であるマサトとかねてからのメンバーであるタケシを加え、4人でホウエン地方を旅することになるのでした。

ホウエン地方編

『アドバンスジェネレーション』のメインストーリー。ホウエン地方を舞台にしたサトシ達4人の旅の様子が描かれています。

ゲームで登場する「ポケモンコンテスト」の様子が初めて描かれている点も『アドバンスジェネレーション』の特徴であると言えますね。ポケモンコンテストはバトル以外で手持ちのポケモンの魅力を競い合うコンテストのことで、アニメではポケモンと絆を深めてコンテストに挑戦するハルカの成長が印象的でした。

バトルフロンティア編

ホウエン地方編の後のエピソード。ホウエン地方でも順調にポケモントレーナーとしての経験を積み、ホウエンリーグにも挑戦したサトシは再びカントー地方に戻り、新しくできたバトルフロンティアというバトル施設に挑戦することになります。

ポケモンと共に更に強くなることを目指すサトシとコンテストでの優勝を目指すハルカ。バトルフロンティア編ではカントー地方を旅しながらそれぞれの夢に向かって挑戦する二人の姿がメインに描かれていました。

『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』(2006~2010年)

アニメ『ポケットモンスター』シリーズ3作目となる作品。新たな舞台であるシンオウ地方をめぐるエピソードが描かれています。

本作はアニメのタイトルにもある通りゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』を原作としたシリーズで、北海道をモデルにした北国・シンオウ地方を舞台としています。そのため前作のホウエン地方とは異なり雪や氷をモチーフにしたポケモンが多く登場することが特徴ですね。

『ダイヤモンド&パール』で登場するのはサトシとタケシ、そして新ヒロインであるヒカリ。ヒカリはシンオウ地方に暮らす女の子で、ポケモンコンテストへの出場を目指してサトシ達と共に旅を繰り広げます。

『ポケットモンスター ベストウイッシュ』(2010~2012年)

ゲーム『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』を原作としたアニメシリーズ。本作の舞台であるイッシュ地方は、アニメ・ゲーム共に初の海外であるニューヨークをモデルとした場所になっています。

飛行機でイッシュ地方を訪れたサトシとピカチュウ。そこにはこれまでの冒険で見たこともないポケモンが沢山いました。新たなポケモンに出会いたいと張り切るサトシは、イッシュ地方のジムをめぐりながら同地のポケモンリーグへ出場することを目指して旅をすることを決めます。

1期・2期

新たな舞台・イッシュ地方での旅の第一歩を踏み出したサトシ。タケシを始めこれまで旅を共にした仲間はいない代わりに、イッシュ地方のジムリーダーでありポケモンソムリエの資格を持つ青年・デントとドラゴンポケモンが多数生息する竜の里からやって来た女の子・アイリスが新たに仲間として加わっています。

「(タケシやカスミなど)初代のメンバーが好き!」という方も多いかもしれませんが、ベストウイッシュのメンバーもとっても賑やかで楽しいのでおすすめです!

年齢やタイプも全く異なる3人ですが、どのエピソードも絶妙なチームワークを発揮していますよ。

エピソードN

イッシュリーグ挑戦後の番外編として描かれたエピソード。

イッシュ地方での旅を終えたサトシの前に、謎の青年・N(エヌ)が現れます。サトシはNやデント、アイリスと共にイッシュ地方の伝説のポケモン・レシラムと関わりのある「白の遺跡」へ向かうことになりますが、途中で敵対組織であるプラズマ団との争いに巻き込まれて行きます。

デコロラアドベンチャー

『ベストウイッシュ』シリーズの最後のエピソードとなる「デコロラアドベンチャー」。サトシはカントー地方へ一度帰ることになりますが、カントー地方に興味を持ったデントとアイリスもサトシに同行することを決めます。

「デコロラアドベンチャー」ではカントー地方への道すがら、アニメオリジナルの舞台であるデコロラ諸島で島めぐりをするエピソードが放送されていました。

『ベストウイッシュ』から次シリーズの『XY』への橋渡しとなる本編。作中では初代を思わせるカントー地方にまつわる懐かしいエピソードや、次のシリーズに登場するポケモンなども描かれています。

『ポケットモンスター XY』(2013~2016年)

ゲームと同じくアニメ『ポケットモンスター』では2作目とした海外を舞台にしたシリーズ。『XY』の舞台となるカロス地方はフランスをモデルにした地方となっています。

前シリーズの「デコロラアドベンチャー」でルポライターの女性・パンジーと知り合ったサトシは彼女に連れられて彼女が暮らすカロス地方へとやって来ます。
何ともおしゃれな雰囲気を醸し出すカロス地方。近辺ではポケモントレーナーがポケモンとの絆をパワーに変える『メガシンカ』の研究が盛んに行われていました。

サトシは新たなヒロイン・セレナとジムリーダーのシトロン、そして彼の妹であるユリーカの4人でカロス地方をめぐる旅に出発します!

