閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【“それ”がいる森】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

“それ”がいる森

“それ”がいる森を配信中の動画配信サービス一覧

“それ”がいる森の動画が配信されているサービス

“それ”がいる森の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

“それ”がいる森の作品紹介

“それ”がいる森のあらすじ

今作は福島県の山間にある町で起きる、誘拐事件を描いたホラー映画である。監督は『リング』や『クロユリ団地』などを手掛けた、Jホラー界の巨匠・中田秀夫。今作ではホラー以外にも、さまざまなジャンルを融合させ、ミステリーやSFといった要素も加えられた。

妻子と別れ、ひとり農園を経営する淳一(相葉雅紀)のもとに、息子の一也(上原剣心)が越してくる。一也は母親の爽子(江口のりこ)のスパルタ教育に疲れ果て、家出してきたのだった。

慣れない同居生活がスタートし、一也は新しい学校に通いはじめる。しかし、一也のクラスメイトが何者かに誘拐され、行方不明になってしまう。一也も事件に巻きこまれており、気絶した状態で発見された。

救出された一也は、友人を襲った「それ」と、奇妙な物体を目撃していたが、大人たちは誰も信じない。その事件以降も、次々に子どもたちが誘拐されてしまい、警察は犯人を追っていく。一方、淳一と一也は独自に「それ」を追いはじめる。

“それ”がいる森のクレジット(監督・キャスト)

■出演:相葉雅紀 松本穂香 上原剣心(ジャニーズ Jr.) 江口のりこ 他
■監督:中田秀夫(『リング』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 恐い間取り』)
■脚本:ブラジリィー・アン・山田 大石哲也
■企画・配給:松竹
■制作プロダクション:松竹撮影所

“それ”がいる森の登場人物・キャスト

  • 田中淳一(相葉雅紀)

    オレンジ農園を経営する男。会社のトラブルに巻きこまれ、ひとりで田舎暮らしをするようになった。元妻の爽子とは別居してからも交流が続いている。「それ」に襲われた一也を救出し、町に迫っている危険を警察に知らせた。

  • 北見絵里(松本穂香)

    一也のクラスを受け持つ教師。転校初日の一也を勇気づけるため、一緒に登校してくれた。生徒たちからは慕われているが、上司の湯川には注意されてばかりいる。「それ」の正体を探るため、淳一と協力し、調査に乗り出した。

  • 赤井一也(上原剣心)

    淳一の息子。爽子の教育に不満を抱き、淳一の家にやってきた。長年サッカーをしていたが、勉強のために辞めさせられてしまう。新しい学校では、なかなか友達ができなかった。「それ」を目撃し、周囲の人に知らせるが、信じてもらえない。

  • 赤井爽子(江口のりこ)

    淳一の元妻。淳一に一也を任せてしまう。田舎で暮らしはじめた一也を心配する。

  • 綾波武史(眞島秀和)

    事件を追う刑事。淳一や一也の情報を信用せず、犯人を追い続ける。

  • 湯川大輔(野間口徹)

    一也が通う学校の教頭。「それ」の正体を知った絵里の言葉を信用しなかった。

  • 児玉勉(小日向文世)

    60年前に「それ」と遭遇していた老人。事件を調査していた淳一と出会う。

  • 尾花修司(尾形貴弘)

    大金を盗んだホスト。金を隠すため町にやってくるが、「それ」に襲われる。

  • 長尾良平(宇野祥平)

    淳一を手伝っている男。一也とふたりで暮らしはじめた淳一を見守る。

“それ”がいる森の見所ポイント

  • 1 『“それ”がいる森』は、中田秀夫監督が手掛ける新感覚ホラー!

    今作を手掛けた中田秀夫は、日本のホラー映画界を代表する監督です。過去には『リング』や『仄暗い水の底から』などを制作し、さまざまなアイデアを映画の中で実現してきました。

    そんな中田監督が手掛ける今作は、ホラー映画の常識を覆す、まったく新しいアイデアが披露された作品です。怖さがありつつも、コミカルなシーンがあり、新感覚の面白さを味わえます。

    また、ホラーが苦手な方や、子どもでも楽しめる内容であることも今作の特徴です。

  • 2 『“それ”がいる森』に登場する「それ」とは? 不気味な山には何がいるのか

    劇中に登場する「それ」は、子どもだけを誘拐する謎の存在です。「それ」が残していくのは獣の足跡のみで、その正体は映画の最後まで判明しません。

    映画序盤、「それ」が登場する前に、一也は銀色の物体を目撃していました。物体は神出鬼没で、妙な焦げ跡を残しているなど、奇妙な点が多くあります。

    この物体こそ、「それ」の正体につながる重要な伏線です。物体の謎と「それ」の正体を予想しながら、映画を楽しんでください!

  • 3 『“それ”がいる森』は怖い? ほかのホラー映画と違う点は?

    今作は中田秀夫監督作の中でも、比較的万人に勧められる映画といえます。その理由は、今作のストーリーが、「それ」の正体を探る捜査の部分にフォーカスされていることです。

    そのため、サスペンスの要素が強く、ホラー要素は少なめになっています。緊張感は持続するものの、ほかの中田秀夫監督作品と比べると、怖くないといえるでしょう。

    また、主演の相葉雅紀が持つ独特なゆるい雰囲気もあり、怖さはかなり軽減されています。

“それ”がいる森の予告・動画

“それ”がいる森の評価・感想・レビュー

“それ”がいる森と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。