閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【浅草キッド】の無料動画を配信しているサービスはどこ?

画像はありません。

浅草キッドを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【浅草キッド】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。
※実際の配信状況は各VODサービスをご確認ください。

浅草キッドの動画が配信されているサービス

浅草キッドが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

浅草キッドの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
無料期間なし 990円~/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

dTV U-NEXT FODプレミアム Hulu Paravi バンダイチャンネル DMM見放題chライト WATCHA(ウォッチャ) クランクイン!ビデオ dアニメストア auスマートパスプレミアム music.jp ABEMA DMM宅配レンタル Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) AppleTV+ GYAO!ストア

浅草キッドの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Netflix(ネットフリックス)の基本情報

Netflix(ネットフリックス)
月額料金
990円(税込)〜
無料期間
無料期間なし
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
-

Netflix(ネットフリックス)の編集部的ポイント

4
コスパ
Netflixはレンタルなしですべて見放題!最新作などは少ないですが、話題作や人気作品が視聴可能。画質やシェアする人数もプランで選べてお得◎
1
無料期間
Netflixは無料期間がありません。登録した月から月額料金がかかります。
4
作品数
海外ドラマやアニメなど人気作品を取り揃えています。マイナーな作品はあまりないですが、人気作品を見るならおすすめです!
5
使いやすさ
アプリもブラウザもどちらも使い勝手が良いです。OP・EDを飛ばしたり、途中から再生したりできる便利機能も沢山!
1
特典
なし

動画すべてが見放題!Netflixで好きな動画を楽しもう!

浅草キッドはNetflix(ネットフリックス)で視聴可能です!

Netflixでは映画、ドラマ、アニメなど幅広いジャンルの動画が配信されていて、そのなかでもNetflix制作のオリジナル作品が豊富、ほかでは観ることができない話題作が多数あります!

これらの作品は定額で観れる動画だからクオリティが低いかというとそんなことはなく、有名俳優や監督が出演、演出を手掛けたもの、さらにはアカデミー賞を受賞するなど世界的に高い評価を受けたものまであります!

Netflixでは、契約期間中はこれらの配信されているすべての動画が見放題。さらに視聴途中での追加課金もありませんので、期間中であれば何度でも思う存分に楽しむことが可能です。
月額990円(税込)からサービスを利用できるので、毎月映画館で映画を観る人やDVDをレンタルしているという人にNetflixはおすすめです。

Netflix(ネットフリックス)で視聴できる人気作品

\今すぐNetflixをを楽しむ!/

浅草キッドの作品紹介

浅草キッドのあらすじ

ビートたけしの半生を綴った自伝小説『浅草キッド』の映画化作品。お笑い芸人でもある劇団ひとりが監督を務め、『HOKUSAI』に出演した柳楽優弥がビートたけしを演じた。ビートたけし本人のくせや話し方を完全に自分のものにした、柳楽優弥の演技に注目したい。

大学を中退し、今までの人生を切ったタケシ(柳楽優弥)は、芸人を目指して浅草で働きはじめる。なんの芸も持たないタケシだったが、エレベーターボーイとして働いていた浅草フランス座で、深見千三郎(大泉洋)と出会う。

深見は浅草の人々から「師匠」と呼ばれ、弟子たちにも愛されている芸人だった。そんな深見の人柄に惹かれたタケシは、すぐに弟子入りを志願し、エレベーターの中でタップダンスを教えてもらう。

仕事の合間にタップを練習していたタケシは、ついに深見にも認められ、コメディアンとして舞台に立つ。しかし、テレビ番組の台頭により、フランス座の客はどんどん少なくなっていった。タケシも漫才師としてテレビに出ようと考えるが、師匠の深見は大のテレビ嫌いで、タケシは破門されてしまう。

浅草キッドの登場人物・キャスト

  • タケシ(柳楽優弥)

    芸人を目指している若き日のビートたけし。家を出て浅草にやってきており、働いているフランス座で寝泊まりしている。深見に弟子入りし、芸を教えてもらう。タップダンスが深見に認められ、フランス座の人気コメディアンになっていく。