1期

カロス地方へやって来たサトシ。純粋に強くなることを追い求めてカロス地方で新たに出会うポケモンと共にカロスリーグを目指す彼の姿に、特に大きな夢もなく仲間に加わったセレナは徐々に影響されて行きます。

既にジムリーダーとして活躍していたシトロンも、旅を通して改めて自身のポケモンと向き合うことに。

シリーズの核として「メガシンカ」の存在が取り上げられていることもあり、各キャラクターと彼らのポケモンとの絆を強く感じさせられるシリーズとなっています。

2期(XY&Z)

1期に引き続き、ジムバトルに挑戦するサトシ。旅の中でユリーカは緑色の不思議なポケモンと出会い、「プニちゃん」と呼んでかわいがります。一方プニちゃんと出会ったことで、サトシ達は怪しい組織・フレア団から執拗に狙われるように。

サトシのリーグ挑戦、セレナのコンテストでのバトル、カロス地方の伝説のポケモン・ジガルデの登場などあらゆるエピソードが詰め込まれた2期。
トレーナーとしての貫禄を感じさせるサトシの格好良さや、そんなサトシに想いを寄せるセレナの恋心もアニメでは描かれており、放映当時は異色のアニメ『ポケモン』シリーズとして大きな話題を呼びました。

『ポケットモンスター サン&ムーン』(2016年~)

ニンテンドー3DSのゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』を原作としたシリーズ。前作の『XY』で描かれていたサトシが非常に凛々しい印象だっただけに、本作でのサトシのゆるっとしたキャラクターデザインに驚いた方も多いのでは?

原作のゲームと同じく、本作の舞台であるアローラ地方にはポケモンジムが存在しません。そのためアニメでも「ポケモンジムを制覇してリーグを目指す」という従来のストーリーとは異なり、アローラ地方にあるトレーナー向けの学校「ポケモンスクール」を中心に物語が繰り広げられています。

これまでのシリーズとは大きく異なる雰囲気の『サン&ムーン』ですが、従来の設定である「10歳のサトシ」らしさが良く出ている作品であるとも言えますね。

のんびりした雰囲気に癒されたい方や、子供と一緒にアニメが見たい!という方におすすめのシリーズとなっています。

『ポケモン』アニメの番外編もピックアップしてご紹介!

長きに渡って放送が続けられてきたアニメ『ポケットモンスター』。過去には番外編となるアニメも多数放送されて来ました。
以下では数ある番外編作品のうち、3つをピックアップしてご紹介します。

『ポケットモンスター サイドストーリー』(2002~2004年)

アニメ『ポケットモンスター』初期に放映された作品。

テレビ東京系で放送されていたバラエティ番組『週刊ポケモン放送局(2004年からは『ポケモン☆サンデー』に名称変更)』で放送されていた番外編です。

サイドストーリーでは本編のアニメに登場するサトシ以外のメインキャラクタ―(タケシやカスミ、ニャースなど)を主人公に、家庭事情を始めとするそれぞれの背景が描かれていました。

メインストーリーでは知ることのできないキャラクターの意外な一面を知ることができる貴重な番外編。サイドストーリーの放送はこちらのシリーズのみの制作となっていますが、他のキャラクターのストーリーも見たくなる作品となっています。

『ポケモン不思議のダンジョン』(2007・2009年)

ゲーム『ポケモン不思議のダンジョン』の発売に先駆けて放送された作品。『不思議のダンジョン』は一般的なダンジョン系ゲームと同じく、ポケモン達がパーティ(部隊)を組んであらゆる場所を探検するストーリーで、本編のようにトレーナー(人間)が登場しない点が特徴でした。

ゲームの『ポケモン不思議のダンジョン』は何度もシリーズ化がなされている人気作品であるだけに、今後の番外編としての展開も期待できる作品です。

『ポケットモンスター THE ORIGIN(オリジン)』(2013年)

アニメ本編(当時は『ポケットモンスター XY』)とは別に特別番組として制作・放映された作品。

初代ポケモンのゲームである『ポケットモンスター 赤・緑』で展開されるストーリーを忠実に再現した作品となっています。

本作の主人公はサトシではなく、ゲームに登場する主人公であるレッド。マサラタウンの少年である点はサトシと同じですが、ほのおポケモンのヒトカゲと共にカントー地方を旅し、ライバルのグリーンとのバトルに挑みます。

シオンタウンでの幽霊のエピソードやラストの熱いバトルなど、作品ではゲームを遊んだからこそグッとくるエピソードが沢山。過去に初代ポケモンのゲームを遊んだことのある方に、ぜひ見ていただきたい番外編となっています。

『ポケモン』歴代の映画シリーズをご紹介!

