SHARE

contents kv

出典:

2019/01/20
751 0

心の底から熱くなれる映画!クローズシリーズ第3弾「クローズEXPLODE」

人気コミック「クローズ」を映画化した、シリーズ3作目にあたる「クローズEXPLODE」。PG-12指定なので、本作を観られるのは中学生以上となります。クローズシリーズはただの暴力的な映画ではなく、ヒューマンドラマが胸を熱くさせる作品です。

映画「クローズ」シリーズはどんな映画?

何度でも観たくなる中毒性のある作品

週間少年チャンピオンで連載された、高橋ヒロシさんの「クローズ」という漫画が原作になっています。
1作目は2007年秋に、2作目は2009年春に公開され、大ヒットしました。
今回ご紹介するシリーズ3作目の「クローズEXPLODE」の劇場公開は2014年の春だったので、ファンには待望の公開となりました。

簡単に言うと”不良”がテーマの映画なのですが、そこにはキャラクターたちの個性あふれる熱い青春があります。
舞台は鈴蘭高校という学校で、男子校です。
不良高校として有名で、偏差値の低さもトップクラス。
様々な派閥やグループが存在し、中には一匹狼タイプの生徒もいます。
生徒をまとめるリーダー的存在である、学校の”番長”がいないため、校内では日々バトルが繰り広げられています。

「クローズEXPLODE」の魅力は?

監督が変わり、キャスト陣も総入れ替え

1作目、2作目の監督は三池崇史さんでしたが、本作は監督が変わり、豊田利晃さんがメガホンを手にしています。

また、2作目までの主要キャストは、ドラマや映画で大活躍中のイケメン俳優である小栗旬さん、演出家やプロデューサーも務める俳優やべきょうすけさん、モデルや歌手活動もこなす美人女優の黒木メイサさん、「海の声」が大ヒットして歌手としても人気の桐谷健太さんなどでした。

本作ではキャストが一新され、女優の杏さんの夫で、「桐島、部活やめるってよ」の東出昌大さんや、”流し目王子”として有名な「少年H」の早乙女太一さん、ドラマや舞台で大活躍中の人気俳優である「遺体 明日への十日間」の勝地涼さんといったメンツが揃えられています。

ストーリーは2作目から1か月後のお話

2作目の時点で3年生だった主要メンバーが卒業し、鈴蘭高校は新年度を迎えます。
そこで重要なのが、空いてしまった「頂点・トップ」の座は誰になるのかということ。
そのポジションを狙い、新3年生となったメンバー達が続々と名乗りをあげます。
喧嘩が一番強い男、そのライバルとなる強さを持つ男、お調子者だがキレ者な男、凶暴で危険な転校生、校内最強と言われる無敗の男……。
ここに2人の男が登場することによって、鈴蘭高校の勢力図は大きく崩れていきます。

そのうちの1人である、頂点や争いに全く興味を持っていない転校生を演じているのが東出昌大さん。
もう1人が、本能のままに暴れまくる新1年生で転校生の早乙女太一さん。
全く接点が無いように見える対照的な2人ですが、お互いを宿敵と認め始めます。
すると鈴蘭高校にかつてないような規模の内部抗争が勃発する事になるのです。

ロックな主題歌・挿入歌にも注目!

主題歌はBlow Your Mind

主題歌を担当しているのは、1997年にメジャーデビューしたロックバンドの「Dragon Ash(ドラゴン・アッシュ)」さん。
これがまた映画にぴったりなんですよね。
心を揺さぶり、より熱くさせ、興奮度が上がります。

挿入歌はwhatever you had said was everything

挿入歌の担当は2011年にメジャーデビューしたロックバンド、「MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)」さん。
頭がオオカミになっているのが特徴ですね。
”whatever you had said was everything”は日本語にすると”君が言った事は僕の全てだった”という意味合いになります。
映画を観終わった後、この意味を意識してみてくださいね。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に関連する記事

この記事に関連する作品と動画配信サービス

クローズEXPLODE

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細