  • 深見千三郎(大泉洋)

    タケシの師匠で、フランス座を経営している芸人。弟子以外の人間からも「師匠」と呼ばれており、浅草の人々から好かれている。フランス座は経営難に陥っており、生活も困窮しているが、弟子たちに食事をおごるなど、優しい一面もある。

  • キヨシ(土屋伸之)

    タケシの相方になる男。フランス座のコントに出演していたが、現在は独立している。フランス座では稼げないことを理由に、タケシを勧誘し、「ツービート」を結成。客相手に喧嘩してしまうタケシの代わりに、手品を披露していた。

  • 千春(門脇麦)

    フランス座の舞台に立っていたストリッパー。タケシと親交があるが、恋愛関係にはならなかった。

  • 東八郎(尾上寛之)

    テレビで活躍している深見の弟子。フランス座の経営難に気がついており、深見を心配している。

  • 麻里(鈴木保奈美)

    深見の妻。舞台にも立ち、フランス座を支えた。生活費のため、舞台以外の仕事もはじめる。

  • 田山淳(風間杜夫)

    麻里に金を渡した男。フランス座を売却するよう、アドバイスした。

浅草キッドの見所ポイント

  • 1 『浅草キッド』は2021年でもっとも泣けて、もっとも笑える伝記映画!

    日本人なら誰もが知っているビートたけしにも、下積み時代がありました。今作は若手時代のビートたけしと、師匠・深見千三郎の絆を描く、ヒューマンドラマです。

    しかし、お笑い芸人が主人公であるだけに、「笑い」の部分も忘れてはいません。今作は浅草界隈の濃密な人間模様を描きながらも、タップダンスのような軽快さを持った作品といえます。

    特にビートたけしならではの、マシンガントークは必見です。監督の劇団ひとり自身もお笑い芸人であるため、「笑い」に嘘がない映画となっています。

  • 2 『浅草キッド』で大泉洋が演じた深見千三郎ってどんな人?

    今作のもうひとりの主人公といえる人物が、ビートたけしの師である深見千三郎です。彼は世間的には無名の芸人でありながら、タケシをはじめ、多くの芸人を育ててきた「師匠」でした。

    そんな深見千三郎は、バラエティ番組でも活躍する大泉洋が演じています。「バカ野郎」「コノヤロー」が口ぐせの深見ですが、大泉洋の演技により、柔らかいキャラクターに仕上がりました。

    大泉洋は芸人顔負けのトーク力、そしてタップダンスも披露しており、タケシを演じた柳楽優弥に匹敵するほどの存在感を発揮しています。

  • 3 『浅草キッド』はビートたけしの再現度がすごい! 本当に本人は出演していないの?

    今作を鑑賞してまず驚くのは、映画冒頭のビートたけしの姿です。彼の正体は特殊メイクにより、現在のビートたけしに変身した柳楽優弥であり、タケシ本人ではありません。

    柳楽優弥はビートたけしの動きや、肩をふるわせる癖を完璧に取りこんでいます。特殊メイクをしていない70年代のシーンですら、本人に見えてしまうほどの再現度です。

    柳楽はビートたけしを演じるにあたって、モノマネ芸人の松村邦洋から指導を受けています。しかし、ただのモノマネではなく、演技の中にビートたけしを取りこんでいる点が、柳楽優弥の凄さといえるでしょう。

浅草キッドの予告・動画

浅草キッドの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (3件中)
  • 投稿者名:はな
    評価: GOOD 投稿日:2022.01.25/08:57

    #hana

  • 投稿者名:iammai
    評価: GOOD 投稿日:2022.01.17/13:36

    面白かった。時代の先を読んで波に乗っていくことも、時代に乗らず自分の信念で動くことも、どちらも貫けばカッコいいなと思った。

  • 投稿者名:Lokelani
    評価: GOOD 投稿日:2021.12.15/12:30

    誰もが知っている、たけしさんを演じた柳楽さん、相当なプレッシャーの中お見事な演技😊芸達者な方たちの芸にこだわった映画だと思います。セリフも印象的なものが多く、とても楽しめました♪

浅草キッドと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。