アニメ放送の翌年から公開された劇場版『ポケットモンスター』。現在に至るまで毎年新作が公開されており、夏休みの定番映画にもなっています。

劇場版に登場するキャラクターは、(例えば『アドバンスジェネレーション』の放送期間中ならハルカやマサトが登場するように)映画の公開当時のシリーズのメインキャラクターが起用されていますが、ストーリーはアニメとは直接的な繋がりがないものがほとんどです。そのため映画は映画として楽しむことができる点が良いですね。

以下では劇場版『ポケットモンスター』の歴代の作品をご紹介。気になる作品をぜひチェックしてみてくださいね。

『ミュウツーの逆襲』(1998年)

劇場版『ポケットモンスター』の第1作目。
人間によって生み出されたポケモン・ミュウツーに焦点を当て、人造ポケモンの存在意義や人間への復讐を描いた歴代劇場版作品の中でも飛びぬけて重い主題を持ちます。

非常に印象的な1作目であっただけに、劇場版ポケモン作品の中でも代表作として知られることの多い『ミュウツーの逆襲』。2019年にはリメイク作品となる『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が公開されました。

『幻のポケモン ルギア爆誕』(1999年)

メインキャラクターであるサトシ達と、普段生活する中では巡り合うことのできない『幻のポケモン(伝説のポケモン)』との出会いを描く劇場版作品。
第2作目となる『ルギア爆誕』では海に浮かぶ島を舞台に、「海の神」と呼ばれて崇められる幻のポケモン・ルギアをめぐるストーリーが展開されています。

『結晶塔の帝王 ENTEI』(2000年)

劇場版シリーズ3作目。
本作のメインキャラクターである少女・ミーと古代文字のような形を持つ不思議なポケモン・アンノーン、そしてミーの夢によって生み出された伝説のポケモン・エンテイを中心に物語が展開されて行きます。

ミーには考古学者の父親がいましたが、ある日遺跡の発掘中に行方不明になってしまいました。その後父親はエンテイに姿を変えて戻って来ますが、ミーはサトシとの出会いで母親を持つ彼を羨ましく思うように。エンテイの力でサトシの母親であるハナコを誘拐してしまいます。

家族の絆をテーマにした、ほろりとさせられる物語です。

『セレビィ 時を超えた遭遇』(2001年)

「タイムスリップ」や「環境保護」をテーマに制作された作品

木々が生い茂る美しい森・ハテノの森を訪れていたユキナリ(オーキド博士の幼少時代です)はポケモンハンターに追われるセレビィと遭遇したことで40年後の未来にタイムスリップしてしまい、同じく森を訪れたサトシと出会います。

稀少性の高さからセレビィを狙う悪者は多く、そんなハンター達からサトシやユキナリはセレビィを守ることができるのでしょうか・・・?

『水の都の護神 ラティアスとラティオス』(2002年)

『泣ける劇場版ポケモン』の代表として取り上げられることの多い作品。
イタリアのヴェネツィアを思わせる水の都「アルトマーレ」に暮らす兄弟のポケモン、ラティオスとラティアスは町の秘宝「心のしずく」を守る役目を果たしていました。

しかし人間によって秘宝が狙われたことにより、均衡を崩されたアルトマーレは大水害に見舞われてしまいます。美しい街を舞台に、ポケモンの死に向き合った深いストーリーが楽しめる作品となっています。

『七夜の願い星 ジラーチ』(2003年)

アニメシリーズ『アドバンスジェネレーション』に登場するキャラクター、サトシとハルカ、マサトとタケシは1000年に一度、7日間だけ夜空に現れる千年彗星が良く見える場所を探して旅をしていました。

映画の舞台となる町では千年彗星に合わせてやって来た移動遊園地で盛り上がっており、サトシ達も祭の雰囲気を楽しむことに。そんな彼らの前に、不思議なポケモン・ジラーチが現れます。

作中ではマサトとジラーチのふれあいが中心に描かれており、子供の頃の記憶を懐かしく思い出させてくれるような物語となっています。

『裂空の訪問者 デオキシス』(2004年)

宇宙から飛来したDNAポケモン・デオキシスと、デオキシスを追って地上へやって来たレックウザをめぐる物語。宇宙をテーマにした作品は本作が初になりますね!デオキシスは未来的なキャラクターデザインになっていることに加え、舞台となる「ラルース」も先進技術が集結するハイテクな都市として描かれています。

本作以前の劇場版作品で同時上映されていた短編映画が廃止されているため、じっくり本編のストーリーを楽しむことができる作品でもあります。

『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』(2005年)

はどうポケモン・ルカリオをめぐる物語。かつて戦争に巻き込まれた城を舞台に、サトシや伝説の波導使い(アーロン)とその弟子・ルカリオが活躍します。

ルカリオはポケモンシリーズにおいて他作品のように伝説のポケモンとしての位置付けではありませんが、非常に人気の高いポケモンとなっています。そのため本作もファンが多い作品と言えるでしょう。

本作をまだ見たことがない方も、きっとルカリオの格好良さに胸が熱くなるはずです!

『ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ』(2006年)

海をテーマにした作品。

海底に暮らす幻のポケモン・マナフィはひょんなことからハルカと出会ったことで彼女を母親と認識してしまい、一緒に生活することになります。
マナフィは海底にある神殿への道のりを知る唯一のポケモンであり、神殿の財宝を狙う海賊に狙われていました。

『アドバンスジェネレーション』のヒロインであるハルカとマナフィの絆が印象的に描かれている作品となっています。

『ディアルガVSパルキアVSダークライ』(2007年)

『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』シリーズの第1作目となる作品。

ゲームにも登場する伝説のポケモン、ディアルガとパルキア、そして人々に悪夢をもたらすポケモン・ダークライの三つ巴の争いを描いています。

本作と次作の『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』、そしてその次の『アルセウス 超克の時空へ』は原作となるゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場する(神と称される)伝説のポケモンが登場していることから「神々の戦い」の三部作として描かれています。
本作を視聴する際はぜひその後の2作品もあわせて見るとより作品を楽しめますよ!

『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』(2008年)

ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場する幻のポケモン・シェイミをめぐる物語。

「かんしゃポケモン」に分類されるシェイミは同じく感謝の気持ちを花言葉に持つ「グラシデアの花」が沢山咲く花畑で暮らしています。

とってもかわいらしい外見が魅力のシェイミですが、サトシが出会ったシェイミは少々ワガママな性格。生意気な発言をしてはカチンと来るサトシでしたが、ディアルガやパルキアを始めとする伝説のポケモン同士の戦いで危機に陥った世界を救うため、力を合わせて戦います。

『アルセウス 超克の時空へ』(2009年)

『ダイヤモンド&パール』シリーズにおける劇場版3部作の最終作。本作のメインキャラクターであるポケモン・アルセウスの怒りを鎮めるため、サトシやヒカリ、タケシが奔走します。

「そうぞうポケモン」であるアルセウスは万物の創造源であるとされ、神と崇められるポケモンです。そんなアルセウスを演じているのはなんと美輪明宏さん。圧倒的なオーラを持つアルセウスとサトシのやり取りは必見です。

『幻影の使者 ゾロアーク』(2010年)

アニメにおける『ダイヤモンド&パール』の最終作。登場するキャラクター(トレーナー)は『ダイヤモンド&パール』のメンバーとなっていますが、本作のメインキャラクターであるポケモン・ゾロアーク(と進化前のポケモンであるゾロア)は次作のゲーム『ブラック・ホワイト』に登場するポケモンとなっています。

旅の途中で人間に化けることが得意なポケモン・ゾロアに出会ったサトシ一行は、ゾロアが親のように慕っているポケモン・ゾロアークが誘拐されてしまったことを聞かされます。

ゾロアークを救うために連れ去られた先であるクラウンシティに向かうサトシ達。ピンチに陥る先には町の守り神であるライコウ・エンテイ・スイクンの他に、セレビィとの出会いが待ち受けていました。
ポケモン同士の深い絆を感じさせる作品として、おすすめしたい物語です。

『ビクティニと黒き英雄ゼクロム / 白き英雄レシラム』(2011年)

ポケモン映画としては初となる同時公開がなされた作品。
2作品のストーリーは同じですが、作中でサトシに協力するポケモンや一部のシーン、BGMなどが異なっています。2作品を視聴してそれぞれの違いを探してみるのも面白いですね!

作品に登場する「しょうりポケモン」ビクティニは、人々にポジティブなパワーを与える幻のポケモン。物語の舞台となるアイントオークの町へやって来たサトシと知り合いますが、ビクティニには自らをかわいがってくれた「大地の民の王」と死別をするという悲しい過去を背負っていました。

人間とポケモンの絆を描く、思わず涙せずにはいられない物語
です。

『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』(2012年)

劇場版ポケットモンスターシリーズの15作品目となる本作。

ゲーム『ブラック・ホワイト』に登場する伝説のポケモン、コバルオン・テラキオン・ビリジオンの下で彼らと同じ「聖剣士」になるべく修行を積む幻のポケモン・ケルディオの成長が描かれています。

劇場版のレギュラーであるサトシやピカチュウも登場しますが、ポケモンの葛藤や成長に焦点を当てた珍しい作品となっています。

『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』(2013年)

アニメ『ベストウイッシュ』シリーズの最終作。『ベストウイッシュ』でのストーリーが一通り終わった後の時系列の物語となるため、次作の『XY』シリーズを思わせる要素も作中では描かれていました。

イッシュ地方に現れたミュウツーは、悪の組織「プラズマ団」によって蘇った古代のポケモン・ゲノセクトを救おうとしますが拒まれてしまいます。
人間への憎しみを抱え、攻撃を仕掛けるゲノセクト。彼らの暴走を止めるため、サトシやミュウツーが立ち上がります。

『破壊の繭とディアンシー』(2014年)

『XY』シリーズ1作目となる映画。

「聖なるダイヤ」を生み出す能力を持つ幻のポケモン・ディアンシーと、『XY』シリーズの舞台であるカロス地方を守るポケモン・ゼルネアスとイベルタルが登場します。

キャラクターデザインからも分かる通り、ディアンシーはとても女の子らしくてかわいいポケモン。サトシと一緒に旅をするセレナやユリーカともすぐに打ち解けます。

自らのふるさとである「ダイヤモンド鉱国」を守りたいと思いつつも勇気が出ないディアンシーの葛藤が、美しいカロス地方の映像と共に描かれています。

『光輪の超魔神 フーパ』(2015年)

『XY』シリーズ第2弾となる作品。自然豊かな前作の舞台とは異なり、本作では砂漠の町が舞台となっています。

映画オリジナルのポケモンであるフーパは不思議なリングからあらゆるものを「おでまし」と召喚できる力を持ちます。かつてはこの力で町を守りながら平和に暮らしていたフーパでしたが、些細な行き違いから町の人々の強い反感を買ってしまった過去をも持っていました。

暴走してしまったフーパの封印された力を止めるため、フーパによって「おでまし」された伝説のポケモン同士が激しいバトルを繰り広げます。
『XY』シリーズが好きな方はもちろん、伝説のポケモン同士のバトルが見たい!という方にもおすすめしたい作品です!

『ボルケニオンと機巧のマギアナ』(2016年)

『XY』シリーズ最終作。人間によって作り出されたからくりのポケモン・マギアナと、人を信用できないポケモン・ボルケニオンの不器用ですがまっすぐな心のふれあいが印象的な物語です。

前作のフーパのように伝説のポケモンが多数登場するような派手なアクションシーンはありませんが、その分ストーリーに重きを置いた、大人でも深く考えさせられるような物語となっています。

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(2017年)

劇場版『ポケットモンスター』20作目を記念する作品。
毎年のように映画オリジナルの新キャラクター(ポケモン)が登場すると思いきや・・・突如発表された初代を彷彿とさせる予告編に、当時は大きな話題となりました。

ストーリーは1997年に放送されたアニメ『ポケットモンスター(無印)』の第1話に遡ります。10歳の誕生日を迎え、ポケモントレーナーとして初めてのポケモンをもらいに行くことになったサトシ。しかし当日大寝坊してしまったせいでオーキド博士の研究所には気性の荒い問題児のピカチュウしか残されていませんでした。
サトシとピカチュウの出会いから、人々に幸せをもたらすとされる伝説のポケモン・ホウオウを探す旅が描かれています。

小さい頃に初代のアニメを見ていた方やゲーム『赤・緑』を遊んでいた方は涙せずにはいられない作品。
初期のポケモンを御存知ない方でも、「サトシとピカチュウの出会いってこんな感じだったんだ!」と間違いなく感動できる傑作となっています。

『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(2018年)

前作に引き続き、現在放送されているアニメシリーズとの関わりを持たない完全オリジナルの映画作品。サトシも登場していますが、本作ではメインキャラクターとなる5人を勇気づけ、励ますような引き立て役としての立場を発揮しています。

これまでに制作されて来たポケモンの劇場版とはストーリー展開が大きく異なる作品であることから、ある意味で異色とも言える本作。メインキャラクターにはこれまでの作品には登場して来なかったような、ポケモンにあまり興味を持たない女の子や主人公的要素を持ち合わせないネガティブな青年、ポケモンが嫌いなおばあさんなど一癖あるキャラクターが多数登場します。

それぞれ屈折した思いを抱きながらも、サトシとの出会いやポケモンと向き合うことで徐々に心境の変化が訪れて行くシーンが本作の見どころ。
それぞれが置かれた立場で勇気を出して一歩踏み出す姿は、見ている側にも勇気をもらえる作品となっています。

ポケモン映画を通して勇気をもらいたい時や、世代の異なる人と一緒に作品を見たい時におすすめ!

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(2019年)

劇場版『ポケットモンスター』の第1作目である『ミュウツーの逆襲』のリメイク作品。数ある劇場版作品の中でも人気の高い劇場版のリメイク作品として、公開前から国内外で大きな話題を呼びました。

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』では基本的なストーリーはそのままに、現在の技術だからこそ表現できるCGを用いた映像で迫力のあるバトルシーンを描いています。

1998年版と見比べても良いですし、『ミュウツーの逆襲』を一度も見たことがない方はこちらから視聴するのもおすすめ。人間の利益のために作られたミュウツーの葛藤は、世代を超えて深く考えさせられるものがあります。

『ポケモン』映画の番外編はこちら!

日本で制作が行われている歴代の劇場版『ポケットモンスター』ですが、番外編とも言える劇場版作品もチェックしておきましょう。

『名探偵ピカチュウ』(2019年)

2019年に公開された作品。「実写化」「ハリウッド映画」「海外版の劇場版『ポケモン』」などとポケモン史上初となる試みが多数行われたことで、日本国内でも大きなトレンドとなったことが記憶に新しいですね。

本作は冴えない青年・ティムが突然彼の前に現れた人間の言葉を話すピカチュウ(映画公開当時は『おっさんピカチュウ』などと言われていました)と共に突然失踪した探偵の父親を捜す物語です。

ニンテンドー3DSのゲーム『名探偵ピカチュウ』を原作としており、あらゆるポケモンがCGで表現されていました。

実写版であることに加え、ハリウッド作品ということで描かれている世界観も日本で制作されるアニメ版とは少々異なります。新たなポケモンの可能性を描く作品として、ぜひ視聴していただきたい映画となっています!

『ポケモン』シリーズに登場するキャラクターをチェック!

長きに渡るシリーズ展開の中で沢山のキャラクターが登場したアニメ『ポケットモンスター』。
今回はアニメの各シリーズに登場するメインキャラクターをご紹介します!
皆さんもお気に入りのキャラクターをぜひ見つけてみてくださいね。

『ポケットモンスター(初代)』

アニメシリーズの始まりとも言える初代『ポケットモンスター』。現在のアニメシリーズにも登場するキャラクターが数多く登場しています。

サトシ

20年以上に渡りアニメシリーズの主役を務めるサトシ。サトシの声は初代から変わらず声優の松本梨香さんが務めています。各シリーズでキャラクターデザインは多少異なるものの、「ポケモンマスターになる」という夢はぶれずに旅を続けている点も特徴ですね。

サトシの基本的な設定はカントー地方・マサラタウンで育った10歳の男の子。ハナコに育てられ、曲がったことは大嫌いな純粋でまっすぐな性格を持ちます。

一番の相棒であるピカチュウとは出会った当初はちぐはぐな関係性を見せていたものの、今ではすっかり最高のパートナーシップを発揮していますね!

初代のサトシは駆け出しのトレーナーとしてやや頼りない部分も。サトシが時折繰り出す間抜けな行動は思わずクスッと笑ってしまうようなものも多く、そんな点も初代の見どころであると言えます。

ピカチュウ

サトシの相棒。元はオーキド博士が所有していたポケモンで、性別はオス。
昔からポケモンボールに入ることが嫌いで、いつもサトシと共に行動しています。ピカチュウと言えば何と言ってもかわいらしい外見とかっこいい電気技ですね!

アニメシリーズで見ることができるバトルシーンでのピカチュウの活躍は必見です。

カスミ

アニメ『ポケットモンスター』の初代ヒロイン
後述するタケシと共に、サトシの初めての旅の仲間として初代アニメで活躍します。

カントー地方にあるハナダシティ出身の女の子で、水タイプのポケモンが大好き。
男勝りで活発な面を併せ持ち、世界一の水ポケモントレーナーになることを夢見ています。

タケシ

カントー地方にあるニビシティ出身の少年。
サトシやカスミよりも年上で、旅では皆の料理を作ったりポケモンの世話をするなど頼れる一面を見せています。

複数のシリーズに渡ってサトシと共に旅を続けて来たタケシですが、実は大のお姉さん好き。旅の先々で出会う素敵なお姉さんを口説いてはサトシや各シリーズのヒロインを呆れさせています。

ロケット団(ムサシ・コジロウ)

カントー地方を主な拠点に活動する悪の組織「ロケット団」の末端構成員。
ムサシとコジロウ、ニャースを主なメンバーとし、サトシのピカチュウを狙って各地で旅をする彼らを尾行しています。

サトシやピカチュウと共に、ある意味でアニメポケモンの看板キャラクターとして浸透しているキャラクターでもありますね。

オーキド博士

カントー地方・マサラタウンに研究所を構えるポケモン博士。初代アニメに登場するシゲルの祖父で、サトシにピカチュウを与えた人物でもあります。
権威のあるポケモン博士として界隈では名の通った人物ですが、持ち前のお茶目な性格からいじられキャラとして扱われることもしばしば。
ポケモンシリーズを代表する博士として、サトシの旅を優しく見守っています。

シゲル

初代アニメポケモンにおける、サトシのライバル。オーキド博士の孫で、ゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」の主人公・レッドのライバルであるグリーンのポジションに当たります。

常にサトシの一歩先を行き、アニメではサトシが訪れる地で待ち伏せていることも。初代シリーズのラストではそんなシゲルとの熱いバトルを見ることができますよ。

ちなみに「シゲル」の名前はあの「マリオ」シリーズを手掛けた任天堂の宮本茂さんから来ています。

ハナコ

サトシの母親。ポケモントレーナーとして旅に出たサトシを見送った後は、家事を手伝ってくれるバリヤードと共にマサラタウンで暮らしています。
現在のシリーズでもたまにサトシがテレビ電話を通して近況をハナコに報告する場面が描かれており、仲が良い親子の様子にほっこりさせられます。

『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』

温暖な気候のホウエン地方を舞台に制作されたシリーズ『アドバンスジェネレーション』。こちらのシリーズでは初代に登場したサトシとタケシに加え、新たな2人のキャラクターが旅に同行しています。

ハルカ

カスミに代わり、『アドバンスジェネレーション』シリーズのヒロインを務める女の子。ホウエン地方で暮らしており、活発な性格はカスミと共通する部分があります。
アニメではポケモンコンテストに挑戦するため、旅をしながら相棒のアチャモと共に成長して行きます。

マサト

ハルカの弟で、ポケモントレーナーになることを目指す7歳の男の子。10歳に満たないため自分のポケモンを持つことはできませんが、旅を通して出会うポケモンとのふれあいを通してトレーナーへの夢を膨らませて行きます。

外見からも分かる通り比較的利発な男の子で、年齢よりもませた発言から姉のハルカと喧嘩になることもしばしば。一方ポケモンを愛する気持ちは非常に強く、劇場版ではジラーチなど幻のポケモンと親交を深める様子も描かれていました。

『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』

シリーズ3作目となる『ダイヤモンド&パール』。本シリーズではサトシとタケシ、そして新たなヒロインとなるヒカリの3人の旅が描かれていました。

ヒカリ

『ダイヤモンド&パール』シリーズにおける新たなヒロイン
シリーズの舞台となるシンオウ地方に母親と二人で暮らす女の子で、水ポケモンのポッチャマをパートナーに持ちます。

歴代ヒロインと同じく明るく活発な性格のヒカリですが、おしゃれが大好きという女の子らしい一面も。趣味を活かし、シリーズではポケモンコンテストに挑戦します。

ジュン

サトシのライバルポジション。ゲームではヒカリ(主人公)の幼馴染兼ライバルとして登場しています。

非常にせっかちな性格で、早くシンジのような優秀なポケモントレーナーになりたいという想いが強く手持ちのポケモンをないがしろにするシーンも。
シリーズではサトシとの出会いでポケモンとの向き合い方を見つめ直して行きます。

シンジ

ジュンと並んでサトシのライバルとなる人物。
非常にプライドが高い性格で、アニメでもサトシとのバトルシーンが非常に多く描かれたことから初代のシゲルと並んで代表的なサトシのライバルとして挙げられます。

『ポケットモンスター ベストウィッシュ』

イッシュ地方を舞台に新たな冒険が繰り広げられた『ポケットモンスター ベストウイッシュ』。
本シリーズでも個性豊かで魅力的なキャラクターが沢山登場しています!

アイリス

『ベストウイッシュ』シリーズのヒロイン。ドラゴンポケモンが生息する「竜の里」で生まれ育った女の子で、歴代ヒロインの中では珍しくドラゴンタイプに強い興味を示しています。

好奇心旺盛で活発なアイリス。のびのびと育ったせいか身体能力も非常に高く、サトシと共通する部分も見受けられます。

デント

『ベストウイッシュ』のメインキャラクター。実は三つ子の一人で、元々はイッシュ地方・サンヨウシティで兄弟と共にジムリーダーを務めていましたが、サトシとの出会いを通じて共に旅に行くことになりました。

ジムリーダーでありながら兄弟とレストランを経営し、人とポケモンの相性を見極める「ポケモンソムリエ」の資格を持つなど非常に多彩な人物。
活発なサトシやアイリスをいつも優しく見守っていますが、好きなことに関しては話が止まらなくなるお茶目な一面も。

ベル

ポケモントレーナーの女の子。ゲーム『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』にも登場しています。
おっとりした性格が特徴で、サトシ一行とは付かず離れずな関係でマイペースに旅を続けていました。
ゲームのストーリー同様アニメでは過保護な父親が旅に出たベルを連れ戻しに来ますがバトルを通して説得。最終的にはイッシュリーグの挑戦を果たします。

N

本シリーズにおける番外編『エピソードN』に登場したメインキャラクター。
穏やかな性格をしていますがミステリアスな青年で、ポケモンの心の声を読む能力を持ちます。
『エピソードN』ではサトシと共にイッシュ地方の伝説のポケモン・ゼクロムとレシラムを見つける旅に出かけます。

『ポケットモンスター XY』

アニメ『ポケットモンスター XY』では、『アドバンスジェネレーション』と共通性のある4人の旅のメンバーが登場していました。

セレナ

『XY』シリーズのヒロイン。ビジュアルからも分かる通り、歴代のヒロインの中でも特に女の子らしい性格を持ち合わせたキャラクターとして描かれています。
アニメ序盤は特に目的もなく、サトシについて行くような形で仲間に加わったセレナ。一方パートナーであるフォッコとの出会いやサトシの活躍を目の当たりにしたことなどをきっかけに、セレナ自身もポケモンパフォーマーとしての憧れに目覚めて行きます。

アニメではポケモンパフォーマーを目指すセレナの物語やサトシに想いを寄せる様子も深く掘り下げて描かれていました。
セレナの存在で『XY』はシリーズの中でも特に女の子も感情移入しやすい作品になっているのでおすすめです!

シトロン

カロス地方・ミアレシティのジムリーダー。運動が苦手でおっちょこちょいな少年ですが、メカを愛する天才的な頭脳を持ちます。
年齢の離れた妹・ユリーカの良きお兄ちゃんであり、メンバーの様子を常に一歩下がったところから見守る優しい性格。アニメでもムードメーカーとして活躍しています。

ユリーカ

シトロンの妹で、ポケモンが大好きな女の子。
まだ10歳に満たないため自分のポケモンを持つことはできませんが、シトロンが捕まえたポケモン・デデンネをいつもポシェットに入れてかわいがっています。

ポジション的には『アドバンスジェネレーション』のハルカの弟・マサトに近いですね。『XY』シリーズのメンバーの中では最年少になりますが利発な性格をしており、鈍感なシトロンに対して「頭が固い」とツッコミを入れることもしばしば。

アニメシリーズではなんとカロス地方の伝説のポケモンであるジガルデ(プニちゃん)と出会い、心を通わせる様子も描かれていました。

アラン

『XY』の続編である『XY&Z』に登場するサトシのライバル。元々はカロス研究所の助手を務めていましたが、メガシンカを更に研究するために旅に出ることになりました。サトシとは顔を合わせる度にバトルをしていましたが、シリーズ終盤では敵対組織であるフレア団に対抗するため、サトシと共に力を合わせて戦うことになります。

アニメ本編の番外編である『XY特別編 最強メガシンカ』ではマノンと共にメガシンカを巡って旅をする様子が描かれています。

マノン

アニメ『XY』シリーズの番外編である『XY特別編 最強メガシンカ』に登場した女の子。
ハリマロンをパートナーに持つ新人トレーナーで、メガシンカを使いこなすアランに興味を持って彼の旅に同行することになりました。
『XY』でもサトシのライバル側のヒロインとして登場していますが、前述した特別編も一緒に視聴することでアランやマノンのメガシンカを巡る冒険も楽しめるのでおすすめですよ!

『ポケットモンスター サン&ムーン』

これまでのシリーズとは異なり、「ポケモンスクール」を中心に物語が展開される『ポケットモンスター サン&ムーン』。
サトシの同級生として、個性豊かなトレーナーが登場します。

リーリエ

『サン&ムーン』シリーズのヒロイン。真っ白な外見が特徴の、大人しい女の子です。
幼少期に経験したトラウマからポケモンが苦手で、基本的に触れることができません。
シリーズではそんなリーリエがポケモンスクールでの日々を通してポケモンへの恐怖心を克服して行く様子が描かれています。

カキ

ポケモンスクールに通う少年。本シリーズで新たに登場した「Zワザ」をアニメ序盤から習得していたキャラクターとして、サトシ達と共にアローラリーグを目指します。

マオ

ポケモンスクールに通う女の子。明るく社交的で、歴代のポケモンにおけるヒロインらしさを持ったキャラクターであるとも言えます。
作品では引っ込み思案なリーリエやスイレンに代わり、積極的にリーダーシップを発揮する姿を見せます。

スイレン

マオの幼馴染で、サトシ達と共にポケモンスクールに通う女の子。
漁師の娘で水タイプのポケモンをパートナーとしています。
仲良しのマオに比べて大人しい性格をしていますが作品を通してZワザを習得。サトシと共にアローラリーグを目指します。

マーマネ

サトシやリーリエと共にポケモンスクールに通う少年。
運動が苦手で発明が趣味な点は『XY』のシトロンとの共通性を感じさせます。
電気タイプのポケモンをパートナーとするマーマネ。『サン&ムーン』から新たに登場するかわいらしいポケモン・トゲデマルを連れています。

まとめ。『ポケモン』を視聴するなら動画配信サービスで!今なら初月無料のキャンペーンも実施中!

今回は大人気作品『ポケットモンスター』のアニメ、そして劇場版のあらすじやキャラクターを紹介しました!

アニメは様々な地方を旅するサトシの様子が描かれています。20年以上放送されているということもあり非常に沢山のシリーズが展開されていますので、好きなシリーズや好きなキャラクター(ポケモン)が登場する回をピックアップして視聴してみるのも良いですね。

劇場版はアニメから独立したオリジナルストーリーとして、「幻」もしくは「伝説」の存在であるポケモンとサトシ達との出会いや別れが描かれています。

アニメと劇場版、共に人間とポケモンの絆を描いた心温まる物語となっている点が特徴です。疲れた時や勇気をもらいたい時などに見れば、可愛らしいポケモンの姿に癒されたり、格好良いバトルに熱くなれること間違いなしですよ!

国境を越えて多くの人々に愛される『ポケットモンスター』シリーズ。
小さい頃に見て以来すっかりご無沙汰になっている方も、この機会にぜひ作品を視聴してみてはいかがでしょうか。

ポケットモンスター シリーズの評価・感想・レビュー

ポケットモンスター シリーズの動画が配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
2

配信作品はすべて見放題!海外ドラマが特に充実しているのはHulu!

月額料金 933円(税抜)
14日間無料
作品数 約5万本以上がすべて見放題。ハリーポッター、名探偵コナン、安室奈美恵ドキュメンタリー配信中!
機能 ダウンロード機能でオフライン再生可能!
こんな方に ドラマ好きな方や子供と動画を楽しみたい方にオススメ!

Huluで配信中のおすすめ作品

ポケットモンスター シリーズの作品一覧

ポケットモンスター シリーズに関する記事一覧

ポケットモンスター シリーズと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
かずみ
かずみ

もともと世界中のホテルやクルーズ客船を取材する編集者でしたが、移動中に映画やアニメを見続けているうちいつのまにかエンタメ編集者に。 好きなアニメは進撃の巨人や東京喰種など人を食べる系。映画は頭を使わなくても楽しめて後味すっきりのハリウッド大作が大好きで、1人でレイトショーに行くのが趣味。

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

このシリーズを配信中のおすすめ動画配信サービス

ページトップ